イオス島からミロス島へ
2012 / 03 / 24 ( Sat )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

1/8 日
7:00 起床。せっせとパッキング。
8:30 子供たちとペドロとは家でお別れし、ともちゃんに車で港まで送ってもらいます。

港は閑散としていて、乗客は私だけかと思いきや、ギリギリになって2人、1人とやって来ました。
夏の賑わいに比べたら、本当に少ないです。
イオスからミロスへ

予定通り、9時に船は出航。デッキに出て、ともちゃんに手を振ります
今回もお世話になりました。楽しかったよぉ~
さよならイオス

Ventouris Sea Lines社のΑΓΙΟΣ ΓΕΩΡΓΙΟΣ号は新しい船のようで、
椅子もきれいですし、設備も充実している印象。(私はひたすら仮眠を取っていましたが ^^;)
ミロスへいく船の中

シキノス島(2010年に訪問)、フォレガンドロス島(2011年に訪問)を経由し、
今回、一度はプランに入れたものの、訪れることをやめたキモロス島(Κίμωλος )に到着。
キモロスを経由
意外と多くの人が乗り込みます。ピレウスに行く人たちかしら?

ミロス島(Μήλος )が見えて来ました。→ 公式サイト
かわいらしい色使いの建物が並ぶのは、クリマ(Κλήμα)の村かしら?
ミロスに到着

13:00 港があるアダマス(Αδάμας もしくはアダマンダス Αδάμαντας )に到着。
船から降りた人はわずかで、ツーリストとわかるのは私だけのようです。
ミロス到着

宿泊するホテル・エレーニ(Hotel Eleni)は、海沿いを道なりに左手に歩けばわかるとのことなので、
ネットで見た地図の記憶を頼りにスーツケースを転がします。
別の大きいホテルの裏手なので、近くまで行かないとわからなかったのですが、
とりあえず、迷わずに到着。
※これは翌日撮った写真です。
ミロスの「ホテル・エレーニ」 (1)

ホテルの前を掃き掃除している男性がいます。
問い合わせ時にともちゃんが電話で話をしたオーナーは女性です。
とすれば、この男性はスタッフかな?それともご近所さん?
男性の近くまでは行かず、手前のスロープを歩いてホテルの入り口へ。
ドアを開けると、広いレセプション(ロビー)になっていました。
と、後ろから先ほどの男性が入って来て、「Hello 」
ああ、やっぱりスタッフだったのか。
男性と話をしようとしたら、ホテルの奥からも女性がやって来ました。
こちらがオーナーのエレーニでした。
パスポートをチェックして、車が必要か聞かれます。
私が「免許がないから必要ない」と答えると、ちょっと驚かれましたが、
地図を広げて、島の見所について丁寧に説明してくれました。

ロビーの奥に朝食用の部屋があり、コーヒーとクラビエデスをもらいます。
エレーニが「リビング(ロビー)で?ここ?それとも部屋で?」と聞くので、
さっさと荷物を片づけたいので、部屋に通してもらうことにします。
案内されたのは16号室。ツイン・ベッド、角部屋です。日本でいう2階にあります。
ミロスの「ホテル・エレーニ」 (2)

「ダブルベッドがいいなら、こちらもあるわ。片づけの途中だけど」
と見せてくれたお隣の15号室は午前中まで宿泊客がいたそうで、まだベッドが乱れています。
同じ階の、一度建物を出て、テラスを横切ったところにも部屋があるのですが、
「テラスを通って出入りするのは面倒かもね」とのこと。
まあ、特にこだわりはないので16号室にします。
「コーヒーや紅茶が欲しい時や、何か必要な時はいつでも言ってね。
私たち、家族みたいなものよ!
なんともウェルカムです 笑

コーヒーを飲んで荷解きをして、ちょっと休憩。静かだなあ。

16:00 外出。
インフォメーションが閉まっているのは、まあ予想通り。
ミロス_閉まっているインフォメーション

バスのスケジュールを見てみれば、見事に冬仕様(笑)。
ミロス_バス便少ない・・・

日曜だからかもしれませんが、お店も見事に閉まっています。
港周辺を歩いてみましたが、営業しているのはカフェ3軒とペリプテロ1軒だけ。
※実はカフェと思った1軒は食事も出来る店でしたが、この時はそう思わず。

人は少ないかわりに猫さんはたくさんいました。
ミロス_アダマスの猫さん (2) ミロス_アダマスの猫さん (3) ミロス_アダマスの猫さん (1)
ミロス_アダマスの猫さん (4)

たくさんの猫さんが集まっているのは、旅行代理店の前。
ミロス_アダマスの猫さん (5)
ここのスタッフの女性が段ボールで猫ハウスを作り、面倒をみてあげているようでした。

石段を上ったところで人懐こいトラ猫に会いました。
ずっと私の後をついて来て、時折ジャンプして、頭を私にこすりつけます。
シーズン中は、こうやってじゃれつくと、猫好きな観光客が美味しいモノをくれたんだろうな。
ごめんねえ、何も持ってなくて。
何もあげられないのに、小走りに私の後を追って来る姿に本当に切なくなりました。
かなり歩いたところで、トラ猫の足がぴたっと止まります。
猫ってテリトリーがあるんですよね。多分、ここが彼のテリトリーの境界線。
ちょっと困ったような表情で、その場でうろうろしていましたが、やがて諦めて、
来た道を戻って行きました。
ごめんね。。。涙

日も落ちてどんどん暗くなるので、とりあえず何か食べないと。
ミロス_アマダスの夕暮れ

海沿いをずっと進むとウゼリらしきお店があったのですが、見事に地元の男性で埋まっていて、
さすがの私もちょっと引いてしまう^^;

仕方なく引き返すと、灯りが点いているお店を見つけました。
前まで行くとパン屋さん。店の前にはテーブルが置かれ、コーヒーなども飲めるみたい。
ここでピザとパイを買いました。合わせて5ユーロ。
感じの良い女性スタッフが、メロマカロナをひとつサービスしてくれました。
※後日撮ったお店の外観
ミロス_アダマスのパン屋さん

ホテルに戻ってピザをパクパク。チーズがたっぷりなのでボリューム感があります。
なので、パイは明日の朝食に回すことにします。
ミロス_夕食はピザ
シーズン中であればこのホテル・エレーニは朝食を出しているのですが、
この時期、さすがに宿泊客が私一人では、用意してもらえません。

冬でもミロス島ならそこそこ観光出来るかなと思ったのですが、難しそうだなあ。
すべてはお天気次第かな。
洗濯して旅のノートを書いて、2時過ぎに就寝。

€€ 会計メモ €€
食費 パン屋さんで2点 5.0
宿泊費 25.0(朝食無し)

おまけ: 公式サイトはギリシャ語メインなので、英語サイトを。
ホテルでもらった地図も発行しています。 ここ → http://www.milos-island.gr/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

03 : 29 : 23 | 3.嵐の島巡り・イオス&ミロス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ミロス島二日目 | ホーム | イオス島五日目>>
コメント
★家族・・・

エレニーにイケメンの息子はいなかったのか?!

by: Tomoko  * 2012/03/26 05:07 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 家族・・・

>Tomoちゃん
二人いるんだよ。掃除していたのも息子。
イケメンかっていうと。。。

by: フムフム * 2012/03/26 16:30 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/142-797d3d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |