カルダミリからイェロリメナスへ
2017 / 10 / 09 ( Mon )
※2017年6月26日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/7 金
3:40 起床。当然、外は真っ暗。月が綺麗です。
1時間程で仕度が出来てしまったので、出発まで旅のノート書き。

5:10 部屋を出ます。まだ空は真っ暗ですが、街灯とお店の灯りで、歩く分には問題なし。
夜明け前のカルダミリ (1)

一番明るかったのは郵便局。
夜明け前のカルダミリ (2)

キャリーを引きながらゆっくり歩いたのに、5:20にはバス停のある広場に着いてしまった。。。
時間通りならバスは5:45発です。早過ぎた^^;
広場も周囲も誰もおらず、怖いくらいに静まり返っています。
地方の落ちついた街のカルダミリだから治安も良いだろうけど、さすがにこれは緊張せずには
いられない^^;
バスが遅れずにやって来ることを祈りたい。

有難いことに数分の遅れでバスが到着。
手をブンブン振って、思いっきり「乗ります!」アピール。
キャリーケースを車体下部の置き場に入れて、バスに乗り込みます。
イティロまでは4.1ユーロ。
運転手に、終点のイティロでアレオポリ行きのバスに乗り継げることを確認します。

荷物置き場にすでにキャリーがあったので、先客がいることは気付いていました。
先客は若い女性で「カリメーラ!」と挨拶されました。

女性は早くに降車してしまい、そこから先は完全に貸切状態で走ります。
車内に流れるギリシャ音楽(ライカ)が旅の雰囲気を盛り上げます。

山の中の集落を抜けて、イティロ(Οίτυλο)に到着。6:35。
アレオポリに行くバスがいないので、乗って来たバスの運転手に尋ねたら、
「もう少ししたら(来る)。○○分後」(ギリシャ語)
○○がよく聞き取れなかったけれど、乗って来たバスもアレオポリからのバスを待って
折り返すみたい。
(待つ間、運転手さんは洗車していました)
イティロでバス乗り継ぎ (2)
イティロでバス乗り継ぎ (3)

広場にあった地図。
イティロでバス乗り継ぎ
イティロからアレオポリに行き、再びバスを乗り継いでイェロリメナスが今日の移動ルート。

7時少し前にバスがやって来ました。
若くてなかなかかっこいいお兄さんが運転手。
アレオポリまでは1.8ユーロ。
先客が二人、イティロから私を含め三人、途中で一人。少ないですね。

7:20 アレオポリ(Αρεόπολη)に到着。実に7年振りです。
以前は街の広場がバス乗り場でしたが、駐車場を兼ねた広い場所に移転していました。
アレオポリのKTEL

KTELの建物に入ると、女性が窓口にいました。
7年前と同じ女性のような気がします。
イェロリメナス行きは12:00発。4時間半のバス待ちか・・・
チケットは窓口で購入。3.7ユーロ。
私のキャリーケースに気付いた女性が、「ここ(部屋の隅)に置けばいいわ」とのこと。
お昼までバスの発着がないようで、KTELの窓口はいったん閉まりました。
(建物入り口を施錠)

コンタクトを装着して仕度を整えたら、街の中心に行ってみます。
新しいKTELが街のどこに位置するのかわからないので、適当に歩いたのですが、
中心まで10分ほどの近さでした。

石造りの建物が美しいアレオポリ。写真映えします。
バスの時間までアレオポリ散策 (1)
バスの時間までアレオポリ散策 (10)
バスの時間までアレオポリ散策 (5)
バスの時間までアレオポリ散策 (2)
バスの時間までアレオポリ散策 (4)

広場です。
バスの時間までアレオポリ散策 (6)

以前泊まったホテルや、利用したタベルナ等、懐かしい場所が残っています。
前には無かったお店も。

バスの時間までアレオポリ散策 (7)
バスの時間までアレオポリ散策 (11)
バスの時間までアレオポリ散策 (3)

今日は金曜ですが多くの人がやって来ていた教会。
バスの時間までアレオポリ散策 (9)
なにか特別なことがあったのかな?信者じゃないので、中には近付きませんでした。

猫さんと犬さんが一緒に。
バスの時間までアレオポリ散策 (8)

2時間程散策をしたらKTELに戻りました。
入り口ドアの前に椅子があるので、そこで旅のノート書き。
途中、水を搬入に来た男性に「どこへ行くんだい?」と聞かれたような?
ノートを書き終えたので再び街中へ行きましたが、暑くて早々とKTELに戻りました。

先ほどと同じ、入り口の前の椅子にいると、水搬入のおじさんが再びやって来て
「どこへ行くんだい、お嬢ちゃん?」(ギリシャ語です。お嬢ちゃんか、私はw)
「イェロリメナスです」
「バスは12時だよ。まだ11時だ」
「チケットを持っていますよ(=発車時刻を知ってますよ)」
「ブラボー!」

11時過ぎにどこかへ行くバスがやって来ましたが、すぐに出発。

11:25 KTELの女性が戻って来ました。
KTELに置いてある荷物を引き取りに来た人もいます。
いつも思うのですが、バスで運んでもらった荷物の送料って、どうなっているのかな?

入り口前の椅子でまったりしていたらKTELの女性が出て来て、クッキーを頂きました。
こういうところがギリシャだなあ。

イェロリメナス行き(アテネ発)のバスは遅れ、12:30過ぎに到着。
(前面の表示は「ギシオ(Γύθειο)」になっている)
イェロリメナス行きバス

キャリーを積んでもらおうとしたら、下ろす荷物がたくさんあるので「待っていて」と運転手。
なので大人しく待っていたら、荷物を下ろしたら置き場のドアを閉めちゃうので、
「ちょ!イェロリメナスに行くんですけど!」
運転手は悪びれず「イェロリメナ~」と歌うように繰り返しているw
陽気な人で、運転中もずっと喋っていました。

13:20 イェロリメナス(Γερολιμένας)に到着。懐かしい~

バス乗り場の位置は7年前と変わっていました。
アレオポリもそうでしたが、7年というのは変化するに十分な年月なんだなあ…
建物も増えたし、賑やかになっています。

予約した宿は「アクロテナリティス(Ακροταιναρίτης)」
サイトがありました → http://www.akrotainaritis.gr/

看板がある建物に行くと、インフォーメーション(受付)は隣のエスティオトリオとの表示。
店の前に座っていたおじいちゃん達はお話中だったので、軽く挨拶をして店内に入ると、
こちらではおばあちゃんが電話中でした。
広い店内ですが、他には誰もいません。

と、後ろから、表にいたおじいちゃんの一人に声を掛けられました。
「Welcome」
あ、おじいちゃんもオーナーなんだ^^;

電話が終わったおばあちゃんが私の名前をフルネームで呼びかけます。
「あ、私です!」

パスポートを預けて、おじいちゃんと一緒に宿の建物へ。
宿の前で「2階(日本の3階)の6号室。眺めがいいよ」(英語)
イェロリメナスの宿
最上階の左が私の滞在した部屋です。

上階への入り口、扉の先は、けっこう長い階段^^;
イェロリメナスの宿

おじいちゃんにキャリーケースを持たせるわけにもいかないので、
「よっしゃ、シガーシガーで上に行きますね!」
心配そうなおじいちゃんに手を振って、本当にシガシガ(ゆっくり)と上って行きます。

おじいちゃんが言う通り、眺め抜群のお部屋。
イェロリメナスの宿 (2)
お隣の部屋は空いているみたい。

入り口側が南で海が正面にあり、窓は西側。
イェロリメナスの宿 (3)
イェロリメナスの宿 (5)

下に見える赤いテントが、宿のインフォメーションも兼ねたエスティアトリオの屋外席。
イェロリメナスの宿 (6)

水周りは最近改装したのか、新しくて清潔です。
イェロリメナス_宿 (2)

部屋自体は広くありませんが、ベッドは快適、とても居心地の良い部屋。
イェロリメナス_宿 (1)

ドアの上2/3が、明かり取り用に開きます。(ガラスはFIX)
イェロリメナスの宿 (4)

窓に網戸が付いていましたが、よくよく見れば。
イェロリメナスの宿 (1)
網戸を留めるところのパーツが逆向き^^;

空腹をこらえながらせっせと荷解き。

18:20 外出。小さいながらもスーパーがあったので、食料調達。
ペロポニソスの端っこだから、さすがに物価が高いかも。

部屋に戻って旅のノート書き。
久しぶりに食べるギリシャのポテトチップスが美味しい。

20:00 宿が経営するエスティアトリオがオープンしているので行ってみます。
サーブはおじいちゃんで、料理をするのはおばあちゃんらしい。

イェロリメナス_「アクロティナリティス」 (2)

厨房で料理を見せてもらえるか尋ねたら、口頭でメニューを言われました(ギリシャ語)。
ムサカ、イェミスタ、ファソラーキャ、モスハリ、ヒリノ等々。
選んだのはパスティチオとメリザノサラタ。無難ですが食べたかったので。
合計11.5で、支払いは12ユーロにて。
パスティチオ 7.0
メリザノサラタ 3.0
水(500ml) 0.5
プソミ 1.0

イェロリメナス_「アクロティナリティス」 (3)
あまり待たずにすべて一緒にサーブされました。
運んでくれたのは笑顔の素敵なお姉さん。お孫さんかなあ?
家庭料理のやさしい味。満足です。

テーブルのすぐ横は海です。
イェロリメナス_「アクロティナリティス」 (4)

昼間は歩く人も多く、賑わっていましたが、この時間は静かです。

お皿を下げる時にいただいたオレンジ。
イェロリメナス_「アクロティナリティス」 (5)

屋外席から見たエスティアトリオ。
イェロリメナス_「アクロティナリティス」 (1)
やわらかな灯りが、映画みたいで素敵だなあ。

21:20 部屋に戻ってシャワー&洗濯。
通路兼バルコニーが長いので、どうやって干そうか悩みます。

ベッドでウトウトしていたら、蚊の「ブーン」!
この旅で初の、蚊取り線香の出番となりました。

2:40 就寝

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(カルダミリ→イティロ) 4.1
     〃 (イティロ→アレオポリ) 1.8
     〃 (アレオポリ→イェロリメナス) 3.7
食費 スーパーで水等 4.6
   エスティアトリオで夕食 12.0
宿泊費 40.0(朝食なし) ※予約サイトで手配

おまけ:
今回の移動ルートにあったイティロとアレオポリ、滞在地のイェロリメナスは、
iPhoneのCFロケ地になりました。
地元の方も協力しているそうです。ギリシャらしさでいっぱい。

iPhone 7 Plus - Coming Home


7年前(2010年)のアレオポリ滞在はこの記事から 
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/blog-entry-36.html
その時のイェロリメナス訪問はこの記事で
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/blog-entry-37.html 
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 25 : 00 | 4.イェロリメナス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イェロリメナス二日目
2017 / 10 / 17 ( Tue )
※2017年6月26日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/8 土
8:30 起床。
雨戸を閉めていると室内が暗いので、外が明るくなったことに気付きませんでした。
近くのカフェニオから英米のポップスが流れて来て、ちょっとうるさい。
ドアを開け放ち、仕度と朝食。

見下ろして。
イェロリメナス_部屋の窓から

右手(西方向)にある岩山をジグザグに下りて来る人の姿が見えます。
イェロリメナス_西側の台地
カステロリゾのジグザグ道みたいな感じかな?私も上ってみよう。

10:00 外出。
宿の前の、この場所もiPhoneのCFに登場しました。
イェロリメナス_CM舞台

バス乗り場兼駐車場。
イェロリメナス_バス乗り場付近

ハイカー向けの地図がありました。2010年に見たものと同じです。
イェロリメナス_ハイカー用地図
岩山のジグザグ道もちゃんと載っていますね。

ジグザグ道の起点がどこなのかわからず、見つけるのに苦労しました。
この間を入っていったところから上ります。
イェロリメナス_西側の台地へ (2)

白いペンキで進行方向を示しているので、それに従えば大丈夫そう。
イェロリメナス_西側の台地へ (3)
イェロリメナス_西側の台地へ (4)

石段に入る前が滑りやすく、角度も急でした。
途中、ほぼ直角に上る所がありましたが、そこを越えたらスムーズ。
太陽直撃ですが^^;

先はもうすぐ。
イェロリメナス_西側の台地へ (6)

見下ろしたところ。イェロリメナスは小さな村です。
イェロリメナス_西側の台地へ (1)

上りきった所は広々とした原っぱでした。
イェロリメナス_西側の台地へ (7)

視界に建物らしきものはありません。
部分的に人が踏みならした小道らしくなっていますが、どこにつながっているのか?
しばらくウロウロしましたが、遠くまでは行けそうにないので引き返し。

下りて来てから、もう少し散策をしようかとも思いましたが、暑さに負けて部屋へ。
通路兼バルコニーで休憩します。風が気持ちいい~

12:00 昨日、エスティアトリオでサーブしてくれたお姉さんがやって来ました。
部屋の掃除とトイレットペーパーの補充だそうです。
どちらも必要ではないので、お断りしました。

13:00 昼食を取りに外出。
といっても、選択肢は多くありません。
ビーチの端、バス乗り場の近くに、まだ人が少ないタベルナがありました。
イェロリメナス_「カタグナス」 (2)
「カタグナス(Κατάγκουνας)」 → tripadvisor
tripadvisorに名前が出ていたので、入ってみることにしました。

道を挟んだビーチ側と、厨房がある建物と、テーブルが2か所にあります。
ビーチ側のテーブルにサーブの途中だったお兄さん(けっこうイケメン)が私に気付き、
「どっちも同じ店だから。好きな所に座っていいよ」

ビーチの前は海の照り返しが強そうなので、建物の方にしました。
女主人が「ビーチに行かないの?」と不思議そう。

厨房に入って料理を見せてもらおうとしたのですが、フードケースの中にはなくて、
タッパーを開けて見せてくれました。
ラムのクリーム煮のようなもの(ピラフ付き)、ブリアム、ムサカ等。
他に用意出来るものを説明してくれましたが、どれもハーフでの注文は出来ないとのこと。
ルカニコとガヴロスを半々にしたかったんだけどなあ。
ルカニコのサイズを尋ねたら、手で示してくれました、かなり大きそう。
今日はお肉の日だと決めて、ルカニコにピラフを付けてもらうことにしました。

イェロリメナス_「カタグナス」 (3)
プソミにはオリーブオイルとオレガノがかけてあります。
ルカニコは、リムノス島で食べたもの程の大きさではありませんが、丸くなっているからかな?
真っすぐにしたらお皿をはみ出るサイズかしら?

ぷりぷりで見が詰まっています。付け合わせのポテトも美味。
イェロリメナス_「カタグナス」 (1)
完食です。
メニューを見ていないので価格がわかりませんが、合計で11.5ユーロでした。
小銭がないのと、特に+αのサービスもなかったので、申し訳ありませんが丁度で支払い。
一旦部屋に戻って休憩です。

15:00 外出。
午前中、岩山に上った時に見下ろした、山側の集落に行ってみることにします。
目指す集落はアノ・ブラリイ(Άνω Μπουλαριοί)。
アレオポリの方向に少し歩くと分かれ道。右がイェロリメナスの海へ続く道で、左が山側に入る道。
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (2)

上り坂の傾斜は緩いものの、路面の照り返しがきつい・・・
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (3)

15:45 集落に到着したようです。
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (5)
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (4)
写真の大きな建物はお医者さんのお宅でした。
この地方特有の石造りの建物です。

渋い色合いの教会。
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (6)
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (7)

人が住んでいる建物と、
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (8)
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (10)

朽ち捨てたのか修復を待っているのかわからない建物と。
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (9)

昼寝時間とはいえ、怖いくらいに静かです。

誰にも会わないまま散策を終え、来た道を戻ります。
イェロリメナス_アノ・ブラリイ (1)

ちょっとだけ寄り道して。
ビーチとは反対側、湾の東側の通りです。
イェロリメナス_街の東側 (2)
イェロリメナス_街の東側 (4)
イェロリメナス_街の東側 (1)
イェロリメナス_街の東側 (5)
イェロリメナス_街の東側 (3)
↑ 2010年にもこの写真を撮っています。

暑さにバテ気味で部屋に戻り、窓もドアも全開で旅のノート書き。

太陽が隠れそうな時間になったので、南側の海岸に行ってみることにしました。
iPhoneのCFに登場した海岸です。
イェロリメナス_街の外れ (2)
イェロリメナス_街の外れ (3)
いい感じだなあ。。。
こういう景色が大好きな私です。

舗装された道は途中までで、終点は墓地でした。
イェロリメナス_街の外れ (1)

アノ・ブラリイにもあったのですが、よく見る墓地とは違い、小屋みたいな中に棺を納めているようです。
ここまでの舗装道は、この墓地のために造ったというようなことが書かれてありました。

舗装が途絶えた先も、行こうと思えば歩けそうですが、特に気になるものも見えないので、
戻ることにしました。

通りに戻って来たところで、ビキニ姿の女性と、体にバスタオルを巻いた女の子に遭遇しました。
スタイル抜群の美人と、まだ足元がおぼつかない女の子。親子ですかね?

二人を追い抜く際に「カリスペーラ」と挨拶したら、女性は笑顔で返してくれました。
女性が女の子に「ほら、”ヤー”(って、挨拶して)」と促すと、女の子は私に向かって、
思いっきり投げキッス!!!(音付き)
めっちゃカワイイわぁ~!!!
女性と私、二人で大笑いしてしまいました。

しばらく歩いて「写真を撮らせてもらえばよかったかな?」と振り返ったら、
女の子はバスタオルを取ってしまい、生まれたままの姿で歩いておりました^^;

宿の裏側の道を歩いていたら、建物の入り口(中)で針仕事の老婦人。
黒服なので未亡人です。
壁に飾られた大きな写真には、笑顔のおじいちゃん。
この様子を写真に撮りたかったのですが、声をかけておばあちゃんの手を止めるのも嫌だし、
隠し撮りはもっと嫌。
迷った末に立ち去ることにしました。
こういう時、プロのカメラマンはどうやって声をかけるのかなあ?

部屋に戻ってシャワー&洗濯。
バルコニーがとにかく気持ち良いので、涼みながら旅のノート書き。

21時を過ぎて、ノートを書くには暗くなったため、室内へ。
どこかのタベルナでライブ演奏をしているようで、歌声が聞こえます。
旅のノートを書き終わると、特にすることもなくなってしまったので、
アテネのお店をチェックしたら就寝。0:00。

€€ 会計メモ €€
食費 タベルナで昼食 11.5
宿泊費 40.0(朝食なし) ※予約サイトで手配

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

21 : 35 : 00 | 4.イェロリメナス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |