ミロス島二日目
2012 / 03 / 26 ( Mon )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

1/9 月
7:00過ぎに起床。
8時半発のバスでプラカに向かうつもりがダラダラと仕度をしてしまい、
結局、9時近くになって外出。

ああ、今日も猫さんがたくさん。。。
ミロス_アダマスで

予定を変えて、先にサラキニコ(Σαρακίνικο)という場所へ行ってみます。
昨日、ホテルのオーナー・エレーニに教えてもらった、不思議な景色の場所です。
ちょっと回り道をするようなルートですが、エレーニによれば、
「歩いて行くなら、バスが通る道よりもこっちがいい」とのことなので、
地図を見ながら言われた通りに進みます。

途中に「Mining Museum」という、これもエレーニのオススメの博物館があるのですが、
何とオープンは土曜日のみ。冬だからって、少なすぎ・・・

誰とも会わず、車もほとんど通らない道をのんびり進みます。
海沿いの道から陸側に入り、振り向いた景色 ↓。
アダマスからサラキニコへ (2)

さらに左に折れて歩いて行くと、海沿いにアダマスが見えます。
直線距離ならそれほど遠くないんですけどね。
アダマスからサラキニコへ (1)

私がアダマスの方向を眺めていると、1台の車が停まり、運転席からおじさんが「アダマス?」と
声をかけて来ました。
「?ああ、あっちがリマーニ(港)ですよね」と答えると、
おじさんは助手席のシートをポンポン叩いて、「乗れ」という仕草。
「ああ、違います。港じゃなくて、サラキニコへ行きたいんです。」
「それならアスファルト道路を真っすぐ行って右だよ」
誰かに似ているなあと思ったら、Professional Sinnerzのアダマに似てた

10:10 サラキニコへ下りて行く地点に到達。
ミロス_サラキニコ (2)

10分ほど下って行くと、サラキニコの入り口に到着しました。車はこの先に入れません。
ミロス_サラキニコ (3)

おお~!白い、白い!
ミロス_サラキニコ (4)
ミロス_サラキニコ (1)
ミロス_サラキニコ (6)
ミロス_サラキニコ (7)

地面は固い岩なので、斜面を歩いても滑りません。
面白ーい。地球じゃないみたい。

シーズン中は入り口までバスが来ていて、海水浴客で賑わいます。
ミロス_サラキニコ (5)
ミロス_サラキニコ

2010年にギリシャを旅していた5月は、ユーロビジョン・ソング・コンテストの開催時期で
(開催地はオスロ)、ギリシャ代表がこの人だったという記事を書きました。 → この記事



このPVのロケ地がどこなのか気になるという話を、別ブログでも書いて、
その時は同じように真っ白なヤリ島か?と思ったのですが、サラキニコっぽい気もしますね。
確認出来ないけど。どうでしょう?

30分程ぐるぐる歩きまわり、移動することに。
地図を見たら、プラカに行く前にマンドラキアに寄れそう。

標識を読み解く(?)のに頭をひねりつつも、マンドラキア(Μανδράκια)に到着しました。
ミロス_マンドラキア (2)

海がキレイな小さな集落です。人の気配がありません、
ミロス_マンドラキア (3)

海辺で網の手入れか何かをしているおじさんが一人いましたが、小屋に入ってしまいました。
そのかわり、ここでもたくさんの猫さんがお出迎え。
ミロス_マンドラキア (4)

中央でごろんとしている三毛猫さん、彼女が真っ先に駆け寄って来たのですが、
それが合図のように、7、8匹の猫さんが集まってきました
三毛猫さんを真似てごろんと横たわって見せるコ、足元にすり寄るコ。
マンドラキアをゆっくり見て回るどころじゃありません。

石段を下りて海辺に行けば・・・ついて来る・・・
ミロス_マンドラキア (5)
ミロス_マンドラキア (6)

海を見下ろす石塀に来れば・・・ついて来る・・・
ミロス_マンドラキア (1)

あげられるものは何も持っていないのよ~
12:30 切なさを振り切ってマンドラキアを去ります。

道をどんどん進むと、建物が並ぶ一帯になりました。
ミロス_トリオヴァサロス

地図を見ると、トリオヴァサロス(Τριοβάσαλος )という村みたい。
写真を撮りながら歩いていると、お店の前に地元の人らしき中年男女。
聞こえてきた二人の会話、「ヤポニア(日本)」って言った?
男性の方が手招きするのでとりあえず近づいてみると、ギリシャ語で
布団(寝具)を買わないか?80ユーロだ
は?何故、布団???
男性の足元にはビニール袋で丸く包まれた布団。
「私はミロスに旅行で来ているだけなので、これを買うことは出来ないです」と説明。
なんだ、という顔で男性のセールスは終了。
女性の方がどこから来たの?と、いつもの質問。
話したついでに、ファンタを購入し、プラカへの道を尋ねました。

教えてもらった道を進むと、分かれ道に。ムムム。
片方には「プラケス(Πλάκες )」との表示、もう片方は表示なし。
「プラケス」への道を選んで進むと、すぐにそれらしき集落に着きましたが、
どの道を行っても行き止まり。
ミロス_プラケス
ぐるぐる周っていたら、一軒の家からおじいちゃんが出て来たので、すかさず道を尋ねます。
笑顔で教えてくれるおじいちゃん。

今度は、メインの通りまで無事に出て来ることが出来ました。
「カタコンベ」を示す標識があったので、予定を変えて行ってみます。

カタコンベがあるのはトリピティ(Τρυπητή )という村。
ミロス_カタコンベ (1)
ミロス_カタコンベ (3)
道を示すサインはいくつもあるのでわかりやすかったのですが、今日は月曜日
見事に閉まっていました。ああ~。場所がわかったので、また出直せば良いのですが。。。
ミロス_カタコンベ (2)
・・・悔しいので、木戸を乗り越えて写真を撮って来ちゃったよ!
※反省しています。本当はいけません。
カタコンベは翌日にちゃんと見学したので、この時の写真も一緒にUpします。


カタコンベへと下りる坂道は、途中で古代劇場へ行く道にも別れていますが、
この手の遺跡はあちこちで見ているしなあ、と標識の前まで行ったもののパス。
来た道を戻り、そのままプラカ(Πλάκα)へ。
ミロス_プラカ (1)
ミロス_プラカ (2)

ここでも人に会いません。ミロスってそんなに小さな島だったか?
「カストロ(Κάστρο)」の文字を見つけたので登ってみますが、
どうも途中で間違ったみたい。一番上まではたどり着けません。
またカタコンベを見に来るから、ちゃんと調べることにしよう。
(この日、地図は持ったけど、それ以外のガイドブック等はホテルに置いて来ました)

そういえば、ミロのヴィーナス像の発見場所もこの近くだっけ?
運良く、家の修理?をしていたおじさんを発見したので、尋ねます。
「真っすぐ、真っすぐ行って、別の村の入り口を右。サインがあるよ。5分だ」
え?そんなに近いの?だったら行ってみよう。

で、真っすぐ真っすぐ歩いたら、カタコンベのあるトリピティに戻りました。
でも右に行ったらカタコンベじゃん。ヴィーナス像を示すサインなんてなかったよね?
行き過ぎたかと戻って違う道を探しますが、どうも違う。

アダマスへ戻るバスはもうないので、徒歩で帰るならそろそろタイム・アップ。
仕方なく、メインの通りを下りて帰ることにしました。
途中の店もほとんどが閉まっています。

アダマスに着いたら、スーパーで買い物をしてからホテルへ。
夕食はデリバリーを頼むことにしました。「Γιάγκος」というお店です。
レセプションに行き、お兄さん(エレーニの息子)にお願いしました。
オーダーする前に、ひとしきり電話の相手と世間話をするのがギリシャっぽい笑

30分ほどで届いたのは以下。合計14.4ユーロ。
ミロス_夕食はデリバリー

ミディア・サガナキ 8.5
ツナサラダ 5.9
※パンはサービスでついていました

届けてくれたお兄さん、私が差し出した15ユーロに対して「お釣りだね」、と
ポケットのコインを出して数えようとします。(←この姿、なかなかキュートでした)
私が「Όχι(=No)」と断ると、「!Thank you!」と素敵な笑顔を見せてくれました。

サガナキもサラダも凄い量
ミディ(ムール貝)も11個も入っています。ただし3個は口が開かない
食べ切れなかったサラダを冷蔵庫にしまい、本日は終了。

€€ 会計メモ €€
食費 お店でファンタ(500ml) 1.1
    スーパーでスナック菓子など3点 2.95
    夕食のデリバリー 15.0
宿泊費 25.0(朝食無し)

おまけ: 記事内の地名等のリンク先は主に公式サイトですが、わかりやすいサイトをもうひとつ。
http://www.greeka.com/cyclades/milos/index.htm
これまでもこのブログで度々参照しているサイトです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 19 : 48 | 3.嵐の島巡り・イオス&ミロス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ミロス島三日目 | ホーム | イオス島からミロス島へ>>
コメント
★ユーロビジョンの

2:40のところと
こちらのサイト
http://www.greeka.com/cyclades/milos/milos-beaches/milos-sarakiniko.htm
右のうえから三番目の写真と比較されたし。

・・・どれだけ暇なんだよ。って突っ込みはなしでw
本とは山ほど仕事がたまってるんだよー。
でもこの曲聴くと
「ぺらずめな・くせはずめな」ばかり耳についてしまう。

by: Tomoko  * 2012/03/26 14:50 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: ユーロビジョンの

>Tomoちゃん
>右のうえから三番目の写真と比較されたし。
だな!!!素晴らしい!
いつもお世話になるgreeka.comなのに、今回、いくつかのリンク先をミロスの公式サイトで
済ませてたから、チェックしてなかったわ。リンクも修正しちゃおうかな。
疑問がす~っと解消されたこの快感。ありがとうぉ~

この曲、やっぱりいいと思うよ。ギリシャらしさぷんぷんで。

by: フムフム * 2012/03/26 16:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/143-8a2705ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |