スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アンディキティラ島からクレタ島へ
2012 / 09 / 06 ( Thu )
※2009年5月20日~6月7日までのギリシャの旅の記録です。

5/28 木
暗がりに、港に向かって人が歩いて行く姿が見えたので、私も荷物を持って部屋を出ます。

4:00 船が到着。LANE SEA LINESの船です。
クルーにチケットをまだ買っていないことを告げると、ファミレスみたいなソファがたくさん並ぶところに案内され、その後、オフィスに通されてチケットを購入。
アンディキティラからクレタ島のキサモスまで、9.5ユーロ。
他にも二人、チケットを買った人がいたけど、アンディキティラで乗ったのかな?

最初に案内された場所は、セルフサービスで食事を取るエリアみたい。
クレタへ向かう船内
もちろん、この時間はカフェも売店も営業していないので、誰もいません。
移動してみると、TVが設置されたラウンジがありました。
ここがエコノミーの席(特に席番号はありません)なのかな?
少しだけどシートがリクライニングになるので、ここでウトウトすることに。

6:00 キサモス(Κίσσαμος )に到着。現地ではカステリ(Καστέλλι)の名の方が通りがいいかも。
1軒の旅行代理店がある以外にはこれといって何もない、ちょっと殺風景な港。

キサモスの街の中心はここから3、4kmは離れています。
1台停まっていたタクシーは、私より先に船を下りた客を乗せて、サーッと出発。
まだ朝も早いし、眠気覚ましにのんびり歩くのもいいかもしれないな。

まだ停泊している船や周囲を写真におさめていたら、匍匐前進(笑)で近付いて来る物体が!
キサモスの港で
かわいい犬です。首輪をしてないけど、野良なのかな?
私の周りをクルクル周って、人懐こい~

急ぐ旅ではないから遊んでいたけれど、キリがなさそうなので、「じゃあね~」と街の中心に向かって
歩き始めたら、そのワンちゃんも尻尾を振ってついて来る!!
追い払うのも心苦しいのでそのまま一緒に歩いていたけれど、前に後ろにと、ちょろちょろするから、
車が通るたびにヒヤヒヤ
クレタ_キサモスの港から市内へ向かう
門の前にいるのがわかりますか?

途中、後部座席に客を乗せたタクシーが、「街へ行くのかい?」と声をかけてくれましたが、
「写真を撮りながら、歩いていきたいから」と断ります。
30分以上歩いても、ワンちゃんは嬉しそうに私のそばにいます。
やばいなあ。本来のテリトリーはどこなの?
意識してワンちゃんとの距離を取ったり、立ち止まったりしているうちに、姿が見えなくなりました。
港に戻ってくれたのかな?

アンディキティラから乗って来た船が去って行きます。次の行き先はレシムノだったかな?
去って行く船

キサモスの街が見えてきました。
クレタ_キサモスの街

クレタ_キサモス市内に入る
港を出てから1時間。ようやく街の中に入って来ました。
朝早いせいか、誰にも会いません。何だか静かというか、地味というか・・・
海沿いに宿らしき建物もありますが、人の気配がないなあ。
キサモスでも1、2泊してみようかと思っていましたが、ハニアに移動しようかな。

開店準備をしていたスーパーのおじさんにKTEL の場所を尋ねると
「この道をまっすぐ、10分くらいだよ」

クレタ_キサモス
やっぱりちょっと殺風景?写真の奥の方には海があるんですけど。

なかなかKTEL にたどり着かないので、カフェニオにいたおじさんにも尋ねたら、通りから脇に入った場所にありました^^;

写真・入り口にいるポロシャツのおじさんから、建物内でチケットを買ったのですが(4.2ユーロ)、
ドライバーでもありました。
クレタ_キサモスのKTEL

あと5分で発車するので、急いでスーツケースを荷物置き場に入れて、バスに乗り込みます。

時折り左手に海を眺めながら1時間程走り、9時過ぎにハニア(Χανιά )に到着。
公式サイト → http://www.chania.gr/

オールド・タウン側の出口からバス・ターミナルを出たら、少し迷いながらもファストフードの
everest」のお店を見つけ、現在の位置を把握。
事前にチェックしていた宿、「VRANAS STUDIO」を探し当てました。

併設されたネット・カフェでオーナーらしい男性に部屋があるか尋ねると、
「30ユーロの部屋と40ユーロの部屋があるよ」とのこと。
「部屋を見たい」というと、「こっち(No.22)が40で、こっち(No.36)が30」と鍵を手渡されます。
ああ、勝手に見て来ていいのね。
クレタ_ハニアの宿 (2) クレタ_ハニアの宿 (1)

まずはNo.22。日本でいう3階にあり、南側に面しているので明るく、大きな窓と小窓とあります。
ソファ、ロー・テーブル、TV、ぴったり並んだツイン・ベッド、ドレッサー、キッチン。
長いバスタブもあります。落ち着いた内装です。(写真撮れば良かったなあ~)

続いてNo.36。最上階、日本でいう4階です。西向きかな。窓は1面のみ。
ソファ・セットはないけど、その分、部屋が広く感じられます。キッチン、TV、ドレッサー。
小さいけど、こちらもバスタブ付き。
クレタ_ハニアの宿 (3)
クレタ_ハニアの宿 (4)

かなり悩んだ末に、No.36の方、30ユーロの部屋に宿泊決定。
ネット・カフェ(兼レセプション)に戻り、3泊出来ることを確認し、部屋へ荷物を持ち込みます。

宿がある通り。いい感じでしょう?
クレタ_ハニアの宿がある通り (2)
クレタ_ハニアの宿がある通り

10:30 近くのスーパーへ。ハニアでは、この「INKA」というスーパーが目立ちました。
クレタ_ハニアのスーパー

広いお店にワクワク。でも、野菜と果物の売り場は、お店の規模からしたら狭いような?
何故かギリシャ人の老婦人に、「これはクリームかしら?」とギリシャ語で聞かれて焦りつつも、
とりあえず買い物終了。

宿に戻ってウトウトしていたら、14:00!昼食を取りに外出。
私の部屋の窓から見下ろせる場所に、「ソロス(Ο Θόλος)」というお店があります。
クレタ_ハニアの宿から見下ろした「ソロス」
※別の日に撮った、私の部屋のバルコニーから見た「ソロス」

クレタ_ハニアの「ソロス」 (1)
店の入り口に置かれたメニューをパラパラとめくっていたら、いつの間にか隣にスタッフが!
「ヤーサス。パスティッチョはありますか?」
「ないんですよ。美味しい料理ですけどね。ムサカならありますよ」
「ムサカとズッキーニ・ボールと両方食べたいけど、多過ぎ?」
「ムサカにはポテトにナスに色々入って、それだけで満足感あるからね。でも人によるし」
「小さいサイズって出来ます?」
「ムサカはポット(キャセロール)で作るから、同じサイズのみなんですよ」
でもムサカだけじゃ寂しいし、と二人であれこれ検討してドルマダキアが候補に。
時々、妙に酸っぱいドルマダキアにぶつかるけど、「酸っぱくない」と言うスタッフの言葉を信じ、
この2品をオーダーすることにしました。
このスタッフ(温和な若い男性)は日本人の友人がいるそうで、2週間前にドルマダキアについて
メールで教えてあげたそうです。
※ちなみに私とスタッフとの会話は、8割が英語です^^;

ドリンクのオーダーを忘れた、と思ったら、テーブル・ウォーターが出てきました。

クレタ_ハニアの「ソロス」 (3)
ドルマダキア登場。小さいとはいえ8本もある!
「多い~」と訴えると「グリーク・サイズはこうなんですよ」
ついでにドルマダキアについて軽く説明してくれて、「このお皿が済んだらムサカを持って来ますね」

おいおい、8本も一人で食べるのかよ~と、困りつつ一口。
「美味しい!」
全然酸っぱくないし、中のライスが温かいし、とても軽い感じ。これなら大丈夫。
様子を見に来たスタッフにも「OK」と答えます。

パクパク食べて、ドルマダキアが残り1本となったところで、先ほどのスタッフとは別の男性が
ムサカを運んで来ました。
「まだだった?」「いいえ、ここにどうぞ」
クレタ_ハニアの「ソロス」 (4)

ムサカもグリーク・サイズ・・・ デカイんですけど^^;
ほんと、これだけで満足感たっぷりですね。
このムサカも美味しくて、シナモンが強すぎず(実はあんまりシナモンが好きじゃない私)、
味はしっかりしているのにクドイ感じがありません。

せっせと食べますが、さすがに完食は出来ず。
最初のスタッフが「食べ切れなかったら、take away用にパック出来ますよ」と言ってくれたけど、1/4も残っていないので諦めました。(ちなみにパンも美味しくて、オリーブのパテが付きました)
お会計は以下の通り。合計で13.5。支払いはいったんは14にしたものの、さらに0.2足しました。
(何となく・・・)

ムサカ 7.5
ドルマダキア 4.5
カバー 1.5

カバーがいつもより高いけど、お水をオーダーしていないことを考えたらそうでもないかな。

テーブルから私の泊る部屋を見上げます。最上階の左、葉っぱで覆われているところが私の部屋。
クレタ_ハニアの「ソロス」 (2)

この「ソロス」、横道に入ったところにあるので静かで、石造りの内装が涼しげな席と
明るい上の階の席とあって、雰囲気がいいなあと思いました。
ホームページが見られないので、紹介ページ → ここ

16時を回ってから部屋に戻り、旅のノートを書いたり、荷物を出したり。

夜になって、外では音楽が聞こえています。
静かなアンディキティラから来たせいもあるけど、ハニアはとにかく賑やかな街。
まだオールド・タウンをちゃんと歩いていませんが、思いのほか活気がある印象です。
何でも揃って便利なのは助かりますけどね。

洗濯もしたいけど、さすがに昨夜の睡眠不足がたたり、もう動くのがおっくう。
洗顔をしたら、そのまま特大ベッドで爆睡です。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(アンディキティラ→キサモス) 9.5
      バス(キサモス→ハニア) 4.2
食費  エスティアトリオで昼食 14.2
     スーパーで水など8点 計8.36
宿泊費 30.0(朝食無し)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

01 : 21 : 37 | 3.クレタ島 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<クレタ島二日目 | ホーム | キティラ島からアンディキティラ島へ>>
コメント
★美味しそう♪

ドルマダキア、気になってはいたんですが、どうもどこか(フランスのどこか)で食べたのが好みでは無くって、それ以来敬遠してるんですよね。なので、ギリシャでも試さずでした。。。が、酸っぱくないんだったら美味しそうですね☆レストランの雰囲気もいいし気になります。
本当、フムフムさんのブログ見てたら行きたい島が増えてしまって困ります(笑)

by: goody0430 * 2012/09/06 01:59 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 美味しそう♪

私もずいぶん前に「???」なドルマダキアを食べたことがあって、あまり積極的にはオーダーしないんですよ。
でも、このお店のは本当に美味しいと思いました。
スタッフも感じ良いですし、おススメ出来ますよ♪
クレタ島は見所たくさんで、私もほんのちょっとしか知らないんですよ~
大きな島なので、車、というか運転手がいた方が絶対に良いです。(←力説)

by: フムフム * 2012/09/06 02:18 * URL [ 編集] | page top↑
★なにこれ!

ここはおとぎの国ですか?

by: Tomoko * 2012/09/06 14:27 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: なにこれ!

> Tomoちゃん
キクラデスの島の「白+青」の色使いとは違うよね。
バルコニーの枠や門のデザインとかも、装飾性が高いし。
ギリシャの島と一口に言っても、場所によって景色・雰囲気は様々だから、周りがいがあるというものです。
(と、まともなコメントをしてみましたw)

by: フムフム * 2012/09/06 16:12 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/169-f3ce1b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。