フォレガンドロス島四日目
2011 / 11 / 16 ( Wed )
※2011年8月24日~9月23日までのギリシャの旅の記録です。

9/13 火
7:45 起床。トマトとクッキーが朝食代わり。

8:45 外出。今日は港があるカラヴォスタシス(Καραβοστάσης )に行きます。
9:15発のバスがありますが、3kmくらいの下り道なので歩いてみます。

途中、今回は泊まれなかったPavlos×2に寄り道。何故か小さなワンちゃんが先導してくれました。
フォレガンドロス_Pavlos×2 (2) フォレガンドロス_Pavlos×2 (1) 鍵がなかなか洒落ていますね。

ホラの入り口で振り返って。奥がホラです。
フォレガンドロス_ホラからカラヴォスタシスへ (1)

カラヴォスタシスへの道沿いにも、小さな教会がいくつもありました。
フォレガンドロス_ホラからカラヴォスタシスへ (2)
フォレガンドロス_ホラからカラヴォスタシスへ (3)

フォレガンドロス_ホラからカラヴォスタシスへ (4)
寄り道しながら、写真を撮りながらののんびりペースでしたが、9:40には着きました。

港のそばにはのんびりした小石のビーチ。ホクリディア(Χοχλίδια)という名前もあります。
フォレガンドロス_カラヴォスタシス (2)

ビーチ沿いを歩き、南の方角へ歩いてみます。舗装された広い道です。
振り返りつつ。奥の右が港です。
フォレガンドロス_カラヴォスタシス (3)

道から海に突き出たここは、かなり先まで歩けます。
フォレガンドロス_カラヴォスタシス (4)
この辺りは小さなビーチがいくつも続きます。
ここの両側もビーチで、左はラティナキ(Λατινάκι)、右はヴィツェンズゥ(Βιτσέντζου)という名前。
ビーチといっても海岸線はけっこうワイルド。

明日、私が乗る予定の、Super Jetがやって来ました。めちゃくちゃ速い~
フォレガンドロス_カラヴォスタシス (1)

ちょっとだけ海を離れて進んでいくと、猟銃を抱えたおじさんに遭遇。
思わず降伏しそうになりますが、見事にスルーされました。ホッ。

またビーチ、リヴァディ(Λιβάδι)です。
フォレガンドロス_リヴァディ (1)
フォレガンドロス_リヴァディ (2)
誰もいません。泳ぎやすそうですけどね。シーズンも終わりなのかな。
ここで、一昨日のアノ・メリアからの帰り道で見た、リュック男らしき人物に遭遇。

リヴァディから港があるあたりに引き返すことに。
タベルナやパン屋さん、旅行代理店、ホテル等、一通りそろっていますが、
ホラに比べると人は少なく、実にのんびり、ゆったりしています。
フォレガンドロス_カラヴォスタシスのタベルナ
フォレガンドロス_港を見下ろすカフェ

港の北側にもビーチ、ヴァルディア(Βάρδια)。
小さなビーチが多い=海岸線が複雑ってことですかね。
フォレガンドロス_ヴァルディア・ビーチ

11:45発のバスでホラに戻ります。
ギロ・ピタを食べたかったのですが、チェックしていたお店は開店前。夜しかやらないのかなあ。
いったん部屋に戻ります。

宿代の支払いの件でオーナーのイリーニに電話しようと思っていたら、階下で人の気配がします。
出てみたら、掃除用具を置いた小部屋の前に若い女性がいました。
声をかけたら、「イリーニは、今ならスピティコにいるわ」と教えてくれたので、
お店に行ってみることにしました。

途中、代理店に寄って船のチケットを購入。Sea Jetsのクフォニシ行き、Super Jet
この旅で乗った船で一番高額の56.2ユーロ。まさかのカード払い不可でした。

「スピティコ」に行くと、向かいのパン屋さんからイリーニが出てきました。
先ほどの若い女性が電話してくれたのか、私が明日発つことを知っています。
宿代の支払いは夜でも今でもいいとのこと。
夜、すれ違いになっても困るので、今のうちに支払うことにしました。
4泊分100ユーロを支払い、パスポートを返してもらいます。
パスポートを取りにお店の隣の建物に入ったので、そこが自宅みたい。

昼食はバス乗り場のそば、「プンダ(Η Πούντα)」へ。「プンダ」はお店がある広場の名前。
フォレガンドロス_ホラの「プンダ」(2)

右の木戸を抜けて中庭に入ると、お客さんはいますがスタッフの姿がありません。
広場側に抜ける小さな建物に入ってみたら、若い女性がいました。
女性(ギリシャ人ではないような?)にギリシャ語で話しかけたら、後ろを指差すので振り向くと、
背の高い中年女性が立ったまま食事中でした。こちらの女性もギリシャ人ではないみたい。
再びギリシャ語で話しかけたら、メニューと伝票、鉛筆を手渡されました。
そういうシステム? (← 違います。食事中で手が離せないから)
でも何だか面白いのでテーブルについて伝票を記入し、オーダーしました。
プソミを伝票に書きませんでしたが、カヴァーとして出されます。

チキンフィレ+リゾット 8.5
タラモサラタ 3.0
水(500ml) 0.8
プソミ 0.5

テーブルクロスの代わりに紙のランチョンマット。水彩画がプリントされています。
ここのオーナー(先ほどの背の高い女性)は画家&陶芸家で、
使われている食器の一部や花瓶は、オーナーの自作のようです。
料理の盛り付けや、食器の色合いのセンスがいいのもわかります。
フォレガンドロス_ホラの「プンダ」 (5)
パンについてきたのは、ローカル・チーズのスロトかな?
「ゼフィロス」で食べたものに比べると、かなりクリーミーです。
チキンもタラモも美味しい!パンはトーストされています。珍しいな。

中庭なので静かです。小さな黒猫がちょろちょろしていてカワイイ。
フォレガンドロス_ホラの「プンダ」 (3)
フォレガンドロス_ホラの「プンダ」 (4) フォレガンドロス_ホラの「プンダ」 (1)
そばのテーブルのお客さんも猫好きらしく、「プスプス」と呼びかけていました。

それぞれのテーブルにオーナー作の小さな花瓶が置かれているのですが
この時間、お客さんが少ないからか、空いているテーブルの花瓶が私のテーブルに集合 笑。
フォレガンドロス_ホラの「プンダ」(6)

会計もセルフ(笑)。使ったランチョンマットを持って行き「これ、欲しいです」と言って見せたら、
嬉しそうに笑ってくれました。
チップを出したいところですが、セルフゆえ、ためらい。テーブルに置いてくれば良かったかな。

部屋で少し休憩したら、再び外出。カストロ(Κάστρο)へ行きます。
といってもここのカストロはホラの中。いつものように山を登ったりはしません。
そういった名前のホテルの入り口かと思ったくらいの近さ。
フォレガンドロス_ホラのカストロ (1)
細い路地とアーチ、木製のバルコニーが特徴の狭い一帯です。
家の中も見てみたいなあ。
フォレガンドロス_ホラのカストロ (2)
フォレガンドロス_ホラのカストロ (3)
フォレガンドロス_ホラのカストロ (4)

カストロを出て散策を続けます。
猫の写真を撮っていたら、後ろで子猫をあやすような声が。
振り向くと大きなリボンをつけた、白が多めの子猫!ちっちゃ~い!
フォレガンドロス_ホラの猫さん (2)
あやしていたのはおばあさん。彼女の子猫なのかな?
この子猫と、近くにいた他の猫たちにソーセージをあげていました。
フォレガンドロス_ホラの猫さん (3)

街の端、西側へ抜けてみます。
夕陽がキレイな場所。海を見下ろせて眺めが良いので、ちょっと高そうなホテルが並びます。
斜面に海へつながる小道があったので、途中まで下りてみます。
切ったみたいなすごい景色ですね。
フォレガンドロス_ホラ・ピアカス湾沿い (2)
フォレガンドロス_ホラ・ピアカス湾沿い (1)

街中に戻ると、リボンの子猫が同じ場所で眠っていました。
フォレガンドロス_ホラの猫さん (1)

さらにホラの街中を散策。
猫にゴハンをあげている「Eva's Garden」があるのはこの通り。今日も猫さんが集まっていました。
お店の前に置かれた猫への寄付を募る箱に、0.5ユーロを投入。
フォレガンドロス_「エヴァズ・ガーデン」の前

スーパーに寄ってから部屋に戻りました。
シャワー&洗濯。パッキングを少しずつ始めます。

20:30 夕食を取りに外出。
どうしてもミディア=ムール貝を食べたかったので、二度目の「ゼフィロス」へ。
「ミディア、ありますか?」「ミディア?もちろん!」と上機嫌なオーナーです。

オーダーは以下の通り、15.5ユーロ。支払いは1ユーロをプラス。
サラダもミディアも、店名をつけるくらいだから美味しいハズ。

ゼフィロス・サラダ(ハーフサイズで) 6.0
ミディア・ゼフィロス(サガナキ) 6.5
ビール(ミソス 500ml) 3.0
※プソミは無料

フォレガンドロス_二度目の「ゼフィロス」にて (2)
サラダは具沢山。エビ・サーモン・カニカマみたいなすり身に野菜。
ドレッシングはマヨネーズ・ベース。美味しいです。

ミディア!アニス=ディルなのかな?ミディアが埋まっちゃってますけど!
フォレガンドロス_二度目の「ゼフィロス」にて (3)
殻付きの大きなムール貝が6つ入っています。
香草がハンパじゃないので、香りがすごい。
英語メニューでは
「Mussels with the shell in oven, lemonsauce, aromatic green,onion,ouzo」
ティロス島のミディアもウゾで蒸してたなあ。
見た目は強烈ですけど、味は期待通りでした。

今日のサービスはハルヴァスとぶどう。
フォレガンドロス_二度目の「ゼフィロス」にて (1)
会計をして22:30にお店を出ます。ごちそう様でした。

広場まで来たら、これまで入ったことのない教会が開いていました。
年配の女性が片づけをしています。もう閉めるのかな?
ローソクを手に取り婦人に「エンダクシ?(OK)」と尋ねると、「ネ(=Yes)」と答えてくれたので、
0.2ユーロを箱の中へ。

宿の前まで戻って来ました。いつもの場所に三毛猫さんがいないので、
「今日は来ないな」と思っていたら、隣のアパートメントの前にいた・・・
目を合わせないようにして小走りしたのに、ダッシュでやって来て部屋の前へ。
あああ~
明日は島を離れるから今夜が最後だし、まあ、仕方ないか。
「パッキングするから遊んであげられないよ」

せっせとパッキングする私を前にして、三毛猫さんはベッドの上でくつろぎ中。
いつもこうやって、この部屋に入れてもらっていたのかなあ。
この人懐こさは飼い猫っぽいんだけどなあ。謎です。
こういう柄のコはいなかったけど、ウチの猫の誰かの生まれ変わりだったりして?
そう思うとちょっと切ない気持ち。

パッキングのめどがついたので、0:00に就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(カラヴォスタシス→ホラ) 1.6
      船(フォレガンドロス→クフォニシ) 56.2
食費 タベルナで昼食 12.8
    メゼドポリオで夕食 16.5
    スーパーで水など2点 2.8
宿泊費 25.0(朝食無し)
その他 猫の保護活動への寄付 0.5
      教会でローソク 0.2
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 24 : 42 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<フォレガンドロス島からクフォニシ島へ | ホーム | フォレガンドロス島三日目>>
コメント
★今回は

みょ~~~~~におされな おそくじね!
ホントは南仏かどっかじゃない?

それから私、人生においてあまり嫉妬心とかない人なのだけど、今回は「特に更に」いい写真多くて、ぢゃっかん嫉妬したわよ!
めちゃくちゃいいね!

by: う * 2011/11/17 00:46 * URL [ 編集] | page top↑


ムール貝のウゾ蒸し! 美味しそうですね~?

by: ウゾ男 * 2011/11/17 01:03 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 今回は

>う さん
お昼でしょ?ここ、オーナーがギリシャ人じゃないから 爆
旦那さんらしき人はギリシャ人みたいだったけどね。
ちなみに私のテーブルに花瓶を集合させたのは、旦那さんらしき人。
写真、いいかな?ありがとー。
今回は地味というかビーチが多くて、自分でも混乱しかけたんだけど。
でも、写真より実物を見るのが一番ですって。はよ、行きなはれ。

by: フムフム * 2011/11/17 01:26 * URL [ 編集] | page top↑
★>ウゾ男さん

コメント、どうも~。
そうだ!これ、ウゾ男さん向きの料理ですね。美味しかったですよ~。
レシピを探って(※S嬢に探させて)、「小料理屋まつやま」のメニューに加えて下さい。
ミディ(ア)=ムール貝は色んなヴァリエーションで食べてるけど、
ハズレは無いですねえ。
ウゾ男さんたちがギリシャで食べたモノも、今度教えて下さいな。

by: フムフム * 2011/11/17 01:34 * URL [ 編集] | page top↑
★次に

行った時に、食べてみます!でもその前に試作もしてみますので、是非食べに来て下さい。
僕たちのギリシャ旅の様子も近々アップしたいと話してるんですが、中々^^;

by: ウゾ男 * 2011/11/17 07:46 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 次に

>ウゾ男さん
おおっ~、ではタッパー持参で。(←持参するな)
ウチの料理本はもっぱら「観賞用」ですよ・・
旅の様子も待ってます!

by: フムフム * 2011/11/17 13:53 * URL [ 編集] | page top↑


ウゾ蒸し、材料あれば・・・なんとかしますよ(笑)

by: う * 2011/11/19 02:19 * URL [ 編集] | page top↑
★>う さん

じゃあ、「小料理屋まつやま」に集合か?
ウチには50mlの小瓶しかないから提供できんわ。


by: フムフム * 2011/11/19 02:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/117-007c3a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |