カヴァラ二日目・その2
2014 / 09 / 07 ( Sun )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

16:00 外出。
インフォメーションに行ってみますが、日曜なのでクローズ。
フェスティバル・フィリピの案内パネルが置いてありました。
フェスティバルの案内
色んなイベントが開催されるようです。へ~ 公式サイト → http://philippifestival.gr/

日曜でお店も閉まっているところが多く、そのせいか街中は人も少ない印象。
タウンホールからタバコ博物館に行けるかなと歩いてみましたが、あまりに人が少ないので、
海沿いに出ることにしました。
カヴァラの街で (2)
このあたりがタバコ倉庫っぽいんだけど・・・

自転車をレンタル出来ます。観光というより市民向けですね。
カヴァラの街で (3) カヴァラの街で (1)

考古学博物館も15時で閉まっています。
カヴァラ_考古学博物館
この近くの海に面した場所には、大きな公園がありました。

海沿いをぷらぷらと歩いて、港に向かいます。
街中と対照的に、海沿いは賑わってしました。
カヴァラ_海沿いで (2)
カヴァラ_海沿いで (4)
カヴァラ_海沿いで (3)

公衆電話。最近はヒマ?
カヴァラ_海沿いで (1)

港で明日の船のチケットを購入しようと思ったのですが、またもや窓口が閉まっています。
旅行代理店とは違い、船の出発に合わせてしか開かないみたい。
仕方ないので、時間つぶしにパナギア地区へ行ってみました。

地元の人が泳ぐ海岸。けっこうワイルドな場所ですけど。
カヴァラの海岸 (1)

ここなんて飛び込み台ですよ。コワイ・・・
カヴァラの海岸 (2)

キミシ・セオトク教会まで来ました。
人が集まっているので何だろうと敷地内に入ってみたら、どうやら洗礼式が行われるようです。
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (1)

写真を撮らせてもらいました。
ピンクで統一しているから、洗礼を受けるのは女の子ですね。
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (4)
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (5)
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (3)
カヴァラ_洗礼式に遭遇 (2)

教会の近くにあるモハメット・アリ博物館。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (2)

18:00なのでもう閉館かと思ったのですが、入れました。入場料は2ユーロ。
イマレットと共にサイトがあります。写真がキレイ → http://www.imaret.org.gr/

木を多く使った造りの家。トルコ式家屋だそうです。
1階(日本式なら2階)には靴カバーを着用して上ります。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (1)

居心地が良さそうですね。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (6)

重厚な家具が置かれたのはselamlikの一部です。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (3)

こちらは貴婦人用の部屋。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (4)

別の部屋の奥にはハマムもあります。
カヴァラ_モハメット・アリ博物館 (5)

博物館を出たら散策を続けます。
カヴァラ_パナギア地区 (5)

冬に来た時はたくさんの猫さんに会えましたが、この暑さではどこかに避難しているのかな?
見かけた猫さんも大抵お昼寝中でした。
カヴァラ_パナギア地区 (4)
カヴァラ_パナギア地区 (1)

雰囲気があるイマレットのある通り。
カヴァラ_パナギア地区 (3)
カヴァラ_パナギア地区 (2)
カヴァラの街 (2)
カヴァラの街 (1)

一度部屋に戻り、荷物を入れ替えて再度外出。20:00。

今度は港のチケット売り場が開いていました。(20:45発の船に合わせている)
タソス行きは2社の船があるので、小さな時刻表を見せられ、「どれにする?」
乗りたい時刻(明日の12:45)を告げるとチケットを出してくれました。
ですが、今日の日付が押されてあり、出発時刻は印字されていません。
以前、サントリーニからティラシアへ渡った時のような簡易なチケットです。
窓口のおばさんは「明日は出発の30分前に来てね!」と明るく言います。
まあ、そう言うならこのチケットでいいんだろうな。
(しかし、この不安は的中するのであった。。。)

海沿いを街へ戻ります。
途中で出会ったかわいい猫さん親子。
カヴァラ_海沿いの猫さん (1)

そばにいた別の猫さん。すごく人懐こくて、撫で放題でした。
カヴァラ_海沿いの猫さん (2)
地元のお兄さんもやって来て、二人で撫でまわしw

夕食は「パノス・ザフィラ(ΠΑΝΟΣ ΖΑΦΕΙΡΑ)」へ。
昨日入った「イ・オレア・ミティリニ」の並びにあります。

メニューが表に出ていて、真剣に悩みます。豊富なんだもの。
カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (2)

スタッフのおじさんにメニューの中の食べたいものを言うと、「どれもあるよ」とのこと。
やった~!!!

今日も海が見えるテーブル席で。奥側はまだ空いています。
カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (3)

オーダーは以下の通り。合計で15.6。

ガブロス・マリナトス(ガヴロスのマリネ) 3.8
フタポド・ケフテデス(タコ・ボール) 4.5
トマトとキュウリのサラタ 3.0
プソミ 0.7
水(500ml) 0.6
ビール(FIX 500ml) 3.0 ※途中で追加

カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (4)

外はカリカリ、中はふわ~のタコ・ボール。
カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (5)
タコはかなり細かいすり身状態ですが、香りはばっちり残っています。
ガイドブックのギリシャ料理では、魚介類は「カラマリ」「タコのグリル」「エビのサガナキ」あたりが
定番みたいですが、私はフタポド・ケフテデスを強力に推したい!
フタポド・ケフテデスに外れ無し!(←大げさな)

サーブ担当のおじさん、毎回無言でお皿を置いていきます。
食べ終わってお皿が下げられ、サービスのスイカをもらったので、ギリシャ語でお礼を言うと
初めてにっこり笑ってくれました。
カヴァラ_「パノス・ザフィラ」で (1)

このお店でもうひとつ嬉しかったのは、BGMでミトロパノスが流れたこと。
ΡΟΖΑ」が聴こえてきて、わかる歌詞だけ歌っちゃいましたよ。(←酔っ払い)

夜の涼しい風を浴びながらのんびり過ごし、お会計。
20ユーロ札で払ったら、戻りが4.5でした。端数切り上げ。
スイカももらったし、1.5を置きました。
Tripadvisorでは辛口レビューもありますが、私は悪くないと思うけどな。→ レビュー

先程出会った猫さん親子に給食。
お母さんは用心しているのか様子見といった感じですが、ちびちゃんは興味を持ってくれました。
カヴァラ_夜の子猫

ホテルに戻り、荷物の片付け。
シャワーを浴びて1:30に就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(カヴァラ→リディア) 1.9
      〃 (ΔΙΑΣΤ ΚΡΗΝΙ→ΑΥ.ΣΙΛΛΑΣ) 1.6
      船(カヴァラ→タソス ※7/7の乗船分) 4.7
食費 タベルナで夕食 17.0
宿泊費 49.0
その他 フィリピ遺跡&考古学博物館 入場料 4.0
      モハメット・アリ博物館 入場料 2.0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 55 : 22 | 2.カヴァラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カヴァラからタソス島へ | ホーム | カヴァラ二日目・その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/225-bf060e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |