スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
カルパソス島三日目
2013 / 07 / 15 ( Mon )
※2013年5月19日~6月22日までのギリシャの旅の記録です。

5/22 水
6:40 起床。今日も晴天。

7:45 朝食を済ませたら港へ向かいます。
寄り道しないで行ったら10分で着いてしまいました。
エクスカーションの船はすでに停泊していますが、出発は8:30なので周囲をぷらぷら。
昨日遊んだ、片目が不自由な猫さんにまた会ってびっくり。

中央の船が、私が乗る「ΧΡΥΣΟΒΑΛΑΝΤΟΥ Ⅲ」号。
左もオリンボスへのエクスカーションの船です。
オリンボスへの船 (2)
オリンボスへの船 (1) オリンボスへの船 (3)

8:45 船は出発。しばらくは「やる気あんのか?」くらいのノロノロ走行でしたが、
10分程したら速度を上げ、カルパソス島の海岸線を左に見ながら進みます。

見所の紹介もなく、やや単調とも言える景色の中をひたすら走るので、眠くなる^^;
風は心地よいけれど日差しは強烈で、肌がジリジリします。

10時過ぎにオリンボスへの玄関口となるディアファニ(Διαφάνι)の港に到着。
ディアファニ到着

降りたのは私を含め数人だけで、多くはこの先にあるサリア島(Σαρία)へ行くようです。
係の女性が「バスのドライブ・インはあそこ」と指差す方向へ、私が歩いて行くと、
陸にいた誰かにも私がオリンボスに行くことを伝えたようで、年配の男性が近付いて来て
「バスはすぐ来るからここで待っていて」(英語)
離れたところにKTEL らしいバスが1台停まっていて、別の船でディアファニに来た人はそちらに
向かっています。
私もそっちが気になってうろうろしていたら、男性は「5分で来るから、ここで待っていて」

KTEL のバスが出た後にやって来たのは、大型の黒いバス。
乗り込む私に、「帰りの出発時間は運転手に尋ねるんだよ」と、先程の男性。

バスは山道をクネクネと走ります。
オリンボス (2)

15分かけてオリンボスΌλυμπος)に到着。
オリンボス (3)
他の乗客が運転手に帰りの時刻を聞いたところ「午後2時」との答え。

オリンボス (4)
ひなびた山村を想像していましたが、意外な程にツーリスティック。
いきなり伝統衣装を身につけたおばあちゃんに「カリメーラ!」と挨拶され、
続いて「Welcome to Olymbos 」と言われてびっくりですよ・・・

狭い通りには民芸品中心にお土産が並びます。
オリンボスの通り (3)
オリンボスの通り (2)
オリンボスの通り (1)

こちらは大きなお土産物屋さん。
オリンボスのお土産屋さん (2)
オリンボスのお土産屋さん (1)

オリンボスの猫さん。
オリンボスの猫さん

どんどん進むと海が見えました。島の西側の海岸です。
オリンボス (5)

建物は集中していて、あとは山の中といった感じの景色。
オリンボス (1)

私が着いた時はそれほど人がいなかったのですが、イタリア人団体がやって来て一気に賑やかに
なりました。
教会も大混雑で、私が入り口で待っていたら、パパスが「お入り」と合図してくれました。
Professional Sinnerzのアダマに似た優しい笑顔のパパス。
写真を撮りたかったのですが、イタリア人団体が取り囲んで撮れず。残念です。
オリンボスの教会 (2)
オリンボスの教会 (1)
オリンボスの教会 (3)
ちなみに教会は「the church of the Dormition of the Virgin Mary 」

12時を回ったので昼食を取りにタベルナへ。お店はずばりの「オリンボス」。
眺めが良くて、スタッフも感じが良いお店です。
オリンボスのタベルナ「オリンボス」 (1)
オリンボスのタベルナで

厨房に置かれた料理を見せてもらい迷っていると、「一皿に数種類を盛りつけたミックスがある」と言われたので、それにします。

食後のつもりでネスカフェを頼んだら、先に運ばれて来ちゃった。

お皿いっぱいに料理を並べたミックス・プレート。どれも食べやすい味です。
オリンボスのタベルナ「オリンボス」 (2)
内容は
・ファバ・ケフテデス2種(お肉とひよこ豆)・ムサカ・ナスのトマト煮・マカルネス・ホルタ・ドルマデス
他のお客さんを見ると、やはりミックスの注文が多いみたい。
スマートな猫さんが足元に来てスリスリ。でもおすそ分け出来るものがないかなぁ

サービスでルクマデスを頂きました。
オリンボスのタベルナ「オリンボス」 (3)

お会計は10.5。端数を切り上げて11.0で支払い。
ミックス・プレート 8.0
ネスカフェ 2.0
プソミ(カバー) 0.5

食後にも少し散策しましたが、遅れないようにバスを降りた場所に戻りました。
停まっているのはKTEL と思われるバスだけ。
オリンボスに着いた時、「帰りも同じバス?」と聞いた乗客に「そうだ」と運転手は言っていたので
KTEL のバスからは離れた所で本来のバスを待ちます。
でも、一緒にバスを降りた人もいないんだけどな。何故だろう?

14時近くになってもバスは現れないので、違うことを承知でKTEL の運転手に尋ねると
「ここで待っていれば来ると思うよ」
それでもやって来る気配がありません。
KTEL のバスは集まって来た乗客(団体)をどんどん乗せていきます。
え~、私のバスはどうしちゃったの???

KTEL のバスが乗客を乗せ終わると、運転手が私に向かい「パメ!(Πάμε=Let’s go)」
え?乗せてくれるの?
小走りでバスに乗り込み、運転手にお礼を言って空いている席に座ります。
私の前の座席はこの団体のガイドさんのようで、運転手に「彼女、ツアーの人?」
「いや、違う船だよ。クリスヴァランドゥ号」

ガイドさんは追及はせず、私は無事にディアファニの港に戻って来ることが出来ました。
本来のバスはどうなっているんだろ?
ディアファニの街 (5)

戻って来たのはいいけれど、船の時刻がわからないので港付近から遠くへは行けないな。
周囲を少しだけ散策。

端の方にあったペイント。削ったところに色付けしています。何だかカワイイ。
ディアファニの街 (3)
ディアファニの街 (2)

海に向かって左側はビーチで、泳いでいる人もいました。
ディアファニの街 (1)

オリンボスの玄関口でありながら、多分観光客はスルーしてしまう小さな街なのでしょうが、
個人的にはゆるい雰囲気が好きです。
ディアファニの街 (4)

着いた時にバスについて世話してくれたおじさんがカフェにいて、「OK ?」と声をかけてくれました。
OK と言えばOK だし、帰りのバスがいなかったことは思いっきりNG です。
でもおじさんには何の責任も無いしね。「OK ですよ」と答えておきました。

散策を続けたいけれどあまりの暑さに休憩。
オレンジジュース3.5ユーロ也。
ディアファニのカフェニオで

ピガディアに戻る船は16:30にやって来ました。
ここで乗り込むのは私だけで、船はちゃんと接岸せず、「飛び乗って!」
え~!!

係の女性の手を借りてぴょんと船に飛び移りましたが、マジで怖かったよ・・・

ピガディアまでの90分はiPodを聴きながらぼ~っと過ごします。

ピガディアに着いたら、昨日歩いた坂を上り、お気入りの教会へ。
街中に戻る途中で「Ancient Acropolis」の標識を見つけたので歩いてみますが、なかなか着かないので断念。
やっぱり地図を見なきゃダメかな?

街のメインの通りのお店で、地図とガイドブック(Toubis 社)を購入。→ これ

別のお店ですけど、手作り感満載のグッズであふれていました。
カルパソス_ピガディアの土産物屋さん (1)
カルパソス_ピガディアの土産物屋さん (2)
オレンジ色の「ポカン口(くち)」に目が釘づけ。

ホテルに戻ったのは19時過ぎ。
シャワー&洗濯していたら21時近くなってしまったので、今日はこのまま部屋で過ごします。

※エクスカーションの船の上で呑気にお日様を浴びていたら、首筋と肩がありえないくらいに
焼けてしまいました・・・
旅の始めということで、日焼け止めの塗り方が甘かったようです。
何度来ても、キレイな日焼けは無理な私。とほほ・・・

€€ 会計メモ €€
食費 タベルナで昼食 11.0
    カフェで 3.5
宿泊費 26.0
その他 地図 3.0
      ガイドブック 10.5

※おまけ
オリンボス県のサイト http://www.olymbos.org/ 

おまけ その2: サリア島ってこんなところだそうです。


おまけ その3: オリンボス出身の在英ギリシャ人ヤニス・フィリパキスのバンド「フォールズ」
幼少時にギリシャを離れたそうですが、この髭は確かにギリシャ人。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 59 : 31 | 1.ドデカニサ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カルパソス島四日目 | ホーム | カルパソス島二日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/183-c34d51b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。