キトノス島三日目
2016 / 04 / 03 ( Sun )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

6/30 火
7:00 起床。
バスがないのはつらいけど、やっぱりコロナのビーチも見たいなあ。
今日はコロナを見るだけでもいいし、夕方には戻って来られるだろうから、
頑張って歩いてみることにします。
手早く仕度をし、簡単に朝食を取って出発!
時刻は8:15。

エピスコピまでは余裕でテクテク。
ここで近道をすべく海岸に下り、端まで行ったら坂と石段で再び道へ。
この方が、舗装の車道を行くよりずっと距離が少なくて済むのです。

キトノス_エピスコピを見下ろす
見下ろすエピスコピ。
車道は写真の上・右から左へとまっすぐ走っているのです。どう見ても遠い。

舗装道を少し歩き、ここからもアポクルシへの近道がありそうだと探しました。
地図ではカストロの脇を進むように読めます。
「カストロこっち」の標識はあるので、とりあえず上ってみました。
キトノス_謎のカストロ

キトノス_謎のカストロ (2)

広く平らになった場所に出ましたが、港を見下ろすような位置にあるので、
どうもアポクルシへと通じているわけではなさそう。
キトノス_謎のカストロ (1)

高台にあるので周囲を見渡すと、陸側に道のようなところを発見!
キトノス_遠くにアポクルシ
方向的にあの奥の海はアポクルシだよね?

車道に戻ると、今上ったすぐ脇に、「6」と表示のついた細い石ころみちがありました。
こ、これで「6号線」?
キトノス_ワイルドな6号線 (2)
左が今、カストロへ向かうつもりで上ってみた道、右の石組みの間の細い空間が6号線(らしい)。

とりあえず先へと下っていけそうなので、山羊さんの落としものだらけの岩のステップ(?)を
慎重に進みます。
キトノス_ワイルドな6号線 (3)

途中で、先ほど高台から見えた「道」らしき場所が見えたので、下りられる場所を探して
そこまで行きました。
キトノス_人様の敷地侵入 (2)
キトノス_人様の敷地侵入 (1)

ところがこの道、幅は広いものの、途中に金属の柵が何か所もあり、
その度に乗り越えなければなりません。
ここは本当に道なのかしら???

そしてついに石組の堀にぶつかってしまいました。
違う、ここ、よその家の敷地なんだわ!!!

やばいやばいと、必死で石組をよじ登る姿は、完全に不審者

よじ登った先に家があるので、そこから道になるだろうと近付くと、
確かに先へと進める道のようです。

待って・・・ここ・・・6号線?
もしかして、私、わざわざ道を外れるという、すごく無駄なことをしていたのか?

そこからアポクルシ(Απόκρουση)はすぐでした。(それが救い)
キトノス_アポクルシ (3)

10:00 と、まだ時間が早いのか、ギリシャ人らしき若いカップルが一組いるだけです。
彼らは大型犬を連れていて、例のごとく、私は懐かれてしまいました。
キトノス_アポクルシ (4)
キトノス_アポクルシ (5)

人の少ない、とても静かな海岸。波も穏やかで水も透明です。
キトノス_アポクルシ (2)
帰りにここでのんびりしたいなあ。

今は先を急いで、ひたすら道を進みます。
キトノス_さらにコロナを目指す (2)
道は車1台が通れるだけの幅で未舗装。遠くに見える海はコロナじゃないかしら?

急な坂道をせっせと上ると、Uターンする下り坂。
どうしてまっすぐ下りられないんだよっ・・・
キトノス_さらにコロナを目指す (1)

でも、遠くても海岸が見えていると、歩こうという気持ちが持続するから不思議。

おお、コロナの近くまでやって来ました。
正面もコロナなのかな?位置としては、細い砂浜の手前にある小石の海岸です。
キトノス_コロナ (2)
キトノス_コロナ (3)

11:00 ようやくコロナ(Κολώνα)の入り口に到着。
こんな柵があります。時間によっては閉鎖されちゃうのかしら?
キトノス_コロナ (4)

わぁ~、パンフレットで見た通り!!!
キトノス_コロナ (5)

先客が2組いて、砂浜の左右に分かれています。
左はさらさらの砂で、右は少し小石混じり。
キトノス_コロナ (1)

ヨットやクルーザーが何艘も停泊しているので、思った程の遠浅じゃないのかも。
木陰がほとんどないので、パラソル持参でないと長時間滞在はキツイでしょうね。
キトノス_コロナ (6)
キトノス_コロナ (7)

砂浜の端まで行って振り返る。
キトノス_コロナ (8)

砂浜の先は小島のようになっていて、高い所に教会があります。
せっかくなので行ってみましたが、おじさん二人が修復作業中でした。
キトノス_コロナ (9)

教会付近から見るコロナの海。
奥の山に向かう道から私はやって来たのだろうか?そうだろうな、多分w
キトノス_コロナ (10)

野生と思われる山羊さん親子。しばし見つめ合っちゃった。
キトノス_コロナ (11)

泳ぎもせずにふらふらしている怪しい人になって1時間。
撮った写真を確認して、とりあえずOKそうなので去ることにします。

来た道をせっせと引き返し。
途中、車がやって来て道を譲ったら、すごくにこやかな顔で「ありがとう」的に手を振られて。
ギリシャを旅していると、こういう瞬間がよくあります。好きだな。

12:45 アポクルシに戻って来ました。
裸足になって水際を歩くと、気持ちいい~
波がないし、透明度抜群だし、ここ大好きかも。
1時間、のんびり過ごしました。
キトノス_アポクルシ (1)

アポクルシからの帰り道は迷わず6号線で。
この辺りは広い道なんだけど。
キトノス_ワイルドな6号線 (4)
キトノス_ワイルドな6号線 (5)

トラップもなんのその、30分足らずで車道に出て来ましたよ。

トラップその1:草ボーボー 
キトノス_ワイルドな6号線 (6)

トラップその2:壊れた木戸
キトノス_ワイルドな6号線 (1)

その後も時々寄り道して、メリハスには15:00に戻って来ました。
代理店が開いていたので、イオス行きの船のチケットを購入。
カード利用不可で18ユーロ。
10:30発の船で、到着時間を尋ねたら「19時」だってw
明日はほぼ一日船の中ですか。そうですか。

宿に戻ってシャワー&洗濯。早い夕食(遅い昼食?)作り。
本日もパスタ(ランチョン・ミートとナス)で1.5人分の量でしたが、美味しくて完食。

19:00 最後の外出。
今回は利用しませんでしたが、港周りはカフェもタベルナもたくさんあります。

バスが停まっていました。行き先に「ホラ」とあるのに。
今日は何故走らなかったのか、詰問したい。
キトノス_メリハス散策 (5)

夕陽がよく見えそうな場所を目指してみました。
メリハスの街自体が西を向いていますが、その中でも西の端の方向へ。

街を後方に見て。けっこう山が迫って来ているんですね。
キトノス_メリハス散策 (2)

壁が欠けたのかと思いきや、キトノスの島の形になっています。
どこまで地元が好きなのか、ギリシャ人よ。
キトノス_メリハス散策 (3)

西の一番端まで行けるのかと思ったら、どうもそこは私有地らしく、
仕方なく、少し手前の位置で。
日没まではまだまだ時間がかかりそうなので、きれいなオレンジにはなっていません。
キトノス_メリハス散策 (4)
でも、本物は写真よりキレイでしたよ。

宿の前のスーパー。小さいけど。色使いがかわいい。
キトノス_メリハス散策 (1)

20:10 宿に戻ると、話好きなおじさんがいました。
ギリシャ語で「明日、出発するので、今、支払えますか?」とクレジットカードを出すと、
おじさんはどこかに電話。
おじさんはカードの扱いがだめで、誰かを呼んだみたい。
その誰かを待つ間、ギリシャ語でお喋り。
そして「日本で何の仕事をしている?給料はいくら?」
・・・ ギリシャ人、他人の給料を本当に知りたがりだよねw

携帯電話の電卓機能でユーロ換算の計算をしていたら、カードを扱えるお兄さん登場。
昨日、バスのスケジュールを問い合わせてくれた人でした。
お兄さんは、おじさんにカードの扱い方を説明しながら操作しているのですが、
どうもすんなりカードが通らない様子。
しばらく見ていたおじさんも、覚えたのか、覚える気がないのか、
機械のそばから離れちゃいました。
磁気がダメなのか、カード番号を手入力するお兄さん。しかも声に出しながらw
なんとかカードが通り、領収証もきちんと発行してもらえて支払い完了。
(重複請求になってないか心配でしたが、問題なしでした。ごめんね、お兄さん)

チェックアウト時に鍵をドアに差しておけばよいことを確認して、二人にお別れ。
テキトーにほったらかしで、でもお願いするときちんと応えてくれる、
よい感じの宿でした。

部屋に戻ってパッキング。
食品の残りを片付けながら、TVも見ながら。
今回、ずっとTV付きの部屋でしたが、見るのは初めて。
ギリシャの番組は討論や政治解説みたいな内容で、BBCもギリシャのニュース。
本土に近いせいか、映りは良好です。

パッキングを終了したら、洗顔して就寝。23:00。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(キトノス→イオス) 18.0(※7/1の乗船分)
宿泊費 35.0(現地調達。最終日にカード払い)

おまけ: 勉強になるブログ「日刊ギリシャ檸檬の森」のコロナの記事 → ここ
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

16 : 23 : 39 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キトノス島からイオス島へ
2016 / 04 / 07 ( Thu )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

7/1 水
6:15 起床。
夜干した洗濯物をお日様のあたる場所に移動させたら、簡単な朝食。

8:45 最後の外出。
ドアを出たところで、宿のお兄さんに会いました。
部屋をノックしているけど何だろう?ポートポリスらしいお姉さんも一緒です。
何かな?私には何も言わないけど、船関係の伝言?

部屋の入り口側はこんな感じで通路になっています。
1階の宿泊者が洗濯物を干すスペースにもなっています。
キトノス_宿の部屋の入り口

昨日、チケットを買った代理店。こんなにきちんとしている店構えでもカード不可。
キトノスの旅行代理店


港の近く、インフォメーションの壁。
キトノス_インフォメーションの壁
ここのスタッフは若い人ばかりで、親切で英語も堪能です。


海側から少し中に入ったところにあるスーパー。
キトノス_メリハス散策 (2)
ここはカード利用可能のステッカーが貼ってありました。

適当に置いただけと思われるのに、色の配置がいい味を出しています。
キトノス_メリハス散策 (1)

今日からの交通スケジュール。
キトノス_最新のスケジュール
しっかりとホラ行きのバスがあります。どうして昨日は走らなかったのか、結局わからないまま。

1時間程の散策を終えて部屋に戻り、10時に宿を発ちます。

港で船を待つ人は多くないのですが、島とラヴリオを往復する船がやって来ると、港は大混雑。
本日はツアーバスが2台。アテネからの気軽な日帰りツアーなんでしょうか?
ツアーバスで激混みの港

ツアーバスが去り、静かになったところで、私が利用するZanteferriesの到着。
キトノスを発つ (2)
キトノスを発つ (1)
前にも乗ったことがある、「Αδαμάντιος Κοραής」。比較的新しい船です。

さよなら、キトノス。
さよならキトノス

荷物置き場は行き先別になっていますが、イオス行きはもういっぱい。
なので、空いたキトノス行きの場所に置いておきます。
船の荷物置き場

これは乗船してから数時間後(セリフォス、シフノス、ミロスに寄った後)の写真なので、
あまり混んでいませんが、その前は船内もデッキもかなり混んでいました。
キトノスからイオスに向かう船内 (3)

私は座席番号のないエコノミーですが、指定席のサロンもあります。
こちらは「アポロン」。
キトノスからイオスに向かう船内 (5)
キトノスからイオスに向かう船内 (4)
一応、チェーンで区切っていますが、写真を撮るくらいだけなら、中に入っても
うるさく言われたりしないようです。

上の階にあるサロンは「ゼウス」。とことんギリシャ仕様。
キトノスからイオスに向かう船内 (1)

船内にスケジュールが貼り出されていたのですが、時間だけでなくルートも違っているので
意味がないです(^^ゞ
キトノスからイオスに向かう船内 (2)
ちなみに今回のルートは
キトノス→セリフォス→シフノス→ミロス→キモロス→フォレガンドロス→シキノス→イオス。
イオスの次はサントリーニ。

この時点でキモロス島だけは未訪なので、デッキから写真を撮ってみました。
時刻は16:00。
途中のキモロス島

17:15 観光客が多いフォレガンドロス島。
途中のフォレガンドロス島
お泊まりミケ猫さんは元気かなあ? → お泊まりミケ猫さんの記事

船内のTVでツィプラス首相が話しています。公式っぽいけど何だろう?
船のクルーの中にも、真剣に画面を見入る人がいます。
いい話じゃないのは何となくわかるような・・・

18:10 シキノス島到着。 → シキノス島に行った時の記事
途中のシキノス島

お約束で「ガリーニ」のオーナーの姿を探してみたら、やっぱりいました!!
この島は今も客引きをしています。
ネット予約が主流の今は、船の到着に合わせた客引きは少数派らしいですねえ。

18:50 予定通りにイオス島(Ιος)に到着。
下りる乗客は若者が多数を占めていて、到着のアナウンスに歓声が上がります。

お馴染みのイオス到着
イオスは珍しく客引きが熱心な島で、私も囲まれてしまいました。

迎えに来てくれたともちゃんの車でミロポタス(Μυλοπότας)へ。

途中で寄ったスーパーの店頭で。
イオスのスーパー店頭
このブログのために写真を見直していたら、リンゴの値札に「fuji」の文字を発見。
「ふじりんご」ですよね、これ。
そういえば私が好きなシェフ、ヴァシリス・カリディス氏(かなりの日本好き)は、訪日時の
インスタグラムに「日本のりんごは美味い」って書いていたなあ。

19:30 ホテルに到着。Nissos Ios Hotel。
ともちゃんのパートナー・ペドロに「お帰り~」と言われましたよ。

毎回、異なる部屋を利用させてもらっていますが、今回は13号室。
海沿いではありませんが、掃き出しの大きな窓からの風が気持ち良い部屋です。
イオス_ニソス・イオス・ホテル (2)

写真の右手に海があります。
イオス_ニソス・イオス・ホテル (1)

荷物をざっと片付けたらクジーナへ。
スブラキを用意してもらいました。わぁ~い
イオス_スブラキを頂く

ここで会ったニューフェイスの黒猫「クロス」。
ニューフェイス

夏の間、ともちゃん宅の猫は、ホテルとは別の、海から離れた自宅にいるのですが、
賢いクロスはホテルにいることを許されているそうな。
(もう一匹、保護して間もない、よちよち歩きのちびちゃんもいました)

ビール飲みながらお喋りして22:00。
船で仮眠をしたけれど、長時間移動は疲れます。
本日はここまで。
イオスの夜空

€€ 会計メモ €€
宿泊費 25.0
その他 ボールペン 1.1(スーパーで購入。品質?そりゃあ、もう・・・)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

19 : 32 : 49 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
イオス島二日目・その1
2016 / 04 / 25 ( Mon )
7/2 木
8:00 起床。
洗濯をしたら旅のノート書き。
暑すぎない日差しと爽やかな風で、実に居心地の良い部屋。
ダラダラしちゃいそうだなあ。
イオス_気持ち良い朝

海側に回り、ビーチを眺めてみました。午前中はそんなに混まないみたいです。
イオス_定宿にて (2)

ともちゃんが自作したホテルの名前の看板。
イオス_定宿にて (3)
かわいいですよね。他の宿泊客も写真に収めていました。

11:00 レセプションに下りて行き、ともちゃんの姿を探します。
長男・晃陽君がいて(背が伸びていてびっくりした!)、ともちゃんはホラに行ったと教えてくれました。
私もバスでホラに向かおうと思ったのですが、時間もあるので少しだけ待ってみたら、
11:30頃に戻って来たともちゃんに会えました。

頂いたフラッペ。出されるものは断らないオンナ。
イオス_定宿にて (1)

12:30 バスでホラへ。1.6ユーロ。座席は半分くらい埋まっていたかな?
この時期のイオスはバス便がたくさん。便利です。
イオス_便利なバス

ホラに着いたらまずは腹ごしらえ。
以前も利用したお店でギロ・ピタ(多分、ヒリノ=ポーク)を購入。2.5ユーロ。
イオス_ホラの街で (3)
↑ すでに食べてるしw

イオス_ホラの街で (2)
今度来たらビッグ・ギロ・ピタに挑戦してみようかしら?
ところで、このお店の名前がはっきりしません。
Captain Gyrosかな?Golden Pittaかな?と思ったら、検索で全然違う名前が出てきたり。

お店の前にも食べることが出来るスペースがあるのですが、日陰にならないので、
広場のベンチに移動。
今日は風が強いわ~

食べ終わったら、スカルコスを目指します。
バス通りの近くには案内がなく、ロンプラに「Horaのbackの、stone footpathを行く」とあり、
地図を見ると北側にあるようなので、こっちだろうと街の迷路の中へ。
途中で見つけたスイカの看板。安いよねえ。
イオス_ホラの街で (1)

見事、標識発見。ここから20分?余裕じゃないですか。
イオス_スカルコスを目指す (2)

標識に従って進むと、遠くに見えて来ました。
イオス_スカルコスを目指す (3)

遠くにスカルコスが見える場所まで来ると、「1」の表示。
イオス_スカルコスを目指す (5)

1号線。これがスカルコスに向かう道のようなので、下って行くことにします。
イオス_スカルコスを目指す (1)
イオス_スカルコスを目指す (4)

街からそんなに離れていないのに、半端ない「遠くに来ました」感。
イオス_スカルコスを目指す (6)

ロンプラの「一度ならず迷ったかと思ったとしても、不安になることはない(意訳)」の記述に
なるほど 笑

13:00 到着しました、スカルコス(Σκάρκος)
イオス_スカルコス到着
※wikiあるのに、ギリシャ語ページはないんだ・・・ → 英語版wiki

このあたりで、簡単な説明を読めます。
 → ここ(http://odysseus.culture.gr) と ここ(http://www.loveiosgreece.com)

新しいので、キレイな管理事務所です。入場料は2ユーロ。
イオス_スカルコスをまわる (1)

係のおじさんはギリシャ語対応。
「自由に見ていいの?」と尋ねたら「Ναί(Yes)」とのこと。
ガイドか監視員がいるわけじゃないのか。

管理事務所の左手が遺跡です。
イオス_スカルコスをまわる (12)

何故か敷地内に牛さん。いや、敷地外なのかな?
イオス_スカルコスをまわる (4)

低い段々になっています。
イオス_スカルコスをまわる (11)
けっこう広い敷地ですが、立ち入れない部分はロープで仕切られています。

所々に案内板。
イオス_スカルコスをまわる (2)

細かく区分けされていたんですね。
イオス_スカルコスをまわる (5)

上からみた様子。
イオス_スカルコスをまわる (6)
グルグルと輪を描くような形状から、「snails」の別名もあるそうで。
サイトの説明でギリシャ語の「καραβολα」を使っていますが、
一般の語なのかな?
そういえばギリシャ人、カタツムリを食べるんだよね・・・
(実は、この後に行ったキモロス島でそのことを思い出すことになる)

石組の間に入って行けそうですが、立ち入り禁止です。
イオス_スカルコスをまわる (7)
イオス_スカルコスをまわる

上の写真の位置から見た管理事務所。
イオス_スカルコスをまわる (10)

港も見える距離です。
イオス_スカルコスをまわる (9)

仕切りロープの内側で草むしりをしていたおじさん。
イオス_スカルコスをまわる (8)

敷地の広さの割に歩き回れる場所が少ないので、ダメ元でおじさんに
「そちら側に入ってもいいですか?」とギリシャ語で尋ねたら、
「Όχι」とキッパリと拒否されました。
さらに「こいつは危ない」と思ったのか、
「この奥も行っちゃだめだから!」とダメ押し。
おじさん、鋭い。
ロープがあまりにゆるゆるだったので、奥に行けるかなと考えていました(←ダメです!)
この時の見学者は私と、後から来た若いカップル一組。

けっこうゆっくり歩き回りましたが、遺跡にいたのは40分程でした。
ミッション終了、といった感じでホラに戻ります。

(写真が多くなったので、その2に続きます)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 53 : 31 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |