ピレウス経由スペツェス島へ
2012 / 09 / 19 ( Wed )
※2009年5月20日~6月7日までのギリシャの旅の記録です。

6/1 月 
5:30 ピレウスに到着。
乗客数が半端ないので、出口は大混雑。船を出るのに一苦労です。

とりあえずクレタ島から戻ってきたものの、帰国はまだ先なので、もう一つ島に行けそう。
近場のサロニコス湾でまだ訪れていない島を考えて、浮んだのはスペツェス島。
湾の形と太陽の位置から現在地を判断し、サロニコス湾の船が出る方へ歩きます。

混んでいたり、一人しかいないスタッフが電話中だったりで、2つの旅行代理店をパス。
3つ目の代理店でスペツェス島行きの船について尋ねると、大型のフェリーは無いと言うので、
8時発の Hellenic Seaways フライング・ドルフィンのチケットを購入。35ユーロ。

E8のGATEを探すのに少し戸惑ったものの、何とか船を見つけました。
揺れそうだなあ
ピレウスからスペツェスへ

出発の30分前から乗船開始。2-4-2の座席配列。けっこう埋まりました。
みんな、きちんとチケットの座席通りに座っているようです。
停泊している時は揺れまくっていた船は、走り出すと問題ありませんでした。
(この日が穏やかな天候だったせいもあるかもしれません)

1時間でポロス島、さらに40分走ってイドラ島に到着すると多くの人が降りました。

スペツェス島(Σπέτσες )まで乗っていたのは15人程。
船が着くのはダピア(Ντάπια)・ハーバー。
スペツェス島公式サイト → http://www.spetses.gr/

日にちが余っていたので来てみたスペツェス島なので、資料も下調べもほとんどなし
港のそばの旅行代理店でシンプルな地図をもらったら、次は宿探しです。
ちびリモワを転がしながらプラプラしていたら、おじさんに声をかけられました。
ぱっと見はわからないけど(だって、手ぶらなんだもん・・・)、実は客引き。
1泊30ユーロだというので、見せてもらうことにしました。
途中で若いカップルも拾って、4人で坂道を上って行きます。

着いたのは「 Villa Christina Hotel 」。中庭がキレイな、こぢんまりとしたホテルです。
スペツェスの宿「Villa Christina Hotel」 (1)

最初に案内された部屋は広さはまずまず。2台のベッドがL字に配置されているのが不思議。
奥にあるせいかひんやりして気持ちがいいのですが、ちょっと暗いような?
別の部屋も見せてもらうと、こちらは先程の部屋と比べるとやや手狭な気がしますが、
使いやすそうな対称のレイアウトだし、ずっと明るい印象です。
スペツェスの宿「Villa Christina Hotel」 (2)

おじさんに「君が選ばない方を別の人にオファーする」と言われ、悩んだ末に2つ目の部屋に決定。
スペツェスの宿「Villa Christina Hotel」 (3)
おじさんの奥さんらしき女性が、フラッペを出してくれました。
フラッペを飲みながらせっせと荷解き。
クローゼットもタンスの引き出しも、埃ひとつない清潔さ!
安心して、ほとんどの荷物を収納。

シャワーを浴びてから外出。
スペツェスの海
海沿いをぐるりと回ったら、戻って宿へ続く坂道を上り、迷いながらも再び海へ。

昼食を取ろうと、人がけっこう入っているお店に寄ったら「カフェのみ」と言われたので、
海沿いのエスティアトリオ「ΣΠΕΤΣΙΩΤΙΚΟ(スペツィオティコ)」へ。時刻は13:45。
スペツェス_「スペツィオティコ」 (2)
スペツェス_「スペツィオティコ」

オーダーは以下の通り。合計で15.5。支払いは1ユーロをプラス。

タコのマリネ 9.0
タラモサラタ 3.5
白ワイン(ハーフだったような?) 2.0
プソミ 1.0

店のおじさんに「タコ(のお皿)は小さいよ」と言われたのですが、それはギリシャ人にとっての
「小さい」だから、「じゃあ、もう1品」などという無謀な真似はやめておきます。

ということで、色的に地味ですが。
スペツェス_「スペツィオティコ」 (1)
タコは柔らかすぎず固すぎず。美味しいです♪
タラモは見た目がかなり白いけど、好みの味でした。

14:50 プソミも含め完食。「小さい」を真に受けて、もう1品取らなくて良かった。
お店のホームページは見つかりませんでしたが、Tripadvisorに短い紹介と、お店の写真を多く掲載しているサイトがありました。 → ここ と ここ

いったん部屋に戻って、午後の時間を旅のノート書きと増えた資料等の整理にあてます。
部屋に西日が差して暑いかなと思ったら、そうでもなくて助かった。
※訂正 部屋は南東向きでした。

18:00 涼しくなったので、夕方の散歩に出掛けます。
オールド・ハーバーまでの海沿いの道をのんびり歩きます。気持ちいいなあ。

途中、ものすごーく人懐こい猫さんに遭遇。しゃがんだ私によじ登って来そうな勢いで、
通りかかったおじさんに「Τί κάνεις;(この状況では「何してるんだい?」)と声をかけられる始末。
スペツェスの猫さん (2) スペツェスの猫さん (3)

この猫さん、かわいい寝姿ですね。
スペツェスの猫さん (1)

どんどん歩いて森のような場所まで来たので引き返し。
大きな教会が見えたので、坂を上って行ってみます。
アギオス・ニコラオス修道院(Μονή του Αγίου Νικολάου)です。
1821年4月3日、島が独立する際に旗を掲げた、歴史ある場所。

老婦人が一人いたので、断ってから教会(アギオス・ニコラオス大聖堂)の中へ。
天井と壁の上半分位がイコンで埋め尽くされています。すご~い!!
吊るされた灯りも、手入れがされて眩しいです。はぁ~。。。
あまりに素晴らしかったので、「写真を撮りたい」と言うのが下世話に思えてしまいました。
ちなみに、2010年に、元ギリシャ王室のニコラオス王子がここで結婚式を挙げました。
参考 → ここ と ここ

教会を出たら、中庭にかわいい子猫の兄弟3匹を発見!!
写真を撮ろうとしたらお母さんも出てきました。ここで家族そろって面倒をみてもらっているのかな?
スペツェス_Αγ (1)
スペツェス_Αγ (2)
※後日、再訪したので、この修道院と猫さんの家族はまた登場します。

ダピアの港まで戻り、さらに海沿いを北に歩いてみます。
確かこのあたり、クヌピッツァ(Κουνουπίτσα )という地区に美味しいタベルナがあったはず、と、
道沿いのお店を気にしながら歩いていたら、あっさりそれらしき店を発見。
メニューをのぞいてみたら、お魚がオススメみたい。
お昼がタコだったので、あまり魚を食べる気分じゃないなあ、と、もう少しだけ歩いて引き返します。

夕食をどうしようかなあ。
メインの坂道を行き山道を上った先にも、評判の良いお店があるらしいけど、すでにとっぷりと日が
暮れてしまったため断念。
とりあえず、スーパーに行って食料を調達しておこう。

その後、「迷った時のギロピタ」ということで、港からも近い、時計塔の下にあるお店へ。
ギロ屋兼メゼドポリオかな?「Cockatoo」。※写真は別の日に撮影。
スペツェス_「Cockatoo」

お店の外にもテーブルが並んでいますが、どこまでがこのお店で、どこからが別のお店なのか?
店に入り、書類を置いたテーブルにいた店員らしい若い男性に声をかけ、私もテーブルへ。
オーダーしたのは以下です。合計で10.7。端数は切り上げで11ユーロを支払い。

ギロピタ 2.0 ※ギロはポーク(ヒリノ)しかないそうな。
ケバブ・スブラキ 1.6
ツナサラダ(smallで) 5.0 ※フルだと6.5です。
水(1.5ℓ) 1.5
カバー 0.6

スペツェス_「Cockatoo」で (1) スペツェス_「Cockatoo」で (3) スペツェス_「Cockatoo」で (2)
ツナサラダは「smallに出来る」と言われたのに、ほとんどそのままじゃないのだろうか?

味の方ですが、良かったです!
ギロに何故かザジキかそれに代わるソースの類が入っていないのだけど、具だくさんで濃い味。
ケバブもすごく美味しくて、次はケバブピタを食べようかと思ったほど。
野菜の上に、マヨネーズで和えたツナをのせただけみたいなツナサラダも、妙に美味しい。
何故なんだ 笑。

ただ、客が私しかいなかったからか、店の兄ちゃんはやって来た友達たちとTVのバスケット中継に
夢中なんですよ。(私も気になってチラチラ見てたけど)
ひいきのチームがあるのか賭けの対象なのか、1名、相当盛り上がっている人もいるし。

ほぼ完食して、22:30にお会計。
ここに来る前は「今日の夕食はギロで軽めだな」なんて思っていましたが、お腹いっぱいです。

早朝から移動し、島に着いてからもちょこちょこ動いていたので、さすがにお疲れモード。
ちょっと休憩のつもりで横になったら、ウトウトして、気付けば深夜3:00。
シャワーは昼間に浴びたし、そのまま寝ることにします。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(ピレウス→スペツェス) 35.0
食費  エスティアトリオで昼食 16.5
     ギロ屋さんで夕食 11.0
     スーパーでお菓子など3点 計 3.5
宿泊費 30.0(朝食無し ※確認しなかったのですが、別途5ユーロみたいです)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 59 : 29 | 4.スペツェス島 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<スペツェス島二日目 | ホーム | クレタ島四日目>>
コメント
★まぁ!

なんて素敵な中庭・・・
うちも何とかしなくちゃですわ。

by: Tomoko * 2012/09/20 01:01 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: まぁ!

>Tomoちゃん
女将のところは中庭じゃなくて、前庭ね。
私が撮った写真を見たら、ホテルに向かって左側が空いているんだけど、ここ、何だっけ?

by: フムフム * 2012/09/20 01:24 * URL [ 編集] | page top↑
★なんかよくわかんない。

弩けちな旦那を説き伏せて
今年こそは見栄えよくしたいなり。

by: Tomoko * 2012/09/20 01:49 * URL [ 編集] | page top↑
★あとタラマは

無着色のタラマつかってるから
色が薄いんだと思う。
うちもいつも無着色だよー。

by: Tomoko * 2012/09/20 01:51 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: なんかよくわかんない&タラマは

> Tomoちゃん
「わかんない」ってwww
でもかなり広いから、けっこう大変だよね。滋味淡、もとい、じみたんの手も借りたら?

タラモサラタ、最近は白いのをよく食べている気がするな。
昔、アモルゴスで食べたのがビックリするようなピンクで、確かにあれはたじろいだわ。

by: フムフム * 2012/09/20 02:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/173-96d985e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |