スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ティロス島到着
2011 / 10 / 09 ( Sun )
※2011年8月24日~9月23日までのギリシャの旅の記録です。

8/28 日
4:30過ぎ、ティロス(ΤΗΛΟΣ)島に到着。港があるのはリヴァディア(ΛΙΒΑΔΕΙΑ)という地区。
まだ夜明け前なので真っ暗で、どんな島なのかさっぱりわかりません。
客引きって・・・ああ、女性が一人だけいました。
声をかけられたので、カップル(イタリア人でした)と一緒に彼女の宿へ。
「港から近い」と言ったけど、けっこう歩いているような?
※暗いのでそう感じただけで、実は10分もかからない距離でした。

宿の名前はSea Breeze Studio。※写真は夜が明けてから撮影
ティロスの宿 ティロスの宿 (1)
ティロスの宿 (2)

風が気持ちよく抜けていく、広い部屋です。1泊30ユーロ。
冷蔵庫と電熱器はありますが、シンクはなし。オーナーはエレーニ・ストマティ。
1.5リットルの水のペット・ボトルを2本もくれました。(開封済みだけど)

日曜日の早朝着でティロス島に来たのはパンテレイモナス修道院(Μονή του Αγ. Παντελεήμονα )に行くため。
日曜日の11時だけ、パブリック・バスが修道院に行くのです。
オーナーにバス停を尋ねたら、彼女がもう一人の客を迎えに港まで行くので、
私も一緒に行くことになりました。

バス停は広場にありました。オーナーは港に行くので「ここで待っていて」
誰もいない広場で星を眺めながらオーナーを待っていましたが、ふと気付きます。
私、部屋に鍵をかけてないじゃん!!!
荷物はすべて置きっぱなし、鍵は多分ドアに差したまま。ひゃ~!
深夜だし、小さな島だし、おかしなことにはならないと思うけど気になる。
猛烈に気になる・・・

なのでダッシュで宿へ戻り、鍵をかけると再びバス停へ!
途中で客を連れたオーナーと会い、「どこに行ってたの?」
「ええと、鍵をドアに差したまま出て来ちゃって・・・」
ああ、焦ったわぁ。

荷物をある程度片付けたら6時半。携帯のアラームをセットして仮眠を取ることにします。

8時には目覚めてしまったので、シャワー&洗濯。物干しスタンド(バー)があって助かります。

暗い中を歩いたバス停への道を、再度確認してみました。
思ったより近くて便利。(バスは港でも乗れます)
バス停の向かいのカフェ二オンで、ほうれん草のパイとサラミ&チーズのバケットを購入。
二つで4.5ユーロ。感じの良い店主です。
ティロス_バス停の向かいのカフェ ティロス_朝兼昼食
部屋に戻ってパイを全部と、バケットを少しだけ食べました。
パイはまだ温か。その分オイルが抜けきっていないかな?

ハミガキをしていたら、オーナーが「モナスティリ行きのバスが出るわよ」と知らせに
来てくれました。
ついでに、トイレット・ペーパーが少なかったのでもらうことにしたら、
一緒にいちじくをくれました。
ティロス_もらったイチジク

10:50 バス停へ。けっこう人が集まっています。
11:00 定刻通りバスは出発。ドライバーのすぐ後ろの席をキープ!
30人くらいの座席数なので、遅く乗り込んだ人は立っています。

山の中をスロー・ペースで走り、11:30に修道院に到着。
降りるときに4ユーロを支払い、チケットを受け取ります(往復)。
修道院には1時間滞在出来ます。
ティロス_パンテレイモナス修道院
ティロス_パンテレイモナス修道院 (2)
ティロス_パンテレイモナス修道院 (6)
↓ このアングルの写真はよく見ますよね。
ティロス_パンテレイモナス修道院 (11)
ティロス_パンテレイモナス修道院 (4)
↓ 教会の入口
ティロス_パンテレイモナス修道院 (9)
修道院全体も教会も、以前見た写真ですごく広いのかなと思っていたのですが、
意外とコンパクトでした。
暮らしているのは司祭さん一人。話し好きなおじいちゃんという感じの人です。
バスのドライバーも、そばにいた観光客に「彼(司祭さん)と話をしたら?」と促していました。
ティロス_パンテレイモナス修道院 (5)
ティロス_パンテレイモナス修道院 (10)
司祭さんは「ギリシャ語を読みますか?」と、ギリシャ人に冊子を渡していました。
「読みます!」とアピールしても良かったかしら?司祭さんにウソはまずいか・・・

カフェニオンもあります。営業時間はどうなっているのかな?
ティロス_パンテレイモナス修道院 (7)
猫さんもいました。このコたちは司祭さんと暮らしているのかしら?
ティロス_パンテレイモナス修道院の猫さん (2) ティロス_パンテレイモナス修道院の猫さん (1)
湧水が出ていたので写真を撮ったのですが、後で宿のオーナーに「水をたくさん飲んで来た?」と
聞かれたので、ご利益がある水だったのかもしれません。
ティロス_パンテレイモナス修道院 (8)
他には何もない場所です。眺めもいいなあ。
ティロス_パンテレイモナス修道院 (1)
ティロス_パンテレイモナス修道院からの眺め (1)
ティロス_パンテレイモナス修道院からの眺め (2)
ここで一人っきり(もしくは猫さんとだけ)で暮らすってどんな気持ちなんだろう?

帰りのバスは、アギオス・アントニオとエリストスのビーチに寄るので、
リヴァディアまで45分以上かかりました。
近くのスーパーでジュースとポテチを買って部屋へ戻ると、オーナーがいて修道院の感想を
聞かれました。もちろん、「オレア~」です。
再びシャワー&洗濯。朝干したものは、バッチリ乾いていました。

昨夜、シミ島を発ってから、睡眠は今朝の2時間足らず。
さすがに睡魔が襲ってきます。
ちょっとのつもりでベッドに横になったら眠り続けて、起きたら何と23時!
7、8時間も寝ていたのか?
蚊にやられていたので、この旅で初の蚊取り線香の出番です。
オーナーにもらったいちじくを一つだけ食べてから、本日三度目のシャワー。
その後、iPodを聴きながら旅のノートを書いて、就寝時刻は2:30。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(リヴァディア⇔パンテレイモナス修道院) 4.0
食費  カフェ二オンでパイとバケットを持ち帰り 4.5
     スーパーでジュースとポテチ 2.9
宿泊費 30.0(朝食無し) 

おまけ: 毎度おなじみ、ドデカニソス・シーウェイズのトラベル・ガイド。
360°PHOTO TOURの「カルチャー」で、パンテレイモナス修道院の教会内を
見ることが出来ます。 → ここで
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 52 : 03 | 1.ドデカニサ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ティロス島二日目 | ホーム | シミ島三日目>>
コメント


あ、あたしここでバンビちゃんの写真結構撮ったんだよ。バンビちゃん遊びに来なかった?
このパパスの写真も結構撮ったよ。
猫は同じ猫かな~?わかんないが。
なんか不思議w。

by: yumyum * 2011/10/10 01:10 * URL [ 編集] | page top↑
★>yumyumさん

バンビ?本物?
私が行った時にはいなかったよ~。いてもおかしくないくらい山の中だよね。
yumyumさんがティロスに行ったのっていつだっけ?
左の2匹はわからんが、子猫は違うよね。

写真でパパスの脇に写っている女性が、ず~っと積極的に話をしていたんだ。
割り込むのも何だしと遠慮しちゃったけど、良さそうなおじいちゃんだよね。

by: フムフム * 2011/10/10 02:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/101-3210d990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。