スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ナクソス島三日目
2011 / 03 / 11 ( Fri )
※2010年12月22日~2011年1月11日までのギリシャの旅の記録です。

12/30 木
7:00起床、8:00外出
昨日行けなかったカストロを目指します。ついでにOLD MARKETも、もう一度。
相変わらず人はいないし、風も強いまま。ああ、寒い。。。

「カストロ」というと、これまではアスティパレア島やレロス島のように、街中から一線を画す場所というイメージだったんだけど、ナクソスでは違います。街の続きというか、城壁の中も街の一部というか。
広すぎるからかな?(←地図を見たら、そんなに広く無かった。錯覚?)
「城壁内にいる」という感じも希薄。建物がいっぱいなんです。
ナクソス_城壁
ナクソス_カストロ内1
ナクソス_カストロ内2

細い路地が入り組み、ほとんど迷路。歩いていると思いがけない場所に出てしまい、びっくりします。
ナクソス_カストロ内4

レロス島のように、城壁は立派なのに人の気配は小さな教会だけ、という方が、(個人的には)何となく
趣があっていいような気もしますが…

10:30 一度部屋に戻り、再外出のために身支度。
部屋を出て宿の写真を撮っていたら、(ギリシャの)1階から現れた女主人が声をかけてきました。
「Καλή μέρα! Κρύο!」(おはよう!寒いわね!)
今日は本当に寒いです。。。気温、何度なんだろ?
私がこれからハルキに行くことを伝えると、「Ωραία!」(いいわね!)と言ってくれました。

港のそばのKTELの事務所に行き、建物前に設置された自販機でバスのチケットを購入。
ハルキまでは1.8ユーロ。
乗り場に行くとバスが三台、停車しています。ハルキ行き(終点はFiloti)はどれだろう?
一台に近づいて運転手に話しかけようとしたら、相手の方から「Πού πάς;(何処へ行くんだい?)」と聞いてきました。
「ハルキに行きたいんです」「Ναί(※=英語のyesにあたります)」と答えて、「乗れ」という仕草。

10人ほどを乗せて、バスは時刻表通り11:00に発車。
途中、病院前でけっこうな人数が乗りこみますが、いたってのんびりとバスは進みます。
すぐにのどかな風景の中に入っていきました。
ナクソス_ハルキへの道

11:30 運転手が「ハルキ!(Χαλκί )」と叫んで教えてくれたので下車。
降りたはいいが、どこに何があるんだろ?(何度も言いますが、地図を持っていないのですよ)
とりあえず「Church」の標識があるので行ってみることにします。
ナクソス_ハルキ教会標識

山の中という感じ。オリーブ畑の間をずんずん歩いて行くと、
ナクソス_ハルキの畑

たどり着いたのは小さな教会。
ナクソス_ハルキ教会
雰囲気のあるビザンティン様式です。残念ながら中には入れません。

来た時とは違う道も通りつつ、バス通りまで戻ります。バスが去った方向へ少し歩いてみましょうか。
でも、これといって何かがある気配はなし。場違いに大きなスーパーはありますが。
う~ん。ロンプラによれば、どこかに広場があるらしいんだけどな。

くつろぎ中のみなさんに「何してるの?」って顔されちゃいました。
ナクソス_ハルキのみなさん

再びバスを降りた場所まで戻ると、近くに「プラティア」の文字の標識が!ここから入るのか!
ナクソス_ハルキ広場入り口

矢印の差す方向を行くと、洒落たお店が並ぶ一角が現れた。なるほど、ここが広場なんだ。
ナクソス_ハルキの広場
しかし、またまた残念なことに、オフシーズンとあってお店はクローズ。
ハンドクラフトのお店から機械を動かす(機織りかな?)音はしますが、お店自体は開いていません。
色合いのかわいいホテルもあり、夏なら楽しそうなんだけどなあ。(←今回、こんな感想多し)
ナクソス_ハルキの広場の店2

このお店に飾られた陶器、すごく気に入ったのに~。
ナクソス_ハルキの広場の店

一通り回ってもまだ時間が余り気味なので、先ほどの大きなスーパーに入ってみます。
こんな小さな村になぜ?というくらい広い。Attikiの蜂蜜も充実しているし。
手ぶらで帰るものつまらないし、ここでお菓子を買うことにしました。2.0ユーロ。
ナクソス名産の一つ、キトロンを売っています。
ナクソスのキトロン

帰りのバスの時刻は、Filoti を出発する時間からハルキには14:10着と推測。
見計らって、バスを降りた場所へ。
ペリプテロがあったので店主にどこでバスを待てばよいか尋ねると、「隣よ」という答え。
私が「隣?」と横を見ると、「4m隣よ」。測ったんでしょうか???
ギリシャで道を尋ねると、距離に関してすごく具体的な数字を出して答えてくれるので驚きます。
まあ、人によって数字が違うこともよくありますが。
日本だと、「3分くらい歩くと」のようにかかる時間で答えることも多いですよね。
そうそう、バスのチケットはこのペリプテロで売っています。

予想通り14:10にバスがやって来ました。
終点のホラまでバスに乗っていたのは私だけでした。いったん部屋に戻ります。

16:20 外出。明日のピレウス行きの船のチケットを買いに港のそばの代理店へ。
BlueStar Paros、エコノミーで30.5ユーロ。9:30発です。

さて、ナクソスで一番有名な景色といったら、ずばりこれ、アポロン神殿でしょう!
ナクソス_ルクマデス看板
※これはルクマデス屋さんのポスター。ただしお店は閉まっていた。。。

ここまでの記事にアポロン神殿は登場していませんが、実はちょこちょこと、神殿へ続く道の
スタート地点までは行っていたんです。
でも、毎回とんでもない強風で波がざっぶーん。。。どうしても近づけない!
チケットを買って代理店を出たあとも、「今日もダメかなあ」と恨めしそうに眺めておりました。
これ、チケットを買った直後です。
ナクソス_アポロン神殿

が。
あれ?人の姿が見える!
道の先、海岸付近に男性がいます。もしや、タイミング次第で行けるのかしら?
男性は小走りでこちらに戻って来るようなので、これは尋ねてみなければっ!!
と。。。波、ざっぶ~~~ん。。。
男性はズブ濡れ。あら~、、、

見てはいけないものを見てしまった気もするが、一応ギリシャ語で声をかけてみる。(←おいおい)
「ここ、まっすぐ行けますか?風が吹いて、波が強いけど」
「行けるかって?」
けっこう濡れている男性、苦笑いで何やら説明してくれましたが、わかりませんでした 涙
いや、「行かない方がいい」と言っているらしいことは何となくわかったんですが。

結局今回も諦めて通りを戻り、本屋さんで地図を買って部屋に帰ります。

明日は早く発つので、今日中に宿代を払おうと同じ建物にある女主人の自宅部分へ行くと、
中に入って座るように言われました。
孫のマリアがいました。帽子を被り、メガネが似合う洒落さん。高校生くらいかな?
食事をしていたようで、私にもトースト(断る)、ポルトカラーダ(オレンジジュース。もらう)、
クラビエデスとメロマカロナ(有無を言わさずサーブ)を出してくれます。
「ギリシャは初めて?」「ナクソスはどう?」「この後はどこに行くの?」などと、お決まりですが、
つたないギリシャ語を使い三人で会話。
自分の部屋に帰る時はメロマカロナを持たされました。

さて、夕食を取らないと。今夜はどこにしようかな?
港と反対、南側に行くと、普通の商店が続きます。地元の人が買い物するのはこのあたりみたい。
写真を撮るには暗くなってしまったのが残念。
ロンプラに記載の店があったもののまだ準備中。店の周りは真っ暗で、開店まで待つのもちょっと
気が進まないので、海沿いの通りまで引き返します。
おじさんだらけのメゼドポリオはあるけど、今日は飲むつもりないし、若い人がいるのはカフェ。
歩き続けて初日に入ったスーパーまで来てしまったら、向かいに「KOZI」というお店。
営業しているので入ってみます。先客が2組。時刻は19:00。

テーブルクロスは、布製の上に真っ赤な紙を敷くやり方。
ナクソスでは、紙製地図入りテーブルクロスは入手出来ませんでした。残念だなあ。
本日の「Specail」を説明してもらうが、結局メニューの中から選びます。
ザジキ、フライド・ズッキーニ、フライド・ポーク(ティガニア)、水。食後にコーヒー。

オレガノたっぷりのティガニアは塩味が強めだけど、美味しい!好きな味です。
ナクソス_タベルナ_ティガニア

コーヒーを持ってきてもらい、同時に会計。15.5ユーロ。内訳は以下の通り。

ザジキ 3.0
ズッキーニ 3.5
ティガニア 7.0
水(500ml) 0.5
グリーク・コーヒー 1.5
※メニューに書かれていた値段とビミョーに違っています。(安い)

いつものようにプソミもサーブされたんですが、何故か記載されていません。
う~ん。とりあえず1.0を置いていこう。

本当はノートを書きながらゆっくりしたかったんですが、店内が冷え始めてきて断念。
20:25 店を出たら、猛烈に寒い!!
海沿いの通りで猫を見ていたら、通りがかったお兄さんが「Do you like γάτες ?」
あの、英語とギリシャ語、ミックスされていますけど。
ナクソスの猫さん

部屋に戻ってダラダラとパッキング。
お気に入りのビール・FIXを飲みながら、女主人にもらったメロマカロナを食べます。
明日はアポロン神殿に行けますようにと願いつつ、2時頃就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス ホラ(ナクソス・タウン)⇔ハルキ 1.8×2
      船 ナクソス→ピレウス(明日の乗船分) 30.5
食費  スーパーでお菓子 2.02
     タベルナで外食 16.5
その他 イオス島の地図 1.5 ナクソス島の地図 6.0
宿泊費 25.0(スタジオ・タイプなので朝食無し)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 17 : 25 | 2.冬の島編・イオス&ナクソス | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<ナクソス島からアテネへ・2010→11年越し | ホーム | ナクソス島二日目>>
コメント
★地味

地味だわv-403
ロマンスもありゃしないv-395

by: yumyum * 2011/03/11 01:29 * URL [ 編集] | page top↑
★Re:地味

それは冬のナクソスのことか?私の行動パターンか?
写真に人が写っていないのは本当に誰もいないからだ。仕方あるまい。

by: フムフム * 2011/03/11 01:48 * URL [ 編集] | page top↑
★おいしそう!

結構な値段だけどティガニア美味しそう。

それにしても知らない事(ところ)ばっかりだわ。
フムフムさんの日記で行った気分。

神殿への道(ここは行ったことある!)は夏でも結構水かぶるよ。
暑いから気にならないけどね。


by: Tomoko * 2011/03/11 04:03 * URL [ 編集] | page top↑
★ロマンスって

yumyumさん、猫とさえ視線が合ってませんが...

by: Tomoko * 2011/03/11 04:05 * URL [ 編集] | page top↑


ナクソス島、行きたいw、神話の島だし(ギリシャの島はほとんどだけど・・・)
2泊で足りるかしら?お菓子貰ったの?いいなぁ~グラビエデスどうだった?
ギリシャの蜂蜜なくなってしまったの、、、余っていたら分けてくんなまし・・って
今度いつ行くのかしらん??

by: ホソ * 2011/03/11 14:05 * URL [ 編集] | page top↑
★>Tomoちゃん

レスが遅くてすまぬ。
アスティパレアで食べたティガニアはもっとカリっとしてたけど、これはオイルがかかっていた。
どっちも美味し。
神殿への道。夏なら波をかぶろうが、海に転げ落ちようが笑ってすませるが、さすがにこの時期は風邪引くか、流されて消息不明だよ。

>猫とさえ視線が合ってませんが

私の魅力に照れてるんだよ、きっと。ミロンさん並みに内気なんだよ。

by: フムフム * 2011/03/11 20:41 * URL [ 編集] | page top↑
★>ホソさん

何か私の記述だとやたら地味だけど、もっと見所があるから三泊くらいした方がいいかも。
でも、行くなら冬はやめてw

蜂蜜。。。ウチも残り少なし。
今のところ私の中のベスト1は、キティラ島で買った蜂蜜。
誰か買ってきて~。

by: フムフム * 2011/03/11 20:46 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/19-9977705b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。