カラマタからアテネへ
2016 / 10 / 26 ( Wed )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

7/11 土
6:10 起床。

7:30 朝食。
編み込みにねじってないけど味はツレキ。すごく美味しかった♪
※よく見たらねじってあるのか?
カラマタ_「ホテル・オーストリア」 (3)

毎回、泊まった宿の鍵(とキーホルダー)を写真に収めています。
カラマタ_「ホテル・オーストリア」 (2)
小さな島の、適当に買ってきただけみたいな味気ないのから、
オリジナルの巨大なものまで(※シフノス島)、比べると面白いのですよ。
ちなみに、このホテルの掃除は完璧でした。

8:40 カラマタで最後の外出。

ホテルの正面。海に向かって建っています。
カラマタ_「ホテル・オーストリア」 (1)
上の階の窓が小さいのは何故だろう?

海沿いを東へ歩いてみます。朝の太陽に向かって歩くので眩しい

こんな早くから泳ぐ人の姿あり。
カラマタ_海沿いを散歩 (3)

この辺りは小石のビーチ。遠浅ではないようです。
カラマタ_海沿いを散歩 (2)

カラマタのビーチもBlue Flag選定なのですね。
カラマタ_海沿いを散歩 (4)
カラマタ_海沿いを散歩 (5)

しばらく歩くとヴェルガ(βέργα)という別の地区になります。
カラマタ_海沿いを散歩 (6)

フィロクセニアホテル
カラマタ_海沿いを散歩 (7)
カラマタ市内を走る1番バスの始発地点です。
カラマタの中では高いホテルなので、私の選択肢にはなかったのですが、
後で素敵なミロンさんがLiveで来た時の宿泊先でした。
彼がFacebookでUpした写真に「見たことある景色だわ~」と思って確認したら、
自分も似たような写真を撮っていて、動揺しちゃった。。。

フィロクセニアホテルから引き返し。

道が整備されているので、自転車で走る人、ランニングする人もいました。
カラマタ_海沿いを散歩 (8)

トイレかな?更衣場所かな?
カラマタ_海沿いを散歩 (1)

10:00 ホテルに戻り、TVを見ながらゆっくりと仕度。

11:10 チェックアウト。カード払いが出来て助かります。

タクシーを呼んでもらい、KTELまで。
若いお兄さんが運転手で、代金はメーター3.99に対し「4.0」
カラマタに着いた時のエクストラって、何だったんだろう・・・

アテネ行きのバスは12時発のエクスプレス、22.2ユーロ。
カラマタからアテネへ (2)

今回も満席のようです。私の席は通路側の30番。
座席に荷物を置いたら隣の29番のおじさんがやって来たので、脇によけようとしたら、何故か
「窓側にずれて」という仕草。
特にこだわりもないので、指示されるままに。

仮眠と決め込んでいましたが、40分程したらチケットのチェックで起こされました。
その後は終点までウトウト。車内は静かでした。
カラマタからアテネへ (1)

14:45 キフィソスのターミナルに到着。
51番のバスでオモニアに向かいます。

今日は1回しかアテネ市内のバスに乗らないので、1回用のチケットを購入しようと思ったのですが、チケット売り場のボックスに種別表示がありません。
前に並んだ女性が終わるのを待ち、いくらだったかな?と思いながら「1枚ください」と告げると
渡されたのは1.2ユーロのチケットでした。
※この時点で、1回乗車のチケットは廃止されており、70分で1.2ユーロだった模様。
※2016年の2月にさらなる料金改定があり、90分で1.4ユーロ。
これも状況次第で改定されるのかしらん?


バスに乗り込んだものの、誰もチケットに刻印していません。
これはもしや、今日も無料?
近くにいた男性に「このチケットは?」と尋ねると、刻印機を指します。
ん???
別の老婦人が私の方をじっと見て、何か書くような仕草をするので、
刻印する真似をしながら「必要ですか?」とギリシャ語で尋ねたら、「そう」みたいな。
いや、「そう」なのかな、違うと言いたいのかな?

まあ、1.2ユーロだし、いいやと刻印しておきました。
・・・で、翌日知ったのですが、「市内交通無料大判振る舞いbyツィプラス」続行中でした。
チケット売るなよっ!!!と思った私はケチでしょうか?
(刻印しなければ持っていても無駄にはならないしねえ・・・)

以前、終点のはずのオモニアで降り損ないそうになった私なので、
車窓を真剣に見ていたら、前に座っていたおば様二人が「オモニア?」と聞いて来ました。
「私たちもオモニアまで行くから」
そして到着すると「さ、オモニアよ!」と。親切で嬉しいですね。

アシナス通りを歩き、セシル・ホテルに到着しました。
レセプションにいるのは前回と同じお兄さんだけど、髪が伸びているわ・・・
(前回はほぼスキンヘッド、今回は短髪)

チェックインの手続きをしながら「パノス・キアモスのPVで使った部屋はどこですか?」と
尋ねてみたら、
「キアモス?シンガーの?(←何故かギタリストのポーズを取る兄さんw)
 覚えてないなあ。でも、君の部屋の近くだと思うよ」
そんな質問する宿泊客なんていないので、テキトーに言ってるでしょwww
前回の部屋・205の真下の部屋が、キアモスが外を見下ろすシーンで立っていたような
場所のような気がするんですよね。

ちなみに今回は203です。
アテネ_お馴染みセシルホテル

荷解きがすんだら外出、16:30。
明日は日曜なので、今日のうちにスーパーで猫給食を手配しておかないと。

カルフール・エクスプレスで準備OK。
アテネ_猫給食

バザールではお土産用にIONのチョコを購入。
シンタグマまで出て、パブリック(Public)もチェックしました。今日はチェックのみ。

ギリシャのCM王。前はペプシのCMに出ていたのに。
アテネ_バス停にて

19:50 夕食を取りに再び外出。
ホテルからも近い「カラマンリディカ(Τα Καραμανλίδικα)」に行ってみました。
想像していたよりもお洒落でびっくり。
アテネ_「カラマンディリカ」 (1)
アテネ_「カラマンディリカ」 (4)
アテネ_「カラマンディリカ」 (7)

お店はすでに混み始めていて、入り口の近くの小さな席になりましたが、壁際なので落ちつけます。

最初、英語のメニューを渡されましたが、予想外の長い文が何故か頭に入って来なくて、
それではとギリシャ語メニューに替えてもらったら、こちらも手強かった^^;
出来上がりが想像できそうなメニューがあったので聞いてみたら、
卵と牛肉、トマトを一緒に調理したものとのこと。(ギリシャ語)
ここはお肉屋さん経営だし、それをオーダーすることに。
加えてタラモサラタ。今回、どこでも食べて無かったので。(多分)
他のテーブルに運ばれて行くお皿を見ると、かなり凝った料理(盛り付けも含め)があるようです。

つきだしとして出された生ハムとチーズ。
アテネ_「カラマンディリカ」 (2)

ゼオス(ΖΕΟΣ)という初めて見るビールを頼んでみました。
アテネ_「カラマンディリカ」 (3)
悪くないけど、FIXやミソスの方が好みかな?
もう1回くらい飲まないと判断出来ないか。

タラマは塩味が効いています。おかげでパンを完食。
モスハリは想像通り。ちょっとピリ辛で美味しかった♪
アテネ_「カラマンディリカ」 (5)

人気のお店なので、20時を過ぎてからやって来た人は、入り口でスタッフに「予約していますか?」と聞かれています。

食べ終わったお皿を下げてもらったら、ヨーグルトをサービスして頂きました。
アテネ_「カラマンディリカ」 (6)
ギリシャヨーグルトにしてはさらりとしていますが、美味しいです。
ちらっと見えている大きめのランチョンマットがお洒落。

会計の内訳です。合計は14で、支払いには1ユーロをプラスしました。
モスハリ 6.5
タラモサラタ 3.5
プソミ 0.5
ビール 3.5

混んでいるので長居はせず、21時前にはお店を出ました。

アシナス通りにあったお店。
アテネ_謎のお店

ランプのお店かと思って近くに行ったのですが、ギリシャ正教関連の品物かな?

ホテルに戻ると、移動疲れかベッドにくた~
気付けば0時を回っていたのでシャワー&洗濯。
髪が乾くのを待って(ドライヤーは部屋に無く、貸出)、2時に就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 タクシー(カラマタのホテル→kTEL) 4.0
     バス(カラマタ→アテネ) 22.2
     バス(アテネ・キフィソスのターミナル→市内中心) 1.2
    ※ただしアテネ市内は、この時は本当は必要ありませんでした。
食費 エスティアトリオで夕食 15.0
    スーパーでドリンク他(猫給食を含む) 5.81 1.42
宿泊費 57.0(2泊+1泊で予約したので、3泊目は金額が異なります)

おまけ:
前回も貼ったのですが、セシルで撮影されたパノス・キアモスのPV。
くどいようですが、セシルは怪しいホテルではありませんw
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

20 : 01 : 53 | 4.アテネ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
アテネ二日目・その1
2016 / 11 / 06 ( Sun )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

7/12 日
7:00 起床。
8:10 朝食。

9:10 外出。
プシリ地区を南に下りてエルムー通りへ。

途中にあったお店。音楽を楽しめるバー。
アテネ_プシリの音楽バー (2)
アテネ_プシリの音楽バー (1)
いいなあ。こういうお店のオーナーになりたい。

西に進んだら、右手に面白そうな一角があったので入ってみました。
アテネ_プシリの商店街 (2)

フリーマーケットのような、ジャンクショップ街のような?
アテネ_プシリの商店街 (4)
アテネ_プシリの商店街 (1)
私の現在の住まい(都内某所)も、こんな感じのお店があるんですよね。

レコード屋さん!もしかしたら、話が弾むかもしれない。
アテネ_プシリの商店街 (3)

ここからも見えるアクロポリス。すごいな。
アテネ_プシリから見るアクロポリス

煙をもうもうとあげている屋台がありました。スブラキ屋さんです。
アテネ_プシリの商店街 (6)
アテネ_プシリの商店街 (5)
見ての通り、集まっているのはおっさんばかりw

美味しそうなので1本買ってみました。1ユーロ。パンは無料でつけてくれます。
日本の焼き鳥に限り無く近いですね。熱々です。
アテネ_プシリの商店街 (7)
このスブラキ、めちゃくちゃ美味しかった!!
スブラキと言えばオモニアの「リヴァディア」が有名で、その昔、私も行きましたが、
正直、この屋台の方が美味しいと思ってしまった。

エルムー通りに戻ってケラミコスまで行ってみました。
冬はこの近くでフリーマーケットをやっていましたが、さすがに夏はやらないみたい。

引き返してティシオへ。
この駅で、ゴハンをもらっている猫さんたちがいました。
アテネ_ティシオ駅 (2)
アテネ_ティシオ駅 (1)

ティシオの駅の脇から南へ行く通り(アポストル・パヴル)は車が入らず、露店が並んでいました。
アテネ_ティシオ
アテネ_ティシオ (4)
アテネ_ティシオ (3)
アテネ_ティシオ (2)

アドリアヌ通りとエルムー通りの間の区画も露店やフリマでいっぱい。
アテネ_ティシオ~モナスティラキ (1)
アテネ_ティシオ~モナスティラキ(6)
アテネ_ティシオ~モナスティラキ (4)
アテネ_ティシオ~モナスティラキ (2)

このリスの絵本を買うべきか否か、10分は悩んでしまった。買わなかったけど。
アテネ_ティシオ~モナスティラキ (3)

アテネの夏は暑い。暑いけど、この扇風機は無駄に大きい気がする。
アテネ_アドリアヌゥ通り
倒れないように、重くしているとか?

アドリアヌ通りから、線路の向うに古代アゴラのヘファイストス神殿が見えます。
アテネ_ティシオ~モナスティラキ (5)
油断していると、思いがけない所で有名な遺跡を見てしまうアテネ。

モナスティラキのフリーマーケットと称される通りに来ました。
ここはどんどんお洒落になっているように思います。
アテネ_モナスティラキ (3)
以前はもっと地元の人向けのお店があったように思うけど、
最近は普通のお土産物屋さんが増えたような。

私はバックギャモンのルールを知りません。
でも、このセット(?)を見ると覚えたいなと思うのです。
アテネ_モナスティラキ (2)

フリーマーケットの奥(モナスティラキから見て)には、アンティークを扱うエリアがあります。
アテネ_モナスティラキ (5)
アテネ_モナスティラキ (4)
古い家具は見ていて飽きません。
買えないけど、「もしアテネに住んだら」と、色々と妄想しちゃいます。

ランニング姿で家具の修理をしていたおじさん。
アテネ_モナスティラキ (1)
黙々と作業する姿が、かっこよかった。

モナスティラキ駅前の露店で、さくらんぼを購入。㎏1.99ユーロで、1ユーロ分を購入。
モナスティラキのチェリー (2)
モナスティラキのチェリー (1)

プシリの小さな通りを散策して、ホテルに戻ります。

※写真が多くなったので、その2に続きます。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 23 : 45 | 4.アテネ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アテネ二日目・その2
2016 / 11 / 10 ( Thu )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

さくらんぼを昼食代わりにして、ホテルで休憩。

その後、国立考古学博物館のミュージアム・ショップに行くつもりでしたが、
昨年、博物館は開いているのに、ショップは夕方には閉まっていたことを思い出し、
ロンプラを見たら「日曜は15時まで」となっていました。
時間的に間に合いそうにないし、どうせならオモニア近くのお店で昼食を取りたいので、
明日に変更。
※この記事を書いている時点では、公式サイトはオフシーズンの開館時間ですね。
てか、入場料が下がっているの? → ここ

15:15 猫給食を持って外出。
まずはアクロポリスの北側へ。
いつもならワサワサと集まっているエリアですが、今日は少なめ。
お昼からずい分経ってしまったし、もうゴハンを食べたのかな?
木陰にいる猫さんたちはお昼寝モードで、「出直してきにゃ~」みたいな顔してる^^;
仕方ないので、そのまま通りを西へぐるっと回りました。

めちゃくちゃ暑いな~

アクロポリスの西側入り口近くにある「アレオパゴス」へ。
ギリシャ語だと「Άρειος Πάγος (λόφος)」。
アテネ_アクロポリス周辺で (2)
アテネ_アクロポリス周辺で (3)

初めてのギリシャ(2001年)で、この岩によじ登ったんだわ。
当時より登りやすくなっているような気がするけど、気のせいかな?
ここに会議所があったそうですが、その頃は平らだったのだろうか?(←調べようよ)

アクロポリスがばっちり。近いんだから当たり前。
アテネ_アクロポリス周辺で (4)
私が生きている間に、修復作業は終わるのだろうか?無理だろうな。悲しい。

リカヴィトスの丘もよく見えます。
アテネ_アクロポリス周辺で (5)
あの丘を見ると、ミロンさんのライブを見に行ったことを思い出します。
かわいかったなあ、素敵だったなぁ (今も素敵です)

古代アゴラは下に。アタロスの柱廊って本当に美しい。
アテネ_アクロポリス周辺で (6)

いつまでも眺めていたいところですが、暑さにクラクラして滑落しても困るので、
適当な所で撤退。

チケット売り場の前を通って、南側へと下ります。
アテネ_アクロポリス周辺で (1)
この通りを上って来る人は多いのに、下りる人は何故か少ない。

イロドアディコス音楽堂(オデオン)まで来ました。
アテネ_‏イロド・アディコス劇場
夏のイベントの案内ポスターがたくさん貼ってあります。

これもフェスティバルの案内です。水色はエピダヴロスのフェスティバル。
アテネ_フェスの案内 (1)
アテネ_フェスの案内 (2)
お洒落だなあ。

プラカ地区を写真を撮りながら散策し、風の塔へ。
今回も大好きなトビーさんはいません。最近はすれ違いが多いのよね。
トビーさん、会いたい(泣)

ニュー・フェイスっぽい猫さんに給食。
アテネ_風の塔で猫給食

アクロポリスの北側に戻る途中で出会った猫さん。
汚い水たまりを飲もうとしたので、あわててお水を供給。
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (3)
飼い猫ですが、時々アクロポリスの北での給食に顔を出すコです。
「白玉ちゃん」という名前です(もちろん、本名じゃないですよw)

猫給食には積み重ね出来るお皿を持って行きます。フタがお水入れにぴったり。

18:00 アクロポリス北側。
猫缶を4缶投入です。平等になるようにするのが難しい。
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (4)
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (5)
大人しいコ、小さいコが食べられるように頑張ってはみるのだけど。

でも初めて会った時に比べたら、シロコさんは強くなったよね。
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (2)

去年の子猫もすっかり大きくなっていました。
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (1)

19:15 本日の夕食は謎の「アヴリ(Η Αυλή)」にて。
プシリ地区のアリオンを定宿にしているので、今まで何度も前を通っていたはずなのに、
まったく気付かなかったお店。
だって、閉店時はこうですから。
アテネ_「アヴリ」 (2)
「どこにタベルナがあるの?」ですよ。

開店時はこう。左の細い通路の奥がお店です。
アテネ_「アヴリ」 (1)
様子がわからないので、ちょっとばかり緊張しながら入ってみました。

細長い店内の、奥のテーブルはすでに埋まっています。
手前はまだ空いていますが、これも20時過ぎると満席になりました。
アテネ_「アヴリ」 (6)

先客はほとんどがギリシャ人のよう。もしかして100%だろうか?

空いているテーブルに着いたものの、しばらくは放置w
誰がスタッフなのかわからないし^^;

気付いてもらえて渡されたのは英語メニュー。
思いっきりローカル向けだと思っていたので、英語メニューがあることに驚きました。

シンプル過ぎるメニュー。
アテネ_「アヴリ」 (3) アテネ_「アヴリ」 (4)
「Variety」とあるのが、ピキリアのことだろう。
マラドーナの激似のおじさん店員に尋ねると、確かにピキリアだとのこと。
でも「Smallはと~っても、とぉぉぉぉぉ~~~っても小さいよ」と力説。
ギリシャ人の「小さい」は全く信用出来ないからな。
なので、ピキリアのスモールとトマトサラダでも取ろうかと思ったけど、
ピキリアにもトマトとオニオンが少し入っていると言うので、
ピキリアのミディアムにしてみました。

ということで運ばれて来ました。
アテネ_「アヴリ」 (5)

ピキリアのミディアム 8.0
ビール(FIX) 2.5
プソミは無料、写真には入っていませんがテーブルウォータも無料。

ピキリア。でかいじゃないかw
内容は単品メニューを盛り合わせ。(それで正しいわけです)
・トマト、オニオン
・フレンチフライ
・ソーセージ(ピリ辛)、ハム2種、サラミ
・フライドミートボール(何のお肉かは不明)
・チキンフィレ
・フライドチーズ(サガナキ)
・オムレツ(プレーン)
・ザジキ

味の薄いオムレツというのが不思議ですが、ビールは進みます。

近くの席のカップル(多分、ギリシャ人)がピキリアのラージを頼んでいて、
笑いながら大皿を写真に収めていました。

私の席の左横にどこにつながっているのかわからない扉があり、
バシッ!!」とすごい音がしたので何事かと思ったら、扉の下の方に穴があって、
白黒猫さんが出入りしていました。
その後に、私の左足をひっかくような感触に下を見たら、カワイイ顔の子猫がしがみついていました。
この店、猫までもが自由過ぎるわ。
写真はありませんが、黒猫さんが店内を歩いていました。

20:40 お店は混んでいるし(8人のグループも)、ほぼ完食したのでお会計。
10.5で11ユーロの支払いにしました。
美味しいかと聞かれると、普通だったのですが(笑)、面白い経験になったのは間違いなし。
単品メニューが安いので、また来ようかな。
シェフのカリディス氏も薦めていますよ♪

ペリプテロでアイスティーを買ってホテルに戻ります。

シャワー&洗濯をして、ついついTVを見ちゃいます。
島にいる時はほとんど見ないのに。
0:30 就寝。

€€ 会計メモ €€
食費 屋台のスブラキ 1.0
   露店のさくらんぼ 0.5
   タベルナ(カフェニオ)で夕食 11.0
   ぺリプテロでアイスティー 1.5
宿泊費 57.0(2泊+1泊で予約したので、3泊目は料金が異なります)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 05 : 23 | 4.アテネ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アテネ三日目
2016 / 11 / 12 ( Sat )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

7/13 月
今日は一気にお買い物!

7:00 起床。サクッと朝食。

9:00 外出。
まずは「BOSTON MODA」に行き、パーツ選び。
お目当てはザクロのモチーフだったのですが、どうもないみたい。
島仲間のyumyumさんのリクエスト「ピンクのタコ」を探すと、それらしいものが壁に下がっています。
妙にデカイけど、あれなのかしら?すでに、ややゴツいチェーンが付いています。
型番を知らされていたので、お店の人にHPを確認してもらいましたが、「あ~、ないわ」
あら、残念。

お礼を言って別のものを探そうとしたら、「あ、あるわ!」とお店の人は壁まで歩いて行き、
チェーン付きの巨大なピンク・タコを外してくれました。
やっぱり、これかw
まあ、チェーンが嫌なら取ってもいいだろうし。購入です。
他にも迷いに迷って(30分以上)、サイズ色々5種類購入し、計10ユーロ。
端数をおまけしてくれました。
※このピンクのタコは別ブログで記事にしました。→ ここ

お次はメトロモール(athens metro mall)へ向かいます。

公共交通機関は無料です。ツィプラスよ、いいのか?本当に。
アテネ_駅の貼り紙

10:30 到着。今日からセールなんだ~
アテネ_メトロモール

パブリック(Public)でCDを見ましたが、シンタグマの店舗でチェックしたもの以外に収穫無し。

お気入りスーパーの「アルファヴィータ(ΑΒ)」へ。
でも、毎年、購入するものが少なくなるような・・・

ΑΒで会計を済ませて店を出た後、オリーブ(袋入りのオイル漬け)をもう少し買うつもりだったことに
気付きました。
商品が入った袋(この時は自前のエコバッグ)を店内に持ち込むと、トラブルの元なのよね。
どうしようかなあ?

店の入り口付近にいた警備員のお兄さんに声をかけてみました。
「もう一度、お店の中に入りたいんです。でも、これを持っていて」(とりあえずギリシャ語で)
お兄さんは私からエコバッグを受け取ると、ΑΒの店内をのぞいて店員を探している様子。
でも、近くに誰もいないようなので、お兄さんは入り口そばの死角になる場所に行くと、
置かれていたポールパーテーションの上部に、エコバッグを引っ掛けました!
え?

「ここにいてくれるんですか?」
「5分間ね」

急いで店内に戻り、追加のお買い物。
多分、5分をオーバーしてしまったと思うけど、お兄さんはその場にいてくれて、
「心配しなくていいよ」と、笑ってエコバッグを渡してくれました。
ありがとうございます

当時、ATMの引き出しに制限がありました。(ギリシャの国内口座)
在庫が尽きたのか、「使用不可」。
アテネ_「ATMs使用不可」
(ちなみに翌日にはちゃんと使用可能になっていましたよ)

荷物が入ったエコバッグを持ったまま、メトロでオモニアへ。
オモニア駅からは徒歩で考古学博物館へ。
展示は昨年、じっくり見ているので、今回の目的はショップのみです。
アテネ_考古学博物館

建物に入り、まっすぐにショップがある階下へ行きました。
ところが。

アテネ_考古学博物館のショップ
「DO NOT ENTER」

はぁ???
どういうことよ?

中庭に面したカフェを見ると、中を通ってショップに行けるようにも思えますが、
ショップの灯りは消えてるし・・・
「もういいや」モードになってしまったので、昼食を取りに行くことにしました。

道にあった「ΟΧΙ」
アテネ_国民投票の跡
国民投票があったのは、つい先日のことですからねえ。

今日のお昼は「クリティ(Η Κρήτη)」と決めていました。
オモニアの近くなので、夕食よりも昼食だなと。
私が好きなシェフ・カリディス氏のガイド本でも紹介されています。
もちろん、こちらでも。
ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)
(2013/11/25)
アナグノストゥ直子

商品詳細を見る


行く気満々だったわりには地番を控えておらず、「広場でアーケード内」という記憶が頼りでしたが、
無事に辿り着けました。時刻は13:15。

通路の両脇がお店。
アテネ_「クリティ」 (1)
エプロン姿のお姉さんがサーブも会計も担当。
丁寧で、好感度の高いサービスでした。

この時は私がいる部屋はまだ誰もいませんでしたが、この後で2組やってきました。
アテネ_「クリティ」 (4)
アテネ_「クリティ」 (3)
通路のテーブルにいるのは、常連のリタイアおじさん達なんだろうな。

英語メニュー。料理の説明はシンプルです。
アテネ_「クリティ」 (2)
地図の赤丸はシティアという街。オーナーのルーツはこの街だそうです。

オーダーは以下の通り、合計で12.2。支払いは13.0で。(14でも良かったですね^^;)

グリルド ポーク(レモンソース、オレガノ、マスタード) 7.2
プチトマトのスパイシー・フェタ詰め 少なくしてもらったので4.8→2.5
ビール(FIX) 2.5
プソミとテーブルウォーターは無料でした。

アテネ_「クリティ」 (5)
見た目もかわいい、プチトマト♡
ポークは角煮みたいにトロっとしていて、マスタードが良いアクセントになっています。
美味しい!!!
他のメニューも試してみたい!

食べ終わったお皿を下げてもらったら、サービスのヨーグルト。
アテネ_「クリティ」 (6)
添えられたのはヴィシかな?これも美味でした。

14:40 満足してお店を出たら、本屋巡りです。
順番としては、パタキ→ポリティア→パパソティリウ。
実際に購入したのはポリティアとパパソティリウで。
※「パパソティリウ」がパネミスティミウ通りの店舗を閉鎖したみたいです。
困るなあ。


勢いでPublicにも行こうとしたのですが、さすがに荷物の重さが限界。
いったんホテルに戻ります。

休憩して再び外出。
PublicでCDを購入。迷ったけど、1枚だけ。
ここで買うと、シンタグマでもメトロモールでも、必ずギリシャ語で話かけてきます。

他にもいくつかお店を回りましたが、結局、今日の買い物はここまで。
実は「Forget Me Not」で「Meet the Greeks」のシリーズを買おうかなと思っていたのですが、
実物(紙を組み立てるもの)を見たら、7ユーロ出すこともない気がしてやめちゃった。
アテネ_「Forget me not」
でも、本屋さんにおいてあった「Meet the Greeks」の案内パンフ(と言うのかな?)は、
しっかりと入手しているちゃっかりな私。
※ 購入したあれこれは別ブログで記事にしました。→ ここ

19:50 猫給食へ。
時間が遅くなってしまったからか、昨日程がっつく様子はありません。
もう、たっぷりもらえたのかな?
それでも、後からやって来たコのために、猫缶を4つ使いました。
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (2)
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (3)
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (1)
のんびりする猫さんと、1時間程過ごします。

ライトアップされたアクロポリスを写真に収め、ホテルに戻ります。
アテネ_アクロポライトアップのリス

シャワー&洗濯を済ませたら、パッキング開始。
今回も紙モノがいっぱいです。
キャリーから溢れるわけではないけれど、なかなかうまく出来なくて、
床一面に並べた状態から進まず。
旅のノートもたまってしまっているので、続きは明日にして、中途半端ながら
今日のパッキングは終了。
ノート書きも頑張ったけれど、眠さに負けて1:45に就寝。

€€ 会計メモ €€
食費 ラカディコ(と言うタイプなのですね)で昼食 13.0
    ペリプテロでファンタ 1.3
宿泊費 60.0(2泊+1泊で予約したので、3泊目は料金が異なります)
その他 アクセサリー・パーツ 10.0
     書籍 3冊で29.69
     CD 1枚 10.0
     スーパーで食品(お土産として) 18.91

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

01 : 53 : 29 | 4.アテネ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ギリシャを離れる日
2016 / 11 / 20 ( Sun )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

7/14 火
7:00 起床。今日もいい天気。
パッキングを進めてから朝食を取りに行きましたが、コーヒーとパウンドケーキを一切れだけにして
おきました。

9:10 外出。
いつものいかついお兄さんが
「今日が出発だよな?12:00がチェックアウトの時間だから」と確認。
・・・そういえば、去年も念押しされたわw

去年も利用したパンドポリオンでお買い物。
欲しい物がいっぱいで悩みます。オリーブオイル等、3点で18.15ユーロ。
※写真は2014の記事で → 2014.アテネ二日目

中央市場で、以前、お気に入りのエスティアトリオ「パパンドレウ」があった場所をチェック。
アテネ散策 (2)
今は違うお店です。ここも評判が良かった気がするので、次回、来てみようかなあ。

ホテルがあるアシナス通りは、家庭雑貨や工具類のお店も多い場所。
業務用にも卸していそうなお店。いつも気になりながら、まだ入ったことがありません。
アテネ散策 (3)
アテネ散策 (1)
↑ これはオイルやビネガーを入れるのかな?ザクロ柄のが欲しい。

ホテルの近くには「ペリ・レスヴォス(περί Λέσβου)」があるので行ってみます。
アテネ_「ペリ・レスヴォス」
ウゾ入りの桃のジャムが欲しいのですが、棚には見当たらず。
一人しかいないスタッフ(スタンっぽい若いお兄さん)に尋ねようとしましたが、
他のお客さん(ギリシャ人女性)の対応をしていて終わる気配がないので、今回は見送りました。

10:15 部屋に戻り、パッキング。余裕はないものの、とりあえず、終了。

11:50 チェックアウト。
予約が二つに分かれているので、手持ちのユーロ現金を使ってしまいたくて、支払いも二つに
分けてもらいました。
最初の2泊を現金、3泊目をカード払い。
カード操作をしたお兄さんが苦笑いするので何かと思ったら、「60ユーロ」と入力すべきところを
「0.6ユーロ」と入力していました。
私「うわぁ~、安い!」お兄さん「Very cheap」
もちろん、その値段にしてくれる筈はなく(笑)

荷物を預けて外出。
残っている猫缶1つを提供したいので、アクロポリスの北に向かいましたが、
猫さん達がほとんどいません。
少ない猫さんも給食モードにあらず。
(小腹が空いた私が7daysをバリバリ食べても、まったくの無関心)
この暑さの中では、猫缶をぶちまけて放置するわけにもいかないので、
夕方になったらまた来ることにします。

かわいい落書き見つけた!
アテネ_カワイイ落書き

アテネ中心部はどこも人であふれているので、昨日も行ったメトロモールへ。

駅の壁にメリナ・メルクーリ。素敵ですね。
メトロのメルクーリ

着いてすぐは涼しいと思ったけれど、しばらくしたらそうでもありませんでした。
PublicでCDを購入。(悩んだ末の、これ → 別ブログにて )
他に欲しい物も無かったので、中心部に戻ることにしました。
(公共交通機関無料の恩恵に預かっているわけで)

シンタグマの木陰は人がいっぱいなので、ザピオンに行ってみました。
ザピオンにて (2)
さすがにここは空いています。

木陰のベンチに座り、旅のノートを書いてのんびりしようと思っていたら、
しばらくして、シャツの前をはだけた30代後半くらいの冴えないおっさん(だと思う)が来て、
「暑いね(ギリシャ語)」と言いながらベンチに座りました。
他にもベンチは空いているのに。
一応「本当に暑いですねえ」と答えてみたものの、ものすごくガン見してくるので
さっさと荷物をまとめ、そのベンチを離れることにしました。

いつかは見たい屋外シネマ。
ザピオンにて (1)

違うベンチを見つけて、しばらく休憩。

近いので、久しぶりに国立庭園に入ってみることにします。
ゲートにこんな案内が下がっていたので、「入れないの?残念」と思ったのですが。
アテネ_国立庭園 (2)

何故かあっさり。
アテネ_国立庭園 (3)
あの案内は何だったのだろう・・・

かなり広い庭園です。前回っていつだったかな?全部は回っていないはず。
アテネ_国立庭園 (4)

池にカメ。ギリシャリクガメ?
アテネ_国立庭園 (5)
これだけ数がいると怖いですよ。
水鳥が甲羅の上を歩き回っていましたが、怒らないんだね。

小動物もいます。
アテネ_国立庭園 (1)

17:00を回ったので、猫給食に向かいました。
最初に行ったのは風の塔。
ですが、すでに給食をもらったようです。
アテネ_猫給食 (2)

私が猫さんの写真を撮っていると、近くにいたギリシャ人の年配のおじさんが
「小さいのがいるよ」と、風の塔の遺跡の中へ「プスプス!」と呼びかけました。
おお~、本場のプスプス!!

おじさんの呼びかけにも関わらず、小さい猫さんたちはフェンスの内側で遊ぶのに夢中。
アテネ_猫給食 (3)
幼い頃のマンガスとトビ―さんは、こんな感じだったのかなあ。
もう一匹、三毛猫さんもいました。みんな兄弟かな?
次回はもっと近くで会いましょう。

お次はアクロポリスの北側。
お昼頃よりは多くの猫さんがいましたが、それでも少なめ。
でも猫缶は一つだけなので、それでよかったかも。
アテネ_猫給食 (4)
アテネ_猫給食 (1)

名残惜しいけれど、猫さんに別れを告げて、モナスティラキへ。

17:45 アンティークを扱うお店が集まるエリアの「カフェ・アヴィシニア(Καφέ Αβυσσηνία)」に
入ります。
エスティアトリオとしても評価が高いようですが、夕食にはまだ早いので、フラッペをオーダーしました。
3.0ユーロ。
アテネ_「アヴィシニア」にて (1)

壁のほとんどが花柄。
アテネ_「アヴィシニア」にて (2)

窓にも花模様。
アテネ_「アヴィシニア」にて (4)
静かで落ち着きます。
写真はありませんが、上の階にあるトイレも素敵でした。
ギリシャのサイトでの紹介記事 → ここ

19:10 店を出ます。暑い中、のんびりさせてもらって助かりました。
アテネ_「アヴィシニア」にて (3)

セシル・ホテルで預かってもらった荷物を受け取り、メトロで空港に向かいます。
「翌日の朝の時間帯はメトロとバスがスト」という案内が、ホテルに掲示されていました。
あらら・・・

21:00 空港に到着。特に遅れているということもないようです。
アテネ_帰路の空港 (3)
今回、移動に関してはまずまず順調の旅でした。

ギリシャで最後の食事はグリークマック。5.8ユーロ。
アテネ_帰路の空港 (4)

色んなピクトさんが活躍しています。
アテネ_帰路の空港 (5)

こちらは非シェンゲン行きゲートへ向かう制限エリア。
アテネ_帰路の空港 (1)
アテネ_帰路の空港 (6)
空港内で熱心に買い物することがないので気にしてなかったのですが、ずい分キレイになりましたよね。

7/15 水
0:40 ドーハ行きの搭乗開始。ああ、ギリシャを離れてしまうのね・・・
アテネ_帰路の空港 (2)

ドーハからの羽田行きの、羽田到着が少し遅れてしまい、京急から品川で乗り継いだ山手線は新宿に行く最終でした。

↑何故、こんなにもあっさりなのかと言うと、帰りの機内でも旅のノートを書いていましたが、
「カフェ・アヴィシニア」に行ったあたりまでしか、書いていないのです。
帰国する時の、気分は下向き、やる気ゼロモードで。


買ったものは別ブログで紹介しています。→ ここ

今回の旅は25泊。
出来るだけ行ったことが無い場所をつなげたので、けっこうな移動距離でした。
でもそれがギリシャの旅だと思うし、もう慣れました。
まあ、もうちょっと調べて準備しようよ、とは、我ながら思いますが。

これまでより、更新ペースが著しく遅かったのですが(何と、一年以上かけている・・・)
楽しくて面白かったことには変わりなく。
やっぱりギリシャは良いなあと、思う私です。
次はどこに行こうかな。

今回も旅ブログにお付き合いいただいて、ありがとうございました。
また来年、お会いしましょう。

€€ 会計メモ €€
食費 カフェでフラッペ 3.0
    空港のマクドナルドで 5.8
その他 CD 1枚 11.99
     パンドポリオで食品(お土産として) 18.15

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 59 : 41 | 4.アテネ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |