ピレウスからイオス島へ
2012 / 03 / 14 ( Wed )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

1/3 火
アラームで5:30に起床。眠い~
6:10 朝食。15分くらいでしっかり食べておかないと。

6:40 チェックアウト。宿代はカードで支払い。

GATE7を通り過ぎてしまい、GATE6から港に入ります。
ピレウスからイオスへ
7:25発のBlueStarDelos は新しい船。大きいな~

いつものようにGoody’s の席を確保しようと思ったら、「まだ準備中」だって。
仕方なく船内を奥へ奥へと進みますが、混んでいるようでなかなか席がありません。
結局、Flocafé のテーブル席を確保。すぐにスタッフがオーダーを取りに来ましたが、
ギリシャ語で「Μετά(あとで)」と答えます。

8:45まで旅のノート書き。でも眠くて眠くてその後仮眠。

10:30頃、Goody’sへ。オーダーは以下の通り、合計9.63。
でもお釣りの端数のコインがないのか、10ユーロの支払いに対する戻りは0.35。

チリ・ベーコン・バーガー 4.73
オニオンリング 2.72
コーラ(600ml) 2.18

毎度のGoodys

バーガー、デカイな・・・
食べ終わってからも、Goody’s のテーブルで旅のノート書きをしていましたが、
「パロス到着」のアナウンスが流れたので、いったん荷物があるFlocafé に戻ります。

12時頃にパロス島到着&出航。

歯磨きした時に撮った写真。窓が大きいトイレは、明るくてキレイ。
BlueStarのキレイなトイレ

ソファ席があったので移動し、のんびりします。窓の外に灯台発見!あとで調べないと。

前回の冬に寄ったナクソス島を経て、14:10、イオス島(Ίος )に到着。
4度目のイオス到着

迎えに来てくれたともちゃんの車で、ミロポタス(Μυλοπότας )にある彼女の自宅へ。
家では猫と子供たちが出迎えてくれました。

私のために遅い昼食を用意してくれました。お米入り肉団子、ユベララーキャ(ユーバラキャ)です。
美味しいわぁ。
お手製ユベララーキャ

荷物を解いて、少ないけれどお土産を渡したら、みんなで海岸に散歩に行きました。
夏の間は賑わうミロポタスのビーチも、冬は店もホテルも休業です。
ともちゃん夫婦が経営するホテル「NISSOS IOS HOTEL 」も休業中。
車の来ない道をみんなでてくてくと歩きます。

子供たちは、休業中の別のホテルのプールに併設した滑り台で遊びます。
寒くたって元気ですよ~
元気なお子たち

このホテルのそばに藪と原っぱみたいな場所があるんですが、数匹の猫が暮らしていました。
イオス_ミロポタスの猫さん (1)
イオス_ミロポタスの猫さん (2)
シーズン・オフは猫さんにとっても大変な季節です。

仲良し家族。お父さんのペドロは自宅です。
ミロポタ散歩

キレイな夕焼け。
イオスの夕焼け

夕食はスブラキ屋さんのデリバリー。配達してくれるのはホラにあるお店。
末娘・恭子ちゃんのお友達で、私も1度会った、レナちゃんのおうちが経営しているそうです。
朝からちょこちょこと食べ続けているので、半分だけ頂きました。
デリバリーのギロピタ

食後は例のごとく、ともちゃんと二人でお喋り。
入浴後も喋り続けて、就寝は0時を回っていました・・・

前回の冬は離れに滞在しましたが、水とお湯の出が悪いとかで、今回はリビングに
ソファベッドを用意してもらっての居候生活です。

€€ 会計メモ €€
食費 Goody’sで 9.65
居候につき宿泊費はありません・・・

※さてさて、私のイオス訪問は実に4度目となります。
なんと、同時期に実家に帰省した回数より多い 
そのためいわゆる観光っぽい行動は、今回は少なくなっています。
ギリシャの夏を味わう旅であれば、下記の記事をご覧下さい。
イオス島、オススメしますよ

2010年6月はこちら → 2010 Summer 4.キクラデス諸島ホッピング (アナフィ島の次)
2011年9月はこちら → 2011 Summer 2.キクラデス諸島ホッピング
冬の記事ですがよろしければこちらも。
2010年12月 → 2010-11 Winter 2.冬の島編イオス&ナクソス
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 43 : 54 | 3.嵐の島巡り・イオス&ミロス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
イオス島二日目
2012 / 03 / 16 ( Fri )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

※前回の記事の最後にもちらっと書きましたが、ここ、イオス島には再々々訪問となります。
よって一般的な旅とは異なりますので、ご了承下さいませ。


1/4 水
7:00 起床。子供たちも起きて来ました。
8:00過ぎに朝食。
猫さんもゴハン。。。本当は外で食べるんですが ^^;
イオス_ともちゃん家の猫さん (1)

子供たちに一番人気はこのちびちゃんです。
イオス_ともちゃん家の猫さん (2)
実はニュージーランドに移住してしまった、ともちゃんたちのお友達から託された子猫。
ここなら安心して任せられますからね。
でも、こんなカワイイ子を置いて、海外へと行かなければならない人もいる、ギリシャの現状。
ツライものがあります。

Wiiのダンスゲームでひとしきり遊んだら、海まで散歩。
同行してくれたのは三男の直彦君と末娘の恭子ちゃん。
冬の海はどんよりしがちですが、今日は水も透明で穏やかです。
イオス_ミロポタスにて (2)

ミロポタスのビーチの端まで来ました。
イオス_ミロポタスにて (3)
イオス_ミロポタスにて (1)

海沿いの道を戻ってホテルに戻る途中、昨日も通った、猫さんが集まる原っぱへ。
今日も数匹がいます。
と、どこからか「にゃー!!」と訴えるような猫の声がします。
お母さんが子猫を呼んでいるのか、子猫が母を探しているのか?
見渡しても、原っぱにそれらしい猫はいません。
それにしても大きな声だな・・・

気になってもう少し注意して周りを見ると。

げっ!!電柱に猫が登って鳴いてるよっ!

ああ、この子が降りられなくてにゃー、にゃー鳴いているんだ。
・・・って、どうしろって?

電柱の先端にいるので、けっこうな高さがあります。
何で登っちゃったかなぁ?
下は土なので、うまく飛び降りれば大丈夫かなあ。
いや、待て。もしかして電線に触れたら感電しちゃうのかも。
まずい、それはマズイ!

・・・ここに来る途中、街灯を交換している人たちがいたよね。
確か脚立を使って作業していたよね。借りる?ギリシャ語で?

こんな時は人頼み 爆 携帯電話で、家にいるともちゃんに事情を話します。
「ホテルに梯子があるから、持って行くわ」

すぐに車で駆けつけてくれたともちゃん。
電柱に梯子を立て懸けるとゆっくりと上へ。5mくらいあるんだろうか?
私と子供たちは、下でしっかりと梯子を支えます。
声も枯れそうな程に泣き続けるも、恐怖ですくんでいるのか動けない猫さん。
ともちゃんが伸ばした手で猫さんの首根っこをキャッチ!
猫さんはそのままともちゃんの胸の中へ収まりました。

救出成功!!!

良かったよ~(何故か私だけが号泣。。。)
猫は子供たちと私、交互に抱かれますが、小さな手でしっかとしがみつきます。
そうかそうか、怖かったんだね。。。
その場に放しても良かったのでしょうが、心配なので連れ帰り、ゴハンをあげることにしました。

翌日撮った写真。目にアイラインを引いたような、器量良しな三毛です。
イオス_救出されたミケコさん

ちなみに救出現場はここ。
イオスの事件現場

その後、郵便局に行くともちゃんに同行し、二人で徒歩でホラ(Χώρα)へ。
話をしながらの散歩は楽しいですね。
ホラで見つけた地図。
イオス_ホラにて

家に戻って来たら、簡単に食事を取り、子供たちと再び海へ。
先程の二人に加え、次男・悠二君も一緒。
今回は、砂浜で裸足になって、走り回ります。なので写真はナシ笑
気持ち良かったですよ~

今夜はホラで外食です。お店は「カリプソ」。
昨夜、その話が出た時に、長男・晃陽君が「前に行ったけど美味しくなかった」と発言し、
私とともちゃんを不安にさせたのですが、まったく問題ありませんでした。

最初は私たちだけでしたが、後からおじさん4人組、若者3人組がやって来ました。
この時期は営業しているお店が少ないので、ここは貴重です。
イオス_ホラの「カリプソ」 (1)
イオス_ホラの「カリプソ」 (3) イオス_ホラの「カリプソ」 (4)

ザジキやホリアティキ、ファバ、恭子ちゃん好物のフライドポテト等、あれこれオーダー。
イオス_「カリプソ」にて イオス_「カリプソ」にて (2)

私の取ったメインは「ティガニア・メキシカニキ」。メキシコ風ティガニアです。
チリみたいなソースを想像していましたが、リゾットっぽく、かなり辛い!
イオス_「カリプソ」にて (3)
ちょっとクセがある味ですが、まあまあイケます。

ともちゃんが選んだカレー味のチキン。これは美味でした。
イオス_「カリプソ」にて (4)

サービスで頂いたレモンパイ。これも美味でした
イオス_「カリプソ」にて (1)

お店の外観。
イオス_ホラの「カリプソ」 (2)
右のアイボリー色の建物がお店で、左の、お兄さんが出てきた建物が厨房です。
中央にいる猫さん、わかりますか?
実はともちゃんの家の猫なんです。名前はルイージだったかしら?(←ウソ。「ろにんじょ」でした)
時折家出をして、こうしてホラで過ごしているのだとか。

20:30 満足してお店を出て、車でミロポタスに戻りました。

遅くなるまでお喋りしたり、旅のノートを書いたり。
普通の「旅」とは違いますが、楽しい一日が終わります。

€€ 会計メモ €€
食費 タベルナで夕食 6.5
※ともちゃんたちがまとめて支払い、「Fちゃんはこれで」と言われた金額。
 どう考えても少ないんですけど。写真で確認したら、ティガニア、7ユーロだし ^^;
居候につき宿泊費はありません・・・ 

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 51 : 11 | 3.嵐の島巡り・イオス&ミロス | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
イオス島三日目
2012 / 03 / 18 ( Sun )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

※ここ、イオス島には再々々訪問となります。
よって一般的な旅とは異なりますので、ご了承下さいませ。・・・ってクドイ?


1/5 木
7:00 起床。
子供たちが起きてきて、早くも出かける支度をします。
そう、今日はトライアングルを手にご近所を訪問し、「カランダ(κάλαντα)」を歌う日。
カランダとはギリシャのクリスマス・キャロル。
ギリシャの冬のイベントで、クリスマス・イヴ、大晦日、主顕現祭の前日と、3回行います。
歌ったご褒美?に、お駄賃をもらえて、頑張ればけっこうな金額になるそうな。
うっかりして写真も動画も撮らなかったので、サイトで拾ったこちらでどうぞ → カランダを歌う子供

恭子ちゃんが私のソファベッドに一番おちびな猫さんを連れて来たので、
私はギリギリまでベッドの中^^;

朝食後は、家に残っていた直彦君(起きられなかったから、らしい)とWiiで遊びます。
途中でお友達から電話が入り、直君はその子と一緒に歌いに行くことに。
お友達・ピーター君は港の近くに住んでいるので、直君をその家まで車で送ることになりました。
私も便乗し、ともちゃんの車で港のあるオルモスへ。

ピーター君はお母さんがカナダ人。色白にソバカス、金髪に薄い色の目の少年。
家の前で直君と一緒にカランダを歌ってくれたので、ユーロ・コインを渡します。

帰りはスーパーとパン屋さんに寄り、豪快にお買い物。

車でホラの出口あたりにさしかかったら、恭ちゃんと悠二が道にいたので拾います。
まだ昼前で、ともちゃんが「行きたい所があれば車で送るよ」と言ってくれたので、
夏のパニギリで行った教会、アギア・セオドティ(Αγία Θεοδότη)をリクエスト。
※ 夏の様子はこの記事で → 2011年9月サントリーニ島経由イオス島へ
当初は適当な所で降ろしてもらい、いつものように徒歩で散策と思ったのですが、
意外と遠い場所だったので、みんなでそのまま先にあるビーチへ。

途中、子供たちのリクエストで、車を止めて金魚を撮影。
イオス_Αγ.セオドティスへの道で

12:00頃、アギア・セオドティのビーチに到着。砂浜で、波は穏やかです。
イオス_Αγ.セオドティス (7)
遠くに見える島はどこなんだろう?方向としては、夏に訪れたイラクリア島なんですけどね。

裏手に見えるのがアギア・セオドティの教会。写真中央、やや左の白い建物です。
イオス_Αγ.セオドティス (6)
イオス_Αγ.セオドティス (4)
イオス_Αγ.セオドティス (5)

30分ほどビーチで過ごし、自宅に戻りました。

帰宅後、家の周りで恭ちゃんと遊んでいましたが、「ピクニックしよう!」と恭ちゃん。
「あそこ!」と指差すのは、家からそれほど遠くない、小高い岩場。
ともちゃんに了解を得て、恭ちゃんと二人、登ってみることにしました。

小さいリュックにお菓子をつめて出発!
家の前の坂道を下ると、正面が岩場で、左が海へと続く道、右にやや上りの道があります。
恭子ちゃんは右に行くので、この道を回って岩場に行けるのかと思いきや、
途中で道沿いのフェンスを開けると、「ここ!」と草むらの中へ。
ええっ?そこに道があるの?

イオス_ピクニック
ちゃんとした道は無く、歩きやすいところを見つけながら上へ、上へ。
トゲトゲの植物が所々に生えているので、それを避けながら登ります。
ピクニックというか、、、トライアスロンかロック・クライミング?

振り向いて。印をつけたのがともちゃん宅。
イオス_ミロポタス

知らない間に、白黒猫のシャドーもついて来ていました。
イオス_シャド―がピクニックに同行

大きな岩に登って休憩。ピクニックですから水筒持参ですよ。
イオス_ピクニック (1) イオス_ピクニック (2)

休憩したら戻ろうと思っていたのですが、「上に行く~!」と恭ちゃん。
マジ?子供ってタフ・・・

さらに上へ進み、ミロポタスのビーチを見下ろせる辺りまで到達。
イオス_ミロポタスのビーチを眺める

雲が出てきて、暗くなり始めました。
もっと上へと行きたがる恭ちゃんをなだめて、戻ることにします。
行きより帰りの方が道を見つけにくいのは何度も経験済みですが、
やはりこの時もそうでした。。。。(←学習しなさいよ)

家に戻ったら、皆より遅れて昼食。15:30。
今日は私の好きなティガニアです!!美味しい~
ともちゃん宅で夕食

予定では、明日の船でイオスを離れることにしているので、パソコンを借りて宿探し。
元々はイオス→キモロス→ミロスと移動することを考えていましたが、
小さなキモロス島での宿探しは全滅に近そう。
検索サイトでは引っかからないし、夏の様に客引きは当てに出来ないので、
先にミロスに渡ってしまった方が良さそう。
(ミロス⇔キモロスの方が移動しやすい)
予約サイトをいくつかチェックして、港のそばの「ホテル・エレーニ」をピック・アップ。
ともちゃんが電話をしたところ、予約サイトと同じ1泊25ユーロだったので、
明日、船が予定通り出れば、宿泊したい旨を伝えてもらいます。
夕方から雲が多くなったので、天気が心配ですが。。。

子供たちと遊んだり、次々出てくる「食べ地獄」(笑)の中、ともちゃんとお喋りしたり。
シーズン・オフですが、その分、のんびり・ゆったりしたイオスの夜が更けていきます。

€€ 会計メモ €€
居候につきゼロ・・・

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

20 : 18 : 25 | 3.嵐の島巡り・イオス&ミロス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
イオス島四日目
2012 / 03 / 19 ( Mon )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

※このあとしばらくは悪天候に悩まされながらの日々です。
え~、教訓にして下さい。


1/6 金
8:00過ぎに起床。今日は主顕現祭です。ギリシャ正教で大事な行事の一つ。
去年は本土の港町ヴォロスで、十字架争奪を見学しました。
※この記事で → 2010-11 Winter ヴォロス三日目
イオスでもやるそうなので、見に行けるかしら?

・・・って、外、だって!!!
どんどん流れる灰色の雲、ゴーっと鳴る強風、叩きつけるような雨!!
10時を過ぎると、ついにまで降って来ました。ひえ~
イオス_まさかの悪天候

私が乗ろうと思っている船について、ともちゃんが旅行代理店に電話したら、
うん、欠航」と即答 爆
昨夜予約を入れた、ミロス島のホテルにも電話をすると、あちらも大荒れらしい。
「部屋は空いているから、いつでもどうぞ」みたいな回答をもらいました。
ほっ。
でもねえ。。。
この天気じゃ一歩も外に出られません。主顕現祭どころの話じゃありませんよ。

ともちゃんたちと一緒に、家でまったり過ごします。
午後はともちゃんがリゾガロ(ριζόγαλο)を作ってくれました.
ライスプディングです。美味しいよ 
イオス_リゾガロ

いつか自分でも作ってみよう。ここで勉強  → 「ギリシャのごはん

遅い昼食はアヴゴレモノで味付けしたマカロニアとヒリノ(豚肉)です。
イオス_アヴゴレモノ
しかし、よく食べますね、ワタシ。。。

夜は子供たちと一緒にDVD観賞。「あらしの夜に」

次の船は8日だったかしらと思いつつ、就寝前にパソコンを借りてチェック。
あ、欠航した今日の船が、翌朝、大幅に遅れて出発する!
でも今からパッキングして、朝いきなりバタバタと出て行くのはちょっとなあ。。。
お天気もわからないし。
冬のギリシャの島で、移動の難しさを痛感。

€€ 会計メモ €€
居候につきゼロ・・・

おまけ: アヴゴレモノと言ったら

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 55 : 39 | 3.嵐の島巡り・イオス&ミロス | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
イオス島五日目
2012 / 03 / 20 ( Tue )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

※冬のギリシャ、お天気は運次第です。
とはいえ、どうもこの数日は珍しいくらいの悪天候だったらしいですよ。
「日頃の行いが・・・」などとは、思ったとしても言わないで下さいまし。


1/7 土
8:40 起床して朝食を頂きます。
雨は上がったようですが、あいかわらずどんよりとした雲が空を覆っています。
次男・悠二君と三男・直彦君は街へ遊びに行ってしまったので、
残った長男・晃陽君と恭子ちゃんと家でのんびり遊びます。

その後、外に行きたいという恭子ちゃんに付き合い、二人で海へ。
廃車予定の子供用自転車を持ち出し、下りの坂道を猛スピードで走るものだから、
気が気じゃなかったわぁ~

昨日の雨のせいか、砂浜に水があふれています。
イオス_嵐の後のミロポタス (1)

波をかぶったのか、山側から流れて来た水がたまっているのか?
どちらにしても、まるで池が出来てしまったみたい。すごいな。
イオス_嵐の後のミロポタス (2)

海沿いの道をのんびり歩いていたら、ともちゃんと晃陽君が車でやって来ました。
聞けば、遊びに行った直彦君が足を怪我してしまったので、迎えに行くとのこと。
私と恭子ちゃんも車に乗り込み、みんなで向かうことに。

直彦君の怪我はけっこう出血していたみたいですが(迎えに行った時は止まっていた)、
本人はそれほど痛がってはいない様子。
港の近くまで行ったので、ついでに旅行代理店に寄ってもらい明日の船のチケットを購入。
9時発のミロス行き、16ユーロ也。

帰宅後はまたも恭子ちゃんと外出。
「ピクニック!」と言いますが、雨の後で足元が悪いであろう岩場へは行かず、
海の近くで過ごします。

いったん戻って昼食を頂き、先日の「三毛猫さん救出」の現場写真を撮るため再び外出。
三毛猫さんはすっかりお家に馴染んでいます^^;
救出されたミケコさん

イオス_嵐の後のミロポタス
あ~、明日は晴れてくれるかしら?

明日は出発が早いので、パッキングも早めに開始。
はぁ~、あっと言う間ですね。。。
でも放っておくとこのまま定住しそうな感じなので(笑)、気持ちを切り替えないと。

相変わらず食べ続けている私ですが、夜食にサガナキを頂きました。
新鮮なキュウリは、醤油とザジキをディップにして。
イオス_夜食 (1) イオス_夜食 (2)

ともちゃんのパートナー・ペトロと子供たちが眠ってしまってからも、
私とともちゃんはお喋りを続けます。

と、どこからか「にゃー」という鳴き声が。

たくさんの猫の面倒を見ているともちゃん家ですが、基本的に猫は外で寝ています。
子供たちが家に入れてしまった誰かが、どこかに入り込んでしまったのかと思ったら、
白黒猫のシャドーが、浴室の窓から侵入を試みている!
どうやって開けたんだ?

シャドーは、この家にたくさんいる猫の中でも、特に賢い猫。
家のドアが少しでも開いていると、ちゃっかり部屋に入って来ます。
それどころか、クローゼットの引き出しだって器用に開けちゃいます。 → 証拠映像

シャドーを浴室の窓枠から落とそうとしても、しっかと足に力を入れている ^^;
結局、浴室に入って来てしまったので、今夜は特別に家の中に入れてあげることにしました。
私がこの家で過ごす、最後の夜ですしね。

ちゃっかりもの・シャドーは、私が使わせてもらっているソファーベッドに上がり、毛づくろい。
・・・ずい分、リラックスしているじゃないか 
一昨日のピクニックでもついて来たし、うちの実家にいた誰かの生まれ変わりかしら?
それとも素敵な王子が姿を変えている? ( ← すごい妄想)

ということで、イオス島での最後の夜は、シャドーと一緒に眠ります。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(イオス→ミロス) 16.0 ※1/8乗船分
食費・宿泊費は居候につきゼロ・・・

さすがに5泊もしてゼロはないだろうと思い、少ないながらも差し出したのですが、
「いらないよ~」と。。。涙
帰国後にちょっとばかりのモノを贈らせていただきました。
でも、そうするとさらにお礼が届くのでエンドレスになってしまう^^;

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

21 : 23 : 37 | 3.嵐の島巡り・イオス&ミロス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ