スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
サモトラキ島からアレクサンドルゥポリ~カヴァラへ
2014 / 08 / 23 ( Sat )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/5 土
6:00 目は覚めたものの、ベッドでグダグダ。
昨日の様な強風は無いみたい。

10:00 最後の外出。
といっても、もう見るものはほとんどありません。
開いていないインフォメーションのそばに車の軽食スタンドがありますが、まだ開店前。
結局、収穫のないまま宿に戻りました。

荷物をまとめて11:30に出発。
軽食スタンドが開店していたので、スブラキ・ドッグ(?)を購入。2.5ユーロ。
サモトラキ_車の軽食屋さん (2)
サモトラキ_車の軽食屋さん
ピタもありますが、この時はまだ焼けていなかったようです。
パケト(包み=持ち帰り)にしてもらい、袋をぶらさげて船に乗り込みます。
(チケットは2日前に購入済み。14.5ユーロ)

島に来る時はデッキ席だったので、今回は船内のシートでいいや。
アレクサンドルゥポリへ戻る船
一応、座席番号はありますが、それほど混んでもいないのでテキトーに座ります。

さよならサモトラキ。
次回は勇気を出して、山に入ってみるわ。
さよならサモトラキ

手早く昼食。ボリュームたっぷりで美味しかった。
サモトラキで買ったサンドイッチ

お腹がいっぱいになったのでウトウトしていましたが、なにやら周囲に人の気配。
みんなが窓の外に注目しているので、何だろうと思い、私も窓の外を見たら、
イルカが船の横にピタリとついて、ぴょんぴょんと跳ねています。
おお~!! 話には聞いていましたが、実物をこんなにはっきり見るのは初めて。
写真を撮れたらよかったのですが、じっくり眺める方を選びました。

15:00前に アレクサンドルゥポリに戻って来ました。
アレクサンドルゥポリへ戻って来た
乗客が多かったので、バスを利用する人も多かったらイヤだなと、ちょっと焦ってKTELへ。
途中にある駅に向かう若者もけっこういます。

予想に反してKTELはガラガラでした。
無事にカヴァラ行き16:45発のチケットを購入。14.9ユーロ。
窓口のお兄さんはギリシャ語しか話しませんでした。
アレクサンドルゥポリのKTEL
カヴァラへのバス・チケット

1時間半以上のバス待ちですが、待合室は冷房が効いていて快適です。
暑い外には行かずノートを書いていたら、特に時間を持て余すこともありませんでした。
ただしトイレはかなり汚くて、ペーパーもありませんでした。

16:30発のテサロニキ行きは満員のようでしたが、カヴァラ行きは半分以下の乗車率。
アレクサンドルゥポリからカヴァラ行きバス

道路が整備されているので快適です。車窓は緑が多いのどかな風景。
カヴァラへ向かう車窓

17:55 経由地のクサンチ(Ξάνθη)到着。
クサンチのKTEL
バスの窓から見る限り、大きなホテルが少なくとも4つあるような大きな街です。
ですが、KTELは意外と地味。休憩もなく、すぐにバスは出発。

カヴァラが見えて来ました。
カヴァラが見えて来た

18:55 カヴァラ(Καβάλα)到着。2012年の1月に続き2度目の訪問です。
→ 公式サイトは工事中 ※再開したら貼ります
観光情報はここでも → http://www.kavalagreece.gr/en/

宿の手配をしていなかったので、以前泊まったギャラクシーへ。
混んでいるそうですが、シングルの部屋を確保出来ました。
今晩は59ユーロで、明日は49ユーロ。納得出来る価格です。
カヴァラの「ギャラクシー・ホテル」
バス・タブ付きじゃなかったのが残念。

部屋に案内してくれたスタッフのお兄さんとも話したのですが、
この夏は宿泊客が多く、団体での利用も複数あって、すごく忙しいとのこと。
実際、エレベーター・ホールで、バス1台分を超えそうな団体に遭遇しました。

20:00 外出。
まずはKTELで明日のフィリッピ遺跡行きのバスをチェック。(バスはドラマ行き)
8時から1時間ごとに出ているので、便利です。
ここのKTELは、毎回、とても親切だと思います。

海沿いをぷらぷらします。
この「フェスティバル・フィリッピ」が気になります。
カヴァラの海沿いで

タソス行きの船もチェック。
月曜からの週ごとでスケジュールが変わるようで、貼ってあったのは今週分。

夕食は以前も利用した「Η ωραία Μυτιλήνη(イ・オレア・ミティリニ)」へ。
隣と迷ったのですが、こちらの方が賑わっていたので。
海に近い、外のテーブル席にしました。
カヴァラ_「オレア・ミティリニ」 (2)
カヴァラ_「オレア・ミティリニ」 (1)-2

オーダーは以下の通り。合計14.2ユーロ。

ミディア・サガナキ 7.5
ラハノ(キャベツ)・サラタ 3.5
ビール(FIX 500ml) 2.5
プソミ 0.7
※前回よりビールとプソミが安くなっています。

カヴァラ_「オレア・ミティリニ」 (3)

ラハノって、まんま(笑)。私は昆虫か。
アレクサンドルゥポリの厨房で見たものは紫キャベツも使っていて、いい色合いでしたけど。
でもオリーブオイルをたっぷりかけると、美味しい。
サガナキはアスティパレアで食べたタイプに近く、好みでした。
ソースをプソミ(パン)につけて食べるのも、これまた美味しい。

猫さんがテーブルの間を巡回しています。
無理強いするようなことはせず、お行儀が良いコばかり。
カヴァラ_「オレア・ミティリニ」 (4)

21:30 会計。
お店が混んでいて忙しいからか、特に+アルファのサービスがなかったので、丁度で支払います。

久しぶりにビールを飲んだので、いい気分。
夜景を写真に収めながら、部屋に戻ります。
カヴァラの夜 (2)
カヴァラの夜 (3)
カヴァラの夜 (1)
ボケ気味ですけど。

カヴァラはやっぱり大きい街。夜なのに、海沿いを歩く人がたくさんいました。

洗濯&シャワーの後は荷物整理。
途中、ベッドでくた~となったら1時になってしまい、慌てて就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(アレクサンドルゥポリ→カヴァラ) 14.9
食費 軽食スタンドでスブラキ・ドッグ(持ち帰り) 2.5
    タベルナで夕食 14.2
宿泊費 59.0
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 22 : 14 | 2.カヴァラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カヴァラ二日目・その1
2014 / 09 / 01 ( Mon )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/6 日 
6:00過ぎに目覚めましたが、ベッドから出たのは7:00を回ってから。

8:00 朝食を取りに、最上階のルーフ・ガーデン・レストランへ。
このホテルを選んだ理由の一つが、朝食の充実。
カヴァラ_朝食
30分で切り上げようと思っていましたが、無理だわ~
このお皿の後にコーヒーをお代わりして、ヨーグルトもしっかり食べました。

カヴァラ_ホテルの朝食ルームから
景色もよろし。

9:30頃に外出。
街中で見た「フェスティバル・フィリピ」について、インフォメーションで尋ねてみようかと思いましたが、
10:00発のバスを逃したくないので、KTELへ。
カヴァラ_フィリピ遺跡へ (2)

フィリピ遺跡までは1.9ユーロ。バスのチケット表記はリディア(Λυδία)までです。
運転手にギリシャ語で「フィリピ遺跡に着いたら教えて」とお願いして、
すぐ後ろの席をキープ(←サモトラキで学習した)。
市内を抜けるとのどかな景色。道は整備されています。
カヴァラ_フィリピ遺跡へ (1)

20分程走ってフィリピ遺跡に到着。
(古代の言い方だとピリッポイの遺跡なのかあ → ここ

遺跡の表示を通り越したので「え?」と思いましたが、博物館の前で下ろしてくれました。
フィリピ考古学博物館 (2)
多分、運転手さんが説明しやすいのがこの場所みたい。
博物館は一番ドラマ寄りにあるので、見学順としてはここから南下して行くようになります。

フィリピの考古学博物館(Αρχαιολογικό Μουσείο Φιλίππων)。
フィリピ考古学博物館 (9)
遺跡も含めた入場料は4.0ユーロ。(単独チケットもあります)
きちんと整備された、明るいイメージの博物館です。スタッフも感じ良い人たち。

周辺の地図には、8月にアレクサンドロス大王もしくは縁の人物のものと思われる墓地が発見された
アンフィポリ(Αμφίπολη)の街も出ています。
フィリピ考古学博物館 (3)

彫像やコイン、私好みのフィギュアや柱の飾り等、興味深いものが多くありました。
フィリピ考古学博物館 (6)
フィリピ考古学博物館 (7)
フィリピ考古学博物館 (4)

これは携帯式太陽時計。何だかお洒落。
フィリピ考古学博物館 (8)

フィリポス2世。アレクサンドロス大王のお父さん。
フィリピ考古学博物館 (5)
外交手腕も軍事においても、非常に優秀だったそうです。イケメンだったのかしら?

40分かけてじっくり鑑賞しました。
難点を言うならライトが多く、そのせいか、展示物の写真を撮ると反射したり、
自分の姿が写り込んだりしてしまうことかな。

博物館の前にも遺跡からの出土品がずらり。
フィリピ考古学博物館 (1)

博物館を後にして遺跡巡りへ。

道路沿い(東側)に、パウロが囚われた牢。
フィリピ遺跡_パウロ囚われの牢

道を渡って、西側の遺跡へ。
博物館で購入したチケットは4枚に分かれるのですが、切られたのは博物館の1枚だけ。
あとで考えたら、どこかで切ってもらうことでパンフみたいなものをもらえたのかなあ。
サモトラキの神殿群でもらったような資料を入手出来なかったので。

フィリピ遺跡西のエリア (2)
広い、広い。矢印で順路を示していますが、右でも左でも、お好きな方にという感じ。

フィリピ遺跡西のエリア (3)

オクタゴン。博物館で見た太陽時計はここで発掘されたもの。
フィリピ遺跡西のエリア (4)

モザイクがキレイ。保護のためか、屋根が設置されています。
フィリピ遺跡西のエリア (5)

本当に広い。
フィリピ遺跡西のエリア (11)

有名なバシリカ B(Βασιλική B)。
フィリピ遺跡西のエリア (1)
フィリピ遺跡西のエリア (8)
フィリピ遺跡西のエリア (9)

ここは危険なので近くまでは行けません。まあ、納得ですね。いつ崩れてもおかしくなさそう。
フィリピ遺跡西のエリア (7)

西側遺跡から東を見て。山にあるのはアクロポリス。
フィリピ遺跡西のエリア (10)

バシリカの手前はアゴラ。
フィリピ遺跡西のエリア (12)
フィリピ遺跡西のエリア (6)

東側の遺跡に入ります。ここにあるのはバシリカ A。
フィリピ遺跡東のエリア (2)

西側よりは小規模ですが、こちらには古代シアターがあります。
フィリピ遺跡東のエリア (3)
フィリピ遺跡東のエリア (4)
フィリピ遺跡東のエリア (5)
人の姿からもわかりますが、それほど大きくはありません。
以前、写真で見た時は、もっと広いのかと思っていました。
でも、今も使われる現役のシアターってことがすごい。

観客席の上の方から、西側のバシリカが見えます。
フィリピ遺跡東のエリアから (6)

木造りの建物があったのでトイレかな?と行ってみますが、扉は施錠されていました。
フィリピ遺跡東のエリア (1)

「7月なのに閉まっているのか」と立ち去ろうとしますが、ドアノブにかけた左手が何だか痛い。
トゲでも刺さったのかと思ってみると、左手の人差し指の腹が腫れている!
しかも、見る見るうちに内出血が広がっていくよっ!!!
ドアノブは普通の金属製です。
何故だ、何故なんだあ~!!!
これまでの経験上、内出血で死ぬことはないと自分に言い聞かせ、見学続行。

結局、2時間近く遺跡内を行ったり来たり。堪能しました。
事前にもっと勉強していれば、なお楽しいと思います。
遺跡内を走るエグナティオン街道って、遠い昔には数々の英雄が歩いた道なんですよねえ。

こちらがメインの入り口。バスが走る道沿いではありません。
フィリピ遺跡メイン入り口
メインの入り口の近くにはカフェもありました。

有名な遺跡のわりに、この案内表示の多くがギリシャ語なのね・・・
フィリピ遺跡案内表示

カヴァラへ戻るためのバス停らしき場所を見つけました。
念のため、そばのペリプテロのおじさんに尋ねたら、カヴァラ行きは向かい側。
確かに右側通行なので、進行方向の右手です。危なかった。

でも、こっちがバス停とわかるのはギリシャ上級者ではなかろうか。
遺跡があるリディア もしくはクリニデス(2)

フィリピ遺跡がある周辺の街(村)は、ゆるい感じです。
遺跡があるリディア もしくはクリニデス(3)
遺跡があるリディア もしくはクリニデス(1)
カヴァラから遺跡まではすぐなので、この街に滞在ということは少ないだろうから、
観光客をあてにしているというわけではないのかな?
一応、遺跡の先にはホテルもあるようですが。

13:30 バスがやって来ました。
来る時はターミナルの窓口でチケットを買いましたが、今度は運転手から直接購入。
「カヴァラまで」と言って2ユーロを渡したのに、何故か0.4のお釣り。
どうして値段が違うんだろうと、渡されたチケット(その都度、機械で印字させるタイプ)を
じっくり見てみたら、全然違う地名が書かれているよ!
ΔΙΑΣΤ ΚΡΗΝΙ  ΑΥ.ΣΙΛΛΑΣ」?
(おそらく乗車地点 - 降車地点)

「ΔΙΑΣΤ ΚΡΗΝΙ」は、リディアの手前というかフィリピ遺跡の近くにΚρηνιδέςという
地名があって、「ΑΥ.ΣΙΛΛΑΣ」はカヴァラの街より手前にある修道院(多分)。
ギリシャ語万年初級者とはいえ、地名を読むことは出来るので、どうしたものか?
う~ん、とうなっているうちにバスは終点・カヴァラのターミナルに着いてしまいました。
ちなみにリディア(もしくはクリニデス)からはどこにも停まらず。
運転手さんよ、何故なんだ・・・

暑いのでホテルに戻り、休憩&旅のノート書き。

※記事は短めですが、またもや写真が多くなったので、その2に続きます。

おまけ:
フィリピ遺跡の写真をもっと見たい!という方はこちらのサイトを → http://www.greece.com
Google上では写真が100枚もあります。うひゃー→ ここ

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

01 : 20 : 32 | 2.カヴァラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カヴァラ二日目・その2
2014 / 09 / 07 ( Sun )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

16:00 外出。
インフォメーションに行ってみますが、日曜なのでクローズ。
フェスティバル・フィリピの案内パネルが置いてありました。
フェスティバルの案内
色んなイベントが開催されるようです。へ~ 公式サイト → http://philippifestival.gr/

日曜でお店も閉まっているところが多く、そのせいか街中は人も少ない印象。
タウンホールからタバコ博物館に行けるかなと歩いてみましたが、あまりに人が少ないので、
海沿いに出ることにしました。
カヴァラの街で (2)
このあたりがタバコ倉庫っぽいんだけど・・・

自転車をレンタル出来ます。観光というより市民向けですね。
カヴァラの街で (3) カヴァラの街で (1)

考古学博物館も15時で閉まっています。
カヴァラ_考古学博物館
この近くの海に面した場所には、大きな公園がありました。

海沿いをぷらぷらと歩いて、港に向かいます。
街中と対照的に、海沿いは賑わってしました。
カヴァラ_海沿いで (2)
カヴァラ_海沿いで (4)
カヴァラ_海沿いで (3)

公衆電話。最近はヒマ?
カヴァラ_海沿いで (1)

港で明日の船のチケットを購入しようと思ったのですが、またもや窓口が閉まっています。
旅行代理店とは違い、船の出発に合わせてしか開かないみたい。
仕方ないので、時間つぶしにパナギア地区へ行ってみました。

地元の人が泳ぐ海岸。けっこうワイルドな場所ですけど。
カヴァラの海岸 (1)

ここなんて飛び込み台ですよ。コワイ・・・
カヴァラの海岸 (2)

キミシ・セオトク教会まで来ました。
人が集まっているので何だろうと敷地内に入ってみたら、どうやら洗礼式が行われるようです。
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (1)

写真を撮らせてもらいました。
ピンクで統一しているから、洗礼を受けるのは女の子ですね。
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (4)
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (5)
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (3)
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (2)

教会の近くにあるモハメット・アリ博物館。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (2)

18:00なのでもう閉館かと思ったのですが、入れました。入場料は2ユーロ。
イマレットと共にサイトがあります。写真がキレイ → http://www.imaret.org.gr/

木を多く使った造りの家。トルコ式家屋だそうです。
1階(日本式なら2階)には靴カバーを着用して上ります。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (1)

居心地が良さそうですね。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (6)

重厚な家具が置かれたのはselamlikの一部です。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (3)

こちらは貴婦人用の部屋。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (4)

別の部屋の奥にはハマムもあります。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (5)

博物館を出たら散策を続けます。
カヴァラ_パナギア地区 (5)

冬に来た時はたくさんの猫さんに会えましたが、この暑さではどこかに避難しているのかな?
見かけた猫さんも大抵お昼寝中でした。
カヴァラ_パナギア地区 (4)
カヴァラ_パナギア地区 (1)

雰囲気があるイマレットのある通り。
カヴァラ_パナギア地区 (3)
カヴァラ_パナギア地区 (2)
カヴァラの街 (2)
カヴァラの街 (1)

一度部屋に戻り、荷物を入れ替えて再度外出。20:00。

今度は港のチケット売り場が開いていました。(20:45発の船に合わせている)
タソス行きは2社の船があるので、小さな時刻表を見せられ、「どれにする?」
乗りたい時刻(明日の12:45)を告げるとチケットを出してくれました。
ですが、今日の日付が押されてあり、出発時刻は印字されていません。
以前、サントリーニからティラシアへ渡った時のような簡易なチケットです。
窓口のおばさんは「明日は出発の30分前に来てね!」と明るく言います。
まあ、そう言うならこのチケットでいいんだろうな。
(しかし、この不安は的中するのであった。。。)

海沿いを街へ戻ります。
途中で出会ったかわいい猫さん親子。
カヴァラ_海沿いの猫さん (1)

そばにいた別の猫さん。すごく人懐こくて、撫で放題でした。
カヴァラ_海沿いの猫さん (2)
地元のお兄さんもやって来て、二人で撫でまわしw

夕食は「パノス・ザフィラ(ΠΑΝΟΣ ΖΑΦΕΙΡΑ)」へ。
昨日入った「イ・オレア・ミティリニ」の並びにあります。

メニューが表に出ていて、真剣に悩みます。豊富なんだもの。
カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (2)

スタッフのおじさんにメニューの中の食べたいものを言うと、「どれもあるよ」とのこと。
やった~!!!

今日も海が見えるテーブル席で。奥側はまだ空いています。
カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (3)

オーダーは以下の通り。合計で15.6。

ガブロス・マリナトス(ガヴロスのマリネ) 3.8
フタポド・ケフテデス(タコ・ボール) 4.5
トマトとキュウリのサラタ 3.0
プソミ 0.7
水(500ml) 0.6
ビール(FIX 500ml) 3.0 ※途中で追加

カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (4)

外はカリカリ、中はふわ~のタコ・ボール。
カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (5)
タコはかなり細かいすり身状態ですが、香りはばっちり残っています。
ガイドブックのギリシャ料理では、魚介類は「カラマリ」「タコのグリル」「エビのサガナキ」あたりが
定番みたいですが、私はフタポド・ケフテデスを強力に推したい!
フタポド・ケフテデスに外れ無し!(←大げさな)

サーブ担当のおじさん、毎回無言でお皿を置いていきます。
食べ終わってお皿が下げられ、サービスのスイカをもらったので、ギリシャ語でお礼を言うと
初めてにっこり笑ってくれました。
カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (1)

このお店でもうひとつ嬉しかったのは、BGMでミトロパノスが流れたこと。
ΡΟΖΑ」が聴こえてきて、わかる歌詞だけ歌っちゃいましたよ。(←酔っ払い)

夜の涼しい風を浴びながらのんびり過ごし、お会計。
20ユーロ札で払ったら、戻りが4.5でした。端数切り上げ。
スイカももらったし、1.5を置きました。
Tripadvisorでは辛口レビューもありますが、私は悪くないと思うけどな。→ レビュー

先程出会った猫さん親子に給食。
お母さんは用心しているのか様子見といった感じですが、ちびちゃんは興味を持ってくれました。
カヴァラ_夜の子猫

ホテルに戻り、荷物の片付け。
シャワーを浴びて1:30に就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(カヴァラ→リディア) 1.9
      〃 (ΔΙΑΣΤ ΚΡΗΝΙ→ΑΥ.ΣΙΛΛΑΣ) 1.6
      船(カヴァラ→タソス ※7/7の乗船分) 4.7
食費 タベルナで夕食 17.0
宿泊費 49.0
その他 フィリピ遺跡&考古学博物館 入場料 4.0
      モハメット・アリ博物館 入場料 2.0

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 55 : 22 | 2.カヴァラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。