スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ギリシャを離れる日
2011 / 12 / 02 ( Fri )
※2011年8月24日~9月23日までのギリシャの旅の記録です。

9/22 木
6:00 起床。眠いけど、残り時間をめいっぱい使いたいのでベッドから出ます。

7:30 Breakfast Room へ行こうとエレベーターに乗り込んだら、衝撃の貼り紙が!
アテネ_「タクシーもスト参加」・・・

「本日、タクシー含め、全交通機関がストライキ」
げっ!いきなりかよ、タクシー組合!

「タクシーが必要ならレセプションに連絡を」 ここまではいいとして
「WE WILL TRY TO BOOK ONE FOR YOU」
「トライ」って何よ?トライって!
※ 昔、「try」には、結果についての確信や責任は含まないと学んだ記憶が・・・

レセプションに行って確認したところ、
「タクシーもストなんだけど、何人かはprivate taxi として走るんだ。でも高いんだよ
「高い・・・いくら?」「50から55ユーロくらい」
「え?高い?昨日の手配時に聞いた料金は45だったよ(←それに比べて高いわけではないと
思っている)」
「いや、45がノーマル価格だから、高いよ」

??? 私は何か思い違いをしているのか? +10って高いのか?
つまり「55」は最低でもそのくらいで、実際は加算があるというのか?
※ 蘇る、2010年のタクシーでのイヤな思い出・・・、
そういえば高級ホテルの前のハイヤーは、けっこうな料金だったなあ。
いやいや、金額云々より「try to book」ってことは、電話をかけまくった挙句に、
「だめだ。つかまらない」ってこともあるんじゃないの?
それは困る。。。猛烈に困る。

「ちょっと考える」と言って、いったんレセプションを離れます。

朝食もそこそこに部屋に戻り、う~んと考えます。
ホテルでの手配がダメだった場合に備え、何か手を打っておいた方がいいのかな?
。。。こんな時はコスタスに聞こう!
コスタスは私のギリシャ語の先生。普段は日本在住です。
実家がアテネで旅行代理店を経営していて、彼も手伝っています。
ちょうど8月の終わりから2ヶ月の予定で、日本のTV番組の撮影に同行するため
ギリシャに戻って来ているはず。
アテネにはいないと思うけど、とりあえず電話をしてみようかな。

ケータイをかけてみたらすぐつながりましたが、
「Fさん?ごめん、今、大変なんです!
へ?コスタスの身に何が?
とりあえず電話を切ったけど、一体、何があったのか?コスタス先生。

次にアドバイスをもらうなら誰だろうと考えて、イオス島のともちゃんに電話。
交通機関が全滅なことを話し、ホテルでのprivate taxi の手配がダメかもしれないので、
空港に連れて行ってくれそうな人に心当たりがあるかを尋ねてみます。

ともちゃんとの電話が終わると、コスタスから電話がありました。
同様に事情を話すと、「会社に聞いて見るけど、9時以降になるからまた電話する」

二人の返事を待つ間、ホテルのレセプションでとりあえず「try」してもらおうか?
う~ん、う~ん・・・

ともちゃんから電話が。いつも利用する旅行代理店に問い合わせしてくれたのだけど、
けっこう状況は厳しいらしい。むむむ、これはやっぱりどこも無理か?

再び、ともちゃんから電話が入りました。
ペドロ(ともちゃんのパートナー)がアリオンのレセプション担当者と話をしてくれたそうで、
どうやらホテルでの private taxi の手配は大丈夫そうで、担当者曰く、
「彼女(=私のこと)の返事を待っているんだ」
へ? そうなの? 
「うん。レセプションで聞いてごらん。多分、手配出来るから」

?マークを抱えたままレセプションに行き、再度料金を尋ねると
「50か55ユーロ」
やっぱり高くない・・・よね?
「じゃあ、手配して下さい」「昨日の依頼と同じ、12時でいい?」「ハイ」
その場で電話をして手配をするのかな、と待っていたら
「大丈夫、12時に来るから」
・・・は?そんなにあっさりと?「try」の「ト」もなかったんですけど??
だったら「try」って書くなぁ。「高い」って言うなあぁ~~

手配出来たことは喜ばしいのですが、私の焦りは何だったのか?
というか、巻き添えにされたともちゃんとコスタス。本当に申し訳ないです・・・

冷静になってみれば、ホテルが普段から依頼しているタクシーであれば、
かなりの確率で融通が効くと思っておかしくないし、ぼったりすれば信用問題になります。
疑心暗鬼にならずに、素直に手配してもらえば良かったんですよね。
勝手に先走った上に、頼れる相手がいてくれることに甘えてしまいました。猛省。

ともちゃんとコスタスに結果報告をし、最後の外出に行きます。
交通機関がストだからか、人出が少ない現代アゴラ。
アテネ_現代アゴラ (1) アテネ_現代アゴラ (3) アテネ_現代アゴラ (2)
魚屋さんで、包装紙をわけてもらいました。

オモニア付近もこんなに閑散としています。
アテネ_オモニア付近 (2)

いつもは車がガンガン走る通りが、こんなにスカスカ。
アテネ_オモニア付近 (1)

何だかわからないけど、イベントみたい。赤が鮮やかですね。
アテネ_コジア広場で

お昼は「タナシス(オ・サナシス)」でケバブ・ピタを買うことにしました。
店構えとは裏腹に、サクラ(=袋)がかわいい。
これを部屋で食べてからも、もう少し歩き回れそうだな。
アテネ_「タナシス」のケバブ・ピタ

ホテルに戻ってピタの写真を撮っていたら、部屋の電話が鳴りました。
「レセプションです。空港までの交通がかなり混んでいて、早く出た方がいいとドライバーが
言っています。すでにホテルの前で待機しています」
「え?待っているの?何時に出ればいいの?」「何分で仕度出来ますか?」
「20分あれば・・・20分後に下に行きます」
手つかずのケバブ・ピタをバッグに放りこみ、猛スピードでパッキング。

11:20 チェックアウト。
黒塗りのかっこいい車で待っていたのは女性でした。
乗り込むなり、「料金を先払いで」と言われます。55ユーロ。
「後で誰かに聞かれても、支払ったことは言わないでいてね」
ということは、本職のドライバー?スト破りがわかると、色々と厄介なことになるんだよね。
「つまり私たちは友達で、空港まで送ってくれたってことだよね?」
「そうそう、友達ね」 名前も教えてもらいましたが、そんなわけで秘密です。

オモニアで見たように、バスもタクシーも走っていないので道は空いているのかと思ったら、
「自家用車がいっぱいだからそんなことも無い」って。

どうやら、一度南下してから空港に向かうようです。
エクスプレス・バスとは違うルートで、見たことない景色が続きます。
車内で色々話すのかと緊張しちゃいましたが、彼女はほとんどケータイで話していました。
でも運転は上手です。やっぱり本職かな。
私は気付かなかったのですが、リムジンがそばを通ったらしく、
「あのリムジンだと、空港まで200ユーロなのよ」 ひえ~っ

空いている道を回ったからか、あっと言う間に空港に着いてしまいました。
12時ですよ、12時!!遅れるよりはいいけど、早すぎ・・・もっと市内にいたかったよ・・・
空港の建物の入り口ではなく、パーキングで車を降りました。
ドライバーの女性が、空港建物へのシャトル・バスを、専用ボタンで呼んでくれました。
素早く去っていくドライバー、もしかして何か用事があったとか?

空港内は人があふれています。空港の外にも人がいっぱいです。
出発案内の表示を見れば、ずらっと並んだ「Cancelled」の文字。
アテネ_空港は時限スト (2)

実は空港の管制官も、12時から15時までの時限ストに突入しているのです。
組合員らしき方々が訴えを掲げていますが、何かゆる~い感じ・・・
アテネ_空港は時限スト (1)

とりあえず、座れる場所(といっても床しかない)を見つけてケバブ・ピタを食べ、
あとは有り余る時間で空港内を散策。チェック・インもまだ出来ないし。
ところが期待せずに入ったMetropolis で、コミスΧ(Κόμης Χ)の旧譜を1枚と、
エレーニ・ツァリゴプール(Ελένη Τσαλιγοπούλου)のお気に入り曲が入ったCDを発見!

ツレキ(チュレキ)で有名なお店「テルケンリス(Τερκενλής )」にも行ってみました。
アテネ_空港内「テルケンリス」 (2)
アテネ_空港内「テルケンリス」 (1)
本当は大きいのが欲しいけど持って帰るのも大変だし、小さなタイプがあったので
2個買ってみました。Kgあたりの価格設定なので、1.71ユーロという端数のお値段。
アテネ_「テルケンリス」のツレキ
近くの椅子に座って食べてみたら、めちゃくちゃ甘かった~
※ ツレキを作ってみたい方は → ギリシャのごはん でお勉強
「ΤΣΟΥΡΕΚΙ」で探せば動画も見つかりますよ。

他にも雑誌や食品をチェックしたかったけど、出国エリアに入ってからでもいいかと思い、
14時にチェックイン・カウンターへ。
フライトは16:15発ですが、15時までの時限ストの影響でLateだろうと高をくくっていたら、
表示は「On Schedule」で、カウンターは未だかつてない行列!私、最後尾か?!

結局、チェックインまでに1時間もかかりました。
ボーディングパスに記された搭乗時刻は15:25。買い物している時間なんてないじゃん!
珍しく出国審査は混んでいなかったので、早足で出国エリアへ。
手早くION のチョコレートを買ったものの、サキスのガムのGold.Verは見つからず

セキュリティを抜けた先のA9ゲートは人であふれています。
気付かない間にコスタスから電話が入っていたので折り返しますが、つながらず。
何だろう、無事に着いたかの確認かな?

出発はLateだろうとの予想通り、16時まで搭乗出来ず。
乗り込んだ機内でも待たされ続け、離陸出来たのは18:10。疲れるわ、これは。
だったら最初からLate扱いにしてくれればいいのに~

機内では大好きなJ・ギレンホールの新作『Source Code』(邦題『ミッション:8ミニッツ』)を鑑賞。
熟睡も出来ず、機内食もあまり食べられず。帰りはいつもそうなんだよなあ。

9/23 金
バンコク着が近づき、CAに成田行きの搭乗券を見せながら乗り継ぎのことを尋ねたら
思いっきり渋い顔。そりゃそうだ、搭乗時刻を過ぎているんだから。
ぎこちない笑顔で「成田までのフライトはたくさんありますから心配いりませんよ」
いや、これを逃したら、成田行きは残り2便ですって。
「大丈夫。地上職員に聞いて下さい」 はぁ、わかりました。

7:30 バンコクに到着。案の定、乗るはずだった成田行きは待ってくれず、職員の誘導で
トランスファー・デスクへ移動することに。
バンコク_乗り継ぎ失敗・・・

移動のために集められた乗客の中に・・・あれ?Tさん?
私と同じように、日本でコスタスからギリシャ語を習っているTさんの姿がありました。
ひゃ~、9月にギリシャに来るとは知っていたけど、同じ便に乗っていたとは。
アテネでも機内でも気付かなかったから、すんなり乗り継いでいたらわからないままだったかも。
声をかけたらTさんも驚いていました。

移動した先のデスクで提示された振替便は、羽田行き・14:30の出発です。
本来より7時間も遅いのかあ。でもそれより早い成田行きは満席で不可。
Tさんが提示されたのはもっと遅く、深夜発の便です。
「明日は仕事があるのに、これじゃ無理だよ!」

他の人の会話を聞いてみると、深夜便か翌日の便を提示されたようで、
「これはちょっとないよねえ」と言っています。この割り振りは何を優先なのかな?
別に帰国が1日遅れようが、どこからも苦情の来ない私。
Tさんと席を交換してもいいけど、勝手に譲ったり出来ないのかな?
(事前にわかれば、バンコクじゃなくアテネで延泊の方が嬉しかったんですけど)
私たちに話しかけてきた北海道からの男子大学生は、昼前に出る関空行きを手配してもらったそう。
乗り継いで千歳まで行かなければならないので、優先してもらえたのかも、とのこと。
彼の場合、結果的には当初の予定と変わらない時間で帰国できるそうです。
Tさんはカウンターで交渉し、結果、私と同じ羽田行きに。
Tさん「言ってみるもんだなあ」 そう、すべては交渉なのです。

他の方には申し訳ないけれど、3人でさっさと移動。使わせてもらえることになったラウンジへ。
前回の旅では失効しそうなマイルを使って利用したのに、こんな形で再利用するとは思わなかった。
バンコク_タイ航空ラウンジ (2)
バンコク_タイ航空ラウンジ (3) バンコク_タイ航空ラウンジ (1)

3人で食べたり飲んだり喋ったり。
学生さんは10時頃、私たちは13時頃までラウンジで過ごしました。

出発ゲートは一番端で、飛行機は沖止めでした。
乗り込んだ座席がいつもよりも快適そうなのは、プレミアム・エコノミーだから。
これまで利用した便にはなかったので初めて。へえ~
シートの膝下部分が上がるので(フットレスト)、少しだけ足がラクになります。

6時間のフライトを終え、22時半前に無事、羽田に到着。
預けた荷物がなかなか出てこなかったため(プライオリティ・タグ付きなのに・・・)、
吉祥寺行きのリムジン・バスに乗れず、電車を乗り継いで帰宅。
自宅到着時には、日付が変わっていました。

はあ~、最後の最後にバタバタしてしまい、感傷的になっている余裕も無かった。
風の塔のお馴染みさんにお別れを言えなかったし、買い損ねた物もあるし。

こうして終えた8度目のギリシャ旅。
一ヶ月なんてあっと言う間でした。楽しかったけど、まだまだ足りない!
次はどの島に行こう?何を見て、何を食べようか?
なぜギリシャなのかは上手く説明できないけれど、私の旅は次回もギリシャです。間違いなく。
お世話になった皆さん、エフハリスト・パラ・ポリ!

€€ 会計メモ €€
交通費 プライベート・タクシー(アテネ市内のホテル→空港) 55.0
食費 ケバブ・ピタの持ち帰り 2.2(多分)
    ツレキ 1.71   
その他 CD2枚 24.3
     空港内ショップでチョコレート(自分&配り用) 5.9
※日本国内の交通費は省略
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 58 : 33 | 4.アテネ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<お知らせです | ホーム | アテネ三日目>>
コメント
★いやいや

わたしもよくわからなかったんだけど
旅行代理店によると泊まってるホテルが1番確実って言われたから。

でもこのフムフムさんの経験はのちのち
9月末にとても役に立ったのです。
sachuちゃんたちと1日滞在がかぶってた
日本人のご夫婦がいたんですがイオスを離れる日にアテネでスト。
夜11時頃ピレウスに到着するのにホテルまでの足がない!

彼らが予約を入れていたホテルに迎えの車を用意してもらうように交渉できました。
それもこれも泊まっている(泊まる)ホテルが1番確実と言うのを知っていたから出来たこと。

フムフムさんのおかげです。


by: Tomoko * 2011/12/03 03:45 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: いやいや

>Tomoちゃん
お騒がせしてシグノーミでありますe-466
思い出すと穴を掘って入りたい気分だけど、正直がモットーの旅ブログだから
書きました ^^;

9月末にそんなことがあったのね。日本人ご夫妻、何がきっかけでイオスに来たのかな?
やっぱりロンプラかしら?
「頼れるおかみ」がいるホテルとして、☆みっつ、いや五つだ!

バンコクで会った学生さんも、ホテルで車をお願いしたら55ユーロだったって言ってたから、
白タクでも、ホテル手配では適正価格になっているんだね。
今回の件で勉強になったけど、やっぱりストは勘弁ねe-330 

by: フムフム * 2011/12/03 13:07 * URL [ 編集] | page top↑


読者登録させていただいたレオです。
メッセージ送れなかったもので。

写真が凄い綺麗でギリシャを本当に
毎回満喫されてるようでうらやましいです。
情報量もすごいですし。

自分は語学もショボイし反省ばかりの
旅だったりしてます(笑)

自分が知ってる情報は少ないですが
これから情報交換していきましょう。

よろしくお願いします

by: レオ * 2011/12/07 00:28 * URL [ 編集] | page top↑
★>レオさん

雑ブログ、もとい雑記帳ブログの方を読んで下さっているレオさんですね。
実は私もあちらでメッセージを送れずに、読者登録で送った次第です 笑

写真はフツーのデジカメで撮っていますし、趣味でもないのですよ~
ボツになったものも多いですし^^;
情報云々はムダに多いという声もありそうですが、自分のためのメモなのです。
忘れずにいたいというか、再訪の参考にしようともくろんでいるというか。

2011年の夏の記録が終わったため、こちらはちょっと休憩モードですが、
雑ブログ、もとい雑記帳ブログ(←しつこい)ともども、よろしくお願い致しますe-466

追記:別ブログのメッセージ、拒否設定になってました。失礼いたしました^^;

by: フムフム * 2011/12/07 01:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/126-4d1717e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。