ギリシャ到着ヒオス島へ
2012 / 02 / 20 ( Mon )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

※え~、更新が滞っていましたが、ヒーハー言いながら再開します。
久しぶりすぎて、書き方やUpの仕方をわすれちゃっていた(笑)
何だかエンジンがかかっていないような印象を受けたとしたら、
それは寒いからです。
いや、マジでカイロを握りながら書いていますもん。。。

と、どうでもいいことでお茶を濁しつつ、冬のギリシャ旅、再びです。


12/27 火
今回利用するエティハド航空は、成田を21:20発の夜便。
夕方の16時を回って、のんびり自宅を出ます。

この日は妙に人に話かけられました。
地元駅で、中年女性に券売機での乗り継ぎ切符の買い方を聞かれ、
船橋駅で、アフリカ系らしき女性二人組に京成船橋駅への道を聞かれ。
この女性二人は成田空港から那覇行きに乗る予定なんだけど、ギリギリらしくて、
先にやって来た、空港までは行かない電車(成田止まり)に乗り込んでいきました。
(説明してあげたんだけど)
タクシーを使うのかなと思ったら、結局、成田で後続電車に乗り換えたようで
空港駅でも会ってしまいました。笑
でもターミナルが違ったらしく、駅員に「バック!」って。間に合ったのかな?

この時間帯に出発ロビーに来るのは初めてかも。
成田空港にて

一部の銀行は閉店してしまっていました。ちょっと不便?

アテネ到着後、オリンピック航空のヒオス行き出発までの時間は100分。
アテネに定刻通りに着いてくれれば問題ないけれど、遅れた場合を考えて
ヒオスまでバゲージ・スルーにしたかったのですが、「アテネで税関を通るので出来ません
ああ、そうなんだ。。。
オリンピック航空の代理店スタッフが「依頼してみたら?」って言ったんですけどぉ。
化粧品もあるし、他にデイパックもあるので今から機内持ち込みは無理。
エティハドが遅れないことを祈りましょう。
どうやら団体ツアーと一緒の様で、年配と思われる方が多くいらっしゃいます。

出発が10分早くなり21:10発。機内はほぼ満席で、私の隣も中東と思わしき男性客。
機内で「Basilicata Coast To Coast」というイタリア映画を観ましたが、
これがとにかく面白くて、帰路と合わせて4回も鑑賞(笑)

機内食は和食をチョイス
機内食はまあまあ、かな。

12/28 水
4:40 予定より30分程早くアブダビに到着。かっこいいなあ。
アブダビにて (2)
アブダビにて (3)

オイル・マネー恐るべし。キレイな空港ですよ。吹き抜けの周囲にはお店がたくさん。
アブダビにて (4)

集う人もたくさんで、着ている衣服の季節感がバラバラ。
アブダビにて (1)

GATE手前のセキュリティ・チェックでは、靴も脱ぎます。
脱がずに通り、引っかかる人が続出。

アテネ行きは予定通り9:30に出発。
乗り換えが気になって、パーソナル・モニターでずーっとフライト状況をチェック。
到着予定時刻が常に予定より早めになっているので、大丈夫かな。
フライト状況をチェック

12:32 無事にアテネ到着。
小走りで入国審査へと向かうと、EU在住者用の列に手招きされてすぐに通過出来ました。
こういう時に、日本人で良かったなあと思います。
預託荷物をピックアップしたら12:50。
オリンピック航空のカウンターも空いていて、13:00にチェックインも完了。ほっ。
いつものように空港内の教会(礼拝堂)に行って、旅の無事をお願い。

空港にはこんなポスターが数種類、貼ってありました。これ、どこだろう?
アテネ・空港にあったポスター

ヒオス行きに乗り込む
ヒオス行きは14:30発。最後くらいに機内に乗り込んだら。。。
「あれ?どこかで見た顔。。。ん?リコじゃん!
機内前方の席(エコノミーでも上のクラス)に、NebmaのDJリコが座っている!
リコはアテネ出身のはずだから、プライベートじゃないよね?一人みたいだし。
気になりつつも自分の席に進むと、私の前の席に座っている男性が携帯で
「リコが・・・」と話していました。あ、やっぱり~。

15時過ぎに到着したヒオス島(Χίος )。 公式サイト → こちら
「キオス」と表記されることも多いけど、私的には「ヒオス」ですねえ。
ヒオス空港
小さな空港です。
ヒオスに着いたらリコの写真撮らなきゃ!と思ったのに、降りたら速攻で消えていました。あ~

オリンピック航空は、今どき珍しくリコンファームが必要。
3日後の帰路について確認しておきましたが、13:25発で「12時には来てね」って。早くないか?

ネットで予約しておいたホテル「Grecian Castle Hotel」へは、タクシーで向かいます。
3分くらいで、7ユーロ。空港⇔市内中心までは、料金が決まっているみたい。

ヒオスのホテル入り口

通された部屋は広くてきれいで申し分なし。箱に入ったお菓子とガムも貰っちゃった。
ヒオスのホテルで (3)
ヒオスのホテルで (2) ヒオスのホテルで (1)

17:00 外出。海沿いの道を街へ向かいます。
しかし。。。人がいない!!完全にオフ・シーズンです。
海沿いは道がキレイに整備され、カフェが並びます。若い人も多いなあ。
あ!DJリコのポスター発見。今夜、クラブでのイベントに出演するんだ。へ~。
リコ!

日が暮れ暗くなり、どこに何があるのかさっぱりわかりません。
時間が早いせいか、食事をするような店はどこもガラガラ。
やっているのかも不明。(ロンプラに掲載されている店の一つは休業していた。。。)
ヒオスタウンの夜

バス・ステーションはおじさんのたまり場で、バックギャモンをしています。
タバコの煙がすごい。。。
ピルギ行きのバスのスケジュールをチェックしようとしたら、
窓口(スタッフ不在)とドアに貼られたそれぞれの時刻表で、書かれている時刻が違う。むむむ。

すごくお腹が空いているわけでもないし、暗い中を歩き続けるのも辛いので、
夕食はギロを2つ、持ち帰りにします。途中にあったペリプテロでコーラを購入。
街からホテルまでは歩いて10分くらいですが、真っ暗です。
夏なら20時くらいでも明るいし、海沿いの気持ちよい散歩コースなんだろうけどなあ。

18:30 部屋に戻りました。TVをつけたけど、特に見たい番組もなし。
ギロを食べながら、時折ベッドでごろごろの繰り返し。
ギロ二つ

夏なら夜の20時でも22時でも平気で外出するのですが、
寒さと暗さを考えたら、そんな気にはならず。
冬のギリシャでは、この長~い夜をどう過ごすかがポイントです。
明日以降のプランをざっくり考えながら、本日は終了。

€€ 会計メモ €€
交通費 飛行機(アテネ→ヒオス) 115.64 ※日本で事前にネット購入
      タクシー(ヒオスの空港→ホテル) 7.0
食費 持ち帰りでギロ・ピタを2個 2.4×2 ※ヒリノ(豚)、コトプロ(鶏肉)各1
    ペリプテロでコーラ(500ml) 1.3
宿泊費 49.17(ネットの予約サイトで手配。カードで前払い)
※日本国内の移動費は省略

おまけ: NebmaってFamily The Labelのメンバーです。
穏やかそうなリコの彼女は超セクシー美女だったりする。。。
共演しているのがこの曲。 見る目ありますねえ、カテリーナさん。


おまけ その2: 私が4回も観た映画「Basilicata Coast To Coast」のトレーラー。
この映画、おススメです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

22 : 51 : 09 | 1.ヒオス島 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ヒオス島二日目 | ホーム | 懲りずに再び冬のギリシャに行ってみた>>
コメント
★Ricoを知ってる

そして「Ricoだ!」と気づく日本人は
フムフムさん以外にいないと思う。

オイルマネー。オリーブオイルじゃダメかしら。

by: Tomoko  * 2012/03/05 02:30 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: Ricoを知ってる

そうね、名前を知っていても、気付く人はいまい。
どうして無駄なことはたくさん頭に入るのかしら。
Rico、けっこうイケメンだったよ。

オリーブオイル長者、実はギリシャにいるんじゃないのかな?



by: フムフム * 2012/03/05 03:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/131-77a8278d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |