スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
サモトラキ島二日目・その2
2014 / 08 / 11 ( Mon )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

歩きやすい道だわと、気楽に歩き始めましたが。

時刻は13時を回ったばかり。太陽は真上です。
そしてホラへ向かうには、南の方向に歩くのであった・・・
サモトラキ_神殿群からホラへ向かう (3)
サモトラキ_神殿群からホラへ向かう (1)

暑い!ありえないくらい暑い!

しかも道の両脇とも、日陰がほとんどありません。
誰か車で拾ってくれないかしらと期待するものの、ここはギリシャ。
昼寝の時間に家から出て来る人なんていませんよ
(正確には車が通ったのですが、反対方向でした・・・)

やっと見つけた木陰で休憩したら、「ああ、もう、ここでこのまま朽ち果ててしまうかも・・・」

わずかな力を振り絞って立ちあがり、先へ。

ああ、遠くに集落が見えて来た。あれがホラ(Χώρα)?
サモトラキ_神殿群からホラへ向かう (4)

一気に向かいたい気持ちはあるものの体は言うことを聞かず、二度目の休憩。
サモトラキ_神殿群からホラへ向かう (5)

足から根が伸びて、ここで一生終えそう。
そんなギリシャ神話があったような(←明らかに理由が違います)。

ふらふらしながら歩いていくと、分かれ道(泣)
サモトラキ_ホラ到着

左を選んだらすぐに急な上り坂。ああ・・・
考古学博物館のおじさんの「今日は暑いよ」の忠告を、聞き流した私がバカでした。

自分にダメ出ししながら上って行くと、カストロの横に着いた~!!!
サモトラキ_ホラのカストロ

サモトラキ神殿群の考古学博物館を出てから、1時間半経過していました。
・・・でも、カストロは「DANGER」で立ち入り禁止。。。

カストロのすぐそばには洒落た石造りのカフェがありました。
サモトラキ_ホラのカストロ脇で

カフェの外席からの眺め。(カフェを利用しなかったんですけど、ちゃっかり写真だけ撮った)
サモトラキ_ホラ_カストロ脇

カストロはホラの中でも高い場所にあるので、この後は下りや平坦な場所になり、
散策はぐっと楽になりました。ほっ。

路面には石畳が敷きつめられた、趣のある家並みです。
サモトラキ_ホラ (2)
サモトラキ_ホラ (3)

下の写真で、左端にあるのがカストロ。
サモトラキ_ホラ (10)
サモトラキ_ホラ (9) サモトラキ_ホラ (4)

猫さんもたくさんいました。どの子ものんびりしていました。
サモトラキ_ホラの猫さん (2)
サモトラキ_ホラの猫さん (4)
サモトラキ_ホラの猫さん (1)
サモトラキの猫さん (5)
サモトラキ_ホラの猫さん (3)

お腹が空いたので、遅めの昼食にしよう。
この時間(15:00)でも開いているお店はないかなあと回って、
「ΚΑΦΕ ΟΥΖΕΡΙ 1900」を見つけました。
サモトラキ_ホラ「1900」 (1)
サモトラキ_ホラ「1900」 (2)

遠くに海が見えます。良い眺め。
サモトラキ_ホラ「1900」 (3)

オーダーは以下の通り。合計で12ユーロ。支払いは1ユーロをプラス。

ザジキ 3.5
σταμνάτο 8.0
プソミ 0.5
水はピッチャーで出されて無料でした。

サモトラキ_ホラ「1900」 (4)

「σταμνάτο」はメニューの説明で「牛肉とマッシュルームのワイン煮込み」とありました。
「στάμνα」が「深鍋」のことらしいので、牛肉に限らず、そういう鍋で作る料理全般が
「σταμνάτο」なのかな?
サモトラキ_ホラ「1900」 (5)

けっこう濃い味付けでしたが、疲れ切っている私にはちょうど良かった。
プソミがちょっとボソボソしていたのが残念。

サービスでもらったグリコ・クタリウ(スプーン・スイーツ)。
サモトラキ_ホラ「1900」

お店のスタッフ(女性)は、とても感じの良い人。
15:00から16:30までのんびりしちゃいました。
※サモトラキのfacebook にアルバムがあります。 → ここ

バス停の場所と、カマリオティッサに戻るバスの時刻を確認してから、再びホラを散策。
サモトラキ_ホラの入り口(バス停付近)

広い街(村)ではありませんが、坂が多いので、けっこう歩いた気がします。
サモトラキ_ホラ (1)
サモトラキ_ホラ (5)
サモトラキ_ホラ (6)
サモトラキ_ホラ (8)
サモトラキ_ホラ (13)

OTEの建物も洒落た石造り。
サモトラキ_ホラ (12)

失敗したなあと思ったのは、午後なのでお店がほとんど閉まっていたこと。
この有名なお菓子屋さんも閉まっていました。
サモトラキ_ホラ (11)

サモトラキのシンボルはやっぱりニケ。
サモトラキ_ホラ (15)

これも手に取ってみたかったなあ。
サモトラキ_ホラ (14)

猫さんが本当に多かった。
サモトラキの猫さん (2)
サモトラキの猫さん (3)
サモトラキの猫さん (4)
サモトラキの猫さん (1)

18:10のバスでカマリオティッサに戻りました。
お土産屋さんでニケ像のマグネットを購入。

まだ日没までは時間があるので、街の西端を目指します。
地図に寄れば、地名としてはアクロティリになるようで、灯台があります。
のんびり歩く私の横を何台も車が追い越して行くので、「もしや夕陽スポット?」と思いましたが、
泳ぎに来た人たちでした。
幼い子供もいる家族連れがいたので、そんなに深くはないのかな?

小石のビーチ。波は冷たそうです。
サモトラキ_アクロティリ (1)

期待した灯台でしたが、実用本位のシンプルなものでした。
サモトラキ_アクロティリの灯台

さらに先へ行こうとしたら、男の人が一人だけいたので、何となく気まずい・・・
(左端にちょっと写っている人。いきなり起き上ったのでびっくりした)
サモトラキ_アクロティリ (3)

再び徒歩でカマリオティッサに戻り、スーパーに寄ってから宿へ。

歩き回ったので、汗だくになったリュックを水洗い。
シャワー&洗濯を済ませ、旅のノートを書こうとするも疲れたままなのでベッドでくた~

1時間程したら、昨夜同様、また騒がしい音が聞こえてきました。
何なのかしら?
まあ、疲れ果てているので、昨日程は気になりませんが。
1:30 就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(カマリオティッサ→パレオポリ) 1.5
      〃 (ホラ→カマリオティッサ) 1.5
      船(サモトラキ→アレクサンドルゥポリ ※7/5乗船分) 14.5
食費 ウゼリで昼食 13.0
    スーパーで果物とジュース 1.21
宿泊費 25.0(朝食無し)
その他 サモトラキ神殿群&考古学博物館入場料 3.0
      ニケ像の写真のマグネット 2.5
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 55 : 51 | 1.アレクサンドルゥポリ&サモトラキ島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サモトラキ島三日目 | ホーム | サモトラキ島二日目・その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/221-34618a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。