スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ミロス島五日目
2012 / 03 / 30 ( Fri )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

1/12 木
7:00 携帯電話のアラームで起床。
徐々に良い天気になるはずが。。。やっぱり曇天 しかも昨日より風は強いし。
レセプションは無人でしたが、とりあえず外出。

Milos Travel で、今日の14:05発・アテネ行きオリンピック航空のチケットを購入。
手数料込みで50.0ユーロ。安いんですよね。ミロス発着は。

閉まっているのはわかっているけど、Mining Museum まで行き、外観を撮影。
ミロス_Mining Museum

大きなホテルの前にある、アダマスの中心のような広場。
ミロス_アダマスの広場
といってもお天気が悪かったので、人が集まっていることはありませんでしたが。
左にある白い屋根の建物が、昨日、朝食兼昼食を取りに入った「Γιάγκος」で、
写真ではわかりませんが、さらにその左にバス乗り場&タクシー乗り場があります。

少しだけ高台を上った所にあるキレイな教会。
ミロス_アダマスの教会 (1)
ミロス_アダマスの教会 (2)
中には入れませんでしたが、モザイクはなかなか見事でした。
でもこの写真を撮るために門の扉をおさえていたら、左手の中指を挟んでしまい、
まさかの内出血 この旅一番の痛さでした トホホ。

先日寄ったパン屋さんで、ルカニコ(=ソーセージ)・パイ(2.5ユーロ)と、
レーズン入りの、クルーリに似た巨大なパン?(1.2ユーロ)を購入。

ホテルに戻って来たけど、レセプションは無人のままなので、
部屋でルカニコ・パイをパクつきます。美味しかった♪

11:30 再度レセプションに行くと、エレーニに会えました。
午後の飛行機のチケットを購入したことを話すと、
「今日の船は揺れるから、飛行機の方がいいわね。アテネまで30分だし」
バスはないので、空港までのタクシーの手配をお願いしました。
例によって朝食ルームでお菓子攻め 笑
コーヒーを飲みながら、クラビエデス、メロマカロナ、パン屋さんで買ったというチーズ・スティック?が
次々に並びます。
このチーズ・スティックがすごく美味しいの!
エレーニも大好きで、この食べすぎで10kg太ったって。。。

12:00 最後の外出へ。これまで行っていない、海沿いを北へ進む道へ。
ラガダ(Λαγκάδα)ビーチを左に、北へ向かいます。
後ろがアダマスの港の方向。
ミロス_ラガダ・ビーチの先へ (3)

ミロス_ラガダ・ビーチの先へ (2)
遠くに見えるのは灯台だと思うので、あそこまで行けるかしら?

港の方向を振り返って。お天気が良ければ、白い建物が美しいだろうなあ。
ミロス_ラガダ・ビーチの先へ (1)

せっせと歩いたつもりだけど、どうやら時間切れみたい。
残念だけど引き返し、港のそばで写真を1枚。
ミロス_港付近で

依頼したタクシーは12:55に到着。レナという若い女性ドライバーです。
エレーニに宿泊費を現金で支払い、「今度は夏に会いましょうね」とハグしてお別れ。

エレーニと、ホテルの修理等を手掛ける息子。
エレーニと息子さん
息子はもう一人いて、夏は父親がやっているヨットでの観光クルーズを手伝っているそうです。

空港までは5分ちょっと。あっと言う間です。12ユーロ。
ミロス空港

5分ほど待ってチェック・イン開始。乗客は10人もいないかな?
小さな空港で時間をつぶせる施設もないので、待合ロビーで旅のノート書き。
私たちが乗る飛行機は、アテネから来た飛行機がそのまま折り返します。
そのアテネからの便が、天候不良で遅れるというアナウンス。
まだアテネを出ていないってことかな?

13:45 私たちの便の出発が遅れるというアナウンス。どのくらいの遅れかは聞きそびれちゃった。
でも、アテネからの便がやって来る気配、まったくないし。
そして。。。
。。。そして
フライト・キャンセルだって!!(アテネから飛行機が来ない)
あああああ~

空港まで送ってくれたタクシー運転手のレナが、アテネから着いた客を乗せるつもりで
待機していたようで、私を気の毒そうに見ながら声をかけてくれました。
カウンターで明日の8:10発の便に変更してもらい、レナの車でエレーニのホテルに戻ります。
今度は10ユーロ。(2ユーロは電話呼び出しの加算だそうです)

レセプションにいたエレーニにレナが事情を説明。
みんなで考えて、明日、ピレウス行きの船もあるけど、到着が夜遅いので(21:30以降)、
このまま明日の飛行機をキープした方が良いとの結論になりました。

レナに、明日も空港に送ってもらうよう依頼。
エレーニと一緒にミント・ティーとクラッカーをもらって、一息。はぁ~
再び、部屋の鍵を受け取ります。
明日は出発が朝なので、鍵はホテルの外に置いて、とのこと。
今夜は19時半以降はずっとレセプションにいるから、とも。

15:30 本当に最後にしたい外出へ。
先ほど諦めた灯台まで行ってみます。遠くにアダマスの街。
ミロス_灯台に向かう途中で

あら、意外と近かった。
地図にも灯台マークが書いてあるんですが、使われている様子はないような?
ミロスの灯台 (2)
ミロスの灯台 (1)
崖っぷち。

来た道を戻り、ホテルの脇から奥へ入る道を通ってアダマスの中心へ。
スーパーでペプシを購入してホテルに戻ります。
この間に、道では誰にも会いませんでした。

猫ハウスのみんな、寒さに負けないでね~
ミロス_猫ハウス

20:00 今夜の宿泊代を支払うためにレセプションへ。
またまたお菓子攻撃。
(明日、飛行機が飛べば)最後の夜なので、朝食ルームではなく、
サロン(ロビー)のソファに移動し、TVを見ながらお喋り。
エレーニ自身のこと、家族のこと、日本の震災のこと、ギリシャの経済危機のこと。
「え?そんな内輪の話まで」っていうようなことも ^^;
実はエレーニの父親は、ミロス島の元市長さん。オリーブ農園も持つ名士なのでした。
ミロス島は日本の小豆島と姉妹都市。
エレーニの父親は来日もしているし、今も親しくしている方がいるそうです。
友人の友人なので直接の知り合いじゃないけど、実家が小豆島という女性がいて、
今年、その実家がオリーブ農園を始めたという話をエレーニにしたら、
「じゃあ、私の父のことを知っているかもしれないわ」と、メモに名前を書いてくれました。

21:30 ミント・ティーをもう1杯もらい、部屋に戻ることにします。
インターネットで天気をチェックしてもらったら、風の強さは5。
このままなら問題なく飛行機は飛んでくれそう。ちなみに昨日は「9」だった・・・
シャワーを浴びでパッキング。携帯電話のアラームをセットして、23時に就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 飛行機(ミロス→アテネ) 50.0 ※欠航で明日の便に振替 
      タクシー(ホテル⇔空港) 22.0(12.0+10.0)
食費 パン屋さんで パイなど2点 3.7
    スーパーでペプシ(1.5ℓ) 1.19 
宿泊費 25.0(朝食無し)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

22 : 59 : 26 | 3.嵐の島巡り・イオス&ミロス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミロス島からアテネへ | ホーム | ミロス島四日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/146-ded209b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。