サモトラキ島二日目・その1
2014 / 08 / 03 ( Sun )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/3 木
7:10 起床。昨夜の騒ぎが嘘のように静かな朝です。
のんびり仕度をしたつもりが、9時前には準備が出来てしまいました。

風に揺れる洗濯物。周りの風景で、何となくキャンプ気分。
サモトラキ_宿で

昨日、「外出時にはエアコンはオフ」とマリアに強く言われましたが、
外出しようと扉を閉めて、ふと頭上の室外機を見たら、「羽が回ってるじゃん!」
隣の部屋を見て見ると、そちらも不規則に回っています。
ああ、風が強いからなんだ。焦るなあ。

宿の周囲はのどかそのもの。
サモトラキ_宿の周囲

海沿いに出る道の途中にあった教会。カマリオティッサには教会が少なかったような。
サモトラキ_カマリオティッサで

乗りたいバスの時刻までは時間があるので、港周辺をぷらぷら。

昨日は見つからなかったインフォメーション。ですが、やっぱり閉まっていた・・・
サモトラキ_インフォメーション

タウンに一番近いビーチ。並んだサンベッドは誰でも使えるみたいです。
サモトラキ_カマリオティッサの海

旅行代理店が開いていたので、土曜日のアレクサンドルゥポリへのチケットを買ってしまいました。
14.5ユーロ。来る時と値段が違うのですが、チケットのクラスは同じ。
あとで調べたら、この船は曜日と時間(=便)によって価格が違いました。へ~。

10:15 今日の目的地、サモトラキ神殿群に向けてバスに乗り込みます。
バスはフォニアス(Φονιάς)行きで、途中のパレオポリに神殿があります。
乗客は私ともう一人だけ。このバスで神殿に行く人って多くないのかな?
チケットは車掌さんから購入します。1.5ユーロ。

バスは左に海を見ながら走ります。
サモトラキ_バスで神殿へ

10分程でパレオポリ(Παλαιόπολη)に到着。
サモトラキ_サモトラキ神殿入り口付近

ここから脇に入ると、神殿に続く道への入り口になります。
サモトラキ_神殿へ向かう (2)

道は整備されていますが、林の中。誰も歩いていないので、少しばかり不安になります。
サモトラキ_神殿へ向かう (1)

サモトラキ神殿群は、島一番の見所じゃないのか?

歩いて行くと、数人のおじさん達が建物の前に集まっていました。
何だか視線を感じる^^;
「遺跡のインフォメーションか何かかなあ」、と思い近付こうとしましたが、
手前に目立たない標識があり、左手に入る道が遺跡だと示しています
サモトラキ神殿群 (10)

標識に従い先ほどよりも狭く、上り坂になった道を進んで行くと、これまた地味な入り口が。
サモトラキ神殿群入り口

何だか農場とか放牧用私有地の入り口みたいじゃないですか?
でも、ここが正真正銘、サモトラキ神殿群(Sanctuary of the Great Gods)です。
ギリシャ語ではΙερό Των Μεγαλών Θέον

入った所。左側のちっこい建物がチケット売り場(横から撮っています)。
担当はおじさん一人でした。退屈しそうですねえ。
サモトラキ神殿チケット・ブース

入場料は博物館とセットで3ユーロ。
チケット購入くらいならギリシャ語でやり取り出来るので、「どこから来たんだい?」と聞かれました。

チケットと一緒に渡された、地図入りの案内を片手に遺跡巡りです。
サモトラキ神殿群の案内

※アメリカの大学が研究サイトを開設しています。
ここを読むと勉強になります。こちら → http://www.samothrace.emory.edu/

地図に番号が振ってありますが、見る順番ではないみたい。
案内が英語版だったので、とりあえずここでの紹介も英語表記で。
サモトラキ神殿群 (9)

随所にきちんと案内があります。地図があるので配置はわかりやすいですね。
サモトラキ神殿群 (11)

Neorion
サモトラキ神殿群 (2)
サモトラキ神殿群 (8)

Stoa
サモトラキ神殿群 (3)

Orthostate structure、その中央にRotunda of ArsinoeⅡ
サモトラキ神殿群 (1)

そして、ここがNike Monument です!
サモトラキ神殿群 (5)
サモトラキ神殿群 (4)
ここに奉納されていたのか~ 今はルーブル暮らしですが、帰りたいのかなあ。

案内の表紙写真に使われているのがThe Hierion
サモトラキ神殿群 (6)
思いっきり修復中ですけど。

‘Theatral’ circular area
サモトラキ神殿群 (7)

神殿群の東には、さらにancient townへ続く道があるのですが、
さすがに到着から90分、炎天下を歩き回っているのでクラクラ。
神殿群自体は番号を振られたすべてを見た(!)ので、満足です。

来た道を引き返し。
来る時におじさん達が集まっていた建物をいったんはスルーしてしまったのですが、
思い返して再び戻り、「ここ、何ですか?」とギリシャ語で尋ねたら
ムシオ(=博物館)」

げっ!!!危ない、すっかり忘れてスルーしてしまうところだった!

リュックの中に入れていたチケットを取り出し、「これですか?」「そうだよ」

サモトラキ考古学博物館(Αρχαιολόγικο Μυοσείο)です。
博物館の公式サイトはありませんが、この辺りで概要を → こことか
博物館入り口。近づかないとプレートがあることさえ、わからない^^;
サモトラキ_考古学博物館 (1)

展示室は4つのみの小さな博物館です。天井が高く、自然光で見せています。
サモトラキ_考古学博物館 (2)

この時の入場者は私だけ。(帰り際に入れ替わりで数人が来ましたが)
係のおじさんが離れたところで監視していましたが、途中でいなくなりました。

ライオンのオーナメントがかわいい。
サモトラキ_考古学博物館 (3)

私が最後に入った展示室にニケ像がありました。
サモトラキ_考古学博物館 (4)

部屋の隅に、静かに凛々しい姿で。
私はルーブルにある本物を見たことはありません。
だから比べてどうこうは言えませんが、このレプリカでも美しさはわかります。
サモトラキ_ニケ像
サモトラケのニケ像 (2)

ギリシャの彫像を見る時に、必ず注目してしまうのが、服の襞。
サモトラケのニケ像 (5)

筋肉の動きが伝わっているかのような羽の質感。
サモトラケのニケ像 (3)

反対側に回り、斜め下から。きれいなラインだな~
サモトラケのニケ像 (4)

正面。胸からウエスト、おへそ、腰へのゆるいSカーブが魅力的。
サモトラケのニケ像 (1)

ニケ像が生身の方だったら「いい加減にしてよ」と言われるくらい、じっくり眺めました。
(本当は触りたい)

博物館を出る時に、係のおじさんの一人に、ここからホラまで徒歩で行けるか尋ねました。
「行けるけど、今日はすごく暑いよ
確かに神殿群を巡りながら、それはよーくわかりました。
でも、距離にしておそらく4㎞くらい。
それならこれまでのギリシャ旅で何度も歩いたことがあります。
おじさんによれば道は二通りで、博物館の前を通る小道と、
いったん海沿いに出て、カストロ・ホテルの横を上る道。

後者の方が楽だと言うので、海に向かって、来た道を下りて行くことにしました。
ちなみに博物館前の小道はこれ。この奥へと進むとホラ。
サモトラキ_考古学博物館前

海沿いを歩き、カストロ・ホテル発見。
サモトラキ_神殿群からホラへ向かう (2)

この道を行くのね。
サモトラキ_ホラへ向かう
車も通る広い道。きちんと整備されています。

ニケ様に力を貰ったし、ホラへ向けていざ!

※通常ギリシャ滞在時は1日を1回の記事にしますが、今回は写真が多いので2回に分けます。
会計メモも後半分で。


おまけ: ルーブルのニケ像は修復が終わりました。
元々の場所に返して欲しいと願う一方、ギリシャにいたら、ここまで至れり尽くせり(?)は
してもらえなかった、こんな美しい場所に置いてもらえなかったのかなあとも思います。
複雑ですね。
ルーブル美術館公式サイト → ここ
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 08 : 51 | 1.アレクサンドルゥポリ&サモトラキ島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サモトラキ島二日目・その2
2014 / 08 / 11 ( Mon )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

歩きやすい道だわと、気楽に歩き始めましたが。

時刻は13時を回ったばかり。太陽は真上です。
そしてホラへ向かうには、南の方向に歩くのであった・・・
サモトラキ_神殿群からホラへ向かう (3)
サモトラキ_神殿群からホラへ向かう (1)

暑い!ありえないくらい暑い!

しかも道の両脇とも、日陰がほとんどありません。
誰か車で拾ってくれないかしらと期待するものの、ここはギリシャ。
昼寝の時間に家から出て来る人なんていませんよ
(正確には車が通ったのですが、反対方向でした・・・)

やっと見つけた木陰で休憩したら、「ああ、もう、ここでこのまま朽ち果ててしまうかも・・・」

わずかな力を振り絞って立ちあがり、先へ。

ああ、遠くに集落が見えて来た。あれがホラ(Χώρα)?
サモトラキ_神殿群からホラへ向かう (4)

一気に向かいたい気持ちはあるものの体は言うことを聞かず、二度目の休憩。
サモトラキ_神殿群からホラへ向かう (5)

足から根が伸びて、ここで一生終えそう。
そんなギリシャ神話があったような(←明らかに理由が違います)。

ふらふらしながら歩いていくと、分かれ道(泣)
サモトラキ_ホラ到着

左を選んだらすぐに急な上り坂。ああ・・・
考古学博物館のおじさんの「今日は暑いよ」の忠告を、聞き流した私がバカでした。

自分にダメ出ししながら上って行くと、カストロの横に着いた~!!!
サモトラキ_ホラのカストロ

サモトラキ神殿群の考古学博物館を出てから、1時間半経過していました。
・・・でも、カストロは「DANGER」で立ち入り禁止。。。

カストロのすぐそばには洒落た石造りのカフェがありました。
サモトラキ_ホラのカストロ脇で

カフェの外席からの眺め。(カフェを利用しなかったんですけど、ちゃっかり写真だけ撮った)
サモトラキ_ホラ_カストロ脇

カストロはホラの中でも高い場所にあるので、この後は下りや平坦な場所になり、
散策はぐっと楽になりました。ほっ。

路面には石畳が敷きつめられた、趣のある家並みです。
サモトラキ_ホラ (2)
サモトラキ_ホラ (3)

下の写真で、左端にあるのがカストロ。
サモトラキ_ホラ (10)
サモトラキ_ホラ (9) サモトラキ_ホラ (4)

猫さんもたくさんいました。どの子ものんびりしていました。
サモトラキ_ホラの猫さん (2)
サモトラキ_ホラの猫さん (4)
サモトラキ_ホラの猫さん (1)
サモトラキの猫さん (5)
サモトラキ_ホラの猫さん (3)

お腹が空いたので、遅めの昼食にしよう。
この時間(15:00)でも開いているお店はないかなあと回って、
「ΚΑΦΕ ΟΥΖΕΡΙ 1900」を見つけました。
サモトラキ_ホラ「1900」 (1)
サモトラキ_ホラ「1900」 (2)

遠くに海が見えます。良い眺め。
サモトラキ_ホラ「1900」 (3)

オーダーは以下の通り。合計で12ユーロ。支払いは1ユーロをプラス。

ザジキ 3.5
σταμνάτο 8.0
プソミ 0.5
水はピッチャーで出されて無料でした。

サモトラキ_ホラ「1900」 (4)

「σταμνάτο」はメニューの説明で「牛肉とマッシュルームのワイン煮込み」とありました。
「στάμνα」が「深鍋」のことらしいので、牛肉に限らず、そういう鍋で作る料理全般が
「σταμνάτο」なのかな?
サモトラキ_ホラ「1900」 (5)

けっこう濃い味付けでしたが、疲れ切っている私にはちょうど良かった。
プソミがちょっとボソボソしていたのが残念。

サービスでもらったグリコ・クタリウ(スプーン・スイーツ)。
サモトラキ_ホラ「1900」

お店のスタッフ(女性)は、とても感じの良い人。
15:00から16:30までのんびりしちゃいました。
※サモトラキのfacebook にアルバムがあります。 → ここ

バス停の場所と、カマリオティッサに戻るバスの時刻を確認してから、再びホラを散策。
サモトラキ_ホラの入り口(バス停付近)

広い街(村)ではありませんが、坂が多いので、けっこう歩いた気がします。
サモトラキ_ホラ (1)
サモトラキ_ホラ (5)
サモトラキ_ホラ (6)
サモトラキ_ホラ (8)
サモトラキ_ホラ (13)

OTEの建物も洒落た石造り。
サモトラキ_ホラ (12)

失敗したなあと思ったのは、午後なのでお店がほとんど閉まっていたこと。
この有名なお菓子屋さんも閉まっていました。
サモトラキ_ホラ (11)

サモトラキのシンボルはやっぱりニケ。
サモトラキ_ホラ (15)

これも手に取ってみたかったなあ。
サモトラキ_ホラ (14)

猫さんが本当に多かった。
サモトラキの猫さん (2)
サモトラキの猫さん (3)
サモトラキの猫さん (4)
サモトラキの猫さん (1)

18:10のバスでカマリオティッサに戻りました。
お土産屋さんでニケ像のマグネットを購入。

まだ日没までは時間があるので、街の西端を目指します。
地図に寄れば、地名としてはアクロティリになるようで、灯台があります。
のんびり歩く私の横を何台も車が追い越して行くので、「もしや夕陽スポット?」と思いましたが、
泳ぎに来た人たちでした。
幼い子供もいる家族連れがいたので、そんなに深くはないのかな?

小石のビーチ。波は冷たそうです。
サモトラキ_アクロティリ (1)

期待した灯台でしたが、実用本位のシンプルなものでした。
サモトラキ_アクロティリの灯台

さらに先へ行こうとしたら、男の人が一人だけいたので、何となく気まずい・・・
(左端にちょっと写っている人。いきなり起き上ったのでびっくりした)
サモトラキ_アクロティリ (3)

再び徒歩でカマリオティッサに戻り、スーパーに寄ってから宿へ。

歩き回ったので、汗だくになったリュックを水洗い。
シャワー&洗濯を済ませ、旅のノートを書こうとするも疲れたままなのでベッドでくた~

1時間程したら、昨夜同様、また騒がしい音が聞こえてきました。
何なのかしら?
まあ、疲れ果てているので、昨日程は気になりませんが。
1:30 就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(カマリオティッサ→パレオポリ) 1.5
      〃 (ホラ→カマリオティッサ) 1.5
      船(サモトラキ→アレクサンドルゥポリ ※7/5乗船分) 14.5
食費 ウゼリで昼食 13.0
    スーパーで果物とジュース 1.21
宿泊費 25.0(朝食無し)
その他 サモトラキ神殿群&考古学博物館入場料 3.0
      ニケ像の写真のマグネット 2.5

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 55 : 51 | 1.アレクサンドルゥポリ&サモトラキ島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サモトラキ島三日目
2014 / 08 / 18 ( Mon )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/4 金
7:00 起床。ゆるゆると仕度をしたら、旅のノート書き。
もすごい強風で、洗濯物が飛ばされないかが気がかり。

9:45 外出。
海沿いをぷらぷらしたら、昨日と同じバスに乗り、テルマ(Θέρμα)に向かいます。
運転手と車掌さんも昨日と同じ人。テルマまでは2.5ユーロ。

10:35 5分遅れでバスは出発し、10:50頃にテルマに到着しました。
サモトラキ_テルマ (1)

バスは海沿いを走るのですが、テルマのバス停は陸側に少し入った場所にあります。
いきなり土産物屋さんがあって、ちょっと引いてしまう^^;

地図はあるのですが、あまりにもざっくりしていてさっぱりわかりません。
サモトラキ_テルマ (5)

とりあえず歩いてみようかな?
サモトラキ_テルマ (3)

サモトラキ_テルマ (2)
まっすぐ山側の奥へと入る道は、すぐに林の中へと入っていくようになりました。

いつもなら人のいない山道をガンガンと歩く私なのですが、何となく気が進みません。
別に危険な香りもしないんですけど・・・

戻って別の道、一応、商店などの建物がある通りを進んでみますが、こちらもまったく覇気がない。
サモトラキ_テルマ

遠くには威圧感漂う山が。
サモトラキ_テルマ (4)

ロンプラによればテルマは人気の場所ですけど、どうなっているのかな?
キャンプする人が目指す場所なので、午前の早い時間はまだ眠りの中ってことなんだろうか?
人が集まっているのは、バス乗り場の前のカフェだけでした。

バス乗り場のそばに公営の温泉施設らしいものもあるのですが、修復中。
サモトラキ_テルマの浴場

近くには湧水を示すものが。
サモトラキ_テルマ (7) サモトラキ_テルマ (8)

建物の裏手に自然のままの温泉があるらしいので、上ってみますが、
先に歩いていた人たちがすぐに下りて来てしまいました。
遠いのかな?
気になりましたが、温泉はイカリア島で楽しんでいるし、ここで固執することも無いので、
私もさっさと山道を下りました。
海が見えます。
サモトラキ_テルマ (6)

※あとでコスタス先生(私のギリシャ語の先生)に聞いたら、この道を20分くらい歩くと温泉はあるそうです。ただし、猛烈に熱いそうですよ。

テルマがいまいちなので、坂道を下って海に向かってみました。
サモトラキ_テルマの海 (2)

海沿いまで出たところで振り返って。
サモトラキ_テルマ入り口

けっこう賑わっていますが、今日はとにかく風が強く、波が高くて泳ぎには向かない日かも。
サモトラキ_テルマの海 (3)

ビーチの左は港です。
サモトラキ_テルマの海 (1)
ここから島をぐるっと回るエクスカーションが出ています。

一応、水着を持参して来たものの、泳ぎたいほどのビーチでもないし、
テルマの温泉も試せそうにないので、早々とカマリオティッサに戻ることにしました。

12時過ぎにカマリオティッサから来たバスは、フォニアスが終点です。
テルマからフォニアスに行き、折り返してテルマに戻って来るのだろうと思ったのですが、
テルマでバスを待っているのもつまらないので、運転手に「カマリオティッサ行き?」と聞くと
「乗って」という仕草。料金も2.5ユーロのままでした。

バスはフォニアスに行く人をたくさん乗せて走ります。
テルマからフォニアスの海沿いにキャンプ場があります。

フォニアス(Φονιάς)のバス停付近。
サモトラキ_フォニアスのバス停付近

バスはフォニアスに着いたらすぐに折り返し。
来た道を戻って行くのですが、何故かテルマのバス停に寄りませんでした。
(テルマからの坂道を下りた所、海沿いで人を乗せましたけど)
ちなみにフォニアスからカマリオティッサまでは30分くらい。

13:00 カマリオティッサに戻りました。
いったん宿に行き、いらない荷物を置いて、再び外出。
16時のバスでプロフィティス・イリアス(Προφήτης Ηλίας)に行きたいので、
それまでの時間で昼食を取ることにしました。

海沿いにある「Η ΚΛΗΜΑΤΑΡΙΑ」へ。 → 紹介ページ
サモトラキ_「クリマタリア」 (1)
サモトラキ_「クリマタリア」 (4)

メニューに書かれた「クリマタリア・スペシャル」が美味しそうなのに、今日は無いって・・・
(夜のメニューなのかな?)
なので、無難に以下のオーダーとなりました。合計10.5ユーロ。支払いは11.5で。

パスティッチョ 7.0
ザジキ&メリザノ(半分半分) 3.0
プソミ 0.5
※パスティッチョ、メニューでは8ユーロだったんですけどね。

サモトラキ_「クリマタリア」 (2)
ザジキとメリザノは、私はメリザノサラタをオーダーしたのですが、何故かお店の人から
「ザジキとミソミソ(半分半分)にしたら?」と勧めてきました。

幅より高さが長いパスティッチョ。
サモトラキ_「クリマタリア」 (3)
薄味です。好きですけど。
というか、ギリシャで食べるパスティッチョって、ムサカに比べると薄味ですよね。
マカロニが長くて(端から端まで1本)、食べにくい

メリザノサラタは辛みがきいていて、好みの味でした。

会計をお願いしたらスイカのサービス。ギリシャのスイカは本当に美味しい。
サモトラキ_「クリマタリア」
地図入りのテーブルクロスも頂きました。

15:00 宿に戻ってしばしの休憩。

15:35 ウトウトしてしまい、慌てて仕度をしてバス乗り場へ。

15:57 早めにバスが出発。子供がたくさん乗っているのは何故かしら?
プロフィティス・イリアスまでは2.0ユーロ。車掌さんは若いお兄さん。

途中、給油のためにルートをちょっとだけ外れましたが、元に戻ると山の中へ。
サモトラキ_バスでプロフィティ・イリアスへ (1)

本線(?)から脇に入った集落、おそらくアロニア(Αλώνια)で、少女を一人乗せました。
サモトラキ_バスでプロフィティ・イリアスへ (2)

さらに山の中を進み、別の集落の入り口らしき場所で一人の男性が降りました。
ここはどこなんだろう?(ここまでお兄さんによるアナウンスは一切なし)

通るのがやっと、という狭い道にバスは入って行き、少しだけ広くなった所でUターン。
バスの両脇に木が覆いかぶさり、ガサガサと葉がこすれる音がします。
と、何気なく窓から外を見ると、建物の小さな看板に「Προφήτης Ηλίας」の文字が!
相変わらず車掌のお兄さんは何も言わないし、プロフィティス・イリアスなら終点のはずなのに、
他の乗客が下車する素振りもないし。

時刻表に書かれていたラコマという場所は海に近いけど、まだ海沿いに出ていません。
ルート変更になって、そっちが終点なのかな?

私が「?」を抱えたまま、バスはどんどん走り、坂を下って海が見えて来ました。

着いた場所がラコマ(Λάκκωμα)。私以外の全員がバスを下りました。

バスに残っている私に、車掌のお兄さんが「ラコマだよ」
「私、プロフィティス・イリアスに行くんです。バスの終点でしょう?」

その場を離れて運転手の横に行ったお兄さん、バスが走り出すと再び戻って来て
「プロフィティス・イリアス行きは20:00で、それが最終バスなんだ」
それは私も知っています。ちゃんと時刻表を見ているんだから。
「このバスは行かないの?」「バスは行くけど」
何故か、かみ合わない会話。

お兄さんが時刻表を取り出したので、私は
「ほら、カマリオティッサを出たら、このバスはアロニアに停まって、ラコマに停まって、
プロフィティス・イリアスが終点でしょ?
終点じゃないとしても、戻りのバスは来た道を通るから、プロフィティス・イリアスに行くでしょ?」
「戻らないんだ。マクリリエスに向かっているから」

はあ?
どういうこと?リターンのバスなのに、リターンじゃないって?
時刻表はこちら。
サモトラキ_バス時刻表

お兄さんと私とで、旅のノートに図を書いて確認。

結論:リターンと言いながら、ルートは行きとは異なる
地図があるとわかりやすい、いや、何故そういうルートになるのかは理解しにくいんですけど。

<地図>


行きはカマリオティッサ→アロニア→プロフィティス・イリアス→ラコマ
戻りはラコマ→マクリリエス→(アロニア)→カマリオティッサ
(戻りのバスでのアロニアは、脇道の入り口は通ったような気がします)

あまりのショックに椅子に倒れこんでしまいましたよ・・・
オーバーな気もしますが、ちらっと見たプロフィティス・イリアスが良い雰囲気の村だったので。

お兄さんは2ユーロを私に差し出し、
「僕、(着いた時に)“プロフィティス・イリアス”って言わなかったから。ごめんね」

代金なんて。バスを戻せ!

今すぐバスをプロフィティス・イリアスに戻せ!
(心の叫び)

まあ、もしかしたらお兄さんは運転手に「戻れる?」とお願いしてみたのかもしれないけど。
で、「はあ?お前、何言ってんだ?」とか。

途中、どこにも停まらず、誰も乗ることも無く、バスはカマリオティッサに戻りました。
私は1時間バスに乗って、ぐるりと回っただけでありました。

バスを降りた後も、「Sorry」と、お兄さんに謝られてしまいましたよ・・・

仕方なしの予定変更となったので、カマリオティッサで、通っていない道を散策。
ちょっとだけ猫給食。今の時期、お母さん猫がすごく多いです。
サモトラキ_港近くの猫さん

アレクサンドルゥポリからの船が着きました。
船を降りた、たくさんの若者がバスに乗り込みます。
みんなテルマのキャンプ場を目指すのかな?

地図と絵葉書を買って、宿に戻ります。

途中で羊の群れに遭遇。
サモトラキ_宿のそばで

宿でマリアに会えたので、明日のチェックアウトについて話します。
宿代の支払いは今でもOKと言うので、代金を取りに部屋へ。
マリアの元に戻り、支払いを済ませました。
「庭で取れたものよ」と、果物を頂きました。
サモトラキ_宿でもらった

マリアの家の子猫。ちっちゃくてかわいい。
サモトラキ_宿の猫さん

明日の船(12:30発)に合わせて、車で港に送ると言ってもらいましたが、
早めに行って何か食べるかもしれないので、歩いて行けるからと断りました。

部屋に戻ってゆるゆるとパッキング開始。
途中、シャワーを浴びたり、ベッドでごろごろしたり。
明日も時間はあると思うと、はかどりません。
0:00 就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(カマリオティッサ⇔テルマ) 2.5×2
食費 タベルナで昼食 11.5
宿泊費 25.0(朝食無し)
その他 地図 5.5
      絵葉書(1枚) 0.5

おまけ: プロフィティス・イリアスには人気のあるタベルナがあるみたいです。
紹介ビデオがありました。村の様子もちょっとわかります。 → ここで

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 09 : 50 | 1.アレクサンドルゥポリ&サモトラキ島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サモトラキ島からアレクサンドルゥポリ~カヴァラへ
2014 / 08 / 23 ( Sat )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/5 土
6:00 目は覚めたものの、ベッドでグダグダ。
昨日の様な強風は無いみたい。

10:00 最後の外出。
といっても、もう見るものはほとんどありません。
開いていないインフォメーションのそばに車の軽食スタンドがありますが、まだ開店前。
結局、収穫のないまま宿に戻りました。

荷物をまとめて11:30に出発。
軽食スタンドが開店していたので、スブラキ・ドッグ(?)を購入。2.5ユーロ。
サモトラキ_車の軽食屋さん (2)
サモトラキ_車の軽食屋さん
ピタもありますが、この時はまだ焼けていなかったようです。
パケト(包み=持ち帰り)にしてもらい、袋をぶらさげて船に乗り込みます。
(チケットは2日前に購入済み。14.5ユーロ)

島に来る時はデッキ席だったので、今回は船内のシートでいいや。
アレクサンドルゥポリへ戻る船
一応、座席番号はありますが、それほど混んでもいないのでテキトーに座ります。

さよならサモトラキ。
次回は勇気を出して、山に入ってみるわ。
さよならサモトラキ

手早く昼食。ボリュームたっぷりで美味しかった。
サモトラキで買ったサンドイッチ

お腹がいっぱいになったのでウトウトしていましたが、なにやら周囲に人の気配。
みんなが窓の外に注目しているので、何だろうと思い、私も窓の外を見たら、
イルカが船の横にピタリとついて、ぴょんぴょんと跳ねています。
おお~!! 話には聞いていましたが、実物をこんなにはっきり見るのは初めて。
写真を撮れたらよかったのですが、じっくり眺める方を選びました。

15:00前に アレクサンドルゥポリに戻って来ました。
アレクサンドルゥポリへ戻って来た
乗客が多かったので、バスを利用する人も多かったらイヤだなと、ちょっと焦ってKTELへ。
途中にある駅に向かう若者もけっこういます。

予想に反してKTELはガラガラでした。
無事にカヴァラ行き16:45発のチケットを購入。14.9ユーロ。
窓口のお兄さんはギリシャ語しか話しませんでした。
アレクサンドルゥポリのKTEL
カヴァラへのバス・チケット

1時間半以上のバス待ちですが、待合室は冷房が効いていて快適です。
暑い外には行かずノートを書いていたら、特に時間を持て余すこともありませんでした。
ただしトイレはかなり汚くて、ペーパーもありませんでした。

16:30発のテサロニキ行きは満員のようでしたが、カヴァラ行きは半分以下の乗車率。
アレクサンドルゥポリからカヴァラ行きバス

道路が整備されているので快適です。車窓は緑が多いのどかな風景。
カヴァラへ向かう車窓

17:55 経由地のクサンチ(Ξάνθη)到着。
クサンチのKTEL
バスの窓から見る限り、大きなホテルが少なくとも4つあるような大きな街です。
ですが、KTELは意外と地味。休憩もなく、すぐにバスは出発。

カヴァラが見えて来ました。
カヴァラが見えて来た

18:55 カヴァラ(Καβάλα)到着。2012年の1月に続き2度目の訪問です。
→ 公式サイトは工事中 ※再開したら貼ります
観光情報はここでも → http://www.kavalagreece.gr/en/

宿の手配をしていなかったので、以前泊まったギャラクシーへ。
混んでいるそうですが、シングルの部屋を確保出来ました。
今晩は59ユーロで、明日は49ユーロ。納得出来る価格です。
カヴァラの「ギャラクシー・ホテル」
バス・タブ付きじゃなかったのが残念。

部屋に案内してくれたスタッフのお兄さんとも話したのですが、
この夏は宿泊客が多く、団体での利用も複数あって、すごく忙しいとのこと。
実際、エレベーター・ホールで、バス1台分を超えそうな団体に遭遇しました。

20:00 外出。
まずはKTELで明日のフィリッピ遺跡行きのバスをチェック。(バスはドラマ行き)
8時から1時間ごとに出ているので、便利です。
ここのKTELは、毎回、とても親切だと思います。

海沿いをぷらぷらします。
この「フェスティバル・フィリッピ」が気になります。
カヴァラの海沿いで

タソス行きの船もチェック。
月曜からの週ごとでスケジュールが変わるようで、貼ってあったのは今週分。

夕食は以前も利用した「Η ωραία Μυτιλήνη(イ・オレア・ミティリニ)」へ。
隣と迷ったのですが、こちらの方が賑わっていたので。
海に近い、外のテーブル席にしました。
カヴァラ_「オレア・ミティリニ」 (2)
カヴァラ_「オレア・ミティリニ」 (1)-2

オーダーは以下の通り。合計14.2ユーロ。

ミディア・サガナキ 7.5
ラハノ(キャベツ)・サラタ 3.5
ビール(FIX 500ml) 2.5
プソミ 0.7
※前回よりビールとプソミが安くなっています。

カヴァラ_「オレア・ミティリニ」 (3)

ラハノって、まんま(笑)。私は昆虫か。
アレクサンドルゥポリの厨房で見たものは紫キャベツも使っていて、いい色合いでしたけど。
でもオリーブオイルをたっぷりかけると、美味しい。
サガナキはアスティパレアで食べたタイプに近く、好みでした。
ソースをプソミ(パン)につけて食べるのも、これまた美味しい。

猫さんがテーブルの間を巡回しています。
無理強いするようなことはせず、お行儀が良いコばかり。
カヴァラ_「オレア・ミティリニ」 (4)

21:30 会計。
お店が混んでいて忙しいからか、特に+アルファのサービスがなかったので、丁度で支払います。

久しぶりにビールを飲んだので、いい気分。
夜景を写真に収めながら、部屋に戻ります。
カヴァラの夜 (2)
カヴァラの夜 (3)
カヴァラの夜 (1)
ボケ気味ですけど。

カヴァラはやっぱり大きい街。夜なのに、海沿いを歩く人がたくさんいました。

洗濯&シャワーの後は荷物整理。
途中、ベッドでくた~となったら1時になってしまい、慌てて就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(アレクサンドルゥポリ→カヴァラ) 14.9
食費 軽食スタンドでスブラキ・ドッグ(持ち帰り) 2.5
    タベルナで夕食 14.2
宿泊費 59.0

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 22 : 14 | 2.カヴァラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |