スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ティロス島二日目
2011 / 10 / 13 ( Thu )
※2011年8月24日~9月23日までのギリシャの旅の記録です。

8/29 月
6:45 起床。寝過ぎたせいか背中から腰が痛い
昨日もらったイチジクと、オレンジジュース、ポテチで簡単に朝食。

8:30 外出。リヴァディアから海沿いを歩いてみることにします。
しばらくは海を左に見ながらの遊歩道。方角としては東南に向かっています。
ティロス_リヴァディア (1)
ティロス_リヴァディア (2)
↑ これは振り返っての1枚。

遊歩道を抜け、アギオス・ステファノスの小さな港まで来ると、舗装された道も終わり。
私の島巡りでは見慣れた、山道に入ります。
ティロス_Αγ.ステファノス
ティロス_リヴァディア
リヴァディアが見えます。

やがてアギオス・イオアニス教会に着きました。うわっ、小さいっ!
一応、ロンプラにも載っているんですけどね。
後ろ姿の方がかわいらしいのでこの1枚。背景にちらっと見えるのはリヴァディアです。
ティロス_Αγ イオアニス
ティロス_Αγ イオアニス (2)

この先もまだまだ道は続き、デスポティという・ビーチにつながっているのですが、
6kmくらいあるそうなので今回はパス。・・・けっこうスリリングな道。
信頼出来ない人とは一緒に歩けませんね。
ティロス_デスポティ・ネロへの道

いったん部屋に戻って水分補給し、再度外出。
ミクロ・ホリオに向かうつもりで歩いていたのですが、「ILIDI ROCK」の文字を見つけ、
「何だっけ?」とその標識の方向へ行ってみることに。

何のことはない、高級そうなホテルの案内でした。ホテルのそばからの眺めはこんな感じ。
船着き場と、その奥にリヴァディアのビーチが見えます。
ティロス_高台からみたリヴァディア
ホテルのそばにこんな車が。
座席に鉢植えを置いているのかと思いきや、車内に土を敷いた花壇?になっていました。
ティロス_リヴァディア (3)

この道を進むとレティラというビーチにつながっているようなので、予定を変更して行ってみます。
ティロス_レティラへの道 (3)
ティロス_レティラへの道 (4)
↑ こんな感じの「通っていいのかダメなのか?」ゲートはギリシャでは当たり前です。
案内板があるだけ、これは親切。

今度は右手に海を見ながら歩きます。
いい感じのビーチが眼下に見えるのですが、この道からは下に降りて行けません。
エクスカーションの船が停泊しています。いいなあ。
ティロス_海岸線 (2)

暑くて汗だくになり、何度も引き返そうと思ったけれど、とにかく先へ。
地面が赤土に変わりました。木の下のベンチでちょっと休憩。
ティロス_レティラへの道 (2)
ティロス_海岸線 (1)

12:40 レティラが見えて来ました。
ティロス_レティラ・ビーチ (1)
※ネットでもあまり情報がないんです・・・かろうじて → ここ

さらに10分程、道を下って、のどかなビーチに到着。ヤギもうろちょろしています。
ティロス_レティラ・ビーチ (3)
ティロス_レティラ・ビーチ (2)
丸い小石のビーチで人はほとんどいません。(木陰で読書をしていた人に挨拶しちゃいましたけど)
周囲にカフェやお店もありません。
この時は、波はちょっと強めでした。 
元々、ミクロ・ホリオに行くつもりだったので水着を持って来ていないし、しばらく海岸を歩いたら
写真を撮って引き返します。
リヴァディアへは別のルートもあるのですが、つい忘れて来た時と同じ道を歩いてしまった
ちなみにリヴァディアからレティラまでは、のんびり歩いても1時間かかりません。

14:00 リヴァディアに戻りました。
お腹が空いて、タベルナで待つことさえも辛いので、スーパーでメロンとリンゴ、ついでにFixを購入。
お店のお姉さん、森泉に似た美人でした。
私が気付いただけでも、リヴァディアには5軒のスーパーがありました。

部屋に戻り、シャワーを浴びたらメロンを食べます。まだちょっと固いかな?
去年のシロスで食べたメロンは美味しかったなあ。

お腹が一杯になったら水着に着替え、ビーチに向かいました。宿からは3分くらいです。
ここも小石のビーチです。
ティロス_リヴァディアのビーチ (2)
ティロス_リヴァディアのビーチ (1)
透明度の高い水はそれほど冷たくないし、波は穏やか。
全体にのんびり、ゆったり過ごす人が多く、一人でも気楽に泳げます。

海から出て背中を焼こうと思ったのですが、歩き回っている時ほどには焼けてくれない・・・
iPodでギリシャ音楽を聴きながら、のんびり寝そべる幸せ。

約2時間、この旅での初泳ぎを楽しめたので、戻ることに。
途中、大きな教会の写真を撮っていたら、ちょうど若い司祭さん?が出てきて、
さわやかに微笑まれました。スミマセン、神聖な場所に水着姿で
ティロス_リヴァディアの教会
部屋で洗濯&シャワー。この部屋には、本当に気持ち良い風が入ってきます。

19:30 夕食を取りに外出。
昼間、通りかかった時に賑わっていた「ミハリス(ΜΙΧΑΛΗΣ)」へ。
ティロス_「ミハリス」
店は広く、ホールスタッフも5、6人はいます。
「reserved」のテーブルもあったから人気店なのかな?

オーダーは以下の通り、合計で13.5ユーロ。支払は1ユーロをプラスしました。

ヤギのレモンソース(goat in lemon sauce) 8.0
トマトとキュウリのサラダ 3.5
水(1.5ℓ) 1.5
プソミ 0.5

サラダのトマトは、ギリシャにしては固いなあ。まだ若いのを収穫?
何もかかっていないので、テーブルに置かれたオリーブオイルと塩で好みの味に。
ティロス_「ミハリス」にて (2)
ヤギはティロスのおすすめフーズの一つらしいので選んでみました。
これまでヤギ肉をそんなに食べているわけではないので、比較出来ないのですが、
これはすごく柔らかくて、美味しかった!ヤギにレモンソースって合うんですね。
ティロス_「ミハリス」にて (1)

店内では3匹の猫がテーブルの間を周っています。
何かあげようかなあとも思ったのですが、お店のスタッフは追い払っていたので
あげない方がいいのかな。
3匹ともころころしていたので、実は色々もらえているのかも知れません。

20:50 プソミ(柔らかくて食べやすかったのですが、ちょっとボソボソ)以外は完食。
会計をお願いしたら、スイカをサービスしてくれました。
お肉の料理の後のスイカは、口の中がさっぱり出来るので嬉しいです。
足元にキレイな三毛猫がやってきて、真ん丸な目で私を見上げています。
時折、あくびをしてるのがカワイイ。もう眠いのね。
地図入りのテーブルクロスをもらって、21:30 店を出ました。

見上げると満天の星!すご~い!!
海も猫も私を楽しませてくれますが、島で見る夜空も、ギリシャで大好きなもの。

部屋で旅のノートを書いても、まだ時間が早い。
近いので海まで散歩することにしました。
海沿いのタベルナが並ぶ通りや、広場のあたりはそこそこ賑わっていますが、
それでもシミ島に比べたらかなり地味です。年齢層が高いような気もしました。

23:00 部屋に戻り、旅ノートの続きや洗顔など細々としたことを片付け、
今日も蚊取り線香を焚いて、早めに就寝することにしました。

€€ 会計メモ €€
食費  タベルナで夕食 14.5
     スーパーで果物など3点 3.8
宿泊費 30.0(朝食無し) 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 46 : 25 | 1.ドデカニサ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ティロス島三日目 | ホーム | ティロス島到着>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/102-efcef739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。