スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
イオス島三日目
2011 / 11 / 07 ( Mon )
※2011年8月24日~9月23日までのギリシャの旅の記録です。

9/9 金
7:00 起床。やっぱり涼しいなあ。
仕度をし、8:30にレセプションに下りましたが、誰もいません。
海沿いを散歩しようかな。

ところで「ブルー・フラッグ」ってご存知ですか?
非営利団体「国際環境教育基金(FFE)」が、ビーチの環境、水質などの基準から、
優秀であると認定されたビーチに与えている称号のようなものです。
具体的な基準とは、

・水質検査を経て海水浴に最適であると認められ、下水・産業汚水が含まれていないこと
・砂浜は衛生基準を達しており、常時環境管理システムによって清潔が保たれていること
・ライフ・ガードによる監視、救命具の常備など、総合的な安全管理を行っていること
・沿岸のエコ・システム情報、砂浜でのマナーや行動の制限、水質を、浜辺で楽しむ人たちに
 わかりやすく表示してあること

だそうです。
そんな厳しい基準をクリアして、ここ、ミロポタスも認定されています。
イオス_ミロポタス

9:40 ホテルに戻るとともちゃんに会えたので、作ってくれたダコスで朝食。
イオス_手作りダコス

10時近くまでお喋りしたあと、私のリクエストに応えて、
マンガナリのビーチに連れて行ってくれることになりました。

10:30にホテルを出発。
本来ならホラを回っていく、所要約1時間の舗装された道があるのですが、
時間短縮のため、岩だらけの悪路を車で走ります。
ホテルには他にも宿泊客がいるため、長くレセプションを不在には出来ないのです。
私の無理な願いに、すまん、ともちゃん。

眼下にマンガナリ(Μαγγανάρι )が見えて来ました。広~い!
イオス_マンガナリ・ビーチ (2)
イオス_マンガナリへの道

11時頃、ビーチに到着!さらさらの砂浜です!
イオス_マンガナリ・ビーチ (4)

水は透明で遠浅。この旅のベスト・ビーチかもしれない!!!
イオス_マンガナリ・ビーチ (5)
こんなに遠く離れても、余裕で足が着くくらいに遠浅です。

イオス_マンガナリ・ビーチ (1)
サンベッドでのんびり~

子供たちは小さな魚を捕まえて大はしゃぎ。
これは直くんの獲物。もちろん、後で海に帰してあげましたよ。
イオス_マンガナリ・ビーチ (3)

主に砂浜で過ごしましたが、海を正面に見て左手へ行くと岩場があります。
そこからさらに進むと、再び砂浜になります。
イオス_マンガナリ・ビーチ (6)

こちらは右手の端の方。
イオス_マンガナリ・ビーチ (7)

2時間以上たっぷり楽しんで、来た道をミロポタスへ戻ります。
この道はまだいい方で、デカイ岩が転がっている場所もある、タフでワイルドな道でした。
スーパーかあちゃんは運転もお手の物です。
イオス_マンガナリからの帰り道
イオス_ミロポタに戻って来た
ミロポタスに帰って来ました。

ホテルに着くと、ともちゃんはサンベッドの集金へ。
私はレセプションの前で、旅のノート書き。
アーチ型のこの眺め、好きなんですよね。
イオス_「ニソス・イオス・ホテル」で (2)
隣にやって来た恭ちゃんはゲーム機で遊びます。
イオス_「ニソス・イオス・ホテル」で (1)

集金が済んだともちゃんと一緒に、フタポドケフテデスの昼食。
昨日のタネが残っていたからですが、毎日だってOKな美味しさですよ~
食後はひたすらお喋りに費やします。

16:40 ともちゃんは二度目のサンベッド集金、私は謎の灯台に行くため台所を離れます。

荷物を取りに部屋に戻ろうとしたところ、ビーチに行きかけたともちゃんが走って戻って来ました。
「イケメン・ポリスがビーチに来てる!
バイクが停まっている!!!」

「ええええええ~!!!!」

何のことかわからない方もいるかと思いますが、
イオスの警察官の中に、ソフト・マッチョな若者が一名いらっしゃいまして、
某SNSで私たち(ギリシャつながりの仲間です)の話題になっていたのです。
もちろん、実物を見たことがあるのはイオス在住のともちゃんだけで、
他の人達は勝手に想像を巡らせていたのですが。
彼女によれば、イオスでぜひとも見ておいた方がいいのは、
「イケメン・ポリス、優しいドクター、イカすパン屋」の三人だそうです。

ポリスを探しに二人でビーチに突撃!

「どこ?どこ?」
「海の中にいるみたい・・・あ、来た!出てきた!」

浜辺に上がって来ました、イケメン・ポリス!! ※ この時私たちの頭で流れたのは → このPV
うわ、ほんとにマッチョだよ。腕、ふとっ!ごっついわ~
カメラのズームをフルにして(笑)、盗撮です。
テンションあがっているともちゃんと私に、「何してるの?」と不思議がる恭ちゃん。
何って・・・それは言えません。

なので、イケメン・ポリスの写真も非公開とさせていただきます。
どうしても気になる方は、個別にお問い合わせ下さい。(←マジで?)
ポリスの愛車は日本のSUZUKI。
イオス_イケメンポリスのバイク

イケメン・ポリスで騒いだら、17:00発のバスで港へ。
終点の港で降りて、謎の灯台を目指します。

「謎の灯台って何?」って?

以前に別ブログで書いたのですが、2010年の夏にイオスを訪れた時、
ヴァルマスのビーチから石造りの教会らしき建物が見えました、
行ってみたかったのですが、徒歩では遠いと思い断念。
帰国して別件でギリシャの灯台について調べていたら、この建物も灯台だったのです。

「ギリシャで灯台巡り」も、いつかは旅のテーマにしたい私。
灯台とわかった以上、この目で確認しないわけには行きませんよ!

ちゃんと地図で調べたら、港からは30分あれば着く距離。
海沿いの道をカンで進みます。
灯台を示す標識はありませんが、方向としてはこっちだろうと、この脇道に入ることにします。
イオス_灯台への道 (1)
イオス_灯台への道 (2)
やや上りの道で、進んでいくと草だらけになったり、小石が多く滑りやすかったり。

高い所に出たようなのですが、灯台の姿がありません。
おかしいなあ、方向は間違っていないはずなんだけどなあ。

頭によぎる「たどり着けなかったカステロリゾのステファノス修道院」 → ここここの記事で

さらに高い所を探して登ってみても、やっぱり灯台がありません。
そんなはずはないとグルグル歩き回り、よく見れば、下る道がありました。

すると!
ありました~!灯台!!!
イオス_岬の灯台 (2)

岩をぴょんと飛び下りて、さらに進みます。

近くまで来ました。
イオス_岬の灯台
これが灯台かあ。使われていないので、扉は閉まっています。

反対側、海の方から見るとこんな感じ。
イオス_岬の灯台 (1)

もっといいアングルで撮れないかとウロウロしますが、物理的に無理でした。
だって、海に落ちますから 

高速艇が通り過ぎます。手を振ってみました。私がいること、見えますか~?
イオス_灯台で船を見送る

灯台から港がある方向を見るとこの景色。
イオス_灯台から見るオルモス付近

足取り軽く港へ戻ります。
港の脇にあるのはイァロスのビーチ。
イオス_イァロスのビーチ
イオス_イァロスから見る灯台
ここからも灯台は見えます。

※ 別ブログで書いたこの灯台の記事はこちら → 「Lighthouse それは灯台」

港にある代理店で、明日のフォレガンドロス島行きの船のチケットを買うつもりでしたが、
すでにお店は閉まっていました。

19:30 帰りもバスに乗り、ミロポタスに戻ってきました。

子供たちも交えてみんなで話をしていたら、英語を話す男性が来ました。
男性はともちゃんと話を始めたのですが、(後で聞いたらスカイ・マップの広告担当者)
そばにいた恭ちゃんが何故か大泣きし出したので、外に連れ出し。
泣きやんだ恭ちゃんと次男の悠二の3人で屋上に行き、しばらく遊びます。

21:00 今夜は外食。車でホラに行きます。
行ったことのない店にしようかと、ともちゃんは気を使ってくれましたが、
子供たちもお気に入り、私も以前行って気に入っている「ネスト(NEST)」に向かいます。
子供たちは、食事より、店の外で遊ぶ方に夢中みたいですが。
みんなで頼んだのは以下の通り。

クシノ・サラダ
ポテト
サガナキ
カラマリ(子供たちのメイン)
モスハリ・コキノ(ともちゃんのメイン)
スペシャル・マトン(私のメイン)
これにドリンク類をプラス。

イオス_ホラの「ネスト」にて (2) イオス_ホラの「ネスト」にて (4) イオス_ホラの「ネスト」にて (3)
イオス_ホラの「ネスト」にて (6)
イオス_ホラの「ネスト」にて (5)
イオス_ホラの「ネスト」にて (1)

サガナキは去年と揚げ方が違うかな?
私のメイン、スペシャル・マトンは某旅サイトの投稿欄でオススメだったそう。
マトンにたっぷりの野菜、チーズをキャセロールに入れオーブンで焼いたもの。
野菜の甘みがよく出ています。ちょっと量が多いかな?

黒いスタッフ・シャツを着た男性が度々テーブルに来て、ともちゃんに話しかけていきます。
この人、前に会っていたかな?と考えてみたのですが、思い浮かびません。
あとでともちゃんに聞いたら、「ひどい!ジミたんだよ!」
ああ~

23:30 「ネスト」を出て、近くの雑貨屋さん?で子供たちのガチャガチャを買ってから、
ミロポタスに戻ります。

部屋に戻って明日の仕度。でもついベッドでダラダラ。
1時間程パッキングしたものの、続きは明日でいいや、とアラームをセットして就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(ミロポタス⇔港) 1.6×2
食費  エスティアトリオで 15.0(私の支払い分)
宿泊費 ※ 破格です・・・ 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 49 : 26 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<イオス島からフォレガンドロス島へ | ホーム | イオス島二日目>>
コメント


そうか!!!細かい砂だからか!
それは遠目にはわからないな~!!!

あ~!行ってみたい!

ところで全然「さくっと」じゃないぢゃん。
色々「濃ゆ~~~」かったです(笑)
裏でサキス流れてるし・・・!
面白かった~~~!

by: う * 2011/11/07 03:58 * URL [ 編集] | page top↑
★おお。

この日はほかの日にくらべるとやや充実していたか。
ちょっと駆け足だったけど。
しかしイケメンポリス笑ったよね。
わたしたち怪しすぎ!

by: Tomoko * 2011/11/07 05:02 * URL [ 編集] | page top↑
★>う さん

マンガナリは、私の写真で見るより、本当はもっともっとキレイだよ~
ミロポタスもイイし、イオスはビーチに恵まれているよね。

あら、PVをクリックしましたね。
読者が離れることを覚悟の上で、リンクしてみましたわ。

by: フムフム * 2011/11/07 13:07 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: おお。

>Tomoちゃん
記事を書きながらも笑っちゃってw
ポリスの態度が変わっていないことを祈る。
制服姿の写真、希望。

by: フムフム * 2011/11/07 13:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/113-ce3cb81a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。