ティラシア島二日目
2013 / 08 / 17 ( Sat )
※2013年5月19日~6月22日までのギリシャの旅の記録です。

6/1 土
明け方に一度目が覚めたものの、再び眠りについて、起床は7:30。
手持ちの食料で簡単に朝食。

9:40 地図がないので、ロンプラの小さな地図と記事(数行)をカメラに収めて外出。
部屋を出たら宿の猫さんに会いました。港で会ったコによく似ているんですけど、一族?
ティラシア_宿の猫さん

オーナーのジミーじいちゃんにも会いました。
「どこに行くんだい?」「散歩です」
「地図は持っているのか?あれを見たかい?」
じいちゃんが指差す所、宿の端に掲示板みたいな箇所があって、そこに地図が貼ってありました。
ティラシア_地図
ああ、ロンプラのより、これの方が詳しいわ。

地図が横向きに貼ってあるので(上の写真は回転させています)、体を傾けて見ていたら
「Ένα λεπτό(=one minute ちょっと待って)」と、ジミーじいちゃんは自宅に入り、
地図を1枚、持って来てくれました。
広げて見所も説明してくれます。

・ケラ(Κερά) この先にモナステリ(修道院)があって、夕暮れ時のそこからの眺めはキレイだよ
・アグリリア(Αγριλιά) ここには洞窟がある
・ポタモス(Ποταμός) ここには教会がある
・コルフォス(Κόρφος) 昨日も見たね。眼下に見える海沿いの小さな村。

全部、徒歩で行けそうなので、まずは島の東側に位置するコルフォスへ向かうことにしました。

マノラス(Μανωλάς)の村を抜けて行くので、写真を撮りながら。
ティラシア_島の中心マノラス (9)
ティラシア_島の中心マノラス (10)
ティラシア_島の中心マノラス (3)
ティラシア_島の中心マノラス (4)
ティラシア_島の中心マノラス (5)
ちょっと雲が多くなったのが残念だなあ。

昨夜食事を取った「パノラマ」の前に、オーナーがいたので、コルフォスへはこの道でいいか確認。
丸石が敷いてある下り坂なので、滑りそうでコワイ
ロバさんの“落し物”もいっぱいです ^^;
ティラシア_マノラスとコルフォスをつなぐ坂道
↑ 振り向いての写真。

10:50 コルフォス(Κόρφος )に到着。海に面した奥行きの無い場所にタベルナが並んでいます。
ティラシア_コルフォスで (7)

サントリーニ島から1dayのエクスカーションで来る船は、ここに停泊します。
船の到着にはまだ時間が早いので、どのお店もまだ開店前で準備中。
フードケースの中もまだまだ空っぽ。
小さなお土産屋さんもありましたが、ティラシアっぽくないのでパス。

海沿いをぷらぷらと散策。白いジグザグがマノラスヘの坂道。
ティラシア_コルフォスで (2)

色使いはやっぱりかわいい。
ティラシア_コルフォスで (8)
ティラシア_コルフォスで (1)

端の方にあった小さな教会「アギオス・ニコラオス(ΑΓ.ΝΙΚΟΛΑΟΣ)」。ここも色使いがかわいい。
ティラシア_コルフォスで (4)

海ギリギリの細い小道を歩いていたら、反対から来たおじさんに英語で「日本から?」と声を
掛けられました。
「そうです」と答えたら、日本語で「あのね」(笑)

この教会もよく写真で見ますね。「ゾオドホス・ピギス教会(Ι.Ν.ΖΩΟΔΧΟΥ ΠΗΓΗΣ)」です。
ティラシア_コルフォスで (6)

昼が近づくにつれ、タベルナの開店準備も着々。
ティラシア_コルフォスで (5)
ティラシア_コルフォスで (3)

1時間程散策したら、エクスカーションの観光客で賑わう前に、マノラスに戻ります。
ティラシア_こうフォスからマノラスヘ (2)

ロバさんがスタンバイ。
ティラシア_こうフォスからマノラスヘ (1)

今日も「パノラマ」で食事にします。昨夜よりもケースの中が充実している
ホリアティキ、スブラキは魚と鶏、エビはグリル用で、タコはボイルした後にビネガーとウゾで味付け。
またも悩んでいたら「ミックスにするかい?」
エビとタコを半々に、サラダはきゅうりとトマトのみにしてもらいました。ドリンクはスプライト(缶)。

店内の様子。まだお客さんは私ともう一組だけ。
ティラシア_2度目の「パノラマ」で (4)

コルフォスを目指し、エクスカーションの船が続々とやって来ます。
ティラシア_2度目の「パノラマ」で (2)
観光客の何人かはマノラスを目指し坂道を上って来るので、パノラマのオーナーも熱心に客引き。

見た目はシンプルすぎるくらいですが、すごく美味しかったエビとタコ!!
ティラシア_2度目の「パノラマ」で (3)

エビの殻を剥くのに指がベタベタになってしまいましたが、大満足。

赤白の猫さん(♀)がテーブルの間を歩き回り、私の所にも来てくれました。
ティラシア_2度目の「パノラマ」で (1)
エビをお裾分けし、カリカリも提供。お行儀のよいコです。

お店が混んで来たので、自らレジに行って会計をしてもらいました。
ちゃんとレジを打ったのですが、レシートをもらい忘れたので内訳不明の17ユーロ。
地図入りのテーブルクロスをもらいました。
※昨日の記事では貼りませんでしたが、お店のHP → ここ

マノラスからリヴァの港まで、来た時とは違う道がありそうなので行ってみます。
奥の白い場所がマノラス。
マノラスから北へ向かう (2)
マノラスから北へ向かう (1)

ですが途中でポツポツと雨が
空全体に雲が出て来たし、雨宿り出来る場所はないので、いったん引き返し。
宿に戻って折り畳み傘を持ってから出直します。時間ロスした~

再びマノラスを通ります。
これがメインの教会。
ティラシア_島の中心マノラス (6)
丸っこい裏側。
ティラシア_島の中心マノラス (7)

写真でお馴染み、アギオス・イオアニス(ΑΓΙΟΣ ΙΩΑΝΝΗΣ)。
ティラシア_島の中心マノラス (8)
教会の前は道が狭いので、写真を撮るのが難しいです。なので高台から。

これもポップだなあ。
ティラシア_島の中心マノラス (1)

小さな教会の手作り椅子カバー。
ティラシア_島の中心マノラス (2)

猫だまり発見。猫好きなお宅に集まっているのかな?
マノラスの猫さん

マノラスの集落を抜けて、先程と同じ道をどんどん進みます。サントリーニがよく見える!!
ティラシアから見たサントリーニ

でも、結局この道は途中で行き止まりになってしまいました。
(もしかしたらわかりにくいトレッキング・コースだったのかも)

途中まで戻り、車が通る道を下ってみます。こちらからもリヴァへは行けるはず。
明日の船について確認していないので、とりあえず港に行ってみないと。
しかし、今日もよく歩く私だわ。

見通しの良い車道。車はほとんど通りませんけど。
リヴァへ向かう (2)
これは後ろ向き(奥がマノラスへ向かう方向)で撮ったので、写真の右手に海があります。

寄り道しながらなので時間がかかってしまいましたが、リヴァ(Ρίβα)が見えて来ました。
リヴァへ向かう (1)
ぐるっとカーブをして下りて行きます。(帰りは道がわかったので、近道しました)

ティラシア_リヴァ
小さい村とは知っていましたが、船のチケットを扱う代理店らしきものはないし、船についての貼り紙の様なものも見当たりません。
大抵、港に行けば情報があるんだけどな。
誰かに聞こうにも気軽に声をかけられそうな所に人はいないし。
ジミーじいちゃんに聞いてみようか。

まっすぐマノラスに戻るつもりでしたが、つい足が向いてポタモスに足を延ばしてみました。
途中、向かい側から来た車が停まったので「何だろう?」と思ったら、「パノラマ」のオーナーでした。
「散歩かい?シガシガだよ」

ポタモスは教会がたくさんある集落でした。
「アギオス・ディミトリオス」と「パナギア・イァトリッサ」という教会が素晴らしいそうですが、
どれなんだろ?
ティラシア_ポタモスで (2)
ティラシア_ポタモスで (1)

小さなお店があったので水(1.5ℓ)を調達。

少し高い所にある教会にも行こうとしたら、1匹の犬に猛烈に吠えられました。
そんなに怪しい人に見えるの?
飼い主さんがなだめようとしても全然言うことを聞かないので、仕方なく引き返し。

この後、道を間違っているような気がして脇道に入ったら、ますますわからなくなって。
とりあえず高い所に上って位置関係を把握しようと坂道を進んだら、思ったよりも急な坂で、
もう泣きそう。
上ったら宿の近くに出るだろうと思ったのに、マノラスのメインの教会あたりに出てしまい
「何で~ ???」

倒れそうですが、ジミーじいちゃんが「夕暮れ時はいいぞ」といったケラまで行かないと。
時刻は19:00。3kmくらいみたいだけど、明るいうちに戻って来れるんだろうか? 

こんな道です。街灯なし。住人はいません。
マノラスからケラへ (2)

お天気もイマイチになってしまったので、キレイな夕陽は無理だろうから、
時刻を確認しながら何度も諦めようと思ったのですが、気持ちと裏腹に足が動いてしまう

左の丘の上に大きな建物発見。あれ、教会っぽい?
ケラの上の修道院
でもあそこまでどうやって行くの?

一方、道の先にも青い屋根が見える、妙に大きな建物群。
ここに「Κερά(ケラ)」の標識があります。
マノラスからケラへ (1)
ケラの先のキミシス・ティス・セオトク修道院
あれも修道院か?(※こちらが見所のキミシス修道院、キミシス・ティス・セオトクでした)

丘の上も道の先も、どちらもまだ大分離れた場所にあります。
19:45。どう考えても、たどり着くまでに20時を回っちゃう。。。無理(泣)
後ろ髪を引かれる思いで、去ることにします。あああ。。。

帰り道で寄った教会、「アギオス・ハラランボス」。
ティラシア_アギオス・ハラランボス
黄色って珍しいな。

宿に戻るとジミーじいちゃんに会えたので、宿代を払い、明日の船についても教えてもらいました。
チケットは船内で買えばよく、出発は8:30だとのこと。
そんなに早い時間だったかな?
私はイオス島に行きたいんだけど、「イア」行きの船と間違ってないかしら?
港にはジミーが車で送ってくれるそう。

「ケラの先の修道院に行ったかい?」と尋ねるジミーじいちゃんに「見たよ」と答える私^^;
「もっと滞在したかったんだけど」と言うと「水曜も船はあるぞ」
そうだっけ?
水曜の船に乗ると言うことはあと3泊?
修道院も洞窟も制覇していないので、もっと滞在したいのは事実なんですが、合計5泊かあ・・・
すでにイオス島のともちゃんに、「明日、向かうよ」とメールしていたことを思い出し、
「イオスの友達に電話してみる」と、ジミー宅から自分の部屋に行きます。

電池切れの携帯電話の充電を待って、ともちゃんに電話。
イオス行きは9:30発らしい。まあ、1時間違いならジミーが言っているのもイオス行きなのか。
結局、予定通り明日発つことをジミーと家族に話しました。

ジミーの自宅には中年女性と年配の女性もいましたが、ジミーを含め皆、英語が流暢です。
そうとは知らずにギリシャ語の方がいいのかなと、出来るだけギリシャ語を使っていたら誉めてもらえたのですが、
「どうやって覚えたの?」「(男の)友達(=コスタス先生)がギリシャ人なんです」
「ああ、恋人がギリシャ人なのね」
「違います!友達ですっ!」
彼氏がギリシャ人だったらもっと上達していますよ。。。

部屋に戻ってパッキングとシャワー。
ドライヤーがないので、髪が乾くまで寝られないや。
ずっと読みかけの小説を今夜中に読み終えようと、1:00まで読書。就寝。

€€ 会計メモ €€
食費 タベルナで昼食 17.0
食料品兼雑貨店で 水(1.5ℓ) 0.8
宿泊費 25.0(朝食無し)

おまけ:ティラシアの情報は少ないです。写真はけっこうあるんですけどね。
教会名は自分の写真が頼りで、マノラスのメインの教会は名前がどこにも読めず結局わからないまま。
時間をかけて、参考になるサイト等見つかったら追記しておこうと思います。
いつになるかわかりませんが。
現時点では公式サイト以外に以下のところとか。
http://www.greeka.com/cyclades/santorini/
http://www.cyclades-tour.gr/

おまけ その2:2010年の記事でも紹介しましたが、ティラシアを舞台にした映画があります。
『テラシア島のおまわりさん』観たいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 28 : 52 | 3.キクラデス諸島ホッピング前篇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ティラシア島からイオス島へ | ホーム | クレタ島からサントリーニ島経由ティラシア島へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/193-42d1b54f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |