スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ギリシャを離れる日
2013 / 12 / 07 ( Sat )
※2013年5月19日~6月22日までのギリシャの旅の記録です。

6/21 金
7:20 起床。帰国することを思うと、気分がどんどん下向きになるのが自分でもわかる。
8:50 朝食ルームに行ってガツンと食べよう!と思ったのに、ちっとも食べたくないや。
部屋に戻って、残ってしまった食品を処分し後片付け。

10:00 チェック・アウト。ユーロ紙幣が余っていたので現金払い。
3泊分243ユーロに対し250ユーロを差し出したところ、「3ユーロ持っている?」
小銭入れを確認したらコインもまだ余裕で残っているので、追加で3ユーロを出したら、
何故か60ユーロをお釣りとして渡されました。
ビックリして「え?これも?」と50ユーロ紙幣を指すと、レセプションのお兄さんも
「250ユーロを貰ったんだっけ?」と、レジを開けたりして確認。
ちなみにお釣りの一部で渡された50ユーロ紙幣は、私が出した紙幣とは別のもの。
二人でしばらくあたふたしちゃいましたが、結局10ユーロだけを受け取って解決。
(一瞬、自分も300ユーロ(100×3枚)で払ったかと考えちゃいましたが、確かに250を出しました。)
レセプションのお兄さんとは別に、初めて見る若いお兄さんがいて、私のキャリーを通りまで運んで
くれました。

10:30 エアポートバスで空港へ。車内は空いています。
アテネ_空港へ向かう

11:20 空港に到着。
アテネ_空港にて (2)

チェックイン・カウンターも空いています。預け荷物のキャリーが23.5㎏で「超過!」と焦りましたが、
500gだからか見逃してくれました。(規定は23㎏まで)
アピヴィータAPIVITA)に寄ろうかと思ったのですが、EU外出発とは別エリアなので(入れますが)、
イミグレに進むことにします。
ユーロのお金が余っているけれど、お買い物も全然気乗りがしません。
後になるともったいなかったなあと思うのですが、帰国日は毎回、こんな感じです。

12:50の搭乗時刻は遅れ、13:15頃に機内に乗り込みます。
機内へ向かう通路のポスター。Master カードのものですね。
アテネ_空港にて (1)

3+3の座席はほぼ満席。機内エンタメはいまいちだと往路でわかったので、ひたすら仮眠。

ドーハ着は定刻通りで、18:30にはターミナルに入りました。
ここから長~い乗り継ぎ待ち。成田行きは日付が変わった1:50発なので、7時間以上ですよ。。。
アテネ→ドーハは、私が利用した便の後にも、もう1便あるのですが、
私が今回利用したJTB のサイトでは、この遅い便を選べませんでした。
カタール航空のサイトでは選べましたが、そうすると航空券代がUPしてしまいます。

空港内をふらふらしたり、椅子に座って旅のノートを書いたり。
そろそろゲートの表示が出るだろうと見に行くと、まさかのDelayed!
1:50→2:30ですって。。。
大阪行き、ソウル行きも遅れているので、あの一帯で天候不良があったのかな?
(どうも、そうだったようです)
ドーハ空港 (2)

コンタクトレンズが限界なのでメガネに切り替えて、ついでにトイレで洗顔していたら、
アバヤ姿のイスラム女性に話しかけられました。
「クリーム?」
私が化粧水をペタペタしていたのを見て、気になった様子。
「ローションです」と言ったら残念そう。
クリームも持っていたので「試してみます?」と言おうとしたら、トイレに入っちゃいました。
至近距離でアバヤ姿の女性を見るのは初めてでしたが、キレイな人でした。

時刻は23時近く。出発までまだ、3時間以上ある。。。
することもなくなり、小腹も空いてしまったので、フロアの端にあるお店で食事をすることにしました。

ドーハ空港 (1)

ベジタブル・カレーwithライス 30.0QR(カタール・リヤル)
エビアン 10QR
合計40QRは日本円で1000円くらいですね。(2013年現在)
レジのおじさんは愛想が良くて、別のホール・スタッフはペプシをサービスしてくれました。
ペプシをもらえるなら、エビアンはいらなかった・・・

食事を終え、ゲート付近に移動。人が減り始めたせいか、冷房が効きすぎなのか、
体を動かさないとかなり寒く感じます。

※ここから先は旅のノートがないので、記憶を頼りに書いています。

6/22 土
日付が変わりましたが、当初案内された2:30の出発も遅れ。
アテネ(夏時間)とドーハは時差がないので、普通に起きた私はもうヘロヘロ。
日本から欧州のどこかへ行ったツアーの方達が2グループくらいいて、
「飛行機が混んでいて、席はバラバラですって」というような会話をしています。
席なんかどこでもいいから、早く座って眠りたい。

ようやく搭乗開始となり、ツアーの方々は早々と列に並びますが、私は一番最後から2番目くらいに
ボーディング・パスのチェックを受けました。
男性スタッフから半券を「Thank you」と受け取り、通路へと向かおうと数歩、歩いたところで
同じスタッフに「待って下さい」と呼び止められました。
私の後ろに一人女性がいたのでその人を呼んだのかと思ったのですが、彼女は私を追い越して行きます。
この期に及んでオーバー・ブッキングなんてことはないよね。だったらアテネに戻して欲しい。

スタッフの元に行くと
「今日は満席なので、席を替えます」
端末を叩き、搭乗券を発行し直すと、最初に渡した私の半券と交換しました。
お?これはもしやアップ・グレード?
席が確定した後で、そんなこともあるのか~

久しぶりにして人生二度目のビジネス・クラスなので、満喫したいところですが、
前述したように普通に朝起きて、すでに深夜の3時を回っているわけで、
頭も体も働かず、CAさんのテキパキすぎる問いかけについていくのが大変。
ドリンクや食事を「どうしようかな~」と迷っていると「また来ますから」とさっさと通り過ぎちゃいます。
深夜なのに食事が出され、「オススメは何?」と尋ねたら「ステーキ」と答えが返って来たのには
「マジ?」となりましたけど。
一応、写真を撮ってみましたが、深夜便ゆえ暗い^^;
カタール航空機内で (2)
カタール航空機内で (3) カタール航空機内で (4) カタール航空機内で (5)

そんなわけで、食事もドリンクも控え目なオーダーとなり、ひたすら眠っておりました。
で、隣の席とけっこう近い感じがして、他人と並んで眠るようで何となく気まずかったです。
シートはフラットになるんですけどね。
ちなみにアメニティはフェラガモ。
カタール航空機内で (1) カタール航空機内で (6)

出発が遅れたので、成田到着も予定より1時間程遅くなった模様。
ビジネスで帰ったわりには、疲れは取れなかったな~

グルグル巻きキャリー。
2013お疲れキャリーケース

今回新たに調達した無印良品のキャリーにはTSAロックしかついていなくて、
今まで使っていたRIMOWAのようなダイアル式の鍵はありません。
TSAってキーの種類が少なくて、実は簡単に開けられると知ってしまい、
飛行機で預ける時だけはグルグル巻きにしました。
このキャリー、他にも使ってわかった欠点があるのですが、それについてはまたの機会に。

こうして私の10回目の旅は終わりました。
正直、準備不足だったことは否めないし、思いつきで歩き回って時間を無駄にしたように思える場所もあるし、誰かにオススメ出来るような旅だったとは言えません。
行ったことが無い場所をつなげるというのは限界があり、人から見れば地味すぎるかもしれません。
でも、ブログを書くために旅のノートを読み返し、補足のためにネット検索をすることで、
自分が訪問した島を、旅している時よりもよくわかった気がするし、より愛着が湧いて来ました。
どの島も再訪したいですし、したいことはたくさん残っています。

今回も長々と綴った旅ブログに、お付き合いいただいてありがとうございました。
コメント・拍手・「いいね!」等、ありがとうございます。励みになります。
次の旅がいつになるのかはわかりませんが、候補はいつも頭の中にあります。
「え?また行ったの?」と言われようが、続けますから(笑)

€€ 会計メモ €€
交通費 エアポートバス(シンタグマ→空港) 5.0
食費 ドーハ空港で夕食 40.0QR (約1000円)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 33 : 05 | 5.アテネ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<会計報告 | ホーム | アテネ三日目>>
コメント
★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by: * 2013/12/16 18:18 * [ 編集] | page top↑
★Re: 初めまして

(非公開コメントを下さった方へ)
コメントをありがとうございます!!
3週間の旅はいかがでしたか?どこかですれ違っていたかしら?
でも、私は今回かなーり地味なルートだったのでそれはないか・・・
このブログは自分のため=自己満足なのですが、読んだ方が
「ギリシャに行ってみようかな」「この人が個人で回れるんだから、私も出来そう」
と思ってくれたなら、こんな嬉しいことはないとも思っています。
ギリシャ語は難しいけれど、お互いがんばりましょう♫
ぜひギリシャ・リピーターとして、周りの方にギリシャをおススメして下さい!

by: フムフム * 2013/12/16 20:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/213-5bd2bac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。