2017年夏のギリシャ旅、スタート
2017 / 07 / 20 ( Thu )
※2017年6月26日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

お久しぶりです。
2016の年末→パスハ→6月末と、渡航時期をコロコロ変えて、
さらに今回はポルトガルと迷ったのですが、結局行って来ました。
航空券を買ってから出発まで一週間。
前回の旅以降、ちまちまと下調べをしていたのですが、
そんなことはほとんど吹っ飛んでw、現地で「何しよう?」と考える旅でした。
その分、せかせかしない日程だったと思います。

以下、今回の旅の概要です。現地19泊。
直前に購入したのでこれまでよりやや高めの航空券でしたが、これは仕方ないですね

青字の地名は、経由地や日帰りで足を延ばしたため宿泊していない場所です。
6/26 日本出国
6/27~6/30 アテネ、メトーニ、サピエンツァ島
7/1~7/3 カラマタ(バスの乗り換え)、コローニ
7/4~7/6 カラマタ(バスの乗り換え)、カルダミリ
7/7~7/12 イティロ(バスの乗り換え)、アレオポリ(同)、イェロリメナス、ヴァシア
7/13~7/15 アレオポリ(バスの経由地)、スパルタ(バスの乗り換え)、アテネ
7/16 ギリシャ出国
7/17 日本到着

初めて行ったのは、メトーニ、サピエンツァ島、コローニ、カルダミリ、ヴァシア。
(イティロは、以前にも速攻でバスを乗り換えたことがあります)
今回はペロポニソスをメインにしたので、訪問した島は一つ増えただけ。
これで60島になりました。
島も良いけど、本土も良かったなあ。ギリシャの良さを再認識。

ああ、でも一つ困ったのは、ホテル予約サイトで「カード支払い可能」としていながら、
実際に行くと、「現金のみ」とシレっと言われたことですかねw
予約後に「現金で」と連絡して来た所もありますが、行ったその場で言われちゃうとねえ・・・

先行写真はこれです。
先行写真

メトーニの要塞。
海の上の要塞というとナフプリオが有名ですが、メトーニもかっこよかったなあ。

暑さに負けながらと思うので、ゆるゆるシガシガとアップしていこうと思います
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

06 : 00 : 00 | 概要 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ギリシャ到着・メトーニへ
2017 / 07 / 31 ( Mon )
※2017年6月26日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

6/26 月
完璧に準備不足を痛感しつつ、JR、京成と乗り継ぎ成田空港へ。
帰宅ラッシュにぶつかり、乗り換え時は激混み。

19:40頃、第二ターミナル到着。
Webでチェックインは済ませてあるので、預託荷物をドロップオフ。
何故か搭乗券をもらえませんでした。
いつもはwebチェックインでも、搭乗券を発行してくれるんだけどな。 
出発の案内ボードでは22:20発→22:00発となっていますが、カウンターのお姉さんいわく、
「定時(22:20)出発をするため、扉を閉める時刻をご案内しています」
なので搭乗時刻は21:20で変わらず。
成田空港 (2)

最終便なので閑散としてますね。
成田空港

両替と軽く食事を済ませたら、20:40頃に出国審査に向かいます。
成田空港 (1)

ところがここで問題?発生
制限エリアに入る所でのパスポートチェックで、止められてしまいました。
カタール航空でWebチェックインをした場合、チェックインカウンターに連絡を入れることに
なっているそう。
私がカウンターで発行する搭乗券を持っていないので、そう判断されてしまいました。
「カウンターに寄って、預託荷物をドロップオフしましたけど?」と言っても、
「確認させて下さい」と、足止め約5分。

「確認取れました」と明るく言われて通してもらったら、今度はセキュリティチェックでStop。
両手を上げてクルクル周る×2回。それでもダメ。
別の機械を通ってもダメ。
最終的に、お姉さんによるボディチェックでOKとなりました。
お姉さんに「(私が)人じゃないとか?」と軽くジョークを飛ばしてみたら、
「そんなことはないです」と、真面目に返されました。。。

今回、団体ツアーが複数入っているようで、ドーハ便はまさかの激混み。
右ブロック通路側を確保していましたが、お隣はツアー参加と思われる老夫婦。
上品そうなご夫婦ですが、夜中に起こされるかなあ・・・?
※失礼なヤツ(←私が)です。
トイレ等で、起こすのも起こされるのも避けたいので、いつも中央ブロックで座席を取っていたのに、
何をうっかりしていたんだろう?

乗客がすべて機内に入ったタイミングで周囲を見渡し、中央ブロックに空席らしい席を発見。
CAさんに「席を移ってもいい?」と尋ねたところ、「離陸後に」との答え。
まあ、それがルールなんですけど。
別のCAさんに尋ねても答えは同じ。

「ルール通りの対応なんだし、仕方ないな」と思って、その席が埋まらないことを願っていたら
どこからか男性が移動して来て、離陸前に座ってしまいました 

ガッカリして若干ふてくされていたら、2度目に話したCAさんがやって来て、
「Exitの横の座席でしたら移れます。通路側ではなく窓側ですが、お隣は空いています。
移動は離陸後になりますが」
と、わざわざ言ってくれました。
Exitの横って、足が伸ばせるじゃん!!やったぁ~
眠りは浅かったものの、足を伸ばせて楽チンでした。CAさん、ありがとう。

6/27 火
ほぼ定刻(4:00)にドーハに到着。
ドーハの空港 (2)

セキュリティチェックのレーンも空いていたので、サクッと通過。
女性用の休憩室で静かに過ごします。冷房が効き過ぎですが。
ドーハの空港 (1)

6:00 搭乗ゲートのA8に移動。
おお、ギリシャ語が聞こえてくる!!!
Zoneごとの搭乗なのに、いつもグチャグチャなのよね・・・
今回も通路側を確保しています。隣は空席で、窓側にはゲルマン系っぽいお兄さん。
カタール航空のエンタメは本当にイマイチなので、仮眠にあてます。
定刻(12:15)より早くアテネに着陸したのですが、駐機場が満杯(!)だとかで、
しばし沖止め。
結局、機外に出たのは12:35頃。

通路を「こんなルートだったっけ?」と思いながら歩いていたら、長蛇の列にぶちあたり。
「あれ?何か間違った?」と戻りかけたら、「EU or Non-EU!」と誘導しているので、
Non-EUの方向へ。

長蛇の列はEU居住者レーンか、とほっとしたら、Non-EUの列も激混みだった!

入国審査13回目にして、初めてみる混雑です。何だ、これ??
審査ブースも、いつもはEUを1、Eu以外を2つくらいしか開けていないのに、
EUを2つ、EU以外を8つ開けていました。

「そんなに時間の余裕ないんだよなあ」と焦りましたが、意外にサクサク進み、
列に並んでから15分程で通過出来ました。

預託荷物のピックアップに10分。
ここで悩みます。
すぐにキフィソスのバスターミナルに向かうか、酔い止めの薬をキャリーから出すか。
メトーニまでは長距離バスなので、しっかり薬を飲んでおきたい。
でもキフィソスでキャリーを広げたくない。トイレは狭くて汚いし、チケット売り場は誰でも入れるし。
(実際、物乞いの人に遭遇したことがある)

空港内で薬を飲むことにして、その後、小走りで5番出口を抜けたら
X93のエクスプレスバスが目の前をゆるゆると通り過ぎて行きました・・・

ウソォ~~~!!!

次のバスは13:50発。キフィソスで私が乗りたいバスは15:30発。
チケット売り場のお兄さんに「キフィソスまで1時間で行けるよね?」と確認して、
バスを待ちます。
アテネ_エクスプレスバス (2)

チケットは6ユーロ。大きさとデザインが変更になったのですね。
アテネ_エクスプレスバス (1)

ヴァリデーションの仕方も変更になって、こんな機械にかざします。
アテネ_エクスプレスバス (3)

従来の、時刻を印字させるチケットも併用されています。

シンタグマまで行くX95はめちゃめちゃ混んでいますが、X93はそれほどでもなく。
ただ、連結バスではないので、席は埋まりました。

車内にルートマップも設置されていてびっくり。
アテネ_エクスプレスバス (4)
観光立国の意識がようやく芽生えたか?

15:00 キフィソスのターミナルに到着。
メトーニ行きチケットは31.1ユーロ。カードも使えますが、小銭を確保したいので現金にて。
アテネ_キフィソスのターミナル (2)

時間がないけどギロを食べたいなと思い、以前入ったお店を目指したら、
アテネ_キフィソスのターミナル (3)

無くなっている!!! → ここ
地元民相手のラフな感じが良かったのに。ショック・・・
※他にもギロ屋さんはありましたが、ショックが大きくて寄らず。

チケットにバス乗り場は30番と記載されているので、移動。
水がないので乗り場の前のお店で購入。
アテネ_キフィソスのターミナル (4)

ところが10分前になって、31番に停まっていたバスの前で
「ピロ、メトーニ、フィニクダ!」と叫ぶ声。
ちょっと待て!ピロ?メトーニ?

バスに荷物を積み込んでいたおじさんにチケットを見せながら確認したら、
メトーニ行きだと言うので、キャリーを預けます。

バスの前に回ったら「ピロス」って表示しているわw
アテネ_キフィソスのターミナル (1)

30番でボーっと待っていたら乗り遅れたか・・・
・・・本当、ギリシャって適当だよね!!!

15:30 定刻に出発。ほぼ満席で、おそらく東洋人は私のみ。
コリントスとトリポリを経由してカラマタへ。
カラマタでほとんどの乗客が降りました。バスの中は怖いくらいに静か。

ピロスを経て、メトーニ(Μεθώνη)に到着したのは21:00。
いやぁ~、遠かったわ。
3人程が降りましたが、観光客とわかるのは私だけか?

地図はもっていないし案内板も無いので、当たりをつけて歩き出します。
途中、ΟΠΑΠ(公認の賭け屋さん)で道を確認させてもらい、
無事、宿泊するHotel Aris(Ξεωοδοχείο Άρης)に到着。
※自前のHPはありませんが、複数の予約サイトで出ます。

年配のオーナー夫妻が招き入れてくれました。

別の日に撮影したホテルの外観。私の部屋は反対側にあります。
メトーニの宿 (2)

レセプション。
メトーニの宿

11号室は窓が二つ。事前に「Sunny Roomがいい」と伝えてあったからかな?
メトーニの宿 (2)
メトーニの宿 (3) メトーニの宿 (1)

疲れた体に鞭打ってせっせと荷解きをしていたのですが、何やら「ポタッ」
???
音の方を見たら、エアコンから水が滴っている!!!

急いで階下のレセプションに行くと、奥が自室のようで、オーナーの姿がありました。
事情を説明すると、オーナーの息子と思われる男性が部屋に来てチェック。
(ちなみに、部屋の中は荷解き途中なのでカオスw)

結論としては「明日きちんと直すので、部屋を移った方がいい」とのこと。
向かいにある9号室はレイアウトはほぼ同じですが、窓は一つ。
エアコンの修理が済んだら11号室に戻っていいとのことなので、いったん移動。

荷解きを済ませたらシャワー&洗濯。
夕食を取りに外出する時間もないので、持参した食糧で凌いだら就寝。
大きなトラブルはないものの、ちょこちょこと大変だったな・・・

€€ 会計メモ €€
交通費 バス (アテネの空港→キフィソスのバスターミナル) 6.0
      〃  (アテネ→メトーニ) 31.1
食費 水(500ml) 0.5
宿泊費 35.0(朝食なし) ※予約サイトで手配

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

19 : 35 : 27 | 1.メトーニ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |