ヒオス島三日目
2012 / 03 / 02 ( Fri )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

12/30 金
6:40 起床。
7:40 朝食を取りにレストランへ。今日もしっかり食べておきます。

9:30 外出。まずはインフォメーションへ。スタッフは女性一人だけ。
ヒオス_インフォメーション

世界遺産のネア・モニへの行き方を教えてもらいます。
バスはないので、レンタカーかタクシーを利用するしかないとのこと。
(公式サイトによれば、シーズン中はバスが走るみたいです)
各種パンフレットを出してくれて、その他の見所も説明してくれました。
大きな島のヒオス島はビーチも多いのですが、夏のシーズンでも観光客は長居せず、
多くはトルコに渡ってしまうのだそう。
帰り際に、彼女が手作りしたクラビエデスももらいました。

インフォメーションの先を行くとタクシー乗り場です。
その先は大きな広場で、奥には庭園があります。
ヒオス・タウンの庭園

近くをプラプラしていたら、猫を足に乗せたおじさんに会いました。
ヒオス・タウンの猫さんとおじさん
おじさんは日本人の知り合いがいるとかで日本語を知っていて、猫の名前を尋ねたら「ミチコ」
私が「えー?ミチコ?」と言うと「Yes 、From Japan」って。。。ウソだな笑

10:20 タクシー乗り場に戻り、先頭の運転手にネア・モニまでの料金を尋ねました。
片道18ユーロ位。思ったより安いので乗り込みます。

すごく英語が流暢というわけではありませんが、誠実そうなおじさんです。
山道に入ると「道が良くないんだ。大丈夫かい?」
確かにけっこうカーブがあります。

10:40 ネア・モニ(Νέα Μονή)に到着。タクシーのメーターは15ちょっと。
このまま待ってもらうことにして、急いで修道院内に向かいます。
公式サイトはこちら → http://www.neamoni.gr/

おお、世界遺産の証。
ネア・モニは世界遺産

入口はこちら。
ネアモニの入り口

猫さんも暮らしています。
ヒオス_ネア・モニの猫さん

ですが。
何だか、めいっぱい修復中なんですけど!!!
世界遺産だよね。ヒオスの見所の一つだよね。ああ、それなのに。
(さすがに足場とか資材の写真は撮ってないですよ。。。)

一応、博物館がある建物はこちら。
ネア・モニ_博物館の建物

メインと思われる教会も施錠されています。そんなのイヤッ!!
ネア・モニ (2)
ネア・モニ

と、絵筆を持った女性が博物館が入っている建物から出てきたので、
「修復中みたいですけど、どの建物が見学できるんでしょう?」と尋ねてみました。
「博物館とこちら(裏手)の建物は見ることができるわ」
「美しいモザイクがある教会はどれでしょう?」
「ああ、あれだけど。。。閉まっているわね。扉を開けてもらいましょう」

一緒に、係?の人を探しに行きましたが、何やら取り込み中。
TVカメラらしき機材を抱えた人がいて、どうも取材が入っている様子。
ちょっと待ってみたけれど、話しかけることが出来る雰囲気ではないみたい。
一度その場を離れ、「待ってね。電話してみるから」と、携帯電話を取りだす女性。
話が通じたようで「司祭さん(Priest)が開けに来てくれるわ」

教会(中央聖堂 「Καθολιχό カトリコン」)の前で待っていると、鍵を手にした先ほどの係?の
男性が来ました。
普段着なんだけど、司祭さんなのかしら?
小走りで聖堂内に入ったら、笑われてしまいました。
ネア・モニの中央聖堂入り口

撮影はフラッシュ無しならOKです。
でも焦って撮ったので、あんまり良い写真はありません^^;
ネア・モニ_聖堂内 (5)
ネア・モニ_聖堂内 (2)
ネア・モニ_聖堂内 (4)
ネア・モニ_聖堂内 (1) ネア・モニ_聖堂内 (3)

お礼を言って退出すると、先ほどの女性がいたので、彼女にも再度お礼。
名残惜しいけど、修道院を出て運転手が待つタクシーへ。
修道院にいたのは30分弱といったところ。

途中、「ここから修道院の写真を撮りたい」と私が言うと、「いい場所で停めるよ」
で、撮ったのがこれ。
帰り道からのネア・モニ

街まで戻り、私が「18+18で36ユーロだね」と支払おうとすると、
運転手はメーターを指して「この料金だよ」 34とちょっとを表示しています。
あら、いいのかしら? 結局、端数を切り上げて35ユーロを支払いました。
連絡先を書いたカードがあったので手にすると、「電話してくれれば行くよ」
なので、明日の移動・ホテルから空港までをお願いすることにしました。
運転手の名前はミハリスです。

何やら人で賑わう通りを抜けて、ホテルへ戻ります。
ヒオス・タウン

休憩も兼ねて部屋でのんびり。
朝食時にもらって来たクラビエデスとメロマカロナをパクパク。美味しい

14:20 外出。昨日の風車まで、もう一度行ってみることにします。
少しだけ近道の、駐車場になっている場所を抜けて行きます。

ヒオスの風車
うん、やっぱりお日様があたっている方が、写真としてはいいですね。
(え?大差ない?)

満足したら、帰りはカストロ内に入って散策します。
ヒオス_カストロで

人懐こいかわいい猫さんに遭遇。どこまでもついて来ます。
遊んでいたら、突然、ゲホゲホとむせ始めて、めちゃくちゃ焦る
ヒオス_カストロの猫さん (2) ヒオス_カストロの猫さん (1)
左が遊んだ猫さん。

港まで出ました。ここは国内航路の乗り場ですね。
ヒオス_国内船の乗り場

海沿いをぐるっと歩きます。
トルコ行きの船の看板があるし、パスポート・コントロールの建物もありました。
ああ、本当にトルコが近いんだなあ。
ヒオス_トルコ行きの船の案内 (2) ヒオス_トルコ行きの船の案内 (1)
ヒオス_国際線の乗り場

さらに先へ歩いてみました。釣りをしているのかな?
ヒオス_港の先で

海側から見たヒオス・タウン。
海側から見たヒオス・タウン

今日も中途半端な時間にお腹が空いてしまった。。。
タベルナに入るには時間が早いし、結局、初日に行ったギロ屋さんで持ち帰り。
コトプロ・ギロ(2.4ユーロ)とケバブのカラマキア(1.8ユーロ)。
お店の名は「Μανώλης (マノリス)」。海沿いの通りにあります。
ヒオス・タウンのギロ屋さん

ホテルに戻って17:30。
レセプションでカード払いのサインをし、パスポートを返却してもらいます。

部屋でTVをつけたら、観たかった映画を放送していました。
「Ζητείται Ψεύτης」 途中からだけど、がんばって観賞。
ギリシャ語なので細かなところはわからないけど、やっぱり面白い。
1時間以上観ることが出来ました。
トレーラーはこちら。音楽は我らが元締め、Goin'Throughが担当。


21:00過ぎからパッキングを開始。
のんびりとお風呂に入り、就寝は1:00。

€€ 会計メモ €€
交通費 タクシー(ヒオス・タウン⇔ネア・モニ) 35.0
食費 ギロ屋さんで持ち帰り 2点で4.2
宿泊費 49.17(ネットの予約サイトで手配。カードで前払い)
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

01 : 14 : 03 | 1.ヒオス島 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ヒオス島からアテネへ・2011→12の年越し
2012 / 03 / 04 ( Sun )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

12/31 土
6:40 起床。
気付かなかったのですが、昨夜、雨が降ったようで、バルコニーや路面が濡れています。
空には灰色の雲が一面に広がっています。
TVで天気予報をチェックしたら、アテネも雨が降るみたい。

朝食を済ませたら、パッキングと旅のノート書き。 
特に部屋でしたいこともないので、早めにチェックアウトをして街を散策することに。
レセプションで荷物を預かってもらい、街に向かって海沿いの道を歩き始めたら
すぐに雨が降り出しました。
あっという間に雨足が激しくなり、傘を取りに急いでホテルに引き返します。
雨はどんどん激しくなり、まるで滝のよう。
雨が弱くなるまで15分程、ホテルの前(屋根があるところ)で待ちました。

傘を差して歩き始めます。空は明るくなったので、この後、雨は止むかしら?

道の脇に掲示板みたいなものがありました。
・・・これ・・・旦那衆とコミじゃんっ!!!
ヒオス・タウンで発見!

2011年の夏のライブの告知ポスターが貼られている!
欲しい、欲しいよ。。。
端に触れてみたら、雨に打たれたせいか、簡単にめくれました。
で、「つぅーーーーーーーー」と剥がしまして 爆
ポスター、ゲットぉ~!

ヒオス・タウンの海沿いで
言わんとすることはわかるが、だからどうしろと?

天気雨みたいに、明るいのにポツポツと降る雨。
と、虹だ~!!
ヒオス・タウンで虹を見る

水はけが悪いのか、道路は水浸し。車が通るたびに思いっきり水しぶきが上がります。
ヒオス・タウンにて (1)

トルコとの間を行き来する船が続けざまに来ました。
ヒオスの港で

カフェのポスターにもトルコ語。
ヒオス・タウンのカフェ

ヒオスと言えばマスティハ。これ(左)、何だろう?
ヒオス・タウンにて (2) ヒオス・タウンにて (3)
ウゾ(右)にもマスティハが入っているのかしら?

歩き回っているうちにちょっと腰が痛くなったので、ホテルに戻りロビーで休憩。

昨日のネア・モニ往復でお世話になったタクシー運転手・ミハリスに電話して、予定通り11:30に
ピック・アップ出来るかを確認。
多少遅れてもいいくらいな気持ちで11:30にしておいたのですが、予想に反して、ミハリスは早めにやって来ちゃいました。
髪を切ったので、一瞬、わからなかったよ~

ということで、一番乗りで空港に着いてしまいました。
飛行機は13:25発なのに、まだ11:40だよ・・・
ヒオスの空港 (2)

チェックイン・カウンターはまだ開いていませんが、隣の事務室?にスタッフがいたので、
何時にチェックインが出来るかを尋ねたところ、「OK」と言って、カウンターまで出てきてくれました。
ところが私のスーツケースを見て「預ける荷物?なら、チェックインは出来ないわ」
そう、この空港では、チェックインの前に預託荷物のセキュリティ・チェックを受けなくてはなりません。
専任の担当者がいるんですが、まだレーンを動かしておらず、不在。
スタッフ曰く「12:30に来てみて」
ええっと、リコンファームの時は「12時に来て」って言われましたけどぉ。。。

結局、12時にセキュリティ・レーンの担当者が来たので、その後チェックイン。
この後も乗客は次々やって来ました。けっこう乗る人がいますね。
ヒオスの空港 (3)

写真がボケちゃってますが、Astra航空のカウンター。
ヒオスの空港 (4)
私はこの会社を知りませんでしたが、ヒオス⇔テサロニキを飛ばしています。
そうとわかっていたら、今回のルートも変わっていたかもしれないな。

ヒオスの空港 (1)
乗り込んだ機体は往路よりも古いようです。隣は品の良さそうな初老の男性。
出発は13:25のはずでしたが、13:22に飛び立ってしまいましたよ! 

いつものように機内でスナックが配られましたが、クリスマス期間ということで
(ギリシャ正教では、1/6の主顕現祭までクリスマス期間)、特別なスイーツもありました。
最初、CAのお姉さんは私にスナックを渡しかけたんですが、
先に隣の男性が手にしたスイーツを、私が凝視しているのに気付き、「スイーツ?」と
替えてくれました。
機内でもらったスイーツ 美味しかった♪

無事にアテネに到着し、市内中心まではメトロで移動します。
今にも降り出しそうな空模様。

今夜の宿は、モナスティラキ駅のすぐそば、「A for Athens」。
アテネではよくアリオン(ARION)を利用するのですが、たまには別のホテルも経験しようかなと、
評判のこのホテルを予約してみました。わりと新しいホテルです。
レセプションで「ギリシャは初めて?」と聞かれたので、「9度目です」と答えると、
すごく驚いて、「最近、日本人のお客さんなんて全然見ないよ!少ないよ!」
そうかなあ。私の周りは、ギリシャを訪問する(or した)人がいっぱいいますけど。
「このあと、友人が住むイオスに行く」と話すと、「いい島だよね」って。

私が宿泊した16号室は眺めは良くないのですが、内装はスタイリッシュ。
※このホテルの立地を考えると、眺めが売りではなく、アクロポリス・ビューの部屋は少ないようです。
シャワーのみなのでレセプションで聞いたら、バスタブ付きは無いとのことでした。
アテネ「A for Athens」

新年を迎えるということで、ベッドには特別なプレゼントが置かれていました。
「グーリ(γούρι )」というラッキー・チャーム。
別ブログで記事にしました。→ fumufumuのブログ「幸せを招くために」

1泊だけなので荷物は広げず、食料調達に外出。
スーパーで水とポテトチップスを購入。

荷物を置きにいったんホテルに戻り、再び外出、シンタグマへ向かいます。
通りは買い物客でいっぱい!!露店商というのか、街頭で商売する人も増えました。

シンタグマのツリーは、話に聞いていた通り、かなーり地味でした。
アテネ_シンタグマ広場 (2)

アテネ_シンタグマ広場 (1)
子供たちが手作りしたという、空き缶再利用のオーナメント。

パン屋さんは変わらずに、新年を迎える品揃え。
アテネのパン屋さん

17:30 少し早いけど夕食にしようかな。
風林火山のそばにヌードルバーがあったなあと思って行ったら、違う店になっていたので、仕方なく
プラカのキダシネオン通りへ。観光客が相手のエリアなので、この日は閑散としていました。
お馴染みの「テスピス」(Ο Θέσπις )は営業していたので、入ることにします。
以前(2009年)、この店で食べたケフテデスがとても美味しかったのでメニューに探しますが
見つかりません。
スタッフに聞くと「あるよ」と「ビフテキ(Μηιφτέκι)」と書かれたところを差し示しました。
あれ?そうだっけ?
好きなメリザノサラタがこの日は無かったので、タラモにしました。

これまでは屋外のテーブルを利用してばかりで、屋内の席は初めてです。
こんなに広いとは思わなかった。暖炉があって暖かです。
アテネ_プラカの「テスピス」
※お気に入りのテスピスには、2007年から数回来ています。
2010年に訪れた様子はこちら → 2010 Summer アテネからドヌサ島へ

やって来たビフテキ、前回添えられたピラフがないや  
不景気でコストを落としているのかしら?
アテネ_プラカの「テスピス」で (2)
アテネ_プラカの「テスピス」で (1)

でも味は以前と同じで、美味しいです。タラモも好きな味。
せっせと食べましたが、タラモが少し残ってしまいそう。
お願いして持ち帰りにしました。容器をもらって自分で詰めます(笑)

お会計は15.8。プラカなので、少し高めの設定です。(内訳は多分、ということで)

ケフテデス(ビフテキ) 8.9
タラモサラタ 4.9
水(500ml) 1.0
パン 1.0

元々高めなので、チップをいくらにしようかなーと考えていましたが、
スタッフ(おじさん二人)に注目されているのがわかり、とりあえず1ユーロ置きました。

店の外に出ると猛烈に寒い!
ホテルまで近道をしたいところですが、アクロポリスの麓は真っ暗なので、
遠回りでもアドリアヌゥ通りを回って帰ることにします。
土産物屋さんが並ぶこの通りも、すでにほとんどが店じまい。

ホテルで休憩をしたら、昨年と同じ、23:30に外出。
ホテルにチェックインする時、「カウントダウンのイベントってあるの?」と尋ねたのですが、
「う~ん、今年はどうかなあ。リカヴィトスとかであったかなあ」と心もとない返事だったので、
とりあえずシンタグマに行ってみようかな。
モナスティラキからエルムー通りを東に向かいますが、こちらに戻って来る人が大勢います。
昨年はシンタグマに向かう人で渋滞するくらいだったのに、何故なんだろう?

シンタグマ広場に来ました。たくさんの人が集まっていますが、その多くが移民系。
何だかヨーロッパじゃないみたい。
ステージは設営されていますが、今夜のためではなさそうです。
イベントってないのかしら?
どうしよう、別の場所に移動したほうがいいのかなと思っていたら、花火が上がりました。
方向としてはコロナキ、リカヴィトスの丘のあたりです。
でも、昨年よりも高さがないみたいで、見づらいよ~
時間も短かったような。。。とりあえず撮ってみましたが。

[広告 ] VPS

明らかに去年より盛り上がっていないなあ。 → 去年の様子
市はクリスマス関連の予算を1/10にしたと聞いたけど、だったら仕方ないのかな。

※盛り上がっていないように感じた理由を、私は翌日知ることになるのであった。。。

ゆるゆるとホテルに戻り、2:00に就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 タクシー(ヒオスのホテル→空港) 7.0
      メトロ(アテネの空港→モナスティラキ) 8.0
食費 スーパーで水とポテトチップス 1.52
    タベルナで夕食 16.8
宿泊費 83.0(ネットの予約サイトで手配。現地で支払い)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 21 : 54 | 2.アテネで年越し&ピレウス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アテネからピレウスへ
2012 / 03 / 06 ( Tue )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

1/1 日
7:40 起床。パッキングを済ませてから、9時半過ぎに朝食を取りに最上階(6階)へ。
ええ~、混んでいる~!!
ホテルが混んでいるからなんだろうけど、時間帯も混む頃なのかな?
いつもはもっと早い時間帯に朝食を取っているのでわかりませんでした。
スタッフはてきぱきと働いていますが、補充や片づけが追いついていません。
まあ、スペースもかなり狭くて、動線が良くないというのもありますが。

補充が間に合わないので、あるものを取ったら妙に控えめ。
でも温かいポタージュがあって嬉しいです。フルーツも多めでした。
アテネのホテル「A for Athens」 (2)

クリスマスの定番お菓子、クラビエデスとメロマカロナ。
アテネのホテル「A for Athens」 (1)

アテネのホテル「A for Athens」 (3)
ここからはアクロポリスがばっちり。近いです。

10:10 部屋に戻りますが、時間が中途半端なので、チェックアウトのギリギリまで
このまま部屋で過ごすことにします。

11:50 レセプションへ。先客がいるので、待つ間にラウンジに置かれたPCで
インターネットをチェック。プリンターも置かれていました。

宿代をカードで支払い、荷物を預けて外出。
落ち着きを取り戻したシンタグマへ。

アテネ_シンタグマのクリスマスイベント案内
昨日はこのパネルに気付かなかったなあ。
クリスマスのイベントもそこそこやっていたんですね。

久しぶりにザピオンへ行ってみました。国際展示場です。
建物前に「オニロ(ΟΝΕΙΡΟ=夢)・クリスマス・パーク」と題し、子供向けのアトラクションが
設営されています。
これはザピオン側からみた出入り口。ゲートの向うはアマリアス通り。
アテネ_ザピオン・クリスマス・パーク (1)

アテネ_ザピオン・クリスマス・パーク (4)
アトラクションは2.5ユーロのようです。家族連れで賑わっています。

ゴージャスな回転木馬には、
アテネ_ザピオン・クリスマス・パーク (3)
何やら怪しいイラストが。
アテネ_ザピオン・クリスマス・パーク (5)

こんなの私は絶対無理
アテネ_ザピオン・クリスマス・パーク (6)

スケートリンクもありました。40分で10ユーロ。
アテネ_ザピオン・クリスマス・パーク (2)

アマリアス通りからザピオン前をつなぐ小道沿いにはお店も出ていました。
アテネ_ザピオン・クリスマス・パーク (7)
軽食や日曜雑貨、本屋さんなど。

あまり見ない光景だったので面白かったのですが、一人で来る場所でもないですかね?

アマリアス通りには、ザクロを模った飾り?を売っている店が出ていました。
アテネ_アマリアス通りで
新年に玄関先でザクロを叩きつけて割り、その割れっぷり?でその年の吉凶を見る、と
yumyumさんが教えてくれましたが、住宅街を通らなかったからか、今年も粉々になったザクロには
遭遇しませんでした。

ザピオンを出たらプラカへ回って、猫さんウォッチング。
猫給食を持たずに来たので申し訳ないんですが^^;

けっこう無理な体勢で私に載るマンガス。
アテネ_風の塔のマンガス

アクロポリスの麓ではかわいい兄弟に遭遇。「知らないひとだね」「何も持ってないよ」「ちぇっ~」
アテネ_プラカの小さな猫さん

段々腰が痛くなってきたので、14時過ぎにホテルに戻り、荷物をピックアップ。
モナスティラキからメトロで、今夜の宿泊地・ピレウスに移動します。(1.4ユーロ)

15:10頃、「Piraeus Dream Hotel」に到着。2010年の暮れにも宿泊したホテルです。
前回より部屋が狭いかな? → 前回の記事
ピレウスのホテル「Piraesu Dream Hotel」

17:00 外出。
ああ、正面にこんなモノが・・・
ピレウスにて

港に行ってみました。夕陽がキレイ~。
ピレウスの夕暮れ

BlueStarFerriesの船が3隻、並んでいました。今日は船はお休みです。
BlueStar揃い踏み
船の入り口にも「カリ・フロニア」~
ピレウス「カリフロニア」

メインのディモクラテス通りを歩いてみます。
船に乗るために何度も訪れているピレウスですが、ちゃんと街を歩いたことはありません。
2010年の暮れも、1泊して翌朝の船に乗ったので観光は一切なし。
なので、今回は2泊して、少し歩いてみるつもり。

すでに暗いので写真はないのですが、広場にはザピオンと同じようなアトラクションがありました。
こちらでは2.0ユーロ。ちょっと安いですね。
スケートリンクもありました。流行っているのかしら?
寒いにも関わらず、カフェは人であふれています。
ゼア湾へと続くGr.ランブラキ通りにぶつかったら引き返すことにしました。

看板(の写真)コレクターをクギ付けにしたリス。
ポニーみたいなのは、子供用品(玩具や本)を扱うお店だったかな?
ピレウスの看板 (2) ピレウスの看板 (1)

朝食を取ったのが遅かったせいか、お腹が空きません。
(途中、ポテトチップスをつまんではいますが)
スーパーに寄ったりもせず、ホテルに戻りました。

19:00 ホテルに戻ってネットをチェック。(5台も置いてあります)
gtpのサイトなどで船のスケジュールを調べます。
アテネへの通勤圏、サラミス島が近いから行ってみようかな?
ゼア湾も回っておきたいし、ファリロにあるPeace&Friendship Stadiumにも行けるかな。

部屋に戻ってTVをつけたら、ニュースを放送しています。
コートを着た男性が、屋外で何やらスピーチをしている映像です。
誰だろう? そのまま見ていたら花火が上がったよ!!!
これ、カウントダウン?
どうやらアテネでは、市庁舎前のコジア広場でカウントダウンのイベントをやった模様。
知らない。。。そんなの知らないよっ!!

モナスティラキからならコジア広場だってシンタグマとほぼ同じ距離。
あああああああ~ ガッカリ。

ところで、何故か部屋のエアコンが効いてくれません。
手を近付けると確かに温風が出ているのですが、部屋がちっとも暖かくなりません。
毛布を出し、エアコンをつけたままにして寝ようかと思ったほど。

風邪を引かないといいけどと思いながら、1:00 就寝。
・・・「元日」らしさ、どこにも無いわ 笑

€€ 会計メモ €€
交通費 メトロ(モナスティラキ→ピレウス) 1.4(90分チケット)
宿泊費 30.0(ネットの予約サイトで手配)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

22 : 09 : 13 | 2.アテネで年越し&ピレウス | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ピレウス二日目
2012 / 03 / 10 ( Sat )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

1/2 月
7時過ぎに起床。8:00 朝食を取りにBreakfast Roomへ。
ピレウス_「Piraeus Dream Hotel」朝食ルーム
前回は夜明け前に利用したのでわからなかったのですが、朝日が入って爽やかな部屋です。
でも前に食べた、ほうれん草の美味しいパイが無くて残念。

9:30 外出。レセプションでペラマへの行き方を尋ねたら、バスで簡単に行けるとのこと。
「僕はバスの番号まではわからないけど、乗り場にいる人なら誰でもわかると思うよ」
簡単にペラマに行けそうなので、先にゼア湾に回ろうかな。

昨日も歩いたディモクラティアス通りを東に向かいます。
標識の所で右折。
ピレウス_ゼア湾とミクロリマノへ

着きました、ゼア港(Λιμάνι Ζέας )&ゼア湾(ゼア・マリーナ)。
船がいっぱい、周辺はお店がいっぱい。
ピレウス_ゼア湾 (1)

湾沿いをぐるりと歩いて見ることにします。まずは右手方向へ。
こちらは大型の船が多いですね。
ピレウス_ゼア湾 (2)

クルーザーに「FOR SALE」の文字もありました。いいなあ、欲しいなあ。
FOR SALE
連絡先わかりますよ~。気になる方、お知らせ下さい。

まだまだ先はあるのですが、かなり遠そうなので引き返し。
海を正面に左手へ行きます。こちらは小さめの船が多いです。漁船なのかな?
タコを大量に買っていたおじさんに遭遇しました。
ピレウス_ゼア湾 (4)
ピレウス_ゼア湾 (5)

こんな案内図もあったのですが、よく見れば横向きだし!
ピレウス_ゼア湾 (3)
この位置で案内図を見れば、左右の向き(右方向が北)は確かにあっているんですが、
文字が完全に横。
設置する位置を間違っているってことなのかなあ?

地図を持たずに出てきたのですが、海沿いをさらに東に行けばミクロリマノだろうと、
とりあえず歩き続けます。
途中、道が海から離れてしまったので、テキトーなところで道を外れて階段を降りたら、
どうやらミクロリマノ(Μικρολίμανο)に到着した模様。
ピレウス_ミクロリマノ (4)
チョーお洒落なカフェが並んでいます。隙間なく続き、お店の向うが海なので、
お店に入らずに海のそばまで行こうと思ったら、端まで回らないとダメみたい。
ピレウス_ミクロリマノ (2) ピレウス_ミクロリマノ (3)
時刻は10:45ですが、どこもまだ開店前みたいで、スタッフが店内を掃除したり、
テーブルをセッティングしたりしていました。

私の写真はイマイチなので、ここでパノラミック・ビューをどうぞ~ → Mikrolimano surround

カフェでお茶したい気もしますが、開店を待つのも何だかな、と思い、
再びゼア湾を回ってピレウスの港まで戻りました。

ミクロリマノの端の方。
ピレウス_ミクロリマノ (1)

途中、キレイな教会を撮影。
ピレウス_アギオ・コンスタンディノス
ピレウス_アギア・トリアダ大聖堂 (2)
ピレウス_アギア・トリアダ大聖堂 (1)

明日のイオス行きの船のチケットを買おうと代理店へ。
正規代理店を見つけられないうちに、別の店の呼び込み?の兄ちゃんに
「チケットならここで買える」とつい案内されてしまったので、そのまま購入。
明日の7:25発、Blue Star Delos、33ユーロ。

店の前はバス・ターミナルになっているので、表にいた先ほどの兄ちゃんに
「ペラマ行きもここから乗れる?別のバス停?」と聞くと
「向うにチケット売り場のボックスがあるから、そこで尋ねるといいよ」

言われたとおりボックスに向かいましたが、誰もいない
しかし、そばのバス停の表示に「843 ΠΕΡΑΜΑ」の文字を発見!
ピレウスのバス停
方向としては北に向かうバスなので、海側でない通りで乗ればいいのね。

通りを横断し、メトロの駅の近くのバス停へ。ここにも「843 ΠΕΡΑΜΑ」発見。
チケット売り場に人はいなかったのですが、すぐに担当のおじさんが戻って来ました。
おじさんがゆるゆると準備をしている間に、私の前に並んでいた老婦人&老紳士に
ギリシャ語でペラマまでの料金を尋ねたら、男性の方が「1.2」と教えてくれました。
すると、婦人の方が男性に何か話しかけ、次に私に向かって
「戻って来るの?1時間30分使える、1.4ユーロのチケットがあるわよ」
ああ、そうか、ここでも90分の共通チケットが有効なんだ。
婦人は売り場のおじさんに「このコリッツィ(=girl)は1.4ユーロのチケットよ」

すぐに843番のバスは来ました。混んでいるので車内では立ったまま。
7kmくらいの距離なので15分もあれば着くだろうと思っていたのですが、
途中、渋滞にはまってしまったようで、結局ペラマまで30分かかりました。
90分チケットでピレウスに戻れないなあ。

ペラマの港は近くにカフェもあり、車が次々やってくる広い乗り場です。
高速の料金所みたいな船のチケット売り場。
ペラマのチケット売り場
実際、車で乗り込む人がほとんどなので、この形になっているようです。
料金は驚きの片道0.8ユーロ。
ペラマのチケット売り場 (2)

この時間は15分ごとの出航で、私は12:45発に乗船。
チケットに船の出発時刻は印字されないので、焦らなくても大丈夫。
船は常時4、5隻が並んでいますが、係の人が誘導してくれます。
ペラマの港で

いざ、サラミスに向けて出発!
ペラマからサラミスへ (2)
・・・ですが、本当にあっと言う間、15分で到着。
船体に前後はなくて、乗り入れた車はそのままの方向で下船します。
ペラマからサラミスへ (1)

現代ギリシャ語ではサラミナ(Σαλαμίνα)なんですが、古典表記はサラミスなんですね。
公式サイトはこちら → http://www.salamina.gr/ 
到着したものの、日本から持参した資料のコピーをホテルに忘れて来ちゃったよ!!
何とかなると思っていましたが、甘かった・・・・
私はここで何を見たらいいんだっけ???

サラミス島 (4)
港の前にバス乗り場。インフォメーションは閉まっていました。
サラミス島 (5)

サラミス島 (3)
↑ 標識があったので示す方向に歩いてみたものの、すぐに人も車も通らない道になってしまい・・・
はたと立ちつくし、海辺でたそがれてみる・・・
サラミス島 (2)

結局、ただふらふらと歩き回って、サラミス探索終了。
後で資料を見返したら、船が着くパルキア(παλούκια)には軍事博物館があるだけで、
サラミス海戦の兵士の墓など、見所は離れていました。

14:30発の船でペラマへ戻ります。
帰りの船から見たサラミス島。あのあたりまで行けば見所があったのかな?
サラミス島 (1)
アテネ、ピレウスから近いので、(ちゃんと調べて)また来る機会がありそうです。

ペラマのペリプテロで今度も1.4ユーロのチケットを購入。
ピレウスからメトロでPeace&Friendship Stadiumへ行こう!

バスとメトロを乗り継いで、ファリロにあるPeace&Friendship Stadiumへ。
ギリシャ語ではΣτάδιο Ειρήνης και Φιλίας。 → 公式サイト
手前は公園になっています。
ピレウス_Peace&Friendship Stadium (1)

これまで何度も遠くから目にしているスタジアムですが、来るのは初めて。
今日は何もイベントは開催されていないので、会場内には入れませんが、
建物の周りは広々しているので、周囲を歩いているだけでも気持ち良い場所です。
ピレウス_Peace&Friendship Stadium (2)

90分チケットの時間内にピレウスに戻りました。

ホテルに戻る途中、ともちゃんに教えてもらったタベルナをチェック。
でも閉店しています。これからオープンするのかな?後で再チェックしよう。

18:30 外出。
先ほどのタベルナに向かいますが、違う道を進んだら迷いかけて猛烈に焦りました。
街灯が少なくて、クリスマス期間だからかお店はほとんど閉まっていて、
歩いている人もほとんどいない!!
大抵のことでは驚かないし、へっちゃらなのですが、この時は正直参りました。

何とかわかる場所まで出て来ましたが、やはり先ほどのタベルナは営業していません。
以前入ったお店もやっぱりお休み。
ギロ屋さんはあるけど、ヒオスで2回も食べてるしなあ。
いっそ、ゼア湾まで行った方がお店は多いかも、と移動。

そういえば中華のお店もあったな。中華なら休んだりしないハズ。
普段、旅先で中華を食べようと思うことはありませんが、さまよい続けるよりはマシ。
昼間歩いた時よりも遠く感じるなあとぼやきつつ、中華料理の店の前へ。
表にメニューが出ていたので見てみますが・・・
食べたいヌードルの種類が少ないし、どれも???なメニュー、しかも割高。
(私にとっては、です。評判は悪くないらしいです)
ここまで歩いて来たけれど、得体のしれないモノに1品11ユーロ以上払うのはイヤ。

まだ時間はあると、引き返し。
一度パスしたギロ屋さんをのぞいてみたら、食事メニューもありました。
プシスタリア(ψησταριά=grillhouse)だったんだ。店名は「ΜΕΤΣΟΒΟ」
ピレウス「メツォヴォ」にて (1)

お母さんと息子(ずっと「ヤナキ」と呼ばれてた)でやっている店みたいです。
(日本式の)1階は小さいテーブルが3つしかなく、すべてふさがっていましたが、
2階席もありました。
こちらは誰もいません。というか、お店の人からも見えないんですけど 
ピレウス「メツォヴォ」にて (3)

フードケースを見てオーダーしたのはオクラのトマト煮とソーセージと缶コーラ。
ピレウス「メツォヴォ」にて (2)

陽気にサーブしてくれたヤナキ。いい人っぽいです。
だーれもいないフロアで、一人のんびり食事。
家庭の味と言った感じのオクラ。けっこう酸味があります。

紙のテーブルクロスは、AMSTELのロゴが入った、初めて見るデザイン。
欲しいけど、下からお店の人がやって来る気配は全くなし。。。

あきらめて、下に行き会計しました。驚きの9ユーロ。

オクラ 5.0
ソーセージ 2.5
コーラ 1.5

ああ、よくわからない中華にしなくて良かった。
チップを払うべきか迷ったのですが、どうもそういう店じゃないみたい。

20:30 通りのペリプテロも多くが閉店しています。まだ祝日モードみたい。
ホテルに戻ってパッキング。
眠くなる前にシャワーを浴びたら眠気が増してしまい、半泣きでパッキングの続き。
めどをつけて、0:30 就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(ピレウス⇔ペラマ) 1.4×2 
       ※90分チケットを買ってしまいましたが、記事内で書いたように単純に
        片道(1回使用)のチケットなら1.2です。
     メトロ(ピレウス⇔ファイロ) ※ペラマで買った90分チケットを利用
     船(ペラマ⇔サラミス島) 0.8×2
       (ピレウス→イオス) 33.0 ※1/3乗船分
食費 プシスタリアで夕食 9.0
宿泊費 30.0(ネットの予約サイトで手配、現地で支払い)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

14 : 19 : 03 | 2.アテネで年越し&ピレウス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ピレウスからイオス島へ
2012 / 03 / 14 ( Wed )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

1/3 火
アラームで5:30に起床。眠い~
6:10 朝食。15分くらいでしっかり食べておかないと。

6:40 チェックアウト。宿代はカードで支払い。

GATE7を通り過ぎてしまい、GATE6から港に入ります。
ピレウスからイオスへ
7:25発のBlueStarDelos は新しい船。大きいな~

いつものようにGoody’s の席を確保しようと思ったら、「まだ準備中」だって。
仕方なく船内を奥へ奥へと進みますが、混んでいるようでなかなか席がありません。
結局、Flocafé のテーブル席を確保。すぐにスタッフがオーダーを取りに来ましたが、
ギリシャ語で「Μετά(あとで)」と答えます。

8:45まで旅のノート書き。でも眠くて眠くてその後仮眠。

10:30頃、Goody’sへ。オーダーは以下の通り、合計9.63。
でもお釣りの端数のコインがないのか、10ユーロの支払いに対する戻りは0.35。

チリ・ベーコン・バーガー 4.73
オニオンリング 2.72
コーラ(600ml) 2.18

毎度のGoodys

バーガー、デカイな・・・
食べ終わってからも、Goody’s のテーブルで旅のノート書きをしていましたが、
「パロス到着」のアナウンスが流れたので、いったん荷物があるFlocafé に戻ります。

12時頃にパロス島到着&出航。

歯磨きした時に撮った写真。窓が大きいトイレは、明るくてキレイ。
BlueStarのキレイなトイレ

ソファ席があったので移動し、のんびりします。窓の外に灯台発見!あとで調べないと。

前回の冬に寄ったナクソス島を経て、14:10、イオス島(Ίος )に到着。
4度目のイオス到着

迎えに来てくれたともちゃんの車で、ミロポタス(Μυλοπότας )にある彼女の自宅へ。
家では猫と子供たちが出迎えてくれました。

私のために遅い昼食を用意してくれました。お米入り肉団子、ユベララーキャ(ユーバラキャ)です。
美味しいわぁ。
お手製ユベララーキャ

荷物を解いて、少ないけれどお土産を渡したら、みんなで海岸に散歩に行きました。
夏の間は賑わうミロポタスのビーチも、冬は店もホテルも休業です。
ともちゃん夫婦が経営するホテル「NISSOS IOS HOTEL 」も休業中。
車の来ない道をみんなでてくてくと歩きます。

子供たちは、休業中の別のホテルのプールに併設した滑り台で遊びます。
寒くたって元気ですよ~
元気なお子たち

このホテルのそばに藪と原っぱみたいな場所があるんですが、数匹の猫が暮らしていました。
イオス_ミロポタスの猫さん (1)
イオス_ミロポタスの猫さん (2)
シーズン・オフは猫さんにとっても大変な季節です。

仲良し家族。お父さんのペドロは自宅です。
ミロポタ散歩

キレイな夕焼け。
イオスの夕焼け

夕食はスブラキ屋さんのデリバリー。配達してくれるのはホラにあるお店。
末娘・恭子ちゃんのお友達で、私も1度会った、レナちゃんのおうちが経営しているそうです。
朝からちょこちょこと食べ続けているので、半分だけ頂きました。
デリバリーのギロピタ

食後は例のごとく、ともちゃんと二人でお喋り。
入浴後も喋り続けて、就寝は0時を回っていました・・・

前回の冬は離れに滞在しましたが、水とお湯の出が悪いとかで、今回はリビングに
ソファベッドを用意してもらっての居候生活です。

€€ 会計メモ €€
食費 Goody’sで 9.65
居候につき宿泊費はありません・・・

※さてさて、私のイオス訪問は実に4度目となります。
なんと、同時期に実家に帰省した回数より多い 
そのためいわゆる観光っぽい行動は、今回は少なくなっています。
ギリシャの夏を味わう旅であれば、下記の記事をご覧下さい。
イオス島、オススメしますよ

2010年6月はこちら → 2010 Summer 4.キクラデス諸島ホッピング (アナフィ島の次)
2011年9月はこちら → 2011 Summer 2.キクラデス諸島ホッピング
冬の記事ですがよろしければこちらも。
2010年12月 → 2010-11 Winter 2.冬の島編イオス&ナクソス

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 43 : 54 | 3.嵐の島巡り・イオス&ミロス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ