ピレウスからカラマタへ・その1
2016 / 09 / 08 ( Thu )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

7/8 水
6:00 起床。
旅のノートを書きながら、ゆるゆると仕度。
バルコニーに出てみたら、Blue Star Ferriesの船が近くてビックリ。

8:30チェックアウト。(朝食は付いていません)
昨日と同じ、目のぱっちりしたおじさんに
「キフィソスのターミナルまで1時間で行けますか?メトロでオモニアに行って・・・」
No、メトロ
え?スト?
でも、420番のバスで行けるとのこと。
バス停の場所は、最初は受付デスクで、次にホテルの入り口まで下りて、
最終的には私と一緒に道に出てくれて、教えてくれましたw
で、「今日はバスは無料だからね」とも。
無料?何故?
理由までは聞かずにホテルを後にしましたが、この時期、ツィプラス首相が交通機関を無料にしてしまったんですね。
(ずっと島を周っていた私は知らず、帰国してから知りました)

無料の為かはわかりませんが、バス停はめちゃ混み。
バス自体も、路線によっては乗れないほどの混雑です。

15分程待って、420番バスが来ました。
運転手に「キフィソスに行きますか?」と確認して乗車。
走っている方向は何となくわかるものの、どこで降りればいいんだろうか?

30分は走ったので「そろそろかな?目印ないかな?」と窓の外を見ていたら、
そばにいたおじさんが私のキャリーを差して、次に窓の外を指さします。
「KTELですか?」と尋ねると、「バスは建物の中」
外を見ていると、ちらっとターミナルの中が見えました。
そのおじさんと私、もう一人おばさんがバスを降りました。
おじさんはターミナルとは別の方向に行きましたが、おばさんは私の前を歩きます。
ターミナルに入る時は「ちゃんとついて来ているかしら?」と確認するかのように、
私の方を振り返りました。気にかけてくれてありがとうございます。

キフィソスは広いバスターミナル。
いつもと違う入り口から入ったので、自分がどの位置にいるのか、すぐにはわかりませんでした。
カラマタ行きを運行しているのはメシニアのKTEL。
キフィスゥのターミナル
9:30発のバスが出てしまったので、次のバスは10:30発。エクスプレスで22.2ユーロ。
窓口のスタッフは英語でバスの番号・乗り場の番号を丁寧に教えてくれました。

建物内に警察官が数人いるのが気になりますが、窓口があるフロア椅子で、旅のノート書き。

10:15 乗り場に移動。すでにたくさんの人です。
カラマタ行きのバス

バスに乗り込んで私の席の24番を探していたら、おじさんが背もたれをポンポンと叩きます。
見ると、背もたれに座席番号。バスによって肘掛にあったり、窓枠の上だったり。迷うわぁ
カラマタ行きバスの座席番号

出発前に、座席番号通りに座っていない夫婦がいて、バスの係員に対しても何やら理由をつけて
席を立とうとせず、ひと悶着あったのですが、ほぼ定刻通りにバスは発車。

私の周囲は母親と3歳くらいの娘、祖父母という4人。
母親が私の隣で、祖母と孫娘が前の席。
話を聞いていると、母親は娘を膝に乗せるつもりだったけど(=娘の座席はない)、
祖母が孫を隣に座らせてしまって、結果、祖父が座れないという状況。
カラマタまで、この状況?と、他人事ながら気になってしまったのですが、
途中で娘(孫)がお母さんと一緒にいたいとぐずり出し、結局、私が娘と席を替わってあげました。
母親が常識のある人だったのよね。
車中、私は仮眠を取っていたので、前の座席から乗り出すようにしてぐずり出した娘に
「キリア(=私のこと)を起こしちゃうから、静かにしなさい」
って、きちんと注意して。
あ、祖父が孫を膝に乗せたので、全員座れました。

13:30 カラマタ(Καλαμάτα)に到着。5年振りです。
市の公式サイト → http://www.kalamata.gr/
貼ってあった時刻表で、帰路のアテネ行きをチェック。
カラマタのKTELで (2)

地図も貼り出してあったので、見ると宿泊するホテルも載っていました。
カラマタのKTELで (1)
キャリーがあると徒歩は厳しそうなので、タクシーにしようかな。

乗り場から乗車し、10分かからずホテルに到着。
メーターは4.09でしたが、「エクストラがあるので5.0」とのこと。
荷物加算かな?と特に疑問も持たなかったのですが、アテネに戻る時は加算がなかったので、
本当の理由はわからないです(^^ゞ 

カラマタでの宿泊は「ホテル・オーストリア」。(Ξενοδοχείο Όστρια)
予想以上に大型のホテルで、ロビーも広々。
妙に静まり返っているのは、14時という時間のせいかしら?
やる気のなさそうな若い女性が、一人でレセプションに座っていました。
ダルいw説明を受けて、316号室へ。

部屋は広く、北向きなのに明るく、設備も十分です。
カラマタ_「ホテル・オーストリア」 (2)
カラマタ_「ホテル・オーストリア」 (1)

レセプションの彼女ですが、ダルダルだったのはこの時だけでした。何故だろう?

15:20 外出。
ホテルは海の正面にあります。ホテルからでるとこの景色。
カラマタ_ホテルの前 (2)

30℃となっているけれど、体感的にはもっと暑かったような。
カラマタ_ホテルの前 (1)

カフェが並ぶ海沿いをしばらく歩き、マリーナの手前で陸側へ。
何だか深そうな公園。なので、ちょっと遠慮しておこう。
カラマタ_広大な公園

左に別の公園を見ながら進める自転車用レーンもある道路があったので、行ってみます。
日陰で歩きやすいのですが、時間帯のせいか、人の姿はほとんどありません。

公園の中に電車発見!
カラマタ_ΟΣΕパーク
ΟΣΕパーク」といって、旧カラマタ駅の周囲を公園にしたものです。
私は鉄子ではありませんが、なんだか楽しい。
カラマタ_ΟΣΕパーク (4)
カラマタ_ΟΣΕパーク (3)
カラマタ_ΟΣΕパーク (2)

カフェもあるのですが、休業もしくは休憩時間。
カラマタ_ΟΣΕパーク (1)

線路の名残。
カラマタ_線路の名残

ちなみに、現在のカラマタ駅は違う場所で営業中。

歩き続けると広場に出ました。両脇に飲食店、商店、銀行なども並びます。
カラマタ_セントラル・スクエア (3)
カラマタ_セントラル・スクエア (5)
カラマタ_セントラル・スクエア (1)

銅像もあり。どなたなのかは存じませんが^^;
カラマタ_セントラル・スクエア (6)

これは市民文化センター。個人の財団基金で出来たものらしいです。
カラマタ_セントラル・スクエア (7)

噴水の外に描かれたネズミ。かわいいじゃないか。
カラマタ_セントラル・スクエア (4)

窓の下に看板というかプレートを下げている建物。ヴォロスでも見たけど、一般的なのかな。
カラマタ_セントラル・スクエア (2)

本屋さんもセール。
カラマタ_OLD TOWN (3)
カラマタ_OLD TOWN (4)

靴屋さんもセール。足首、コワイ。
カラマタ_OLD TOWN (5)

カラマタ_OLD TOWN (2)
カラマタ_セントラル・スクエアからOLD TOWNへ

どんどん進むと、「Old Town」と呼ばれる地域になります。
ギリシャ語なら、「Παλιά Πόλη της Καλαμάτας」
お洒落なお店が多くて、写真を撮るのが楽しい一帯です。

カラマタ_OLD TOWN (1)

「βοτανοπολείο」って何だろうと調べたら、ハーブ屋さんでした。
カラマタ_OLD TOWN (6)

カラマタ_OLD TOWN
カラマタ_OLD TOWN (9)
カラマタ_OLD TOWN (8)
カラマタ_OLD TOWN (7)


おお、日本のビール発見!
カラマタ_OLD TOWN (10)

置いていたのは、このお店。メゼドポリオではなく「Μεζεδοτεχνειον」という文字があります。
カラマタ_OLD TOWN (11)
「メゼドテフニオン」というのは最近の造語だそうで、メゼドポリオでもお洒落感・こだわりを
にじませたお店が使っているそうです。

※写真が多くなったので、いったん区切ってその2に続きます。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 37 : 00 | 3.ぺロポニソス半島カラマタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピレウスからカラマタへ・その2
2016 / 09 / 11 ( Sun )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

この時期、ギリシャの経済危機のニュースが世間を騒がせていたようで。
銀行の業務停止とか、預金引き出し制限とか。
私が滞在した場所では特に混乱もなかったのですが、カラマタは大きな街だけあって、
ATMに列を作っている人は島よりも多くいました。

でも特に使用不可というわけでもなく。
カラマタの銀行にて (2)

ただ、閉まっている銀行に貼ってあったのが。
カラマタの銀行にて (1)
「年金受給者の為にだけ、営業します」

Old Townはお店ばかりじゃなくて、教会もあります。
「Ο Ναός των Αγίων Αποστόλων(聖アポストロン(アポストレス)教会)」
カラマタ_アギオス・アポストレス
カラマタ_アギオス・アポストレス (2)

独立戦争時に決起場所となった、歴史ある小さな教会。
私が行った時は閉まっていましたが、中を見ることが出来ます。→ ここで

この近くにカラマタ市のツーリスト・サポートオフィスがあるのですが、
まあ、オープン時間が短かくてw
カラマタのインフォメーションにて (1)


見所の開館時間等の案内が貼り出されていましたが、ロンプラの記述と微妙に違うし、
実際、後で行ったカストロも、この案内とは違っていましたよ・・・
カラマタのインフォメーションにて (2) カラマタのインフォメーションにて (3)

裏手に入れば静かな住宅街。
カラマタ_Old Townの住宅
カラマタの猫さん

カラマタのカテドラルはこちら。
カラマタ_イパパンティス教会
「Ναός Υπαπαντής του Σωτήρος(イパパンディス教会)」
こちらも中には入れなかったので、サイトでどうぞ。  → ここ

ここからKTELは近いので行ってみましたが、ホテルから徒歩はやっぱり厳しいな~。

KTELの向かいにはカストロ。(後日、訪問)
カラマタ_KTELから見たカストロ

明日の古代メッシーニ(メッセネ)行きのバスの時刻を確認。早朝5:30発です。

来た道を戻るのもね、と、KTELの前から海へ向かって伸びるアルテミドス通りを行きました。
郊外にありがちな殺風景な道だったので、特に見所はなく、途中スーパーがあることをチェック。
「αβ」でオレンジジュースを購入。セール価格で0.94。

海に向かうのは南へ進んでいることになるのですが、この標識が解せ無くて。
カラマタ_Old Townから海へ

方角としては、アテネは北東だと思うのですが、これだと西を差しています。
西に高速があるのかしら?

アルテミドス通りは海に向かって真っすぐでは無くて、やや弓なりになっていたので、
意外と時間がかかりましたが、海に出ました。
カラマタ_西側の海

街の東側は観光客向けに整備されたビーチですが、西側は地元の人が気軽に来るような感じ。

すぐ東はマリーナ。広いです。
カラマタ_マリーナにて (2)

街の東は山が迫っているんですね。ラコニアン・マニかな?
カラマタ_マリーナにて (4)

お散歩にいい、のんびりした場所です。
カラマタ_マリーナにて (3)

船用の燃料補給所(と、言うのだろうか?)
カラマタ_マリーナにて (1)
考えたら、船だって燃料が必要ですもんね。

19時前で少し早いのですが、夕食にします。
マリーナの近く、「ΑΡΑΓΜΑ(アラグマ)」
カラマタ_「アラグマ」で夕食 (1)

知らない単語だなあと調べてみたら「錨、停泊・係留」といった意味でした。
マリーナのそばだからかな?

カラマタ_「アラグマ」で夕食 (2)
写真の奥はマリーナがある海。

店の周りを垣根みたいに植物が覆っているのですが、夏場は虫がやって来るんですよね^^;
蚊にやられました。(後ですごく腫れてしまった・・・)
時間が早いので、お客さんは私だけ。
道を挟んだ奥に厨房があるようですが、そちらの前には地元のおば様達が集まっていました。

オーダーは以下の通り。15.0ユーロ。(小銭が無かったので、プラスはなし)

ズッキーニのフライ(量を少なくしてもらった) 3.0
エビとムール貝のパスタ 9.0
ビール(ミソス 500ml) 2.5
プスミ 0.5

※レシートがないので、内訳はこうだろうという価格。
オーダーと別に、お水がピッチャーで出て来ました。

カラマタ_「アラグマ」で夕食 (3)
カラマタ_「アラグマ」で夕食 (4)

ズッキーニが、ケンタッキーのフライドポテトみたいな形になっています。
珍しいな。食べやすくていいかも。
パスタはお皿が深いので、見た目よりもボリュームがあります。
ゆで加減はアルデンテに近く、ギリシャのパスタにしては良いんじゃないかな?
ビール以外は完食しました。

サーブ担当のお兄さんは、ジュード・ロウの目つきを思いっきり悪くした感じ。
でもサーブは丁寧でしたし、帰り際は手を振ってくれましたよ。
Tripadvisorはレビューが少ないですね。 → ここ
こちらはカラマタ在住らしいギリシャ人の方のブログです。
http://eaterykalamata.blogspot.jp

19:50 お店を出て、東へ。

こちらは港。
カラマタ_海沿いにて (2)

カフェが並ぶ海沿いをホテルに戻ります。
カラマタ_海沿いにて (3)
カラマタ_海沿いにて (4)

途中でインフォメーションのボックスがあったので、資料を入手。
カラマタ_海沿いにて (1)

ホテルのレセプションで、明日の5時にタクシーを依頼。
早起きしなくちゃいけないので、準備をして、
0:00には就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(アテネ→カラマタ) 22.0
      タクシー(カラマタのKTEL→ホテル) 6.0
食費 プサロタベルナで夕食 15.0
     スーパーでジュース 0.94
宿泊費 約45.0(3泊で137.2)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

17 : 42 : 56 | 3.ぺロポニソス半島カラマタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
カラマタ二日目・その1
2016 / 09 / 21 ( Wed )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

7/9 木
4:00 起床。
週に2日・二往復のバスに乗るために日程を合わせたのですから、
乗り損ねるわけにはいきませんよ!

5:00 レセプションに下りて鍵を預け、昨日のうちにタクシーを依頼したことを伝えると、
「Call taxi?」と思いっきり怪訝な顔をされてしまった^^;
昨日の依頼と別に手配されてダブっても困るので、
再度、英語で「今朝の5時にタクシーに来てもらうよう、昨日、依頼した」と話すと、
レセプションのおじさんは電話を指して、「Call taxi?」
昨日の依頼がどう伝わっているのか知りませんが、もう面倒なので「Yes」と答えましたよ。

タクシーはすぐにやって来ました。ドライバーはおじいちゃんと言ってもいい、年配の男性。
まだ深夜の扱いなので料金メーターは2です。
※5時を回っていたので、本来はゾーン1ですね。
金額的には昼間と大きくは変わらなかったけど。


車が少ないせいかもしれませんが、昨日、KTELからホテルまで乗った時よりも、
かなり速く走っている気がします。
KTELまでは5.39。
6ユーロで支払うと、きちんとお釣りを渡そうとする律儀なおじいちゃんなので、
「(釣りは)いらないですよ」と、その手を戻しました。

5:10にはKTELに着いてしまいました。
乗客らしい人はほとんどいません。
カラマタ_KTELでバス待ち (2)

窓口で「古代メッシーニに行きたいです」「5:30のバス?」「はい」
と、ここまではギリシャ語ですんなり会話が出来たのですが、何故かその次に
怒涛のギリシャ語攻撃。
「片道か往復か?」とか「(料金は)○○ユーロ」といった言葉が返ってくるものと思っていたので、
おじさん、一体何を話しているの?

仕方ないので「英語でお願いします(←情けない)」と言うと
「5番乗り場のバス」
そんな短い内容だったとは思えないんだが・・・
チケットは車内で購入するとのこと。

乗り場にバスの行き先表示を見に行き、貼ってあった地図&スケジュール(ただし昨年の)で、
古代メッシーニを通ることを確認。
カラマタ_KTELでバス待ち (1)

一番上に表示されているのが、古代メッシーニに行くためのバス。
カラマタ_KTELでバス待ち (3)

※実はイオス島にいる時に、ホテルのともちゃんにKTELに電話してもらったのですが、
その時、KTELに「マヴロマティって二か所あるけど、どっち?」と聞き返されて。
この地図の写真を確認したら、別のマヴロマティもありましたよ。
上のオレンジで囲んだのが古代メッシーニのあるマヴロマティ。
下の青で囲んだ方が、古代ではないメッシーニのそばのマヴロマティ。
・・・これ、迷うってw

カラマタ_KTELでバス待ち (4)

5:25 バスに乗り込み、「古代メッシーニまで」と告げてチケット購入。3.1ユーロ。
チケットの印字は「カラマタ  マヴロマティ」。

KTELを出発する時の乗客は私だけ。
その後も3人しか乗り込んで来ませんでした。
バスの便数が減るのも仕方ないか・・・

途中で給油をし(←ギリシャのバスって、割とフツーにGSに立ち寄る)、暗い中を走ります。

次第に明るくなり、街中を抜けて、ひたすら山の中へ。
カラマタ_バスでマヴロマティへ (2)

1時間近く走ったので、「そろそろかな?」と思い始めたら、左手に遺跡が見えてきました!
カラマタ_バスでマヴロマティへ (1)

右手には「古代メッシーニ」のギリシャ文字が書かれたプレートがちらっと見えましたが、
バスはそのまま進み、小さな広場の前で停まりました。
途中から乗ったおじいちゃんが降りると、運転手は私の方を振り向き、「マヴロマティ」

6:25 着きました、マヴロマティ(Μαυρομμάτι)。

バス停のある広場。
朝のマヴロマティ (4)

バス停付近から見た遺跡。まだ距離があります。
バス停から見た古代メッシーニ

明るくなりましたが、人の気配はありません。
ガイドブックやインフォメーションの情報等で、遺跡のオープン時間が異なっていますが、
さすがにまだ入れないので、とりあえず周囲をふらふらしてみましょうか。

この泉も古代からのものだとか。もらったパンフレットだと「η Κρήνη Κλεψύδρα」
朝のマヴロマティ (2)
訳すと「砂時計の泉」(?)と、意味がわからない^^;
誰か教えて。
水は冷たくて気持ち良かった。

去年、遺跡でイベントがあったようで、その時の告知。
マヴロマティ到着
私の好きなモニカが出演していました。
ギリシャって、終わったイベントの告知を何故か剥がさない傾向にあります。
面倒なの?

博物館の場所を確認。
バスに乗っている時には見なかったので、バスの進行方向へ。
朝のマヴロマティ (3)

それほど歩かずにありました。古代メッシーニの博物館
マヴロマティ_博物館 (1)

開館は8:00~20:00。
マヴロマティ_博物館 (2)
長いし、毎日?これ、正しいのかな?

お次はバスからちらっと見た、「古代メッシーニ」のプレートまで戻ってみます。

途中にあったインフォメーション。といっても、この地図があるだけですが。
朝のマヴロマティ (5)

ちなみに、ハイカー向けにはこちら。
古代メッシーニ周辺図
メッシーニ遺跡は山の上にもあるんですよね。(イトーメのアクロポリス)。
有名な修道院もあるそうだし。
マヴロマティに宿泊していたら、絶対、踏破したんだけどな。

「古代メッシーニ(Αρχαία Μεσσήνη)」
アルヘア・メッシーニのプレート (1)

プレートだと思ったら、門柱みたいなもの?
遺跡の近くじゃないし、ちょっと不思議な場所にあります。
アルヘア・メッシーニのプレート (2)

ところで、バスを降りた直後から1匹の大型犬に懐かれてしまって。
朝のマヴロマティ (1)
ずーっと、ずーっと私の後をついて来て、離れないのですよ。
動物には優しくしてあげたいのですが、このコが一緒にいたので、
かわいい猫親子に会ったのに子猫が物凄い勢いで逃げ出した時は、ちょっと怒ってしまった。
脅かしたわけじゃないのはわかるけど、子猫からみたらありえないくらい大きい犬だもの。
しばらくして大型犬はどこかに行ってしまったので、何だか申し訳なくなりました。

マヴロマティの猫さん親子

まだまだ時間はあるので、博物館のさらに先、アルカディア門に行ってみることにします。

アルカディア門の手前にはカストロがあります。
けっこう形が残っているんだけど、修復したのかしら?
古代メッシーニ_カストロ (1)
古代メッシーニ_カストロ (2)
古代メッシーニ_カストロ (3)

アルカディア門付近 (2)

アルカディア門に到着。
古代メッシーニ_アルカディア門 (2)
古代メッシーニ_アルカディア門 (10)
※すみません、日が差す前と、差してからの写真が混在しています。

一つ一つの石が大きいな~
古代メッシーニ_アルカディア門 (11)

大きさ比べに、私のリュックを置いてみましたw
古代メッシーニ_アルカディア門 (8)

古代メッシーニ_アルカディア門 (1)
古代メッシーニ_アルカディア門 (13)
古代メッシーニ_アルカディア門 (3)

円形内部。
古代メッシーニ_アルカディア門 (12)

門の周囲にも城壁があります。
古代メッシーニ_アルカディア門 (4)
古代メッシーニ_アルカディア門 (5)
古代メッシーニ_アルカディア門 (6)

しかし、この門のすごい所は、今も道路の一部として使われていることでしょう。
入る車。
古代メッシーニ_アルカディア門 (9)

出て行く車。
古代メッシーニ_アルカディア門 (14)

正面にはミラーも設置されています。
アルカディア門付近 (1)

まあ、抜けた先の道路の周辺には、何も確認出来なかったのですが。

ここから博物館までは、標識によれば1kmなので、そろそろ博物館に向かいましょう。

※ということで、その2に続きます。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 21 : 16 | 3.ぺロポニソス半島カラマタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |