スペツェス島二日目
2012 / 09 / 23 ( Sun )
※2009年5月20日~6月7日までのギリシャの旅の記録です。

6/2 火
7:00 起床。
洗濯をしたものの、この部屋にはバルコニーがないので部屋干し。
昨日、スーパーで買った、菓子パンとポテトチップが朝食代わり。

9:30 ホテルの中庭でくつろいでいる他の宿泊客に挨拶をして、外出。
昨日よりも雲が広がるあいにくの空模様なので、今日は山の方に行ってみようかな。

海を背に、南西に上っていく道はカステリ(Καστέλι)という地域へつながっています。
ガイドブックに寄れば、「中世最初の居住地が出来た区域」だそうですが、特に歴史を感じさせる
雰囲気はなく、静かでのどかな風景です。

カステリから見下ろした海。
お天気がいま一つなのが残念ですが、眺めがいいなあ。
遠くに見えるのはペロポニソス半島かな?
スペツェス_カステリ地区 (2)

少し上ったら、昨夜断念したタベルナが見つかりました。「Ο Λάζαρος(ラザロス)」
スペツェス_「ラザロス」にて (2)
今夜は来てみようかな。(夜のみの営業)

さらに進むと分かれ道になったので、順々に行ってみたら行き止まりだったり、
よその家の入り口につながっていたり^^;

ふさふさ尻尾のかわいい猫がやって来て、私の周りをクルクル。
写真が撮れないくらい、回る回る (笑)
バイクに乗った一人の婦人が来ると、猫さんは嬉しそうに駆け寄ったので、この婦人の家の
飼い猫かな?猫と婦人が向かった先にも、別の猫の姿がありました。

先へ行けそうな道を上って行ったら、離れた場所にいた男性にギリシャ語で声をかけられました。
「Που πάς;(どこへ行くんだい?)」
「散歩しているんです」と私。
男性は、この道の進行方向を指して、「こっちが素晴らしいよ」(ギリシャ語)
そのあとはいつものように、「どこから来たんだい?」「日本です」という会話。

「何が素晴らしい(※男性はωραίαという語を使っていました)のかな?」と思いながら道を進んで
いくと、視界が開けて海が見えました。
※すみません、何故かこの時の写真がありません

山の中にはこんな注意書き。
スペツェス_カステリ地区 (3)
「森をキレイに、私をひどい目にあわせないで!」(訳はまあ、そんな感じじゃないかということで)
「私」って、このウサギさんのこと?

さらに先にあった教会。
スペツェス_カステリ地区 (4)

かなりウロウロと歩き回ったものの、まだ11時前。
ですが、地図も持たず、どこに何があるかよくわからない状態なので、とりあえず引き返し。

同じ道を戻ったつもりが、別の場所に出てしまいました^^;
そこで見つけた看板。「ΞΥΛΟΥΡΓΕΙΟ」は大工さん、木工職人の工房の意味です。
スペツェス_カステリ地区 (1)
確かに左隅に家具らしいものを組み立てる姿があります。

この鮮やかな花も、ギリシャらしいですね。ブーゲンビリアかな。
スペツェス_鮮やかな花

映画館もありました。
スペツェス_タウンの映画館 (1)
スペツェス_タウンの映画館 (2)
この警察官役(?)の俳優さんは、多分、有名な人。
最近、こんな作品にも出演していました。『Μια φορά και ένα μωρό』→ トレイラー

映画館の近くに、私は入りませんでしたがブブリーナ博物館がありました。 → 公式サイト 
スペツェス_ブブリーナ博物館
ブブリーナ(Λασκαρίνα Μπουμπουλίνα ラスカリーナ・ブブリーナ)は、ギリシャ独立戦争で
活躍した女性。波乱に満ちた生涯を送った人です。
博物館に興味がある方はこちらの記事も。 → 「地球の歩き方 特派員ブログ」
海沿いには彼女の像もあります。ちょっと目がコワイですけど。
スペツェス_ブブリーナ像

港付近に戻り、昼食にします。
いくつかの店をチェックした後、魚市場のそばの店で外に置かれたメニューを眺めていたら 、
スタッフのおじさんに声をかけられてしまいました。高そうでもないし、入ろうかな。
お店の名前は「Μπουμπουλίνα(Bouboulina ブブリーナ)」。
スペツェス「ブブリーナ」にて (3)

声をかけてきたおじさんは、仕事で東京に行ったことがあるそうです。
そう言う人は多いんだけど、みんな本当なのかしら?

魚市場のそばの店に入りながら、何故かオーダーは以下の通り。(食べたかったのですよ・・・)
合計10.8ユーロ。支払いは端数切り上げ。

パスティッチョ 5.7
ザジキ 3.8
水(500ml) 0.8
プソミ 0.5

スペツェス「ブブリーナ」にて (1)
スペツェス「ブブリーナ」にて (2)
パスティッチョは出来上がってから時間が経っていたのか、ややパサツキ気味。
でも味は良かったです。
ザジキはキュウリの食感がしっかりあって、これも美味しかった♫
曇っているだけでなく風も強くなって、テーブルクロスの端がめくれ上がってしまうほどでしたが、
正面に海を見ながらの食事は、気持ち良いですねえ。

会計時に Amstel のロゴ入りテーブルクロスを譲ってもらいました。
※この店はTripadvisor で取り上げられています。 → ここで

店を出たのは13:30。まだまだ時間はたっぷりあります。
昨日は良い写真が撮れなかった、アギオス・ニコラオス修道院に向かってみました。
ダピアからオールド・ハーバーに向かう道はキレイに整備されています。
スペツェス_ダピアからオールド・ハーバーへの道

この道のすぐ脇にあるかわいい教会。
スペツェス_ 小さな教会

残念ながら、お目当てのアギオス・ニコラオス修道院は施錠されていて入れませんでした。
お天気も悪いままだし、また出直すことにします。

こちらは修道院に近い所にある教会。
スペツェス_ 美しい青屋根の教会
青い屋根がとても目立つ、美しい教会なのですが、名前がわからないんですよね。
かなり調べてみたのですが。知っている方がいたら、教えて下さい。

離れたビーチに向かうバスの案内と、タウン内のモザイク。
スペツェス_バス案内 スペツェス_タウン内のモザイク

ホテルに戻る間に、日が差して来ました!
がんばって泳ごうと決めて急いで部屋に戻り、仕度をしたら15:00に海に戻ります。
ホテルの前の小道も明るくなりました。
スペツェス_宿の前の小道

スペツェス・タウンに面しているのは、アギオス・ママス・ビーチ(Άγιος Μάμας)。
地元の親子連れらしい数人がいるだけです。
適当な場所にシートを広げ、少ない荷物を置いたら海の中へ。
水は冷た~い!!底は丸い小石なので、裸足で歩き回っても痛くありません。
あまり深い場所へは行かず、浅瀬で半身浴のように座ると気持ちがいい~
太陽もどんどん差して来ました。楽しい!!

しばらく水を浴びたら、シートに寝転がって甲羅干し。
本格的に太陽が出ると、肌がチリチリします。ギリシャの夏はこうじゃないと!
少しずつ、周りに人が増えてきました。

もう一度、海に入ってから、ホテルに戻ることにしました。
※カメラをホテルに置いてきたので、ビーチでの写真はありません。
前日の記事で登場した、このビーチです。→ ここ

部屋に着いてシャワーを浴びて、時計を見たら17:00過ぎ。
ビーチには時計も持参しなかったのですが、2時間近く海で過ごしていたのか。満足です。
夕食の時間までは、のんびり部屋で旅のノート書き。

19:40 午前中にチェックしたカステリへの道を上って、目当てのタベルナ「ラザロス」へ。
オープンは20時だと思っていたけれど、すでに先客がありました。
まだ明るいので、外のテーブルを選びます。
建物の陰で夕陽は見えないけれど、風は穏やかで気持ち良いなあ。
オーダーは以下の通り。合計15.6ユーロ。支払いは1ユーロをプラス。

チキンのトマトソース 8.5
ズッキーニのフライ 4.8
水(発砲水) 1.8
プソミ 0.5
※メニューの品数は少なめでした。

あまり待たずに、焼き目がついたパンがサーブされました。
オリーブオイルがかけられ、オレガノものっています。

続いてズッキーニが登場。デカイ・・・。
スペツェス_「ラザロス」にて (3)
でも薄くスライスしてあるので、思ったほどのボリューム感はなく、あっさり完食。

メインのチキンがサーブされました。このサイズ・・・おかしくないか?
スペツェス_「ラザロス」にて (1)
ケモノ気分(?)で食べないと。
お肉にナイフとフォークを立てたら、するっと入る柔らかさ!おおっ~
薄めの味付けなので、これなら量も食べられそう。
ほおばっている時に店のおじさんに「Good?」と聞かれ、「ノスティモ~」とだけ答え、再びモグモグ。

食べ終わったら20:50。イヤだ、1時間で食べ終わったの?急ぎ過ぎ^^;
そのままお店で旅のノートを書いていましたが、蚊にさされてしまったので、21:15に退散。

ホテルに戻る前にスーパーによって、オレンジジュースを購入。
他にしたいことも思いつかないので、今日はこのまま部屋でのんびり。

€€ 会計メモ €€
食費  エスティアトリオで昼食 11.0
     タベルナで夕食 16.6
      スーパーでジュース 1.9
宿泊費 30.0(朝食無し)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 58 : 39 | 4.スペツェス島 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<スペツェス島三日目 | ホーム | ピレウス経由スペツェス島へ>>
コメント


本当、チキンドデカイ!!!
でも、美味しく完食されたんですね!?
どんよりお空が残念ですが、それでも、かわいい雰囲気ですね☆
次はどこに行こうかしら。笑

by: goody0430 * 2012/09/25 19:42 * URL [ 編集] | page top↑
★>goody0430さん

これがギリシャ・サイズと言われれば、その通りなんですけどね。
でもしっかり完食してるんだから、「デカイ」言うな?笑

次はそうですねえ・・・そういえば海は堪能されてましたっけ?
フランスも海水浴向きの場所はたくさんあると思いますが、ギリシャの海、特に人が少ない海はいいですよ~e-471

by: フムフム * 2012/09/25 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/174-65bc1a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |