スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ハルキ島三日目
2011 / 11 / 03 ( Thu )
※2011年8月24日~9月23日までのギリシャの旅の記録です。

9/6 火
6:30に目が覚めたものの、早起きする必要もないのでもう一眠り。
8時過ぎにベッドから出て、ゆるゆると仕度をします。
今日も朝食は果物が中心。

10:30にZifos Travelへ。
やっぱりサントリーニに行く船は遅れて、17:30発予定が19時くらいになるだろうとのこと。
それくらいなら、サントリーニからイオス行きに乗り継げそう。
船はANEK LINES(bookingはAigaion pelagosでの扱い)のPrevelis号
なんと、日本の今治で建造ですって! Seat席30ユーロ。(デッキも同料金)
絶対遅れるのに、チケットに印字された出航時刻は予定通りの17:30。

払い戻しになった時に面倒なので、支払いは現金でと言われました。
部屋は、出発するまでずっと使っていいということなので、
18時くらいに支払いに来ることにしました。

部屋に戻って、ダラダラと旅のノート書き&パッキング。
窓の外、今日は空軍のヘリコプターが何度も飛んでいます。何故かな?

めどがついたので、14時過ぎに外出。
昨日、途中で引き返したフテナギア(Φτενάγια)の海岸に行ってみることにします。

ハルキ_フテナギア
※↑ これは前日に撮った写真です。
ハルキ_フテナギア (3)
ハルキ_フテナギア (4)
ハルキ_フテナギア (2)
岩場の海岸。水の透明度は高いみたい。遠くにあるのは宿泊施設かな?
岩場なので、どちらかといえば大人向きの場所かもしれません。

私が乗る、Prevelis号がやって来ました。
ロドスに行く前にハルキに到着したプレヴェリス号
ハルキからロドスに向かい、その後、ロドスから再びハルキに来て(私はこの時に乗船)、
クレタ、サントリーニ、ピレウスへ行く長距離の航路です。
「2時間は遅れる」という代理店の読みの通り、すでに2時間遅れです。
けっこう乗客がいるなあ。デッキに人がいっぱいです。

港付近に戻って昼食にします。今日は「タベルナ・マリア(Ταβέρνα Μαρία)」で。
ハルキ_「タベルナ・マリア」 ハルキ_「タベルナ・マリア」にて (2)

何となくパスタが食べたかったので以下をオーダー。11.0ユーロ。支払いは1ユーロをプラス。

ザジキ 4.0
マカロニア・メ・トノ(ツナのスパゲティ) 6.0
水(500ml) 0.5
プソミ 0.5

ハルキ_「タベルナ・マリア」にて (1)
・・・ぱっと見て「ゆで過ぎ」とわかるマカロニア 笑。でもこれがギリシャ・スタンダード。
見た目はともかく、味は悪くないです。
トマトソースにツナ+ピーマンかな?ツナはカットの感じから、缶詰かもしれません。
ちょっと固めの身です。
夜はしっかり食べられないかもしれないので、ここでガッツリ食べておかないと。

この店のそばには大きな木がありますが、その下にずい分たくさんの人います。
何だろうと思ったら、16時発のエクスプレス・ニコスという船を待つ人たちでした。
ハルキ_ニソス・ハルキ号
ハルキとロドス島のカミロスとを往復する船です。
降りた人はわずかですが、たくさんの人が乗り込みました。
荷物が少ないのは、日帰りでハルキに来ていたからかな?

船が出ると、あたりは一気に静まり返ってしまいました。
私がハルキに着いた日の午後、人でわさわさしていたのが嘘のようです。

16:30 会計をして店を出ます。まだ散歩をする時間がありそう。

ハルキ_丘の上の風車
昨日の風車が見えます。

ハルキ_Traditional Houseの看板 こんな看板も。
実はこの「Traditional House」、散策中に庭に入ったけど、建物内は見ずに帰ってきちゃった。

海沿いを北に歩いていたら、
Hello! Hell!」と、ものすごい勢いで呼ばれました。
ムム、これは噂の「耳に葉っぱのペトロ」か?

このブログを、今回の旅の初日から読んで下さっている方はご存知かと思いますが、
ギリシャ仲間・島仲間のyumyumさんが一足先に、ハルキを訪問しています。

旅の途中、某SNSに私もハルキに行くことを書き込んだら、
彼女から「ペトロによろしく!目印は耳に葉っぱ!」というレスがあったのです。
ペトロについて知りたい方は、yumyumさんのブログで → スタートはこの記事

スルー出来ない大声で呼ばれたので、ためらいつつも声の方を見ると
地元らしきおじさんが3人、カフェに座っています。
「何か飲むかい?」と一人に聞かれたので、「フラッペを下さい」と言うと
そのおじさんがおごってくれました。(注:お店のスタッフではありません)
3人の名はアリストテリス(フラッペをおごってくれた人)、ミハリス、フィラレトス。
※ 下の写真、左から。
ハルキ_話好きなおじさんたち (2) ハルキ_話好きなおじさんたち (1)
「撮れ!」って言ったから公開しちゃうよ。
ただしフィラレトスは最初「僕はいいよ~」と言ってたので、写真が2枚に分かれています。

ああ、ペトロじゃなかったわ。
ミハリスは途中で席を立ってしまったので、残る二人と英語とギリシャ語でお喋り。
夕食を一緒に食べるか?と言われたのですが、今夜の船で発つのでそれは無理。
事情を話し、フラッペのお礼を言って別れました。

ハルキ_「カフェニオ・コスタス」
おじさんのたまり場「コスタス」

部屋に戻って仕度をし、荷物を持って出たら、お隣の子供達が遊んでいました。
この家の若いお母さんが感じの良い人で、顔を合わせるといつも手を振って挨拶してくれました。
記念に子供達を写真に収めます。かわいいなあ。
ハルキ_宿のお隣の子供達

予定通り、18時にZifos Travelで宿代を支払います。これも現金払い。
すぐに船は来そうにないので、荷物を預かってもらうことにしました。

人が少なくなった港周りでは、猫さんたちがのんびり。
ハルキ_港のそばの猫さん (2)
「何があるの?」と一緒にのぞくも、わからず。
ハルキ_港のそばの猫さん (3) ハルキ_港のそばの猫さん (4)
ハルキ_港のそばの猫さん (1)
この2匹はよく見かけました。

私と同じように猫好きらしい少女が来て、二人で猫さんにちょっかいを出して遊びました。
船着き場の端で海をのぞきこんでいたら、「プサリア(魚:複数形)!」とおばさん。
観光客が去ったら素朴な島を見せてくれた、そんな気がします。

19:00 遠くに船の姿が見えたので、預けた荷物を引き取って船着き場に行ったら、
またもエクスプレス・ニコスでした~

船着き場に、徐々に人が集まり始めました。
肩をポンと叩かれたので振り向くと、カフェでフラッペをおごってくれたアリストテリスさん。
「カロ・タクシーディ!」と言ってくれました。

結局、Prevelis号は19:45に到着。
Blue Starあたりと比べるとちょっと古い船です。
ハルキからサントリーニへ向かう
荷物は係のおじさんに預けます。サントリーニ行きの置き場には、私のスーツケースだけ。
みんなはどこに行くのかな?クレタか終点のピレウスかしら?

ラウンジのソファをキープして仮眠。

22時頃に起きて、洗顔後、マニュキュアを塗ったりのんびり過ごします。
船はカルパトス、カソス、クレタと停泊します。
昼間なら、デッキで島の様子を眺めるのもアリですが、
さすがに夜風に吹かれてまで、(多分)真っ暗な島を見に行くこともないので、
適当な所で眠ることにしましょう。
2時間遅れの出航だったので、サントリーニ着は明日の昼頃です。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(ハルキ→サントリーニ) 30.0
食費  タベルナで昼食 12.0
※ 夜行の船を利用したので、宿泊費はありません。

おまけ: ハルキのいい写真(ポダモスの全体がわかる)があるサイト(記事)です。
 ただしギリシャ語です ^^; → ここ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

03 : 11 : 42 | 1.ドデカニサ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<サントリーニ島経由イオス島へ | ホーム | ハルキ島二日目>>
コメント
★素敵すぎます

こんにちは,フムフムさん!
またしてもお邪魔しております。
ハルキ島のおじさま達のエピソードが可愛くてきゅんとしました。
ハルキ島、訪問したら私も素敵おじさま達とお話できるでしょうか・・・!
そしてやっぱり猫ちゃんはかわいいですねぇ。
癒されました^^

by: ヒロ * 2011/11/04 22:07 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 素敵すぎます

>ヒロさん
こんばんは!

>ハルキ島、訪問したら私も素敵おじさま達とお話できるでしょうか・・・!

出来ます。
素敵かどうかはともかく、この「コスタス」あたりを歩けば高い確率で捕まります 笑
「日本人は素晴らしい!」とベタ誉めです。

ロドス島から近く、意外とアクセスがいいんですよ。
ロドスのカミロスはちょっと不便ですが、ロドス・タウンからも船はあります。
猫さんは何だかぼーっとしているコが多かったような。
逃げちゃうコはほとんどいませんでしたe-251

by: フムフム * 2011/11/05 00:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/110-5d286b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。