スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
カソス島からクレタ島へ
2013 / 07 / 27 ( Sat )
※2013年5月19日~6月22日までのギリシャの旅の記録です。

5/26 日
6:00 起床。昨夜やりかけだったパッキングの続き。
途中でシャワーを浴びたり、手持ちの食品で簡単な朝食を取ったりしながら、9時には準備完了。
船が出るまで時間があるので(10:25発)、リビングのソファで文庫本を読みます。

9:45 宿を出発。今日も入り口で飼い猫さん2匹がくつろいでいました。

のんびり歩いても10分かからずに港に着いてしまいました。
ATMの前の日陰に座って、読書の続きをしながら船を待ちます。

この写真だと右手に港があります。道を左手に入ると私が泊った宿がある通りで、
奥に進むとブカのハーバー。
カソス_フリの港前

港のすぐそばにもホテルがあります。船のチケットを買った旅行代理店が入っています。
カソス_港の前のホテル

時間帯は違いますが、今回の船は2年前に2時間遅れだったANEKPrevelis
今回も遅れるに違いないと思っていたら、20分だけの遅れでやって来ました。
カソス_フリの港
※チケットは昨日購入済み。20ユーロ。

10:50 カソスを出発。ちゃんと見ていない場所が多いようなので、もう一度来ようかな。
カソスを出発

船から空港の滑走路が見えました。平らな所、わかりますか?
カソス_海沿い空港

ラウンジに移動してノート書き。途中、小腹が空いたので、持っていた菓子パンを食べます。

デッキへ出る扉に「引」の文字。でも実際は押して開ける扉です。
クレタへ向かう船

13:30 クレタ島のシティア(Σητεία)に到着。海沿いに長く街が続いています。
オリーブ・オイルの産地ですよね、確か。
クレタ島_シティア

16:40 イラクリオ(Ηράκλειο)到着。 公式サイト → http://www.heraklion.gr/
ホテルを電話で予約した際に「徒歩だと25分くらいかかるからタクシーがいいよ」と言われたので、
タクシー乗り場へ。
一人のお兄さんが仕切り役というか案内役をしていて、乗客に行き先を尋ねてそれぞれタクシーに
振り分けていきます。
私の担当になったのは感じのよいお兄さん。「How are you?」といい笑顔です。

ホテルまではあっと言う間でした。ホテルの前までで6ユーロ。
ホテルのスタッフは「5ユーロ」と言っていたので、荷物代の加算かな?

IRAKLION HOTEL」。海からは少し離れた街の中にあります。
イラクリオ_「イラクリオン・ホテル」

レセプションのお兄さんがちょっと好みでした
ギリシャ人なのにあまり濃くないというか、押しが強くないというか。髭ですけど。

さくっとチェックインをすませて部屋へ。すっきりしていい感じ。
イラクリオ_イラクリオン・ホテル (1)
イラクリオ_イラクリオン・ホテル (2)
資料が多い私には、オープン棚が使いやすくて助かりました。
バスタブがあればなお良いけど、ホテルのサイトで見た限り、写真は無いですね。

荷解きをすませて17:30に外出。
レセプションで地図を広げて、私好みのお兄さんに、

・スピナロンガ島への行き方
・ディクテオン洞窟への行き方もしくはエクスカーション
・マタラのビーチへのバス便


について尋ねてみましたが、どうも自信を持った答えが出せないような?
お兄さんはそばにいた別のスタッフにも聞いてみますが、「多分」レベルらしい。
「バス・ステーションで聞いた方がいいと思うよ」
そりゃ、まあそうなんですけど。

ホテルの前のカロケリヌ通りを街の中心に向かって歩き、途中で曲がって25アウグストゥ通りへ。
銀行や旅行代理店、土産物屋、カフェ等が並ぶ旅行者御用達の通りです。
(写真は後日)

通りの突当たりで右に折れ、海沿いを歩くとバス・ステーションA。
イラクリオ_バス・ステーションA (1)
イラクリオ_バス・ステーションA (2)

時刻表も掲示されていましたが、一応、窓口でも尋ねてみると

・スピナロンガへはアギオス・ニコラオスまで行き、そこでバスを乗り換えてプラカへ
・ディクテオンへは月曜と木曜しかバスは無く、しかも当日の戻りのバスは無い
・マタラはバス・ステーションBから出発

(スケジュールはAもBも同じ地図兼タイムテーブルに記載)

う~む。滞在中に3つ全部は無理かな。イラクリオの街とクノッソスも見たいし。
ちなみにこの辺りの地域の長距離バスはこのサイトでわかります。
 → http://www.ktelherlas.gr/ 

街中へ戻る途中でヴェネツィア時代の要塞・Koules-Venetian Fortress(Ενετικό Φρούριο Κούλες)に寄ってみました。
イラクリオ_ヴェツィア時代の要塞
ですが修復中で中には入れず。本来なら要塞の頂上まで上れるんですけどね。残念。
修復がいつまで続くのか、案内はあったかな?

こちらは反対側。
イラクリオ_ヴェネツィア時代の要塞
※後日、もう一度見に来ました。

要塞の脇を沖へ続く道があるので、歩いてみました。
イラクリオ_要塞の先で (2)

ジョギング・コースになっているようで、たくさんの人が走っています。
とりあえず突端まで行ってみようと思いましたが、歩いても歩いてもたどり着かない。
途中で引き返そうかと何度思ったことか。

結局30分も歩いて突端に到着。いやはや。
イラクリオ_要塞の先で (1)
でも、これ何?

帰りに防波堤に上ってみました。夕陽が見えます。本当はこんなに暗くなかったんですけどね。
イラクリオ_要塞の先で

疲れ果てて25アウグストゥ通りの入り口へ。
客引きをしていた「ヴラカス(Ο Βράκας)」という店のスタッフとばっちり目が合ってしまったので
入ってみることにしました。
イラクリオ_ウゼリ「ヴラカス」 (4)
※Tripadvisorのレビュー → ここ

ウゼリのようなので、「ピキリア」(メゼの盛り合わせ)があるといいなと思い尋ねたら、
「いろいろありますよ」とメニューを渡されちゃいました。

かなり迷いましたがクレタの定番ダコスとクレタ・ソーセージをオーダー。
以前テサロニキで食べたダコスが巨大だったので、「ダコスは大きくないですか?」と尋ねると
スタッフは「パクシマディ1つだから、このくらい」と手で丸を作って見せます。

ですが、やはりボリュームがあった
イラクリオ_ウゼリ「ヴラカス」 (3)

ソーセージは付け合わせが多いですね。奥の小鉢はパンと一緒に出て来たディップ。
イラクリオ_ウゼリ「ヴラカス」 (2)
ぷりっぷりで美味しいのですが、食べ進むにつれて酸っぱく感じられてきました。

結果、悔しいけど完食出来ず。
なのにサービスでスイカとチョコ・ケーキのW攻撃。うわぁ・・・
イラクリオ_ウゼリ「ヴラカス」 (1)

そばのテーブルに座っていたギリシャ人女性に声を掛けられました。
顔が小さくて美人です。体型もちょっと華奢な感じ。素敵な人だな。
マリアという名のその女性、小学校の先生をしているそう。
「どこに行ったの?日本では何しているの?どうして一人旅なの?」等々、聞きたがりやさんでした。
途中からテーブルに戻って来たパートナーはヨルゴ。
彼は「フジモトノリコさんていう日本人を知っているよ」
え~と、それはどなたでしょう?イラクリオ在住の方でしょうか?

食事の会計は14.5。支払いは1ユーロを乗せることにしました。
レシートが無いので、内訳を推測するとこんな感じかな?

ルカニコ(ソーセージ) 6.8
ダコス 3.5
ビール(FIX) 3.5
プソミ 0.7

「Greek Cuisine」という観光局のマーク入りの表示があったので、何だろうと調べてみたら、
申請して観光局のお墨付きになるようですね。
イラクリオ_ウゼリ「ヴラカス」 (5)
よそのお店ですが、わかりやすい説明がありました。→ ここ

暗くなった通りでちょっと迷いかけたけど、22:20にはホテルに戻りました。
明日のプランなど、考えることがたくさんなのにベッドから動けず。
ウトウトして気付いたら2:00。シャワーを浴びて就寝です。

€€ 会計メモ €€
交通費 タクシー(イラクリオ 港→市内ホテル) 6.0
食費 ウゼリで夕食 15.5
宿泊費 45.0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 34 : 48 | 2.クレタ島 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<クレタ島二日目 | ホーム | カソス島二日目>>
コメント
★なんか

飛ばしてるね!
この調子だとイオスもすぐだね!
(クレタについてのコメント書けよ!ってことですね。ソーセージ食べたい・・・)

by: Nissos ios の女将 * 2013/07/27 03:30 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: なんか

さっさと書かないと資料が片付かないのだ。
でもクレタで足踏みしちゃったからねえ。

by: フムフム * 2013/07/27 03:48 * URL [ 編集] | page top↑
★カソスとかクレタとか

こんばんは。
どちらの島も行けそうで中々行けないので旅行記で楽しませていただいています。
ソーセージ、見た目はすごくおいしそうですよね。
(なかみはやっぱり豚ですか?)

ところでまさにこのPrevelis号、5/25の深夜にハルキの宿のベランダから
カルパソスへの出港を見送りましたよ。
週末深夜の一大エンタテイメント!な感じで見ごたえありました。

引き続き楽しみにしています。

by: MM * 2013/08/02 08:05 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: カソスとかクレタとか

>MMさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
「こんばんは」ということは海外在住でしょうか?
クレタ島はともかく、カソスあたりは確かに日本人は少ないですね。
この後も小さい島を周りますので、楽しみにして下さい。
かなり地味な記事になるとは思いますが(笑)

ソーセージは他の島でも何回か食べていますが、どこもかなりしっかり味と香りがついています。
ビールに合うと思いますよ。確認してませんけどおそらく豚でしょうね。
ハルキ島を訪問されたんですね。しかも私が乗った船を目撃されているとは!
距離にして100㎞、すぐ近くにいらしたわけですね!惜しかった!

by: フムフム * 2013/08/02 18:07 * URL [ 編集] | page top↑
★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by: * 2013/08/03 09:11 * [ 編集] | page top↑


>(非表示コメントさん)
あちらつながり(?)なんですね。ありがとうございます。m(__)m
今年前半、ギリシャへの旅行者は多かったそうですから日本人もけっこう行ったのかな?
有名どころもいいですけど、他の小さい島も見てほしいですよね。
同じ思いの方がいて下さって、嬉しいです!

by: フムフム * 2013/08/03 14:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/187-c8480de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。