スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
スヒヌサ島からナクソス島経由再びイオス島へ
2013 / 10 / 13 ( Sun )
※2013年5月19日~6月22日までのギリシャの旅の記録です。

6/11 火
6:50 起床。ちょっと雲が多いかな?
スヒヌサの朝
せっせと仕度。

8:00 窓の外を見ると、ホテルの車に荷物を積み込むスタッフの姿があります。
私と同じ船に乗るゲストなのかな?ずい分、早いな~

8:15 チェック・アウト。ホテルの車は出発してしまいました。あれ?私は8:30発って聞いたけど?
ホテルの入り口には、10人近いグループが座り込んで待っています。

8:25 待っていたグループは歩き出し、ホテルから去って行きました。徒歩で港に向かうようです。
事情がのみ込めない私はレセプションに行き、
「港まで車で連れて行ってくれるんですよね?誰も待っていないんですけど?」
「あなただけなの」「?」
そ、そうなんですか^^;

いつの間にか戻って来ていたホテルの車ですが、運転手らしい人が現れる気配はありません。
心配になり始めたら、よその宿(ANNA’S PENSHION )の車がやって来ました。
レセプションからはホテルのスタッフのお姉さんがやって来て、「行きましょう」
運転手のおじさんは私を港から連れてきた人ですが、どういうシステム?

車の窓から昨夜の猫さんが見えたので、思わず車を停めて欲しくなりました。
最後にもう一度、給食をあげたかったなあ。

8:45前には港に着きました。「カロ・タクシーディ」と送り出してくれるおじさん。
「もっと近く(海寄り)で待っていた方がいいよ」

一足先に港に来ていたグループは、「SwimTrek」という名が書かれた小型の船で出発します。
ホテルのお姉さんが「あなたもメンバー?」と言っていたのは、「SwimTrek」のことなのかな。
船を見送ったら、ベンチで旅のノート書き。

私が乗る、Small Cyclades Lines の「Express Skopelitis号」がやって来ました。
※この会社はサイトがありません。アモルゴス島が拠点みたいです。
スモール・キクラデス・ラインズの船
けっこうスピートが出ています。

スヒヌサから乗り込んだ人数は1ケタくらい。あっと言う間に出発しました。
え?9:00?予定より5分も早いですよ!
さよならスヒヌサ
さよなら、スヒヌサ。また、いつか。

最初の寄港地イラクリア島までは15分くらいで、こちらも着いたらすぐに出発しました。
私が来た2年前とほとんど変わっていないみたいです。
イラクリアに寄港

今回は塩分除去装置をよく観察出来ました。
イラクリア_塩分除去装置

船の上はこんな感じ。開放的です。
ナクソスへ向かう船上

10:50 ナクソス島には予定ぴったりに到着です。
ナクソス到着

客引きの数がすごい!
私はまっすぐに旅行代理店に向かい、このあと行ける島について質問。
「たくさんあるわよ。ミコノス・イオス・アモルゴス・クフォニシ・スヒヌサ・イラクリア・サントリーニ」
ああ、興味がない(ミコノス)島と行ったことがある(他すべて)島だ。
だったらハルキの村に泊まろうかな。冬に来た時に気になったホテルがあったので。
確か「ハルキ・ホテル」という名前だったので、この代理店で手配が出来るか尋ねると、
宿泊担当が今日は休んでいるので、手配は出来ないけれど、連絡先を調べてくれるそう。

でも、インターネットで検索しても出て来ません。
「名前はあっている?」「多分。冬に来た時に見たんです」
宿については他の代理店が詳しいそうなので、別の代理店でも調べてもらいましたが、
ホテル協会のページを見ても載っていません。う~ん。。。
「ハルキに行けばあるかも知れないけど・・・」と、応対してくれたお姉さんも自信無さそう。
「ナクソスのタウン以外に泊まりたいなら、違う場所でオススメがある」と言われましたが、
今回は、泊まるならハルキ一択な私。
ちゃんと調べて出直そうと、お姉さんに礼を言って代理店を後にします。

ナクソス・タウンには泊まらず、とりあえず移動したい。でも、希望の船が無い。
・・・イオス島滞在時、プランを練るため船のスケジュールを調べた際に、キクラデス諸島の西側の島に行く船もあったよね。
後戻りになってしまうけど、一度イオスに移動した方が、未訪の島に渡れるんじゃないか?
早速、イオスのともちゃんに電話をし、事情を話して再び訪れることにしました。

最初の代理店に戻り、12:55に出るイオス行きのBlue Star Naxosのチケット購入。14.5ユーロ。

船が出るまで1時間半程しかないので、ナクソス・タウンの近場を散策。
ナクソス島にて (1)

猛烈に暑いので、みんな日陰を求めてカフェや店の軒下に避難しており、通りを歩く人の姿は
多くありませんが、冬に来た時と、人の数も営業しているお店の数も比べ物にならないです。

前回の乗り継ぎで寄った際に夕食を取ったのはここ。↓ 上の階です。
ナクソス島にて (3)

オールド・マーケット・ストリートもちゃんと営業中。
ナクソス島オールド・タウン
ナクソス島の猫さん
お店の猫さんらしく、ゴハン皿がおいてありました。

ナクソス島にて (4)
ナクソス島にて (5)
↑ これ、すごくかわいい。

ナクソス島にて (6)
ナクソス島にて(7)

今朝は朝食を取らなかったので小腹が空きました。ギロ・ピタ(2ユーロ)を買って昼食にします。
買ったのはここ。イオスのイカすパン屋に似た店員さんがいました。
ナクソス島にて (2)

ちょっと小振りな気もしますが、美味しかった!
ナクソスでギロ

遅れるだろうと思ってギリギリに船着き場に行ったら、時間通りにやって来たBlue Star Naxos。
ナクソス出発
乗る人がいっぱいです。船内も混んでいます。

船の最上部の先端に出ることが出来ました。これまで、ここに来たことは無かったなあ。
Blue Star 船上
風が強くて外に出るのに勇気がいる^^;
それなのに、何を考えたのか、甲板へ抜ける通路付近でキャリーの中身を出したおじさんがいて、
突風に書類が舞い上がりました。ひえ~
近くにいた私は2枚(国際ナントカ証)と荷物タグみたいなものをキャッチしましたけど、
絶対何かを紛失したはず。

船内に戻って旅のノート書き。

14:10 イオス島に到着。今回もともちゃんが迎えに来てくれました。
イオス到着
一週間前に「ありがとう。またね!」と別れたばかりなのに、親戚のオバちゃん状態な私(笑)
ホテルで出迎えてくれた、ともちゃんのご主人にも、「お帰り」と言われちゃいましたよ。

今回は10号室です。
イオス_再びイオス宿泊

ホテルからすぐにともちゃんの自宅に向かい、船のチェックをしたら昼食を頂きます
イオス_美味しい昼食
コトプロ・スブラキ・ピタ。
私がナクソスでギロを食べて来たと知ったともちゃん、「かぶっちゃったね」と気遣ってくれました。
美味しいモノは何度だって食べられますよ!

16:25 ともちゃんにホテルまで車で送ってもらい、休憩。

19:00 シャワーを浴びて風を取り込むために窓を開けたら、遠くから「Fちゃん!」という声。
ともちゃんの末娘、恭子ちゃんのようです。でも私、バスタオルをまとった姿だし^^;
Fちゃん!」の声は続き、やがてドアをノックする音。
ドアではなく窓から外を見ると、恭子ちゃんと次男・悠二君がいます。
悠二君が「プレゼントだって」と言うと、恭子ちゃんが小さい手に握った袋を差し出しました。
リボンで留めた袋の中には、キャンディやマシュマロが入っています。
「私に?」と聞くと、嬉しそうな笑顔。いや~ん、かわいい~
私が受け取ったことに満足すると、二人はビーチへと戻って行きました。ありがとう~

20:45 今夜はともちゃんの車でホラに行き、二人で外食です。
お店の名前は「イ・ミリ(ΟΙ ΜΥΛΛΟΙ=The Mills 風車)」

イオス_「ミリ」にて (3)
少し風があるので、店の内側のテーブルにしました。よく喋るオーナーです。
イオス_「ミリ」にて (4)

オーダーは

・ユベチ(私のメイン)
・カラマリ(ともちゃんのメイン。フライではなく焼いたもの)
・ホリアティキ
・メリザノメゼ(ナスのマリネみたいなもの)
・ビール(ミソス) 3本

このお店はお通しとして、ピタに野菜とオリーブ・パテをのせたものが出されます。
イオス_「ミリ」にて (5)

ともちゃん曰く「料理にハズレがない」そうで、実際、どれも満足出来る味でした。
私のユベチはチーズたっぷり、お肉もたっぷり。
イオス_「ミリ」にて (1)

ナスもすごく美味しかったし、ともちゃんのカラマリもイイ感じ。 
イオス_「ミリ」にて (6) イオス_「ミリ」にて (2)
Tripadvisorでも評価が高いようです。→ ここ

ともちゃんとギリシャと関係ない話で盛り上がり、ホテルに戻ったのは23:30。
お腹がいっぱいなので、洗顔したら就寝です。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(ナクソス→イオス) 14.5 
食費 ギロ・ピタ(ナクソスで持ち帰り) 2.0
    エスティアトリオで夕食 17.5
    ※チップ込みで二人分37.5を払いましたが、私はこれしか出していない・・・
宿泊費 20.0

おまけ: スヒヌサで出会った、SwimTrekのサイトです。
本格的に泳ぎたい人向けなので私には縁が無さそうですが、リトル・キクラデスを周るツアーはいいですね。ケロス島にも行くみたいです。
http://www.swimtrek.com/
こちらはリトル・キクラデス(スモール・キクラデス)のサイト。
http://www.smallcyclades.com/index.asp

おまけというか補足:
記事内でその存在すら怪しかった「ハルキ・ホテル」。帰国後に以前撮った写真を見たら「ハルキ・モーテル」でした。ギリシャで「モーテル」ってあまり使わない言葉ですよね?
この名前で検索したところ、なんとか引っかかりましたが営業形態も、営業しているのかも不明。
いつか突き止めてやる!( ← 現地に行けば早いだろう)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

01 : 15 : 25 | 4.キクラデス諸島ホッピング後編 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<イオス島二日目 | ホーム | スヒヌサ島三日目>>
コメント
★写真の説明

>↑これ、すごくかわいい。

矢印の向きが逆なんじゃ?・・・

by: NISSOS IOSの女将 * 2013/10/13 01:37 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 写真の説明

> 矢印の向きが逆なんじゃ?・・・

www  かわいいか?
キャプションつけながら、「はっ!この位置はマズイ・・・」と思ったのは確かだ。
上の酒屋さんの写真なので、2枚を続けて置いたがゆえの「↑」

by: フムフム * 2013/10/13 02:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/203-cbb0cfba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。