スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アギストリ島到着
2011 / 07 / 29 ( Fri )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

7/14 水
6:00 「まもなくピレウス」のアナウンス。いつもより眠れたような。
今回の旅、アテネでストにぶつかった以外は、希望通りに移動が出来ています。

ピレウスで船が到着したのは、またも地の果てかと思われる場所。(E1のGATEの先)
バス待ち、タクシー待ちのたくさんの人を横目に、E5のGATE目指して歩きます。
(歩こうという人は、はっきり言って少数派です。もしくは変わり者?)

30分近くかけて到着し、いつものようにトイレで身支度を整えます。
11時過ぎにアギストリ島行きのフェリーがあるのはチェック済み。
もっと早い時間もあるに違いないと、乗り場のE8 GATE付近に移動。
Hellenic Seawaysのビルがあったので行ってみますが、本当のオフィスのよう。
隣にうっとうしいくらい「Ticket」の文字がある代理店があり、椅子に座ったおじいさんが
「チケット売り場だよ」と呼びこみしています。
代理店に入ってアギストリ島に行きたいと告げると、次は8:20発とのこと。
現在の時刻を確認すると8:00。え?乗れるの?
Hellenic Seawaysではなく、エージアン・フライング・ドルフィンのヴィーナス1号。14.5ユーロ。
「E8のGATEを入って。黄色の船よ。見つからなかったら港で聞いて」

急いで乗り場へ向かいます。
黄色、黄色・・・ 無いんですけど~!
他の高速艇はスタンバイしているのに、ヴィーナス1号がいないよ~
仕方なく、フライング・ドルフィンの看板があるチケット・ブースのお兄さんに尋ねたら、
「Over there。あのトラックが停まっているあたり」
ああ、船はまだ到着していないのか。

安心したので、近くのクルーリ売りの屋台で1つ購入。0.8ユーロ
小銭を出すのにもたついていたら、おじさんは「シガ~、シガ~」

フライング・ドルフィンのヴィーナス1号がやってきました。思ったより小さいなあ。
乗客は20人もいないので、座席は1/4も埋まりません。
適当に座ると、船は出発。

エギナ島を経由して、無事にアギストリ島(Αγκίστρι )に到着。静かです。
オフィシャル・サイトは → ここ 
港に案内板がありました。でも、現在地ってどこだ?笑
アギストリ島到着

※ロンプラに「船はすべて、スカラというメインの街に着く」という記述があったので、
当然、私が降りた港もスカラだと思ったのですが、実はエージアン・フライング・ドルフィンは
別の場所、ミロスという港に着きます。
チケットの到着地のところには英語で「AGISTRI-MYLI」と書かれていたのですが、
本当のスカラに行くまでわかりませんでした 笑
ちなみに「AGISTRI」で船を検索すると、スカラ行きしか引っかからないこともあるので注意。
ミロスは英語表記MYLOS。港のコードはMYL。ギリシャ語だとΜΥΛΟΣ。
街の名前としては、「メガロホリ(Μεγαλοχώρι)」という別名の方の通りが良いようで、
標識などはこちらの名前が多かったように思います。


客引きはいませんが、見たところ、宿らしい建物はけっこうあるみたい。
そばにはミニ・トレインがスタンバイしています。乗客の会話から「スカラに行く」らしいのですが、
自分がすでにスカラにいると思っている私、「スカラのどこに行くのだろう?」と、トレインをパス。
海沿いを歩いたり、坂を登ったりして宿探し。う~ん、どこがいいのかな?

比較的建物が新しく、すでに宿泊客がいるところを「ここ」と決め、行ってみます。
アギストリの宿 (1)
レセプションを探しますが、見当たりません。下の階じゃないのかな?
と、女性が声をかけてくれたので、部屋を探していると告げると
「カテリーナが上にいるわ」と、教えてくれました。カテリーナがオーナーなのか。
最上階に上がると、窓越しに掃除をしている女性を発見!彼女がカテリーナかな?
その部屋に入ると男性がいたので、「レセプションはここですか?」と尋ねると、
掃除をしていた女性がすぐに出て来ました。

彼女が案内してくれたのは日本で言う1階の角部屋。他は満室でここしか残っていないそうです。
おお~、広い部屋。ベッドはトリプルです。キッチン、エアコン、TV付き。
バルコニーには洗濯物用のスタンドもあります。日当たりも良好。
アギストリの宿 (2)
アギストリの宿

1泊45ユーロと、これまでの島の宿(コス島を除く)に比べると、やや高めですが、
7月の中旬という時期を考えたら、十分ありえる価格です。
居心地良さそうだし、宿泊決定。
「上にはプールもあるのよ」と一つ上の階へ。おお~、お洒落なプール。

再び部屋に戻り、パスポートを彼女に預けます。冷蔵庫をチェックした彼女、
「これは洗うわね」と、ドリンクのボトルを立てる部分のケースを取り外しました。
「私はカテリーナ。上が家なので、用があったら来てね」感じの良い人です。
宿の名は「STUDIO MELTEMI」です。

さくさくと荷解きをして、11:20頃、近くのスーパーでお買い物。缶詰など、計6点で10.56ユーロ。
スイカが欲しかったのですが、とんでもなく巨大なのしかなく、あきらめてメロンを購入。

部屋で昼食作り。ガヴロス(アンチョビ)の缶詰を使ったパスタです。
食後はシャワー&洗濯をし、風が入って気持ち良い部屋でウトウト。
途中、カテリーナが、洗い終わった冷蔵庫のボトル・ケースを戻しに来ました。

15:30 外出。
地図がないのでさっぱりわかりませんが、スーパーの先を進んでみます。
スーパーのそばの教会。新しいのかな?
アギストリ_ミロスで
午後の昼寝時間のせいか、誰にも会いません。コワイくらいに静か。。。

しばらく歩くと「Metochi(Μετόχι メトヒ)1.5km」の標識。
ああ、この地名はロンプラに出ていたな。 このまま歩いて行くことにします。
周りはオリーブを中心とした畑。右手の斜面には緑がびっしり。
↓ 上に見える教会、行かなかったけど気になります。
アギストリ_ミロスからメトヒへ (2)
アギストリ_ミロスからメトヒへ (1)

上り坂を進むと集落がありました。ここからがメトヒのようです。
アギストリ_メトヒ (2)
アギストリ_メトヒ (1)
アギストリ_メトヒ (3)

高台にあるので眺めは良好。
アギストリ_メトヒからスカラを眺める
エギナ島も良く見えます。
メトヒからスカラを眺める

別荘と思われる洒落た住宅もあります。アテネから近いので、週末だけ来るのもありですよね。
アギストリ_メトヒ (4)

メトヒを出て、海岸の方向へ下りて行きます。
「λιμάνι(リマニ=港)」の標識に、「そんなに港がある島なの?」と思いつつ行ってみたら、
小さな港がありました。
アギストリ_スカラの港 (1)

アギストリ・エクスプレスがやって来ました。アギストリとエギナ島を結ぶ船です。
え?こっちがスカラの港なの?
アギストリ_スカラの港 (2)

あ、書いてあるわ・・・「SKALA
アギストリ_スカラの港 (3)
その後、Hellenic Seawaysのフェリーも到着していました。(こんなに小さい港に・・・)
アギストリ_スカラ港にフェリーが到着

スカラの港の脇には砂浜のビーチがあります。賑わっています。ここから右手へ砂浜が続きます。
アギストリ_スカラのビーチ

メトヒからも見えた、キレイな教会。
アギストリ_スカラにて (1)
間違いなくスカラです。
アギストリ_スカラにて (2)
お店もホテルも、私が滞在を決めた地区・メガロホリより多くあります。
このホテルはスカラでも少し上に行ったところにありましたが、このあたりはプール付きのホテルが
多かったように思います。
アギストリ_スカラにて (3)

この岩の上は、ぴょんぴょんと先まで行けます。
アギストリ_スカラにて (4)
アギストリ_スカラにて (5)

スカラの先を行くと、岩が多い景色になりました。
ここから先は「Σκληρή (スクリリ)」と呼ばれる地区のようです。
アギストリ_スカラの先で (2)
海がキレイだな~
アギストリ_スカラの先で (1)
アギストリ_スカラの先で (4)

帰りは西日を浴びながらメガロホリへ。どうも東西南北がつかめません。
日差しを遮るものがないので、暑い、暑い 写真の奥がスカラ。
スカラからミロスへの道

19:00に部屋に着き、再びシャワー&洗濯。
ウトウトして起きたら22:00!今からタベルナに行くのも無理そうなので、夕食もパスタ。
今回はタコの缶詰を利用。デザートはメロン。

スカラに比べると地味な印象のメガロホリですが、個人的には好きです。
宿も、実に居心地の良い部屋です。明日はプールでひと泳ぎしよう!

寝る直前までエアコンを効かせていたので、朝までぐっすり。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(ピレウス→アギストリ) 14.5
食費 屋台のクルーリ 0.8 
    スーパーで缶詰など計6点 10.56
宿泊費 45.0(朝食無し) 
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

21 : 31 : 29 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アギストリ島二日目
2011 / 07 / 30 ( Sat )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

7/15 木
6:00 起床。朝日が出てきたので、写真に収めました。
アギストリの夜明け
バルコニーでのんびり旅のノートを書きます。
あるものを適当に食べて、シャワー&洗濯。

9:30 外出。港でピレウス行きの船の時刻をチェック。お昼前後だと移動しやすいかな?
一度、スカラの方向へ行きかけたものの、気が変わり、反対のドラゴネラ(Δραγονέρα)方向へ。
海沿いを少し歩くと、家が並ぶあたりに入ります。でも、人には会いません。
アギストリ_メガロホリ (3) アギストリ_メガロホリ (1)

街からの距離感がつかめないけど、30分以上は歩いたかな?
標識を頼りにさらに進むと、道路が整備された「山の中」といった景色になりました。
アギストリ_メガロホリからドラゴネラへ

遠くに見えるのは本土かな?
アギストリ_メガロホリからドラゴネラへ (2)

脇道を見つけたので入ってみました。松林です。写真ではなく木が傾いているんですよ~
アギストリ_ドラゴネラ周辺
でも、なかなか海までたどり着けません。海に行く道じゃないのかな?

さすがに不安になり、引き返します。
脇道の手前、車が停まっていたので、最初は個人宅への私道かと思ってパスした、海に向かって
真っすぐ下りる道を行ってみることにしました。
道の先にはビーチ!砂浜ではなく岩場です。いい色~!
アギストリ_リトル・ドラゴネラもしくはクセコフティ (2)
アギストリ_リトル・ドラゴネラもしくはクセコフティ (1)
泳いでいる人もちらほら。純粋に水を浴びたいなら、スカラよりいいかも。
このビーチ、ミクリ・ドラゴネラなのかクセコフティ(Ξεκοφτή)なのか?
写真を色々見比べたのですが・・・う~ん、クセコフティかな。自信ないです 笑 
次回はここで泳いでみたいな。

帰りは街に入ったあたりで別の道を行ったら、近道だったみたいで、スーパーの横に出ました。
スナックなどを購入し、部屋に戻ります。

12:30 再び外出。海沿いをスカラに向かいます。
スカラに向かう道。ミニ・トレインはここを走ります。手前がスカラ側。
アギストリ_メガロホリ (2)

途中にもビーチはあり、多くの人が楽しんでいます。写真の奥がミロスの港。
アギストリ_メガロホリのビーチ

スカラは今日も賑わっています。どこで昼食にしようかなあ?
港を見下ろす位置にある「Ο Γιώργος (オ・ヨルゴス)」に入ってみることにしました。
アギストリ_スカラ「オ・ヨルゴス」 (1)
アギストリ_スカラ「オ・ヨルゴス」 (2) モダンなデザインの椅子とテーブルです。

オーダーしたのは以下のとおり。合計13.5。

メリツァノサラタ 3.5
タコの酢漬け 7.0 ※ちゃんとしたメニューの名前は忘れました
ビール(ミソス500ml) 2.5
プソミ 0.5

タラモサラタにしたかったけど、ありませんでした。
テーブルクロスは地図入りなので、お願いして譲ってもらうことに。

風が抜けて気持ちがいい。
キレイな顔の猫さんが悠々と寝そべっています。
アギストリ_スカラ「オ・ヨルゴス」 (3)

サーブまでちょっと時間がかかったのですが、タコの登場。
アギストリ_スカラ「オ・ヨルゴス」にて (1)
プリプリしていて美味しい~。メリツァノもあまり酸っぱく無くて、美味しいです。
アギストリ_スカラ「オ・ヨルゴス」にて (2)
ミソスを飲んでいい気分

14:10 会計。1ユーロを置くことにしました。
テーブルクロスをもらうことを、すっかり忘れて店を出そうになり、あわててスタッフにお願い。

スカラを散策。ミニ・トレインが停まっていました。
アギストリ_ミニ・トレイン
この通りには、洒落たカフェや看板がかわいいタベルナも。
アギストリ_スカラにて (2)
アギストリ_スカラにて (1)

写真を撮りながら、海沿いの道をゆるゆるとメガロホリまで帰ります。
しかし暑いな~  アテネもこんなに暑いのかしら?

15:00に部屋にたどり着くと、汗びっしょり
本日二度目のシャワー&洗濯。朝の洗濯物はすでに乾いていました。

15:50 宿のプールへ。誰もいないので貸し切り状態です。
アギストリ_ホテルのプール
しっかりと準備体操をしてから水の中へ。
浅いところで1.25M、深いところは3Mと表示されています。
顔を出した状態で足が届く場所はほんの少し。
頑張って平泳ぎ。(コンタクトレンズを装着していて、顔をあまりつけられないので)
それほど広くないので、端から端までも大丈夫。
ひと泳ぎしたら日光浴。リュック焼けを何とかしたいけど、無理かな。
ジリジリ、ジリジリ。焦げる音がしそうな暑さです
時折プールに入って体を冷やします。一人なのでリラックス

何度目かの水泳タイムに、オーナーのカテリーナがやって来ました。
プールサイドの彼女に、「ヤ~・サ~ス!」と、平泳ぎで近付いていきます。
「2泊?3泊する?」「2泊です。明日、発ちますから」
「何時?」「う~ん。12時くらいかな?支払いはいつ、したらいいですか?」
「今夜は?」「OK」

カテリーナが去った後もサンベッドでのんびりしていたら、プールに人影が。
男性です。プールの掃除かメンテナンスっぽい。もう、そんな時間?(プールは20時まで)
男性はいったん消えると、ホースを手に戻って来ました。ホースをプール内へ。
何かを言われるわけでもないので、しばらくプールサイドでのんびりしていたけど、
おじさんは仕事をしたいみたいだし、プールを楽しんだので引き上げることにしました。
部屋に戻ったら、まだ18時前でした。

18:50 船のチケットを買いに、港のチケット売り場へ。
来た時と同じヴィーナス号の、11:35発にします。15ユーロ。
船のチケットを購入する時は名前を聞かれ、チケットにしっかり印字されるのですが、
二人いたスタッフは何故か聞くことなく、チケットを発券しています。何故だろう?
渡されたチケットには、私とまったく関係ない名前が。「DEDE.A」?誰ですか、それ?

港から帰ったその足で、宿代を支払いにカテリーナの家へ。
ノックをすると彼女が扉を開けてくれました。
ギリシャ語で「支払えますか?」「Ναί . ギリシャ語を話すのね」「少しだけ」
「どうやって(覚えたの)?」「日本で習っているんです。でも難しくてうまく話せません」
「Καλά!ウチの息子は日本が好きなのよ。え~と『マンガ』?」
「マンガ?ああ、コミックのこと?」「そうそう!それとアニメーションとか」
へえ~。(息子さんは不在でした)
宿のパンフレットとホテルカードをもらいました。
オープンは6月から9月までで、7、8月は予約したほうがいいとのこと。
アテネから来る人が多いようで、「アテネにお友達がいて、教えてもらったの?」と聞かれました。

21:00に夕食を取りに出かけます。今日は近くの「Καφενές」へ。混んでいます
声をかけようにもホールにスタッフの姿は見えず、厨房はちょっと遠い。
適当に座って気付いてもらうのを待っていたら、さほど経たずに来てもらえました。
オーダーは以下の通り。合計20.1ユーロ。

トマトときゅうりのサラダ3.0
ソーセージのメゼ 4.8
エビのサガナキ 10.0
水(1.5ℓ) 1.5
プソミ 0.8

いつもより1品多いのは「ソーセージのメゼ」なるものが気になったから。
大きさを尋ねたら、手で示したサイズがそれほどでもなかったので、オーダーしてみました。

で。
やってきた「メゼ」はサガナキでした。チーズの中にサラミが挟んであります。
アギストリ_「カフェネス」にて (2) 中は → アギストリ_「カフェネス」にて (1)
そのサイズは・・・手で示されたものより一回りは大きいって!私の手よりも大きい。
ちなみにサラダも、かなり大きなサラダボールでやって来ました。
アギストリ_「カフェネス」にて (4)

食べながらふと思う・・・あ、エビのサガナキってトマトソースだよね。チーズも入っているよね。
かぶっているよ!

少し時間がかかってエビのサガナキが登場。
アギストリ_「カフェネス」にて (3)
ぷりぷりのエビがいっぱいです。見た目ほどくどくなく、好きな味。
ただ、すでにサラダとメゼでお腹が苦しくなっています・・・
それでもがんばって食べ続け、完食はなりませんでしたが、9割方は食べ切りました。

22:50 お会計。端数を切り上げ、21ユーロを支払いました。
夜景を撮りながら宿に戻ります。う~ん、ぶれちゃうなあ。

明日の出発は早くありませんが、少しでもパッキングしておくと楽だと思い、
1時間程使って荷物をまとめておきました。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(アギストリ→ピレウス 7/16の乗船分) 15.0
食費 スーパーでスナックなど計10点 9.71
    タベルナで昼食 14.5
    タベルナで夕食 21.0
宿泊費 45.0(朝食無し) 

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

22 : 24 : 28 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
アギストリ島からアテネへ
2011 / 07 / 31 ( Sun )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

7/16 金
7:00 起床。ユルユルとパッキング。
プールでひと泳ぎしたいところだけど、水着の後始末を考えて、ぐっと我慢。
しかし、今日も暑い パッキングをしながら汗が出るので、エアコンを使用。
昨日、スーパーで買った、ネスカフェのフラッペを作ってみました。
少量の水にコーヒーの粉と砂糖を加え、シャシャカとシェイク
泡立ったところに、さらに水とミルクを注ぎ入れて完成です。
簡単なのに、確かにフラッペ。美味しい~
フラッペを作る (1) フラッペを作る (2)

10:00 外出。スーパーでピスタチオを購入。エギナ島産のもの。1袋3ユーロを3つ。
アギストリ_メガロホリにて (1)

私は利用しなかったけど、近くにはレンタル・バイク&自転車もあります。
道が整備されている島なので、使えそうですね。
アギストリ_メガロホリにて

部屋にピスタチオを置きに戻ってから、再び外出。静かなメガロホリ。
アギストリ_メガロホリにて (2)
アギストリ_メガロホリにて (3)

写真を撮りながら、港の方へ周ってみます。
昨夜、夕食を取った「カフェネス」。
アギストリ「カフェネス」 (2)
アギストリ「カフェネス」 (1)

公用車か一般車なのか。日本ではこんなペイントはやらないだろうなあ。
アギストリ_ミロスの港 で

黄色はミニ・トレインの走るレーンだったと思います。
アギストリ_ミロスの港 (1)

港から、泊った「メルテミ」を眺めます。中央、青い看板がある建物。
アギストリ_港から見たメガロホリ

11:10 散策を終えて、部屋を後にします。
港に着くと、滞在中に一度も姿を見ることはなかったバスが停まっていました。
私にとっては幻のバス 笑 時間があえば乗ってみたかったわ~
アギストリのバス

フライング・ドルフィン、ヴィーナス号が到着。
私が乗って来た時よりも、はるかに多くの乗客が降りて来ました。
乗り込む際にチケットを切る係の女性は、来た時と同じ人!
私のチケットの名前、チェックしないよね? ※ 大丈夫でした。

今回はエギナ島に寄らず、直接ピレウスへ。なので、少しだけ早く着いたような気がします。
降りたE8のGATEも、地下鉄の駅から少し遠いところ。まあ、地の果てのE1よりはマシ。
駅へ向かう歩道橋の上から。
ピレウスの街

12:40 ピレウスの駅へ。それほど混んでいません。
ピレウス駅

13:15頃にモナスティラキ駅に到着。いつもと違う出口から出てしまい、余計に歩く羽目に
汗ダクでホテルへ。
定宿になりつつある「アリオン」にチェックイン。
アテネ「アリオン」

私のギリシャ語の先生で、アテネに里帰り&実家の旅行代理店の手伝い中のコスタスに電話。
今日は某TV局の撮影に同行して、エピダヴロスにいるそう。
「ポスターを見たよ」とのこと。(妙にあっさりしていましたが)

KEMが入っている、アウトレットを探しに行くことにします。「KEM」とはギリシャのバッグ・ブランド。
ここのダイナソー・シリーズの製品が欲しいのですが、サイトではすでにカタログから落ちています。
旅の前にメールで問い合わせたら、「アウトレットのショップに置いてある」と返信をもらい、
住所も教えてもらったのです。
その住所、Pireos St. はホテルから歩ける距離の通り。
近道をしようとEviripidou St.を通ったら、かなり怪しい雰囲気の通り。
中東と中国、南アジアがミックスされたエリア。そうだった この辺りはそういう地区だった。
思わず速足で通り抜けます。

教えてもらった住所に行きますが、それらしい建物は見つかりません。
そもそもアウトレットがありそうな通りじゃありません。
キレイなホテルが一つあり、道路は広いのですが、並んでいる店は裏町っぽい雰囲気。

いったん探すのをやめて、コスタスの旅行代理店へ向かいました。確か18時まで営業のはず。
17:15にオフィスに着きブザーを鳴らしますが、ドアには鍵がかかっています。あれ?
と、ドアが開き、初めて見るギリシャ人女性が迎えてくれました。
聞くと残っているのは彼女だけで、他の人は17時で退社したそう。明日は9-13時まで営業。
明日、来られるかわからないしなあ。ポスターの件、彼女も知っているかしら?
「ああ、コスタスのお友達なのね。ポスターね」
彼女は部屋の、ロッカーのような場所からポスターを取り出してくれました。
お礼を言って、代理店を出ます。

ホテルに戻って、レセプションでアウトレットのことを尋ねてみました。
KEMからのメールに書かれた住所であれば、やはり私が行ってみた辺りらしい。
「移転したのかも。上のPCで調べてみたら?」
ということで、Breakfast Roomの隣にある、サロンの隅に置かれたPCでネット検索。
何故か設定がドイツ語から切り替わらないのですが、調べるだけなら大丈夫。
あれ?・・・アウトレットって、アテネじゃなくてピレウスに近いような・・・
Pireos St. はピレウス方向へ続く道です。
なんとなくわかったところで、すでに19時近くなっていました。
明日また探すことにして、今日はCDを買いに行こう。

毎度お馴染みの、「Metropolis」で大人買い!
既にチェック済みなので、迷わずサクサクと選びます。
でも旦那衆ことProfessional Sinnerzが歌う、W杯のキャンペーン・ソングも欲しいなあ。
スタッフに尋ねてみました。
「この人たちが歌っている、W杯の曲って発売されていますか?」
「彼ら、HipHopだよ」「知っている。歌ってるのよ」
「知らないなあ。そのCDが最新盤だよ」「これには入っていないんですよ」
「HipHopでW杯の歌?」「ステージで歌っているのを見たし、PVだってあるんだから!」
ということで、駄々をこねて調べてもらったのですが、結局わからず。
「次のCDに入るんじゃないの?」とスタッフのお兄さん。それじゃ、W杯終わっているよ・・・
※帰国後に調べたら、この曲はネットでのダウンロードのみでの販売でした。

質問ついでにVATについても尋ねたら、またまた混乱
「レシートでいいんじゃないの?」「別の書類が必要なはずだよ」
「わからないなあ。(別のスタッフに尋ねる)」
聞かれたスタッフも「レシートでいいんじゃないの?」違う、絶対違うって!
しばらく、ああだこうだと話したのですが、最終的に「レジで聞いてくれ
ああ、もう~

で、レジで会計時に尋ねたら、あっさり「OK」。スタッフ間の情報共有を頼みますよ
でも「OK」と簡単に言ったわりには、前回の人の情報が残ったまま入力したため、
わけのわからない書類がプリントアウトされ、やり直した書類も日付が違っていて、
しかも間違った箇所を、修正テープで直しちゃいましたよ!
この書類で通るんだろうか?半分諦めておこう・・・

それでも、欲しかったCDを購入できたので満足!
スーパーで買い物をして、ホテルに戻ります。

21:15 近くのプシリ地区で夕食を取ることにしました。
「タベルナ・トゥ・プシリ」に行きたいのですが・・・あれ?やっていないのかな?
明りも一部しかついていないような???
対照的に隣の店が賑わっています。どういうことなんだろう?
呼びこみのお兄さんにメニューを渡されたので、とりあえず見てみると、特に高くはなさそう。
これだけ人が入っていたら、大ハズレということもないかな。
オーダーは以下の通り。合計で 15ユーロ。

ボイルの野菜 4.0
スズカキア 7.0
ビール(アムステル500mlのジョッキ) 3.5
プソミ 0.5

結構な量の野菜です。不足気味だから、このくらい食べないと。ビートも入っています。
アテネ_プシリ「オ・ラキス」? (3)
スズカキアはピリっと香辛料が効いた味付け。辛いソース?も添えられています。
ビールに合う好きな味。
アテネ_プシリ「オ・ラキス」?(1)
屋外席で蚊に刺されてしまったのと、お店が満席状態でうるさいので、
サクッと食べて、帰ることにしました。支払いには1ユーロを追加。
店の名前がはっきりしないのですが ^^; 右端の「ラキス」が店名か?
昼間に撮った外観写真。開店前ですが。
アテネ_プシリ「オ・ラキス」? (2)

部屋に戻ったら22:30。
あれ、ここのTVはMADが映らない?。画面表示はMADでも実際は違うチャンネルです。
前は見ることが出来たような気がするんだけどなあ。
珍しく24時に就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 メトロ(ピレウス→モナスティラキ) 1.0
食費 アギストリのスーパーでピスタチオ 9.0
    アテネのスーパーで菓子など11点 15.43
    エスティアトリオで夕食 16.0
宿泊費 約80ユーロ(日本で予約・支払い済み)
その他 CD計9点 128.2 

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

18 : 21 : 12 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アテネ二日目
2011 / 08 / 01 ( Mon )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

さて、旅の記録として必要以上に書き綴ってきましたが、これから帰国までの間は、
旅のノートをほとんど書かずに過ごしました。
時間を惜しんで歩き回った&帰国が近付くにつれ、気持ちが下向きになったからです。
帰るの、イヤだ~ 
箇条書のようなメモと、写真を元に記憶をたどって書いておきます。


7/17 土
6:40 起床。昨日の様子をせっせと旅のノートに書きます。
8:00 朝食。ここでは何度も食べているので写真は撮らず、最速の10分で朝食修了!

8:30 外出。昨日ネットで調べた、ピレウスのそばのアウトレットを目指します。
メトロのファリロ(Φάληρο)駅から行くのがわかりやすそう。
※アテネ市内・オモニアから、ピレオス通りを走るバスもあります。

9:00 ファリロの駅に到着。オリンピアコスの本拠地・カライスカキス・スタジアムが目の前です。
ファリロ到着
スタジアムの右横に周り、ピレオス通りへ。(ギリシャ語ではΠΕΙΡΑΙΩΣ)
時間が早いせいか、他にこれといった建物がないからか、ほとんど人は歩いていません。
通りまではすんなり行けましたが、さて右か左か?
地番表示が見当たらないのでわかりません。
左へ歩き出しますが、何だかちがう感じ。Uターンして右方向へ。
「FACTORY OUTLET」を示す矢印付きの表示がありました。
何だかワクワクしてきた~

着きました、「FACTORY OUTLET」!ファリロ店です。
メインの入り口は通り沿いではなく、駐車場側。車で来る人がほとんどってことなのでしょうね。
アウトレット・ファクトリー (1)
警備員さんに「カリメーラ」と挨拶して店内へ。KEMがあるフロアを目指します。
アウトレット・ファクトリー (2)

おお~、あった~!KEM!ダイナソーもけっこう並んでいます。
※ショップ内の写真は、ちゃんと許可を得て撮影しています。
アウトレット・ファクトリーの「KEM」 (1)
アウトレット・ファクトリーの「KEM」 (2)
見比べて品定め。日本に持って帰ることを考えたら、そんなにたくさんは買えません。
う~ん、悩むなあ。
結果、下記を購入。A4サイズも入る縦型トート、丸型のミニ・バッグ、ポーチ二つ。
合計で120ユーロ。40%オフになっているようです。
KEMでお買い上げ
VATの書類は作ってもらえませんが、定価でも欲しかった品だから問題なし。
買った品とは別に、カジュアルなワン・ショルダーのリュックをおまけにつけてくれました。
このリュックも最後まで迷ったのですけどねえ。カワイイ。今見ても・・・欲しい。
欲しかったけど・・・

ここにはFranklin&Marshallも入っていますが、ショップというよりコーナーで、扱いはわずか。

来た道を戻ってファリロの駅へ。スタジアムがデカイから目印になります。
カライカスキ・スタジアム
カライスカキス・スタジアムには、オリンピアコスのオフィシャル・グッズのショップがあります。
赤・赤・赤。強烈だなあ。名前が「Red Store」だし。
オリンピアコスの「Red Store」 (2)
オリンピアコスの「Red Store」 (1) どんな夢を見るのかしら?(うなされないか?)

メトロのファリロ駅の近くには、トラムの始発もあります。
アテネ中心へ行くにはちょっと遠回りになるので、今回は利用しません。でも写真だけ撮ろうかな。
ファリロ駅のそばのトラム

近未来的な車両ですね。
トラム
車体広告は大好きなビール・FIX。美しい群青色です。
トラムの車体広告は「FIX」

モナスティラキに戻り、いったんホテルへ。
現代アゴラ(市場)をちょっとのぞいてから、東の方向・アテネ大学の裏手へ。
※アゴラも何度も来ているので、今回、写真は少ないです
アテネ_現代アゴラ (1) アテネ_現代アゴラ (2)

アカデミアス通りの一本東側、ソロノス通り。本屋さんが集まる一帯になっています。
見事に本屋さんだらけ。
アテネ_ソロノス通り (5)
土曜の午後ということで、営業していないお店もありましたが、ショー・ウィンドウを眺めるだけでも
十分、楽しめます。マニアにはたまらないだろうなあ。
アテネ_ソロノス通り (6)
アテネ_ソロノス通り (2)
アテネ_ソロノス通り (3)
アテネ_ソロノス通り (4)
アテネ_ソロノス通り (1)
お洒落なブック・カフェもあったので、次回の旅でも来てみようと思っています。

ソロノス通りからシンタグマへ向かいます。
途中にあるAtticaデパートもセールの真っ最中。ものすごい混雑です。
店頭では、コカ・コーラのキャンペーンをやっていて、私も1本もらっちゃいました。
アテネ_コカ・コーラのキャンペーン中 (1)
アテネ_コカ・コーラのキャンペーン中 (2)

以前、ミロンさんのポスターをもらったPublic。店内及び入口付近は撮影禁止なので、遠くから。
アテネ「Public」
CD売り場をのぞいたら、ミロンさんの2ndがセール対象になっていました。
昨日のメトロポリスよりも安くなっています。ショック?いいえ!こっちも買っちゃうから!爆
17.98ユーロが9.9ユーロ。安いわ~
ギリシャでは発売から時期を経たヒット作を中心に、9.9ユーロで販売することが多いようです。
また、1、2曲を加えて再発売したり、別々のアルバムを2枚組のセットにしたりと、
けっこうファン泣かせなこともやってくれます。
ミロンさんなんて、1stと2ndのそれぞれの価格より、2枚組にしたCDの方が安いんですよ!
どういう価格設定なんでしょう?(・・・全部買う私もどうなのか?)

プラカにギリシャの特産品を扱うお店があったはずなので、探してみることにしました。
確か、このあたり・・・あれ?貼り紙?どうやら移転してしまったようです。
住所が書いてあるけど、どのあたりかな?
※とりあえず、貼り紙を写真に収めましたが、ホテルで尋ねたら「アテネ市内中心部の地図から
外れる場所」だそうで、断念しました。

2店のスーパーをハシゴしてお買い物。合計で21.03ユーロ。
部屋に戻って、買ったお菓子やドライ・フルーツをパクパク。

17:30 外出。パンドロスウ通りからアドリアヌ通りを進み、ぷらぷら。
そんなつもりはなかったのに、ついオリーブオイルを買ってしまいました。250mlで5.3ユーロ。
間食をしたせいか、お腹が空きません。けっこう歩いているんだけどな。
IVIS TRAVELでネットをチェック。その後も日が落ちて涼しくなった通りをそぞろ歩き。
アテネ_エルムー通り
21:40にホテルに戻りました。

€€ 会計メモ €€
食費 スーパー2店で菓子など9点(お土産含む) 21.03
宿泊費 約80ユーロ(日本で予約・支払い済み)
その他 CD1枚 9.9
     土産物店でオリーブオイル1本 5.3 
     インターネット・サービス利用 2.5

おまけ: オリンピアコスはギリシャのサッカー・リーグでも人気のチーム。→ オフィシャル・サイト
サポーターが世界レベルでイカレている、強烈なことでも知られていて、動画を拾うと
目を疑うような映像が多々、見つかります。(検索ワードは「Olympiakos Gate7」など)
そのエネルギアを他に生かせ!・・・ないか・・・
でも、客席で撮ったこの動画を見たら、ちょっとファンになろうかとも思ったりして。
爆竹バンバン、発煙筒モクモクの中で歌いまくりのサポーター。熱いわ~

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

19 : 52 : 01 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アテネ三日目
2011 / 08 / 02 ( Tue )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

今日も殴り書き(笑)メモを元に、記憶をたどって書いています。

7/18 日
6:50 起床。8:25 朝食を取りに階下のBreakfast Roomへ。

9:10 外出。今日のメインは新アクロポリス博物館
ちょっと遠回りかなとも思ったのですが、プラカを抜けて東側から入るルートを行きました。
新アクロポリス博物館へ

以前の旅で、アクロポリスにあった旧博物館を見学したことはあるのですが、
新しい博物館は2009年6月20日のオープン。
2009年、私は5月後半から6月中旬にギリシャを訪れたので、ギリギリ見られなかったんですよね。
1年待ったから、すごく楽しみです。
新アクロポリス博物館 (2)

建物の前には透明な床。遺跡の発掘現場を見ることが出来ます。
新アクロポリス博物館 (3)

チケットは5ユーロ。入場する際は、空港並みのセキュリティ・チェックがあります。
新アクロポリス博物館 (4)

ギリシャ自慢の博物館だけあって、展示品はもちろん、建物自体も美しく、観賞しやすい作りです。
館内移動の順路も案内されています。
新アクロポリス博物館 (1)

残念なのは展示品の撮影は一切禁止であること。
巡回している係員のすきを見て、こっそり撮影しているおじさんがいたので、本気で注意しようかと
思ったのですが、多分、罰が当たったことでしょう。隠し撮りして嬉しい?ルールは守るべし!
※追記:現在、館内の一部エリアについては撮影可能のようです。
ただし公式サイトの記述と、実際の現場での対応とが異なるケースがあるようなのでご注意下さい。


素晴らしい展示品が並ぶ中、大英博物館からの本物の帰りを待つレリーフのレプリカが切ない・・・
早く帰っておいで!パルテノン・マーブル! 返せよ!大英

館内の撮影はNGですが、窓から見えるアクロポリス(パルテノン神殿)を撮ることはOKでした。
アテネ_博物館から見たアクロポリス (2)
アテネ_博物館から見たアクロポリス (1)
実はこの時期、修復のための足場が一時的に外され、すっきりした姿を見ることが出来たのです。
・・・って、後で知ったんですけど。

博物館を堪能したら、シンタグマへ。
日曜日の10:50~11:10は、無名戦士の墓の衛兵の、大規模な交代式があるのです。
これまでタイミングがあわなくて、見たことがなかったんですよね。
ギリギリで行ったわりには、いいポジションでパレードを見ることが出来ました。
野良のワンちゃんが、しっぽを振って一緒に行進しています。
アテネ_衛兵交代式のパレード (2)
アテネ_衛兵交代式のパレード (1)
アテネ_無名戦士の墓 (2)
暑い中、ご苦労さまです。
アテネ_無名戦士の墓 (1)

シンタグマから400番バスに乗ろうと思い、バス停を探します。
400番のバスとは、市内中心部の観光地をつなぐ路線バスです。
バス自体は通常の車体と同じで、観光用になっているわけではありません。
う~ん、乗り場がわからないなあ。
始発(循環ですが、一応スタート地点)は考古学博物館の前らしいので、そこまで行ってみようかな。

パネピスティミウ通りをのんびり歩き、考古学博物館へ。
でも、ここのバス停にも「400」とは書いてありません。市内バスのルートの一つなんだけどなあ。

お腹も空いて来たので、先に昼食を取ることにしました。
13時頃、再びプラカに戻り、「ト・スホラルヒオ(Το Σχολαρχείο )」へ。
「ウゼリ・ククリス」の名もあるお店です。
ここの良いところは、皿がたくさんのった大きなトレイをテーブルに持って来てくれて、
その中から料理を選べること。
一人だと2皿と聞いていたのですが、二つ取ったら「もう一つ取って」と言われ3皿に。
セット扱い(料理+ドリンク+パン+デザート)で一人14ユーロなのですが、
レシートでは料理が12ユーロ。ドリンクが2ユーロになっていました。お水は無料。
いろんなものが食べられるっていいですよねえ。
サイトでも、一人2皿になっています。→ オフィシャル・サイト

選んだのは、豚肉のスパイシーなトマト煮、ズッキーニのフライ、ザジキです。
どれも美味しかった~!特にトマト煮の辛さは、食欲をそそりました。
プラカ「ククリス」 (2)
プラカ「ククリス」 (3) 甘々なデザート

店を出てから写真を撮っていたら、お店のおじさんにあれこれ話しかけられました。
人気店で客足が絶えないのですが、一区切りといった時間帯なのか、暇だったみたい。
プラカ「ククリス」 (1)
※このお店は2011年も利用しました。この記事 → 2011年9月アテネ二日目

近くのローマン・アゴラと風の塔へ。
ここも以前に見学済みなのですが、久しぶりに入ってみることにしました。入場料は2ユーロ。
アテネ_ローマン・アゴラ
アテネ_ローマン・アゴラ (2)

八角形の風の塔。
アテネ_風の塔

遺跡も良いのですが、実はお目当ては他にありまして。
ここで涼んでいる猫さんに会いたいのです。
猫さんの場合、フリーで遺跡内に入れますから、暑い日差しを避けてひんやりした石の蔭で
休んでいることが多いんですよね。
風の塔のそばの木陰に、やっぱりいました。黒猫のマンガスとトラ模様のリコ 
風の塔のマンガス 風の塔のリコ
ボランティアで猫さんに食事を届けている方が名付け親です。人慣れしていて良い子たちです。

遺跡を出て、住宅が続く通りへ。こちらにも猫さんのスポットがあります。
三毛猫のマイラと、苦み走ったダナエさんがいました。
アテネにて (1) アテネにて (2)
他にも、思い思いの場所でのんびりとお昼寝をする、たくさんの猫さんに会えました。

先ほどわからなかった400番バス。やはり気になるので、シンタグマのエアポート・バス乗り場で、
チケット売り場のお兄さんに聞いてみました。
「市内を回るバス?そういうバスなら、あれだよ」と指示したのは真っ赤なバス。
え?あれは民間のバスじゃないの?
「今はあれだけだよ。値段?さあ・・・」
仕方ないので、真っ赤なバスの所に行って聞いてみました。
「公共のバスは6月末で中止になったの。利用者が少なかったからって聞いているわ」
え~!!!そんなあ。6月末って・・・私、何度もアテネに寄っていたから乗れたのに~
がっかり・・・

民間のバスは「City Sightseeing Athens」という名のバス。
※この写真、実は2009年に撮ったもの
アテネ_サイト・シーイング・バス
これ、世界の主要観光地で走っていますよね。 → city- sightseeing.com
15か所のポイントで乗り降り自由、24時間有効で、一人18ユーロ。
パンフレットには色んなお店のクーポンもついています。
18ユーロはけっこういいお値段です。ちなみに中止となった400番バスは5ユーロ。
でも市内一周の気分になっていたし、ギリシャで散在と言いながら、お金使ってないし。
次の発車は16時。すぐです。よし、乗ってしまおう。

支払ってから、係の女性に断って近くのペリプテロで水を買い、バスに乗車。
2階建のバスは、やはり上の席の方が多く乗車しています。ただし、めちゃくちゃ暑い
アテネ_サイト・シーイングのバス

何度も歩いたアテネの街ですが、視線の位置が変わると、またちょっと違います。
主だったところは知っている場所ばかりですが、オモニアの西、個人ではまず行かないエリアも
走るのが新鮮でした。

パナシナイコ・スタジアムも久しぶりに見ました。
アテネ_パナシナイコ・スタジアム

降りずにずっと乗車していて、所要時間は90分。
イヤホンでガイドを聞くこともできます。日本語もあります。(正しい日本語でした)。
乗り降りするポイントを押さえて、見所の移動手段にすればけっこう使えるのかな?
でも18ユーロはやっぱり高いような。

シンタグマから、お店をのぞきながらモナスティラキへ戻ります。
夏のセール中ですが、日曜なので一般の店舗はお休みがほとんど。
アテネ市内はセール中 (1) アテネ市内はセール中 (2) アテネ市内で

アドリアヌ通りのサッカー・グッズのお店で、ギリシャの代表チームのユニフォーム・シャツを購入。
旧シーズンのものは安くなっていましたが、今シーズンのものをセレクト。W杯にも出場したことだし。
無題
スタッフは意外なことに若いお姉さん。私と同じ位、小柄です。
シャツのサイズは子供用(身長152cm用)です 笑 試着した結果、そうなりました。
大きめをダボッっと着るのもありですが、比較的、ジャストに近いかな。
アディダスの正規品で、定価50ユーロ。
ノー・ブランド品(早い話がコピー商品)なら、土産物屋さんで15ユーロくらいで買えます。

楽器屋さんにはブズーキも。弾けないけど欲しいなあ。
アテネ_パンドロス通り (2)
アテネ_パンドロス通り (1)

酒屋さんでサモスのワインを見つけました。サモス島は2007年に行った島。
このワイン(Samos VIN DOUX)、美味しかったんだよね。部屋で飲みたいなあ。
悩んだ末に購入。ハーフボトルで5.5ユーロ。

20時前にホテルに戻りました。シャワーを浴びて、荷物の整理。
食べ物も減らさないと。

22:00 夕食を取りにタナシス(オ・サナシスΟ θανασης )へ。 
何故か何を食べたかメモっていないのですが、多分いつものケバブ・ピタかな。
だったら、こんな感じ。→ 2010-11年・年越しでのタナシス
(完全に忘れています)

0時近くにホテルに戻り、パッキングの続き。
買ったワインを飲もうと、持参した缶切りを取りだしたら・・・
ああああ~!コルク抜きがついて無いタイプを持ってきちゃった~!
深く考えず、荷物としておさまりがいいものを持ってきたのですが、コルク抜きがついているのは、
別の方だった・・・
今からレセプションに行って「コルクを抜いて欲しい」って言うのもなあ・・・
仕方なくタオルでグルグル巻きにして、スーツケースの中へ。割れないでおくれよ。

€€ 会計メモ €€
食費 タベルナで昼食 14.0
    ペリプテロで水 1.0
    タベルナで夕食 多分10~15ユーロ
    酒屋さんでワイン 5.5
宿泊費 約80ユーロ(日本で予約・支払い済み)
その他 新アクロポリス博物館入場料 5.5
      ローマン・アゴラ&風の塔入場料 2.0
      City Sightseeing Busで観光 18.0
      サッカー・ユニフォーム 50.0

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

19 : 00 : 00 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。