アテネ二日目
2011 / 08 / 01 ( Mon )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

さて、旅の記録として必要以上に書き綴ってきましたが、これから帰国までの間は、
旅のノートをほとんど書かずに過ごしました。
時間を惜しんで歩き回った&帰国が近付くにつれ、気持ちが下向きになったからです。
帰るの、イヤだ~ 
箇条書のようなメモと、写真を元に記憶をたどって書いておきます。


7/17 土
6:40 起床。昨日の様子をせっせと旅のノートに書きます。
8:00 朝食。ここでは何度も食べているので写真は撮らず、最速の10分で朝食修了!

8:30 外出。昨日ネットで調べた、ピレウスのそばのアウトレットを目指します。
メトロのファリロ(Φάληρο)駅から行くのがわかりやすそう。
※アテネ市内・オモニアから、ピレオス通りを走るバスもあります。

9:00 ファリロの駅に到着。オリンピアコスの本拠地・カライスカキス・スタジアムが目の前です。
ファリロ到着
スタジアムの右横に周り、ピレオス通りへ。(ギリシャ語ではΠΕΙΡΑΙΩΣ)
時間が早いせいか、他にこれといった建物がないからか、ほとんど人は歩いていません。
通りまではすんなり行けましたが、さて右か左か?
地番表示が見当たらないのでわかりません。
左へ歩き出しますが、何だかちがう感じ。Uターンして右方向へ。
「FACTORY OUTLET」を示す矢印付きの表示がありました。
何だかワクワクしてきた~

着きました、「FACTORY OUTLET」!ファリロ店です。
メインの入り口は通り沿いではなく、駐車場側。車で来る人がほとんどってことなのでしょうね。
アウトレット・ファクトリー (1)
警備員さんに「カリメーラ」と挨拶して店内へ。KEMがあるフロアを目指します。
アウトレット・ファクトリー (2)

おお~、あった~!KEM!ダイナソーもけっこう並んでいます。
※ショップ内の写真は、ちゃんと許可を得て撮影しています。
アウトレット・ファクトリーの「KEM」 (1)
アウトレット・ファクトリーの「KEM」 (2)
見比べて品定め。日本に持って帰ることを考えたら、そんなにたくさんは買えません。
う~ん、悩むなあ。
結果、下記を購入。A4サイズも入る縦型トート、丸型のミニ・バッグ、ポーチ二つ。
合計で120ユーロ。40%オフになっているようです。
KEMでお買い上げ
VATの書類は作ってもらえませんが、定価でも欲しかった品だから問題なし。
買った品とは別に、カジュアルなワン・ショルダーのリュックをおまけにつけてくれました。
このリュックも最後まで迷ったのですけどねえ。カワイイ。今見ても・・・欲しい。
欲しかったけど・・・

ここにはFranklin&Marshallも入っていますが、ショップというよりコーナーで、扱いはわずか。

来た道を戻ってファリロの駅へ。スタジアムがデカイから目印になります。
カライカスキ・スタジアム
カライスカキス・スタジアムには、オリンピアコスのオフィシャル・グッズのショップがあります。
赤・赤・赤。強烈だなあ。名前が「Red Store」だし。
オリンピアコスの「Red Store」 (2)
オリンピアコスの「Red Store」 (1) どんな夢を見るのかしら?(うなされないか?)

メトロのファリロ駅の近くには、トラムの始発もあります。
アテネ中心へ行くにはちょっと遠回りになるので、今回は利用しません。でも写真だけ撮ろうかな。
ファリロ駅のそばのトラム

近未来的な車両ですね。
トラム
車体広告は大好きなビール・FIX。美しい群青色です。
トラムの車体広告は「FIX」

モナスティラキに戻り、いったんホテルへ。
現代アゴラ(市場)をちょっとのぞいてから、東の方向・アテネ大学の裏手へ。
※アゴラも何度も来ているので、今回、写真は少ないです
アテネ_現代アゴラ (1) アテネ_現代アゴラ (2)

アカデミアス通りの一本東側、ソロノス通り。本屋さんが集まる一帯になっています。
見事に本屋さんだらけ。
アテネ_ソロノス通り (5)
土曜の午後ということで、営業していないお店もありましたが、ショー・ウィンドウを眺めるだけでも
十分、楽しめます。マニアにはたまらないだろうなあ。
アテネ_ソロノス通り (6)
アテネ_ソロノス通り (2)
アテネ_ソロノス通り (3)
アテネ_ソロノス通り (4)
アテネ_ソロノス通り (1)
お洒落なブック・カフェもあったので、次回の旅でも来てみようと思っています。

ソロノス通りからシンタグマへ向かいます。
途中にあるAtticaデパートもセールの真っ最中。ものすごい混雑です。
店頭では、コカ・コーラのキャンペーンをやっていて、私も1本もらっちゃいました。
アテネ_コカ・コーラのキャンペーン中 (1)
アテネ_コカ・コーラのキャンペーン中 (2)

以前、ミロンさんのポスターをもらったPublic。店内及び入口付近は撮影禁止なので、遠くから。
アテネ「Public」
CD売り場をのぞいたら、ミロンさんの2ndがセール対象になっていました。
昨日のメトロポリスよりも安くなっています。ショック?いいえ!こっちも買っちゃうから!爆
17.98ユーロが9.9ユーロ。安いわ~
ギリシャでは発売から時期を経たヒット作を中心に、9.9ユーロで販売することが多いようです。
また、1、2曲を加えて再発売したり、別々のアルバムを2枚組のセットにしたりと、
けっこうファン泣かせなこともやってくれます。
ミロンさんなんて、1stと2ndのそれぞれの価格より、2枚組にしたCDの方が安いんですよ!
どういう価格設定なんでしょう?(・・・全部買う私もどうなのか?)

プラカにギリシャの特産品を扱うお店があったはずなので、探してみることにしました。
確か、このあたり・・・あれ?貼り紙?どうやら移転してしまったようです。
住所が書いてあるけど、どのあたりかな?
※とりあえず、貼り紙を写真に収めましたが、ホテルで尋ねたら「アテネ市内中心部の地図から
外れる場所」だそうで、断念しました。

2店のスーパーをハシゴしてお買い物。合計で21.03ユーロ。
部屋に戻って、買ったお菓子やドライ・フルーツをパクパク。

17:30 外出。パンドロスウ通りからアドリアヌ通りを進み、ぷらぷら。
そんなつもりはなかったのに、ついオリーブオイルを買ってしまいました。250mlで5.3ユーロ。
間食をしたせいか、お腹が空きません。けっこう歩いているんだけどな。
IVIS TRAVELでネットをチェック。その後も日が落ちて涼しくなった通りをそぞろ歩き。
アテネ_エルムー通り
21:40にホテルに戻りました。

€€ 会計メモ €€
食費 スーパー2店で菓子など9点(お土産含む) 21.03
宿泊費 約80ユーロ(日本で予約・支払い済み)
その他 CD1枚 9.9
     土産物店でオリーブオイル1本 5.3 
     インターネット・サービス利用 2.5

おまけ: オリンピアコスはギリシャのサッカー・リーグでも人気のチーム。→ オフィシャル・サイト
サポーターが世界レベルでイカレている、強烈なことでも知られていて、動画を拾うと
目を疑うような映像が多々、見つかります。(検索ワードは「Olympiakos Gate7」など)
そのエネルギアを他に生かせ!・・・ないか・・・
でも、客席で撮ったこの動画を見たら、ちょっとファンになろうかとも思ったりして。
爆竹バンバン、発煙筒モクモクの中で歌いまくりのサポーター。熱いわ~
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

19 : 52 : 01 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アテネ三日目
2011 / 08 / 02 ( Tue )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

今日も殴り書き(笑)メモを元に、記憶をたどって書いています。

7/18 日
6:50 起床。8:25 朝食を取りに階下のBreakfast Roomへ。

9:10 外出。今日のメインは新アクロポリス博物館
ちょっと遠回りかなとも思ったのですが、プラカを抜けて東側から入るルートを行きました。
新アクロポリス博物館へ

以前の旅で、アクロポリスにあった旧博物館を見学したことはあるのですが、
新しい博物館は2009年6月20日のオープン。
2009年、私は5月後半から6月中旬にギリシャを訪れたので、ギリギリ見られなかったんですよね。
1年待ったから、すごく楽しみです。
新アクロポリス博物館 (2)

建物の前には透明な床。遺跡の発掘現場を見ることが出来ます。
新アクロポリス博物館 (3)

チケットは5ユーロ。入場する際は、空港並みのセキュリティ・チェックがあります。
新アクロポリス博物館 (4)

ギリシャ自慢の博物館だけあって、展示品はもちろん、建物自体も美しく、観賞しやすい作りです。
館内移動の順路も案内されています。
新アクロポリス博物館 (1)

残念なのは展示品の撮影は一切禁止であること。
巡回している係員のすきを見て、こっそり撮影しているおじさんがいたので、本気で注意しようかと
思ったのですが、多分、罰が当たったことでしょう。隠し撮りして嬉しい?ルールは守るべし!
※追記:現在、館内の一部エリアについては撮影可能のようです。
ただし公式サイトの記述と、実際の現場での対応とが異なるケースがあるようなのでご注意下さい。


素晴らしい展示品が並ぶ中、大英博物館からの本物の帰りを待つレリーフのレプリカが切ない・・・
早く帰っておいで!パルテノン・マーブル! 返せよ!大英

館内の撮影はNGですが、窓から見えるアクロポリス(パルテノン神殿)を撮ることはOKでした。
アテネ_博物館から見たアクロポリス (2)
アテネ_博物館から見たアクロポリス (1)
実はこの時期、修復のための足場が一時的に外され、すっきりした姿を見ることが出来たのです。
・・・って、後で知ったんですけど。

博物館を堪能したら、シンタグマへ。
日曜日の10:50~11:10は、無名戦士の墓の衛兵の、大規模な交代式があるのです。
これまでタイミングがあわなくて、見たことがなかったんですよね。
ギリギリで行ったわりには、いいポジションでパレードを見ることが出来ました。
野良のワンちゃんが、しっぽを振って一緒に行進しています。
アテネ_衛兵交代式のパレード (2)
アテネ_衛兵交代式のパレード (1)
アテネ_無名戦士の墓 (2)
暑い中、ご苦労さまです。
アテネ_無名戦士の墓 (1)

シンタグマから400番バスに乗ろうと思い、バス停を探します。
400番のバスとは、市内中心部の観光地をつなぐ路線バスです。
バス自体は通常の車体と同じで、観光用になっているわけではありません。
う~ん、乗り場がわからないなあ。
始発(循環ですが、一応スタート地点)は考古学博物館の前らしいので、そこまで行ってみようかな。

パネピスティミウ通りをのんびり歩き、考古学博物館へ。
でも、ここのバス停にも「400」とは書いてありません。市内バスのルートの一つなんだけどなあ。

お腹も空いて来たので、先に昼食を取ることにしました。
13時頃、再びプラカに戻り、「ト・スホラルヒオ(Το Σχολαρχείο )」へ。
「ウゼリ・ククリス」の名もあるお店です。
ここの良いところは、皿がたくさんのった大きなトレイをテーブルに持って来てくれて、
その中から料理を選べること。
一人だと2皿と聞いていたのですが、二つ取ったら「もう一つ取って」と言われ3皿に。
セット扱い(料理+ドリンク+パン+デザート)で一人14ユーロなのですが、
レシートでは料理が12ユーロ。ドリンクが2ユーロになっていました。お水は無料。
いろんなものが食べられるっていいですよねえ。
サイトでも、一人2皿になっています。→ オフィシャル・サイト

選んだのは、豚肉のスパイシーなトマト煮、ズッキーニのフライ、ザジキです。
どれも美味しかった~!特にトマト煮の辛さは、食欲をそそりました。
プラカ「ククリス」 (2)
プラカ「ククリス」 (3) 甘々なデザート

店を出てから写真を撮っていたら、お店のおじさんにあれこれ話しかけられました。
人気店で客足が絶えないのですが、一区切りといった時間帯なのか、暇だったみたい。
プラカ「ククリス」 (1)
※このお店は2011年も利用しました。この記事 → 2011年9月アテネ二日目

近くのローマン・アゴラと風の塔へ。
ここも以前に見学済みなのですが、久しぶりに入ってみることにしました。入場料は2ユーロ。
アテネ_ローマン・アゴラ
アテネ_ローマン・アゴラ (2)

八角形の風の塔。
アテネ_風の塔

遺跡も良いのですが、実はお目当ては他にありまして。
ここで涼んでいる猫さんに会いたいのです。
猫さんの場合、フリーで遺跡内に入れますから、暑い日差しを避けてひんやりした石の蔭で
休んでいることが多いんですよね。
風の塔のそばの木陰に、やっぱりいました。黒猫のマンガスとトラ模様のリコ 
風の塔のマンガス 風の塔のリコ
ボランティアで猫さんに食事を届けている方が名付け親です。人慣れしていて良い子たちです。

遺跡を出て、住宅が続く通りへ。こちらにも猫さんのスポットがあります。
三毛猫のマイラと、苦み走ったダナエさんがいました。
アテネにて (1) アテネにて (2)
他にも、思い思いの場所でのんびりとお昼寝をする、たくさんの猫さんに会えました。

先ほどわからなかった400番バス。やはり気になるので、シンタグマのエアポート・バス乗り場で、
チケット売り場のお兄さんに聞いてみました。
「市内を回るバス?そういうバスなら、あれだよ」と指示したのは真っ赤なバス。
え?あれは民間のバスじゃないの?
「今はあれだけだよ。値段?さあ・・・」
仕方ないので、真っ赤なバスの所に行って聞いてみました。
「公共のバスは6月末で中止になったの。利用者が少なかったからって聞いているわ」
え~!!!そんなあ。6月末って・・・私、何度もアテネに寄っていたから乗れたのに~
がっかり・・・

民間のバスは「City Sightseeing Athens」という名のバス。
※この写真、実は2009年に撮ったもの
アテネ_サイト・シーイング・バス
これ、世界の主要観光地で走っていますよね。 → city- sightseeing.com
15か所のポイントで乗り降り自由、24時間有効で、一人18ユーロ。
パンフレットには色んなお店のクーポンもついています。
18ユーロはけっこういいお値段です。ちなみに中止となった400番バスは5ユーロ。
でも市内一周の気分になっていたし、ギリシャで散在と言いながら、お金使ってないし。
次の発車は16時。すぐです。よし、乗ってしまおう。

支払ってから、係の女性に断って近くのペリプテロで水を買い、バスに乗車。
2階建のバスは、やはり上の席の方が多く乗車しています。ただし、めちゃくちゃ暑い
アテネ_サイト・シーイングのバス

何度も歩いたアテネの街ですが、視線の位置が変わると、またちょっと違います。
主だったところは知っている場所ばかりですが、オモニアの西、個人ではまず行かないエリアも
走るのが新鮮でした。

パナシナイコ・スタジアムも久しぶりに見ました。
アテネ_パナシナイコ・スタジアム

降りずにずっと乗車していて、所要時間は90分。
イヤホンでガイドを聞くこともできます。日本語もあります。(正しい日本語でした)。
乗り降りするポイントを押さえて、見所の移動手段にすればけっこう使えるのかな?
でも18ユーロはやっぱり高いような。

シンタグマから、お店をのぞきながらモナスティラキへ戻ります。
夏のセール中ですが、日曜なので一般の店舗はお休みがほとんど。
アテネ市内はセール中 (1) アテネ市内はセール中 (2) アテネ市内で

アドリアヌ通りのサッカー・グッズのお店で、ギリシャの代表チームのユニフォーム・シャツを購入。
旧シーズンのものは安くなっていましたが、今シーズンのものをセレクト。W杯にも出場したことだし。
無題
スタッフは意外なことに若いお姉さん。私と同じ位、小柄です。
シャツのサイズは子供用(身長152cm用)です 笑 試着した結果、そうなりました。
大きめをダボッっと着るのもありですが、比較的、ジャストに近いかな。
アディダスの正規品で、定価50ユーロ。
ノー・ブランド品(早い話がコピー商品)なら、土産物屋さんで15ユーロくらいで買えます。

楽器屋さんにはブズーキも。弾けないけど欲しいなあ。
アテネ_パンドロス通り (2)
アテネ_パンドロス通り (1)

酒屋さんでサモスのワインを見つけました。サモス島は2007年に行った島。
このワイン(Samos VIN DOUX)、美味しかったんだよね。部屋で飲みたいなあ。
悩んだ末に購入。ハーフボトルで5.5ユーロ。

20時前にホテルに戻りました。シャワーを浴びて、荷物の整理。
食べ物も減らさないと。

22:00 夕食を取りにタナシス(オ・サナシスΟ θανασης )へ。 
何故か何を食べたかメモっていないのですが、多分いつものケバブ・ピタかな。
だったら、こんな感じ。→ 2010-11年・年越しでのタナシス
(完全に忘れています)

0時近くにホテルに戻り、パッキングの続き。
買ったワインを飲もうと、持参した缶切りを取りだしたら・・・
ああああ~!コルク抜きがついて無いタイプを持ってきちゃった~!
深く考えず、荷物としておさまりがいいものを持ってきたのですが、コルク抜きがついているのは、
別の方だった・・・
今からレセプションに行って「コルクを抜いて欲しい」って言うのもなあ・・・
仕方なくタオルでグルグル巻きにして、スーツケースの中へ。割れないでおくれよ。

€€ 会計メモ €€
食費 タベルナで昼食 14.0
    ペリプテロで水 1.0
    タベルナで夕食 多分10~15ユーロ
    酒屋さんでワイン 5.5
宿泊費 約80ユーロ(日本で予約・支払い済み)
その他 新アクロポリス博物館入場料 5.5
      ローマン・アゴラ&風の塔入場料 2.0
      City Sightseeing Busで観光 18.0
      サッカー・ユニフォーム 50.0

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

19 : 00 : 00 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ギリシャを離れる日
2011 / 08 / 03 ( Wed )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

今日に至っては、ついにメモさえありません。記憶が頼りです ^^;

7/19 月
はぁ~。とうとう日本に帰国する日が来てしまいました。
これまでの旅で一番長く楽しんだはずなのに、十分なんてとても思えません。
パッキングしながら涙目・・・

朝食を取ったら最後の散策。
何か買おうかなと、お土産屋さんが多い、近くのパンドロス通りに行ってみますが、
時間が早いのか、まだほとんどのお店が準備中。結局、手ぶらでホテルへ戻ります。

11:40 チェックアウト。
12:00 モナスティラキ駅から、空港行きのメトロに乗ります。6ユーロ。
ホテルの最寄り駅がモナスティラキということもありますが、
エアポート・バスよりも、ゆったりとしたメトロの方が好みです。
やがて電車は地下から地上へ。今日も良い天気だな・・・
車内ではボーっとしています。またも涙目・・・

13時前には空港に着きました。
帰国便は16:15発ですが、チェックイン・カウンターがあいているみたい。
明るいスタッフ(タイ航空ではなくスイス航空の人だった 訂正swissport)に、
荷物を託します。
スーツケースはチェックイン・カウンターで引き渡しますが、リュックはカウンターでタグをつけて
もらったら、カウンターの並びにある別のセキュリティ・レーン?に自分で持っていきます。

今回、私は初めてVATの払い戻し申請をする必要があります。
Metropolisで大人買いをしたCD9点分・128ユーロに対し、24ユーロ程が戻って来ます。
出国審査を通過した右に、VAT払い戻しの申請ブースがありました。
カウンターにいたのは女性スタッフ。早速、書類を渡します。
あ~、修正テープで直した書類で大丈夫なんだろうか???ドキドキするわぁ
私の心配をよそに、女性は笑顔で「ギリシャ音楽が好きなの?」
「もちろん!特にこの人」と、ミロンのCDを見せる私。
「私、日本の歌を知っているわよ」 「え?本当ですか?何を?」
そして彼女が口ずさんだのは・・・なんと君が代でした 驚!
歌い終わると書類にスタンプを押し、戻してくれました。手続き終了~。
「払い戻しは、どこで、どうやって受け取れるんですか?」
「三か月以内に、ギリシャに来る予定はある?」
「う~ん、来年なら可能性はありますけど」
女性は電話でどこかに問い合わせてくれます。
「(Metropolisの)店頭での払い戻しになるそうよ。でも、アテネの中心よねえ」
「今から市内に戻ることは出来ない・・・あ!あります!Metropolis!空港内に!」

ということで、再び入国審査をして(!)空港内のMetropolisへ。
レジのお姉さんは書類を受け取ると、テキパキと処理をし、現金を渡してくれました。
ここでそのまま終われば良かったのですか、ふと「あれ?結局何%の戻りだったのかな?」
何だか計算が間違っているのではないか?という疑念がモクモクと。
再びレジに行き、「私、何%の戻りを受けたことになるんでしょうか?」と聞いてしまったものだから!
レジにいたのは、先ほどのお姉さんではなく、中年男性。
何故か話がかみ合わず、気付けば私の後ろにレジ待ちの人!やばいっ!
バック・ルームにいた別のスタッフが話を聞いてくれたのですが、
「税率がすぐ変わっちゃうから僕らも混乱するんだよね。これ、間違っているのかもしれない」
結局、最初のお姉さんがやって来て、丁寧に説明をしてくれました。
私が、商品に掛っている税率と、支払いに対して戻ってくる金額の割合とを混同したためで、
お姉さんに落ち度はありません。ああ、ごめんなさい~
「ティポタ!」と笑って言ってもらえて良かったです・・・

そんなことをしていたら、予定外に時間を使ってしまい、あわてて再度、出国審査へ。
※出国審査をする前にVAT払い戻しの申請ブースに行けなくもないようです。
 ブースの作りがそんな感じでした。


お世話になった友人に、お礼の品を買うつもりだったのですが、他のお店をのぞく時間は
ほとんど残っておらず、尋ねた店では目当ての品は見つからず。
バタバタと出発ゲートへ。
機内では魂が抜けたかのような状態。旅ノートも書かず、心の中で「イヤだ、イヤだ~」

7/20 火
早朝にバンコクで乗り継ぎ、無事に成田に到着。
荷物で両手がふさがってしまっているため、乗り換えが必要な電車を避け、
直通のバスで吉祥寺まで行き、さらにタクシーで自宅へ。

はぁ・・・帰ってきちゃった・・・

帰りはこの荷物。スーツケースが小さいので、最後はどうしてもはみ出ます。
今回は嵩張るKEMのバッグや、絶対汚したくないミロンのポスターがあったので、
いつも以上に気を使いました。
青い筒状のモノが、自分にとっての最重要fragile品・ミロンさんのポスター。
帰りは大荷物

紙モノ・コレクターとしての持ち帰り品のほんの一部。お、重かった・・・
紙モノ・コレクターの成果 (1)
紙モノ・コレクターの成果 (2)

この時点ではアルバム2枚しか発表していないのに、4枚(一つは2枚組)あるミロンさんのCD 笑
(半年後、さらに増えました)
ミロンさんのCD

私が二ヶ月の長旅に出ると知った友人は、「せっかくユーロ圏にいるんだから、他の国にも
行ってみれば」と言いました。
私自身も、「途中で煮詰ったらそうするかもねえ」なんて答えていたのですが、実際は
「煮詰まる」なんてことは、まったくありませんでした。
まだまだ、行きたい場所、見たいものがたくさん残っています。
大変なことはあったけど、イヤな思い出はひとつもありません。
カメラを失くしてしまったけど、それを上回るものを得られたと思うし、
ドヌサ島での野宿だって、今となっては面白い経験です。
ギリシャで出会った人、みんなに感謝します。エフハリスト・パラ・ポリ!
またいつか、お会いしましょう!

€€ 会計メモ €€
交通費 メトロ(モナスティラキ→空港) 6.0

※国内移動費は省略

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

03 : 00 : 00 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ちょっとお休みします
2011 / 08 / 04 ( Thu )
ということで、「2010年夏のギリシャ旅」の記録は終了しました。
ブログを始めた当初は、続けて2009年の旅の様子を書くつもりだったのですが、
予定を変更しまして、しばらくこのブログはお休みとなります。
何故かといいますと、

8月末から、再びギリシャに行くことにしたからです!

え?またかよ?」と思いましたね?
・・・ええ、またです。つい、某航空会社のサイトで「ぽちっ」と航空券を購入してしまいました。
帰国は9月下旬、約一ヶ月の旅です。

行きたい場所はある程度絞りこんでいますが、
移動しやすいルートや船のスケジュールなど、調べた方がいいことが山積みなので、
しばらくは旅のプラン作り(といっても、かな~り、ざっくりしたものですが)に没頭します。

更新はせずともチェックはしますので、コメント・質問・リクエスト?等、
残していただければレスを入れるよう、心がけます。ハイ。

ちなみに、現地でブログを更新する予定はありません 笑

旅に行っていない間も、私の携帯電話は常にアテネ時間を表示させています。
どんだけ好きなんだよ、自分・・・  
DSCF8691.jpg

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 12 : 06 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |