キトノス島二日目・その1
2016 / 02 / 09 ( Tue )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

6/29 月
7:15 起床。
なるべく早く行動開始と思っていたのに、コンタクトレンズの装着に手間取ったり、
いったん出たのに忘れ物をしてちょこちょこ戻ったりしたので、
結局メリハスを出発したのは9:30頃。

まずは5km先にあるドリオピダ(Δρυοπίδα)の村を目指します。
途中でバスに抜かれたら嫌だなあと思いながら、山の中ののどかな道を進みます。

スタート時点では少し雲がある状態。先は長そう。
キトノス_ドリオピダへ向かう (1)

大分歩いて来ました。振り返っても、もう海が見えません。
キトノス_ドリオピダへ向かう (2)

この岩が気になって。
キトノス_ドリオピダへ向かう (3)
近付くための標識がどこにもなかったので、この道からは行けないのかな?

いちじくの木もありました。実がたわわ。
キトノス_ドリオピダへ向かう (4)

そろそろなんだけど・・・。高い所に来たので、再び海が見えます。
キトノス_ドリオピダへ向かう (5)

11:00 ドリオピダに到着です。
キトノス_ドリオピダ (1)
私にしてはちょっとノロノロし過ぎたかなあ?
(この直後に大型犬に猛烈に吠えられてびっくりしました・・・)

キトノス_ドリオピダ (16)

けっこう色々なものがありますねえ。
キトノス_ドリオピダ (2)

ドリオピダは小さい村ですが、何となく活気があって(昼寝時間の前だったので)、楽しそうでした。
道が狭く階段が多いのは、典型的キクラデス諸島の村ですが、
他と違い、赤茶のタイル屋根なのが特徴らしいです。
車が多く停まっていたのが意外でした。
キトノス_ドリオピダ (6)
キトノス_ドリオピダ (11)
キトノス_ドリオピダ (12)

注目というか、目に着いたのが標識。
妙にポップな仕上がりに統一されているんですよ。
同じ人の手によるものですよね、きっと。
キトノス_ドリオピダ (3)

大きな教会はアギア・アナ(Η Αγία Άννα)。残念ながら施錠されていました。
キトノス_ドリオピダ (4)

ドリオピダの教会ではアギア・ミナが有名らしいのですが、
そうとは知らなかったので写真がないです。

テアトロ(劇場)とスピレオ(洞窟)があるようなので、標識に従って行ってみました。
キトノス_ドリオピダ (5)

テアトロ(テアトラキ=小さな劇場)はあっさり見つかりました。
キトノス_ドリオピダ (7)
特に古いものではないようです。
ちょうど女の子が一人でいたので、彼女が写真に入らないようにしたら、
あまりいい写真になりませんでした^^;

スピレオは、このテアトロのそばにもそれらしい場所があったのですが、
標識が出ていないのでそこではなかったみたい。

階段道にあるので、上と下、両方から出入り出来るお家。
表札も使い分けしていました。
キトノス_ドリオピダ (8)

石段を上って高い所へ。
キトノス_ドリオピダ (10)

ここから村のほぼ全部を見下ろしている感じです。
キトノス_ドリオピダ (9)
遠くに見える左右の2本の道の先が、ホラの村に続いているんじゃないかな?

水の自販機。初めて見ました。自治体が設置しているためか、お安いです。
キトノス_ドリオピダ (13)

駐車スペースに描かれていましたが、こんな景色はありません。
キトノス_ドリオピダ (14)

ドリオピダからホラに向かうバスがあるのかなと思いましたが、
乗り場らしきところにもスケジュールは貼り出してないので、どうもバスはないみたい。
ロンプラの記述だとドリオピダとホラの間は5kmなので、まだ時間はあるし、
歩いてみることにしました。

高台から見えた左の道が近いように思えましたが、その道への入り方がどうもわからないので、
1台の車が通って行った、街の裏手を上る道を行ってみることに。
「ホラ行き」と書いた標識が一切ないのが気になりますが・・・

時刻は12:00。とりあえずてくてくと上って行きます。
ですが、やはりどうも遠回りをしているような気がして、畑仕事だか見回りだかで、
原っぱにいたおじさん(ジャン・レノをふっくらさせたような人)にギリシャ語で呼びかけ、
このままの道でホラに行けるか尋ねたら、
「ホラまで?ポリ・マクリアー!!(めっちゃ遠い!)」と驚かれました^^;

宿で入手した地図を広げ、
「この道を行けば5kmくらいじゃないの?」
「今行こうとしている道は、海の方までぐるっと回るから遠くなるよ」
「じゃあ、この道(近道らしき道)へはどうやったら行けるの?」
などなど、正直私のギリシャ語能力では半分くらいしか会話が成立しないのですが、
とりあえず、本来私が行きたかった道は、ドリオピダの村に戻れば行けることはわかりました。
って、戻るんかい。。。

キトノス_ドリオピダ (15)

道がわかったところで、例によっておじさんの質問攻め。
「日本人だ」と話すと、
「日本?カラテ?ジュードー?」と変なポーズを取るおじさん(笑)
固く握手をして、お別れしました。

来た道を下って、再びドリオピダの村へ。
方向としてはホラは北にあるので、ひたすら北の方向に下りる道をたどって行ったら、
あっさり道に出ました。おお~
キトノス_ドリオピダ (17)

13:00 振り向いてドリオピダ。
キトノス_ホラへ (1)
ここから5kmなら、14時過ぎにはホラに着きそう。

少し歩くと、広い道に合流しました。
さっきのおじさんが言っていた海側まで回る道って、最終的にはここに来るのではないのだろうか?
キトノス_ホラへ (2)

右手に遠く海が見えます。
キトノス_ホラへ (3)

おじさんに道を尋ねた時に、目印にした風車。正しく歩いていると確信してホッ。
キトノス_ホラへ向かう

さらに歩いて、遥か下に見えたのがナウッサ(Νάουσα)ビーチの岩場に建つ教会。
キトノス_ホラへ (4)
行ってみたいけど、今回は時間的に無理だなあ。

養蜂場がありました。
キトノス_養蜂所 (2)

営業時間のハズですが、扉が閉まったままです。
「ΕΡΓΑΣΤΗΡΙΟ」とあり、ただの販売所ではないようなので、中を見たかったな。
キトノス_養蜂所 (3)
※ここでした。素敵じゃないですか~ → http://www.melisenia.gr/

蜂蜜は好きだけど、蜂には注意しましょう。
キトノス_養蜂所 (1)

ひたすら歩いていたら、ひときわ白さが眩しい教会がありました。
パンフレットにも出ていたタクシアルヒス(Ναός ταξιάρχη του βελιδίου)です。
キトノス_タクシアルヒス (1)
キトノス_タクシアルヒス (2)

素朴な感じの小さい教会。
キトノス_タクシアルヒス (3)
キトノス_タクシアルヒス (5)

内装もイコンびっしりとかではなく、白さをそのまま生かした造り。
頻繁にお手入れされている様子です。
キトノス_タクシアルヒス (4)

タクシアルヒスを後にして、さらに歩き続ける私。
時間的にそろそろホラかな~と思っていたところに、後ろから来た車が停まりました。
乗っているのは若いギリシャ人カップル。
「どこに行くの?僕達はルートラに行くんだけど、乗って行くかい?」
ちょっと心が惹かれましたが、ホラまであと20分もないだろうし、
もう少し写真を撮りながら歩きたかったので、お礼を言いつつ断りました。

ところが20分歩いてもホラの村は見えて来ません。
さっきのカップルの車に乗せてもらうんだった・・・
何だか、前にもあったような展開ですが^^;
私はホラにたどり着けるのでしょうか?

(ということで2に続きます)
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 52 : 19 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
キトノス島二日目・その2
2016 / 02 / 16 ( Tue )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

ホラへ気持ちは急ぐものの、ついつい横道に興味が湧いてしまいます。

この島でもハイカー向けの標識があちこちにありました。
キトノス_ホラへの途中で (3)
でも本格的なハイカーって、アモルゴス島でしか見てないなあ。

「アギオス・ディミトリオス(Άγιος Δημήτριος)」という小さな教会があったので、
道を下りてみました。
キトノス_ホラへの途中で (4)
キトノス_ホラへの途中で (5)

この大きさは、個人で管理している教会でしょうね。
キトノス_ホラへの途中で (6)
キトノス_ホラへの途中で (1)
扉は閉じたままなので、周囲をぐるりと回って道に戻ったら、
車でおじさんがやって来て、教会に向かいました。
この方が管理しているのかしら?
「ホラまで乗せて!」とお願いしようかと一瞬思いましたが、反対方向に去って行きました。

ホラまでもう少しの、村の外れにあった薬局で。気温31℃。
キトノス_ホラ (1)

そんなこんなでようやくホラ(Χώρα)に到着です。
キトノス_ホラに到着
キトノス_ホラ (2)
ルートラまで歩けるのか・・・

時刻は15時を回っています。
寄り道をしたとはいえ、ずい分歩いたなあ・・・

キトノス_ドリオピダから12km

げっ!!!ドリオピダまで12km!!!
少しはショートカットしているはずですが、引き返したりもしてるしなあ。
私、どれだけ歩いているんですか?

例によって昼寝時間の訪問となってしまったので、ホラは静まり返っていました。
まあ、写真を撮るにはその方が都合が良いのですが。

迷路みたいな路地をグルグル。
お洒落な看板や居心地良さそうなカフェニオなど、なかなか魅力的な村です。
キトノス_ホラ (3)
キトノス_ホラ (6)
キトノス_ホラ (11)
キトノス_ホラ (4)
キトノス_ホラ (7)

ペインティングがかわいい一角がありました。
どうもこれを職業にしているアーティストがいるみたいです。
キトノス_ホラ (10)
キトノス_ホラ (8)

教会までも乙女チックにペイント。
キトノス_ホラ (9)

後ろ姿は、散策中に出会った数少ない現地の人。
挨拶とともに、軽く手を振ってくれたおじいちゃん。
キトノス_ホラ (5)

「Wind Park」の標識を見つけ、行ってみることにしました。
キトノス_ホラのウィンド・パーク (2)

私の前をおじさんが歩いていたのですが、いきなり歌いだしてびっくりしました。
おじさんは途中にあったお家に入って行きました。

中心から少し外れたところにあったのは風力発電機
キトノス_ホラのウィンド・パーク (3)

5機ある中で、稼働しているのは2機。
1台は地面に横たわっておりました。直すお金は・・・無いんだろうなあ(泣)
キトノス_ホラのウィンド・パーク (1)

動画を撮ってみましたよ。[広告] VPS


中心に戻って来て、パナギア・ニクス(Η Παναγιάς του Νίκους)に行くことにしました。
パンフレットにも出ている修道院です。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (1)
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (2)

原っぱを突っ切る道を進みます。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (3)

教会自体は意外と小さくて、周囲を広く取ってありました。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (7)
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (6)
教会は施錠されていました。

公共のトイレがあることにビックリ。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (5)
パニギリなどで人がたくさん集まるのかな?
敷地全体がライトアップされるようにもなっていました。

何度も白を塗り重ねて、厚みが出たみたいに見えます。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (4)

ホラの中心に戻って再び散策。(というか、ちょっと迷っている^^;)
キトノス_ホラのカフェ (1)
キトノス_ホラのカフェ (2)

猫さんにはあまり会えませんでした。
貴重なホラの猫さん。でも、猛ダッシュで逃げていくところです。
キトノス_ホラの子猫
や~ん、逃げないでぇ~

広場がバス乗り場のようですが、スケジュールは貼り出されておらず、
人の気配もありません。
覚悟を決めて、メリハスまで歩くことにしました。約7km。。。
日が沈む前には帰れるはず!
水が切れそうなので、開店した小さなお店でファンタレモンを購入。

18:00 ホラを後にします。
下り坂なのでけっこう楽かもしれません。
キトノス_ホラからの帰り道 (2)

途中で見たお宅。他に家がない場所に、このお宅だけです。
近くには鶏小屋があります。
キトノス_ホラからの帰り道 (1)

そばを小川が流れていて、おじさんが水を汲んでいました。
おじさんの周りを2匹の犬がはしゃぐようにクルクル回って、少し離れたところでは、
猫が数匹のんびりしています。
何だか、すごく羨ましい光景でした。

18:30 若いギリシャ人と思われるカップルが乗った車が停まってくれました。
「港まで行くけど、乗る?」
乗りますとも!!!

あれこれ質問攻めに合うのかと思いきや、静かな二人でした。
港で船の前まで行くと思っていたら銀行の前で停まったので、礼を言って降りました。
二人はこのまま船に乗るそうですが、彼女の方は銀行に走りました。
※7日間の銀行業務停止が発表された日なのです。

港のカフェの猫さん。
「お帰り。お疲れニャン!」
キトノス_ホラから港へ戻って
白い道に白猫ってわかりませんね^^;

インフォメーションでホラ行きのバスのことを尋ねたら、
「7月1日にスケジュール変更があるので、正確なところはわからないの。
いつもは11:00にでているんだけど。
船の到着に合わせてドライバーがこの辺りにいるから、
戻りのスケジュールも合わせて聞いてみるといいと思うわ」とのこと。

18:50 宿に戻ると、レセプションにお喋り好きなおじさんがいました。
ホラ行きのバスのスケジュールを尋ねると、壁に貼ってあった表を差し、
「10:45だな」
「でも、これ昨日のスケジュールだよ」(28.6と書いてある)
自信たっぷりにテキトーなことを言うおじさんである。

と、いつも間にか現れたお兄さん(おじさんの甥らしい)が電話をしてくれて
「ホラ行きは水曜の朝だって」
「?明日は?」
「明日は火曜だからバスは無いよ」
「え?どうしてっ???
「知らないよ~。バスのドライバーの問題だもの」(←その通りです)

ショック・・・ホラまでバスで行って、そこからコロナまで歩こうと思ったのに。
(ホラからコロナまでなら4km程)

シャワー&洗濯を済ませたら、あるもので夕食。
今夜はイワシ缶とタコ缶を使った、トマトソースのパスタです。

夕食を食べ終わったら旅のノート書き。
たまっていたので、休み休み書いていたら3時間も費やしてしまいました。
片付けたら1:00前には寝よう。
たくさん歩いたからぐっすり眠れるはず。

€€ 会計メモ €€
宿泊費 35.0(現地調達。最終日にカード払い)
食費 食料品店でファンタレモン 1.7

おまけ:
私が愛読しているブログ「日刊ギリシャ檸檬の森」のブログ主さんも、
偶然同じ時期にキトノスを訪問されています。
眩しいホラの写真も堪能出来ますよ。こちらでどうぞ →「日刊ギリシャ檸檬の森

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 28 : 38 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |