スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
カヴァラ二日目
2012 / 04 / 16 ( Mon )
※2011年12月27日~2012年1月26日までのギリシャの旅の記録です。

1/20 金
7:30 起床。雲がちょっと多いかな?
カヴァラの朝 (2)
カヴァラの朝 (1)

8:10 朝食を取りに最上階へ。
おお、すごく豪華ですよ。惣菜の類が多くて嬉しい。
カヴァラ_ホテルで朝食 (2) カヴァラ_ホテルで朝食 (1)

ガラス張りなので眺めも良好。タソス行きの船も見えます。
カヴァラ_タソス行きの船

お天気がいま一つなので、日帰りのタソス行きはやめて、カヴァラで過ごすことにします。
その前にKTELに行き、明日の移動のためのバスの時刻をチェック。
tinakiさんに教えてもらった移動ルートの一つ、セレス行きのバスは3便。
7:20、15:00、17:30発です。う~ん、多いとは言い難い本数だなあ。
セレスからは19時過ぎの電車に乗り換えなので、セレスで2時間以上の電車待ち。
窓口で私が時刻を復唱しようとしたら、担当のおじさんは「書いてあげよう」とメモしてくれました。

続いてインフォメーションへ。
カヴァラ_インフォメーション
スタッフは若いお姉さんが一人です。
地図やパンフレットが欲しいと告げると、すぐに地図を出してくれましたが、まさかの
有料でございました。3ユーロ。
地図を広げて、見所を英語で説明してもらいます。
他にも色々と資料が並んでいますが、ほとんどが有料です。。。

フィリピ遺跡のポスターが貼ってありました。
広いな~!見たいけど、お天気の良い時の方が気持ちいいかなあ。

一度、ホテルに戻り、街歩きにはいらない資料を置いてから再度、外出。11:00。
インフォメーションの脇を北東へ歩くと、お店が並ぶ一帯に着きました。
多くの人で賑わっています。
スーパーのカルフールは、私がこれまで入った中で最も巨大でした。(日本の食材もアリ)
※ファリロのカルフールも巨大でしたが、そこでは店内全部を見ていないので・・・
30分以上、店内を見て回り、缶の柄がかわいいハチミツを購入。250gで3.94ユーロ。

そこから東へ向かうと、ローマ式上水道(Καμάρες )にぶつかりました。
修復したのかな?形がしっかり残っています。↓ ここがスタート。
カヴァラ_ローマ式上水道 (2)
カヴァラ_ローマ式上水道 (3)
カヴァラ_ローマ式上水道 (4)
カヴァラ_ローマ式上水道 (1)
水道の下、少し歩いたところには、木の造りを生かしたお洒落なカフェが多くありました。

そのまま南へ行くと、ビザンティン時代の城塞があるパナギア(Παναγία)という地区。
インフォメーションで「パステル・カラーの家が多く並ぶ」と教えてもらった場所です。
カヴァラ_ネアポリスの案内図

壁がキャンバスになっているカフェ。
カヴァラ_壁がキャンバス

丘なので階段と坂が多く、道は入り組んでいます。
カヴァラ_パナギア地区の建物 (1)
カヴァラ_パナギア地区の建物 (2)
カヴァラ_パナギア地区の建物 (3)

ギリシャでもその豪華さではトップ・クラスだというホテル「Imaret」。
カヴァラ_イマレット (2)
カヴァラ_イマレット (1)
元は養老院として使われていた建物です。1泊1500ユーロを超える部屋もあるそうで。
外からでは、豪華さはさっぱりわかりませんが^^;

路地のあちこちで猫さんに会いました。警戒心が薄いけれど、みんな地域猫なのかな?
カヴァラの猫さん (2) カヴァラの猫さん (3) カヴァラの猫さん (4)
カヴァラの猫さん
カヴァラの猫さん (1)
↑ 視線の先では、食べ物を手にしたおばあちゃんが、窓から猫さんに声をかけています。

見所の一つである、「モハメット・アリ(ムハンマド・アリー)の家」は閉まっていました。
横にあったのは彼の騎馬像。この裏手からは海が見えます。
カヴァラ_モハメット・アリの像

そばの大きな教会はキミシ・セオトク教会。(多分)
カヴァラ_キミシ・セオトク教会

この先に灯台があったのですが、そばまでは行けないようなので引き返し。
違う道を通ってカストロ(Κάστρο ※アクロポリスとも)へ。
行き先案内の表示が洒落ていますね。ここでは「φρούριο(=fortress、要塞)」という語を使って
います。
カヴァラ_パナギア地区の標識

入場料は2.5ユーロ。広くはありませんが、壁はしっかり残っています。
カヴァラ_アクロポリスへ向かう カヴァラ_アクロポリス入り口
カヴァラ_アクロポリスで (4)
カヴァラ_アクロポリスで (1)

この一筆書きチックなイラスト、センスありますよねえ。
カヴァラ_アクロポリスで (5)

丸い塔の中を登ることが出来ます。
カヴァラ_アクロポリスで (3)
階段は狭く、高さがない所をくぐるのでちょっと大変ですが、上まで来れば良い眺め。
カヴァラ_アクロポリスで (2)

カストロを出て道を下って行くと、上水道の下に戻って来ました。
ああ、ここに繋がっていたのね。(←よくわからず歩いていた人)
港付近や海沿いを散歩して、16:30頃にホテルに戻りました。

海側から見たImaret。
カヴァラ_海側から見たイマレット

19:30 夕食を取りに外出。
昨日と違うお店にしようかと思ったのですが、お隣の店は少しだけ高く、
何だか面倒になったので、再び「イ・オレア・ミティリニ」へ。
ホール係のおじさん、私のことを覚えているようで、ギリシャ語でガンガン話しかけてくる^^;
オーダーは以下の通り。合計15ユーロに、支払い時に1ユーロをプラス。

パスティッチョ 7.0
ズッキーニのフライ 5.0
グラス・ワイン(白) 2.0
プソミ 1.0

最初、ワインを飲むつもりはなかったのですが、昨日はビールを頼んだので、
「何か飲まないのか?ワインがいいぞ」と、おじさんにそそのかされました 笑
プソミ(パン)も、昨日は完食したので、今日は有無を言わさずにサーブ。

近くのテーブルに、地元のおじさんのグループがいます。10人位かな?賑やかです。

ズッキーニの量がスゴイ。。。店のおじさん「食べろ、食べろ!」みたいなアクション。
カヴァラ_「イ・オレオ・ミティリニ」で

そしてまたも大きなカタイフィをサービスされました。く、苦しい。。。

21:30 店を出てホテルに戻ります。
旅のノートを書いたり、パッキングをしたり。就寝は1:30。

明日はまたもや大移動です。
タソス島に渡れなかったのは残念ですが、島で泳げる時期にまたカヴァラを訪れたいと思います。

€€ 会計メモ €€
食費 プサロタベルナで夕食 16.0
宿泊費 64.0 
その他 カヴァラの地図 3.0
      カストロ(アクロポリス) 入場料 2.5
      スーパーでハチミツ(自分用のお土産) 3.94 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 58 : 25 | 5.本土北部を周遊 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<カヴァラからアナトリへ | ホーム | カストリアからカヴァラへ>>
コメント


カヴァラ、素敵な街ですね~。
テッサロニキから日帰りが出来そうなら、日帰りでもいきたいなーという感じです。
そして、相変わらずエーゲ海巡りで悩み中。(笑)もう、色々行きた過ぎて完全にギリシャリピーター候補です。
という訳で、2つの島に絞って、最低2泊ずつしようかなーと。そうなると、ミコノスは予算オーバー(ホテルが高いので。ってか私ケチ過ぎ!?)なので、他にしようかなと思ってます。とりあえずは、移動(船のみの予定)の時間もあるし、キクラデス諸島のどこかで雰囲気が若干異なる感じの島に行こうかなと今は思ってますが、また明日気持ちが変わる可能性も。。。苦笑い。あー、興味ありすぎるのも困ったものですよねー。(笑)罪な島々です(笑)

by: goody0430 * 2012/04/18 02:35 * URL [ 編集] | page top↑
★>goody0430さん

テサロニキ⇔カヴァラはバスも多い(1時間に1本はある)ので、アクセスはいい方ですよね。
テサロニキ周辺も見所は多いし、悩むところです。
私もタソス島に行くために、いつか再訪します!

>相変わらずエーゲ海巡りで悩み中。(笑)
わかります~!調べれば調べるほど、行きたい場所が増えてしまうんですよね。
私なんて、このブログを書くためにも調べ直しをしていますけど、
当時は知らなかった場所、行けなかった場所がわかる度、「キィ~!!」ってなってますから。
キクラデス諸島内もたくさん島がありますもんねえ。
でも本当にシーズン中のミコノスは断トツで高いと思うので、
ちょっと時期をずらした方が、人の多さからも逃れられていいかもしれないですね。
そうなると、もう「リピーター候補」ではなく「リピーター決定」ということで(笑)

by: フムフム * 2012/04/18 18:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/154-54ee83f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。