スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シフノス島三日目
2013 / 11 / 09 ( Sat )
※2013年5月19日~6月22日までのギリシャの旅の記録です。

※今回の記事は、いつにもまして写真が多めです。覚悟願います。笑
シフノスは予想以上に写真を撮りたくなる場所が多かったのですよ。


6/15 土
7:30 起床。さくっと仕度をしたら旅のノート書き。

9:20 外出。ビーチに寄ってみました。今日は良いお天気が続きそうです。
シフノス_カマレスの朝

昨日と同じバスでアルテモナスへ。始発の港でたくさん乗ったようで、昨日よりも混んでいます。
昨日と同じく、乗客のほとんどはアポロニアで降りました。
私はアルテモナスで降り、パナギア・プラティを目指します。

ずんずん進んで分かれ道。右・左、どっちだろ?
左だと上り坂なので、高い所から位置がわかるかなと思ったのですが、どうも方向が違うみたい。
右の道に戻り、のどかな放牧地の間を行きます。

あ、「プラティ」の標識あるし^^;
シフノス_アルテモナスからプラティへ

途中、広い墓地で寄り道しながらのんびりペース。
そろそろパナギア・プラティを示す標識があっても良さそうだけどなあ、と思っていたら、
道の舗装が途切れてしまいました。

遠くに見えるのはカストロ?でも、その方向に下りて行く道はないし・・・
シフノス_遠くにカストロ

左に下りて行く坂道があります。歩くと砂埃が舞う悪路
シフノス_パナギア・プラティを目指す
かなり急な下りなので(何度か滑りました)、帰りにこれを上るのは嫌だなあ

しばらくすると海のそばに教会が見えて来ました。あれがパナギア・プラティだ!
シフノス_パナギア・プラティ (1)
教会に向かう先客が見えます。

シフノス_パナギア・プラティ (2)

近道になる石段がありましたが、1段の高さがけっこうあって下りにくい

到着したパナギア・プラティ(Παναγία Πουλάτη )。
アルテモナスからここまで、迷いつつ寄り道しつつで50分。
シフノス_パナギア・プラティ (3)

上で見た先客はどこかにいってしまい、教会の周りは静まり返っていました。
教会内には入れませんでしたが、大きな木があり、木陰が心地よい場所です。好きです、ここ。
シフノス_パナギア・プラティ (4)
シフノス_パナギア・プラティ (5)

鮮やかな青いドーム屋根と対象に、くすんだ水色のドア。
シフノス_パナギア・プラティ (6)

教会の周りをぐるりと回る小道に、「Κάστρο」の方向を示す標識がありました。
シフノス_パナギア・プラティからカストロへ (2)
先程の道を戻らずとも、こっちからもカストロに行けるのね!!
シフノス_パナギア・プラティからカストロへ (3)

左に海を見ながら「Footpath」を進みます。平坦な道です。
シフノス_パナギア・プラティからカストロへ (4)

途中にあった教会もいい感じ。もっとちゃんと見ておけば良かったなあ。
シフノス_海辺の教会

パナギア・プラティの方向を振り返って。
シフノス_パナギア・プラティからカストロへ (1)
お天気も良かったので、歩いていてすごく気持ちの良い小道でした。

ゆるゆると写真を撮りながらでも、20分でカストロ(Κάστρο)に着きました。

アスティパレアを思わせるような集落だなあ。
シフノス_カストロの入り口

観光客はほとんどいないのか、地元の人に凝視されている気がする
シフノス_カストロの集落 (3)

かわいい猫さん親子。
シフノス_カストロの猫さん (2)

カストロなので、いくつか中に入る門(ゲート)があります。
シフノス_カストロの城壁内 (2)

その一つをくぐると、フォレガンドロスのカストロのような、細い路地と白ばかりの建物。
シフノス_カストロの城壁内 (5)
シフノス_カストロの城壁内 (3)
シフノス_カストロの城壁内 (4)

こちらは別の門へつながる道のようです。
シフノス_カストロの城壁内 (6)

この門から外に出たら、海を見下ろす場所に出ました。
景色の良い場所には必ずベンチ。
シフノス_カストロの集落から海を見る

ここから海へと石段を下った所に小さな教会があるので、行ってみます。
シフノス_エプタマルティロス教会 (2)

教会の名前は「エプタマルティロス(ή Επταμάρτυρος )。
シフノス_エプタマルティロス教会
シフノス_エプタマルティロス教会 (3)
白い壁は均一ではなく、塗った跡がわかります。そういう手法なのかな?


カストロの集落と壁を見上げて。
シフノス_エプタマルティロスから見上げたカストロ

石段を上って再びカストロの集落へ。「Ancient Wall」沿いを歩きます。
シフノス_カストロ・ancient wall (2)
壁は修復中で、作業をしていたおじさんに「ヤー・スゥ」と陽気に挨拶をされました。

城壁沿いの道には少ないけれどお店がありました。
シフノス_カストロの集落 (1)
シフノス_カストロの集落 (4)

ここからも見えるエプタマルティロス教会。絵になりますねえ。
シフノス_エプタマルティロス教会 (1)

シフノス_カストロ・ancient wall (1)

再び城壁内を散策。
シフノス_カストロの城壁内 (8)
シフノス_カストロの城壁内 (1)
シフノス_カストロのぶどう棚

小さな博物館Αρχαιολογικό Μουσείο Σίφνου)に入ってみました。入場料は2ユーロ。
シフノス_カストロ・考古学博物館 (1) シフノス_カストロ・考古学博物館 (2)
シフノス_カストロ・考古学博物館 (3)

城壁の外に出ます。下に狭いビーチがありました。
シフノス_カストロの眼下のビーチ
この辺りは風が強く、泳ぎには適さないらしいのですが、このくらいの幅なら大丈夫ですね。

ビーチを見下ろせるカフェで猫さんたちがくつろいでいました。近付いても逃げたりしません。
シフノス_カストロの猫さん (3)

こちらでも、お母さん猫が子育ての合間の休憩中。
シフノス_カストロの猫さん

お洒落な絵画を売るギャラリー。小さいサイズでも、絵葉書を買うようなわけにはいかず^^;
シフノス_カストロの集落 (2)

昼食は「アストロ(Το Άστρον εστιατόριο)」に行ってみました。
シフノス_カストロ「アストロ」にて (1)
シフノス_カストロ「アストロ」にて (2)
正面に谷(?)を見る眺めの良いお店です。

オーダーは以下の通り、合計16.3ユーロ。端数を切り上げて支払いました。

ケフテデス・メ・メリザネス(ミートボールのナス添え) 9.5
トマトときゅうりのサラダ 5.0
オレンジジュース(ファンタ・ブレ缶) 1.8
※プソミは要・不要を聞いてくれます。

サラダをsmall には出来ないそうで、「量が少ないものがいいならズッキーニのボイルはどう?」と
アドバイスされましたが、トマトを食べたいのでこのオーダーのままで。

サラダはやっぱりけっこうな量でした。ホリアティキのフェタなしって感じです。
シフノス_カストロ「アストロ」にて (3)
カパリ(ケッパー)がたくさんで嬉しい♫

ケフテデスも美味しい~ ナスがとろとろです。
シフノス_カストロ「アストロ」にて (4)
シフノス_カストロ「アストロ」にて (5)
ケフテデスはスパイスが効いている方が好みなのですが、この優しい味もいいですねえ。

※「ケフテデス」というより、「スズカキャ」に近いんじゃないかな?とも思ったのですが、
メニューではケフテデスでした。

食事が終わるタイミングで、セモリナのプディングをサービスされました。
シフノス_カストロ「アストロ」にて (6)

女性オーナーも感じが良い人で、入って良かったお店です。
Tripadvisor のレビュー → ここ

集落を一回りしたらカストロを去り、ここまで歩いて、ふと気付きます。
シフノス_カストロ遠景 (2)

「あれ?一番高い所にある丸屋根の教会を見ていない?」

う~ん、ここまで来ちゃったけど・・・引き返し!!!

早足で汗だくになって向かいます。

猫さん登場。
シフノス_カストロの猫さん (1)

この建物は何だろう?でも入り口はこちら側じゃないな。
(この建物が何かはわからず)
シフノス_カストロの最上付近 (2)

脇に回ったら、教会にたどり着けました。パナギア・エレフサ(Παναγία Ελεούσα )
シフノス_カストロ・パナギア・エレフサ (4)
シフノス_カストロ・パナギア・エレフサ (3)
シフノス_カストロ・パナギア・エレフサ (1)

ケッパーを干していました。薄茶は何だったかな?
シフノス_カストロ・パナギア・エレフサ (2)

落下注意の看板。日本なら柵を設けちゃいますけどね。
シフノス_カストロの最上付近 (4)

落ちても海ではありません。私も先程歩いたAncient Wall沿いの道です。
シフノス_カストロの最上付近 (1)

結局、16時過ぎにカストロを出ました。たっぷり楽しみました。
シフノス_カストロ遠景 (1)

アポロニアまでは徒歩で戻ります。坂がキツイといったことは無いのですが、とにかく暑い
太陽をほぼ正面に見ながら歩くので、顔が痛い程です。

あまりの暑さに後ろ向きで歩いたりして、30分以上かけてアポロニア(Απολλωνία )に到着。

このお店の横を進むとアルテモナスへ行けます。
シフノス_アポロニアからアルテモナスへ行く小道

カフェでくつろごうと思ったのですが、車道に面した店がいくつか営業しているだけで、
他は一般の商店も含めてまだ午後の休憩中。

車道から1本入った通りが、お洒落なお店が並ぶ地域のようです。
シフノス_アポロニア案内図

見事に閉店、もしくは準備中。悔しいから写真を撮りまくりましたよ。
シフノス_アポロニアで (2)
シフノス_アポロニアで (3)
シフノス_アポロニアで (4)
シフノス_アポロニアで (6)
シフノス_アポロニアで (1)
シフノス_アポロニアで (8)
シフノス_アポロニアで (9)
シフノス_アポロニアで (7)

白が眩し過ぎ!アギオス・スピリアドナス教会(Αγίος Σπυρίδωνας )。
シフノス_アポロニア_聖スピリドン教会 (2)
シフノス_アポロニア_聖スピリドン教会 (1)

ここ、すごくお洒落でした。「代官山」だと言っても納得しそう。
シフノス_アポロニアで (5)
若い人が集まって始めた複合ショップってところでしょうか。 → サイト

このお皿に心惹かれる・・・
シフノス_アポロニアのお店

幸せそうな猫さん親子。
シフノス_アポロニアの猫さん親子

アポロニアは夜に訪問するのがいいのかもしれないですね。
こんなバスの案内があるくらいですから。
シフノス_アポロニアは夜型の街?

スブラキ屋さんも、抜群の色センス。
シフノス_アポロニアのお洒落なスブラキ屋

バス停前はちょっとごちゃごちゃした感じ。
シフノス_アポロニアのバス乗り場付近

結局18:10に来たバスでカマレスに戻りました。
明日の移動のために、船のチケットを購入したかったのですが、代理店はまだ閉まったまま。
仕方なくいったん部屋に戻り、シャワー&洗濯。

20:30 外出。無事、明日のセリフォス島行きのチケットを購入。11.0ユーロ。
お腹は空かないので、水だけ買って戻ります。
お天気が良い一日だったので、夕陽もキレイ。。。
シフノス_カマレスの夕陽

明日の船は午後なので、パッキングも今日は少しだけ。
ベッドでだらだら→起きてパッキングを繰り返し、1:15就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(カマレス→アルテモナス) 1.6
      〃 (アポロニア→カマレス) 1.6
      船(シフノス→セリフォス ※6/16の乗船分) 11.0 
食費 エスティアトリオで昼食 17.0
    スーパーで水 0.7
宿泊費 30.0(朝食別 5.0)
その他 カストロの考古学博物館 入場料 2.0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

21 : 16 : 05 | 4.キクラデス諸島ホッピング後編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シフノス島からセリフォス島へ | ホーム | シフノス島二日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/207-fe503e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。