カストリア二日目
2012 / 04 / 07 ( Sat )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

1/17 火
7:30 起床。今日も晴天みたい。
カストリア_部屋からの眺め

9時過ぎにのんびり朝食。山小屋風の、このスペースで食べます。
カストリア_朝食はサロンで
カストリア_朝食
私と向き合う形でギリシャ人カップルが座って、何だか気まずいわ。。。

せっかく暖炉付きの部屋なのにマッチもライターも持っていないので(私はスーパー嫌煙家)、
「マッチかライターを貸して欲しい」旨のメモを部屋に残してから外出。10:00。

ホテルは下の階がオーナーの自宅。この猫さんはオーナーの飼い猫かしら?
カストリア_ホテルのオーナー宅
カストリア_ホテルのオーナーの猫さん?
モップみたい。。。

カストリアは教会が多いことでも知られます。これは「Άγιος Στέφανος(アギオス・ステファノス)」
カストリアは教会の街
教会巡りは明日にしようかな。

昨日、タクシーで来た道を通って、バス・ターミナルのある場所に行こうとしたら、
途中で間違ってしまい、北側の湖に出てしまいました。
これはこれで楽しいので、そのまま散歩をしていたけど、
どんどん街から外れてしまいそうなので、引き返し。
南に入る道を見つけて進んで行ったら、見覚えのある場所に出ることが出来ました。

公園にインフィメーションを見つけたので、入ります。
カストリアのインフォメーション
いくつかのオフィスが同居する建物のようで、建物を入ったすぐの壁に案内表示があります。
「ツーリスト・オフィス」を意味するギリシャ語が示す方へ廊下を進み、
それらしき部屋まで来ましたが、開いた扉の中には誰もいません。
仕方なく入り口まで戻り、誰かを探そうと思ったら、そばで携帯電話で話をしていた男性が、「Συγγνώμη(シグノーミ=すみません※呼びかけ)」
私に言ったのかなと男性の方を見ますが、携帯電話で話を続けています。
なんだ、電話の相手に言ったのかと、別の廊下に行こうとしたら
男性が「Just a moment」と言い、電話を終え、ツーリスト・オフィスの方向を指し示します。
ああ、この人が担当者なのね。

一緒に部屋まで戻り、地図とパンフレットをもらいました。
「もう、どこかに行った?カストリアは初めて?」と聞かれたので
「初めてです。昨日着いたばかり」と答えると
壁に掲げたカストリアの全景写真のパネルを使って、どこに何があるのか説明してくれました。
最初は英語での説明だったのですが、私がギリシャ語交じりで応えているうちに、
最後は8割くらいがギリシャ語に 笑

11:40 インフォメーションを出て散策開始。
今日はお天気が良いので、湖沿いを歩き、街の東にある山に登ってみよう。
湖には氷が張っていますが、お天気が良いので寒くありません。
カストリア_湖沿い (2)

夏は観光船が運行するんですね。
カストリア_夏は観光船も

こういった古い建物も見所の一つです。「Αρχοντικό Σκούταρη(Skoutari Mansion)」
カストリア_Old mansion

道は整備されて歩きやすく、散歩に最適です。
はぁ~、本当に美しい街だなあ。
カストリア_湖沿い (3)
カストリア_湖沿い (4)
カストリア_湖沿い (5)
カストリア_湖沿い (1)

「Άγιο Αθανάσιο(アギオス・アサナシオス※格変化でς が落ちている)」の標識を確認し、
湖を離れて山道を登って行きます。
山の頂上にアギオス・アサナシオス教会があり、インフォメーションのお兄さんが
「一番高い場所なので眺めがいい」と言っていた場所です。

少し上った辺りでの眺め。いや、ほんとキレイだわ。
カストリア_山道を進む (2)

↓ 山道を、後ろを振り返りつつ。
カストリア_山道を進む (3)

途中には見晴らし台も。落書きは困ったモンですが、いい眺めだな~
カストリア_山道を進む (1)

歩きながら何度も深呼吸。楽しい~、気持ちイイ~

ちょっと歩いては、立ち止まって写真を撮ったり、景色を眺めたりのノンビリ・ペースで、
アギオス・アサナシオス教会に着いたのは14:00でした。
カストリア_Αγ.アサナシオ (2)
小さな教会です。横から見るとこんな感じ。↓ 色使いがかわいいですね。
カストリア_Αγ.アサナシオ (1)

山の頂上なので眺めは良好。ただ、木が多くて、写真の邪魔をする~

教会の周りは広く開けていて、近くに大きなレストランがあります。
カストリア_「オ・キポス・ティス・アガピス」で (1)

ここで昼食にします。お店の名前は「Ο ΚΗΠΟΣ ΤΗΣ ΑΓΑΠΗΣ(オ・キポス・ティス・アガピス)」
愛の庭?と思ったら、オーナーの名前にアガピさんがありました。
私が入る直前に1組のお客さんが出て行ったら、他にお客さんはいませんでした。

広くて明るい店内です。暖炉も燃えています。
カストリア_「オ・キポス・ティス・アガピス」で (3)

オーダーは以下の通り。安いですよね。

ティガニア・ヒリニ 6.5
ザジキ 2.5 
プソミ 0.5

本当はトマト・ケフテデスも欲しかったのですが、「今日は無い」そうで。
「何か飲みます?」と聞かれ、すでにテーブルに運ばれた水(500mlのボトル)を
「これを」と指します。
店内のほとんどがガラス張りで、とにかく眺めが良いお店です。

ザジキはちょっとゆるめ。にんにくの辛味も抑え気味。
カストリア_「オ・キポス・ティス・アガピス」で (2)

色んな所でティガニアを食べていますが、どこも少しずつ違うんですよね。
ここは(多分)ソテーした野菜(ネギ、赤ピーマン、きのこ)と、チーズが入っています。
カストリア_「オ・キポス・ティス・アガピス」で (4)
カストリア_「オ・キポス・ティス・アガピス」で (5)
うわ~、これ、美味しい!!!高得点!

見事に完食。居心地が良いのと、あまりに会計が安いので、コーヒーを追加オーダーしました。
店のお兄さんに「スイーツは?ヨーグルトと○○がありますよ」ギリシャ語で言われて、
「○○」が聞き取れなかったので聞き返そうかと思ったけど、
ホテルの朝食にはヨーグルトが無かったことを思い出し、ヨーグルトをお願いしました。

やって来たヨーグルトとコーヒー(フィルター)。
カストリア_「オ・キポス・ティス・アガピス」で (6)
ヨーグルトにはクルミがのっています。コーヒーもたっぷり入って美味しい♪

のんびりしすぎて16:00になるので会計をしてもらったら、まさかの12ユーロ。
追加したコーヒー(2.5ユーロ)は含まれていますが、お水もヨーグルトも伝票にありません。
ヨーグルトの容器を指しながら、「これが入ってない・・・」と、お兄さんにギリシャ語で言いかけたら
「Όχι(=No)」 !!!サービスなの?
20ユーロ札で支払ったら、「2ユーロありますか?」
22ユーロの支払いで、10ユーロ札が戻りました。
・・・これも「チップはいりません」に思える。。。
でも、1ユーロを置くことにしました。
美味しかったし、サービスも良かったし(店を出る時、ドアを押さえて見送ってくれた)、
入って良かったお店でした。

帰りは、来た道とは違う、山の西へと下りて行く道を進みます。
こちら側はまだ雪が残っています。iPodを聴きながら、サクサク進みます。
カストリア_山を下る

途中にあった「Προφήτης Ηλίας(プロフィティス・イリアス)」。
カストリア_プロフィティ・イリア
教会の中には入れなかったのですが、ドアのガラス部分から覗いて見たら
とってもとってもキレイでした。入って見たいな~

どんどん下っていったら、ホテルの近くまでやって来ました。
ああ、ここにつながる道だったんだ。(←わからずに歩いていた人)
沈む太陽がキレイです。
カストリア_ホテルそばからの夕焼け

部屋に帰ろうと思ったものの、ホテルのそばにある「ΑΓΙΟΣ ΣΩΤΗΡΑΣ」の標識が気になる。。。
地図には載っていない教会だなあ。ここから距離はどのくらいあるんだろう?
とりあえず、行ってみようかな。

カストリア_アギオス・ソティラスへ (2)
細い山道なので暗くなったらちょっとイヤかも。
もう太陽は山の向うに隠れてしまったので、そんなに時間は残っていません。
時刻は17:15くらいかな?

少し不安になりながらもせっせと歩いて行くと、10分位で小ぢんまりとした教会に着きました。
カストリア_アギオス・ソティラスへ (1)
湖沿いの道からも上って来られるみたい。
周囲の石段が雰囲気を出しています。残念ながら閉まっていて、中には入れず。

教会の脇に、さらに上へと続く石段があります。
カストリア_カストロへ (1)

山から下りて来た道につながるのかと思い、林の中を進んで行ったら岩場に出ました。
カストリア_カストロへ (2)
これはカストロ?ここも眺めがいいなあ。
暗くなって、ちゃんとした写真が撮れないのが残念。明るい時にまた来ようかな。
足元が見えるうちにホテルに戻ります。18:00。

部屋に入ると、何故かベッド・メイクがされていませんでした。
なのでマッチの件も伝わらず。
パネル・ヒーターのおかげでまったく寒くないので、無理に暖炉を使う必要はないし、
試してみたいだけなら、明日でもいいか。

この後のプランを練っていたら、いじっていたiPodがカストリアのラジオを拾いました。
へえ~、面白い。

散歩が楽しいカストリア、かなり好きな街です。

€€ 会計メモ €€
食費 エスティアトリオで昼食 13.0
宿泊費 45.0(代理店で手配) 

※とりあえず記事をUpしましたが、補足に使えるリンク先が見つかったら加えると思います。多分。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 55 : 42 | 5.本土北部を周遊 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カストリア三日目 | ホーム | テサロニキからカストリアへ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/151-4a768eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |