タソス島三日目
2014 / 10 / 15 ( Wed )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/9 水
6:30 起床。
コーヒーを飲んでも目が覚めないな~

8:45 外出。今日は山の中にある、テオロゴスという村に行ってみます。

ホテルを出る時にオーナーに声を掛けられました。
私が部屋の鍵を持って外出したので、掃除が出来なかったとのこと。
鍵を預けるシステムだったのか。意外だわ。
トイレット・ペーパーなど、必要なものはないか尋ねられましたが、とりあえず問題なし。

8:50 バス停に到着。まだ誰もいません。
昨日のバスの中で入手した時刻表と、同じものが貼ってあります。
でも、その横に、ギリシャ語のみの何やら怪しげなスケジュール表が。
バスの番号ごとに色々書いてあるけれど、英語版の時刻表と合致していないような・・・

9:10 1台のバスがやって来ました。
前面に掲示された行き先を見ると、島を一周する路線のバスです。
運転手は、昨日リメナスで「バス乗り場はフェリー乗り場の所」と教えてくれたおじさん。
そういえば、昨日も島一周ルートの担当だったな。
このバスでは内陸のテオロゴスには行けないだろうから、見送ります。

ところが、時刻表では島一周ルートと同じ時刻にリメナスを出発しているはずの
テオロゴス行きのバスが現れません。
遅れる理由もなさそうなんだけどな。
タソス島に着いた時、ちょうどテオロゴス行きのバスがこの乗り場に停まっていて、
ちゃんと前面に「テオロゴス」って表示していたんだけど。
次のテオロゴス行きは10:10頃。
何だか、タソスでバスに翻弄される私。(←いや、サモトラキでも・・・)

バスを待っている間に、観光客のお姉さんにリメナス行きのバスについて尋ねられました。
時刻表を見せてあげたら「パーフェクト!」って(笑)
一緒にいた家族らしい方とはフランス語で話していたので、フランス人かな?
タソス島は、フランスからの旅行客が多かったように思います。

10:10頃、1台のバスが到着。リメナス行きです。
続いてもう1台。バスの前面に行き先表示が無いので、運転手に確認。
テオロゴス行きでした。料金は4.1ユーロ。
始発はリメナスなのですでに多くの乗客が座っており、私は進行方向左側に座ります。

10:25 出発。左は陸側なので、のどかな山の景色です。
テオロゴスへ向かう

テオロゴス(Θεολόγος)までは70分かかりました。けっこう遠いな。
バス乗り場に地図がありました。でも、わかるようなわからんような?
写真がある所は道が隠れているしw
タソス_テオロゴスの地図

石畳はサモトラキのホラみたいです。山の中のお約束なのかしら?
タソス_テオロゴスの村 (2)

まずは民俗博物館へ。(Λαογραφικό Μουσσείο)
タソス_テオロゴスの民俗博物館 (2)

建物自体も「ハジヨルギ・マンション」という名前がついた、古い邸宅を利用したもの。
入場料は2.0ユーロ。小さいけれど、きちんと管理されています。

カストリアの博物館に似ているかな?
タソス_テオロゴスの民俗博物館 (5)

タソス_テオロゴスの民俗博物館 (3)
中央のタペストリーは1930年代の製作だそうです。

ファブリックがかわいい~
タソス_テオロゴスの民俗博物館 (4)

眺めも良好。こういうお家が欲しいなあ。
タソス_テオロゴスの民俗博物館 (1)

写真を撮りながら、メインと思われる道をぷらぷら。
タソス_テオロゴスの村 (6)
タソス_テオロゴスの村 (7)

こういう屋根、フォレガンドロスとかシミでも見たような。
タソス_テオロゴスの村 (5)

この建物に郵便局が入っているのですが、週に3日、正午からの30分だけという
限定すぎる営業時間でした。
タソス_テオロゴスの村 (3)

タソス_テオロゴスの猫さん (2)

のんびりした村ですが、意外と車が通るのが難点。
実はテオロゴスは、タソス島の観光スポットの一つ。
古い家並みを眺めて歩く場所なのです。
ツアー・バスがやって来るし、個人で車で来る人も少なくないようです。
(実際、車で来た人に道を聞かれました)

12:30を回ったので昼食にします。
「ヤトル」(※ギリシャ語のヤトロスは「医者」のこと。オーナーの名前です)という大きなお店。

まだお客さんは一組だけなので、眺めの良いテーブルを確保出来ました。
タソス_テオロゴス「ヤトル」 (2)
風が入って気持ちがいい~

オーダーは以下の通り。合計で13ユーロ。支払いは1ユーロ追加。

ビフテキ・イェミスタ(という名前でした) 6.0
アグロドマタ(キュウリとトマトのサラダ) 3.0
ビール(アムステル 500ml)  
水 
プソミ 
※ビール、水、プソミの代金内訳はわからず。水はオーダーと関係なく出て来ました。

タソス_テオロゴス「ヤトル」 (3) タソス_テオロゴス「ヤトル」 (4)

ビフテキ(ハンバーグですね)、中からチーズがとろ~
タソス_テオロゴス「ヤトル」 (5)
ケバブのチーズ挟みのような感じかな?美味しいです。
付け合わせのポテトがしわしわなのが残念。

サービスでもらったハルバスは甘さ控え目でした。

人懐こい白黒猫さんが、足元でスリスリしてかわいかった

私が入った時は空いていた店内は、団体客が来て一気に賑やかになりました。
BGMのギリシャ音楽が布施明っぽい声なのが、気になる・・・(誰なんだろう?)

14:40 満足してお店を出ます。
お店の外観を撮ろうとしたら、オーナーが陽気にポーズを取ってくれました。
タソス_テオロゴス「ヤトル」 (1)
Tripadvisor のレビュー → ここ

戻りのバスは16:30発。それまで周囲を散策します。
タソス_テオロゴスの土産物屋さん
タソス_テオロゴスの村 (8)

教会や修道院もいくつかあったのですが、どこも閉まっていました。残念だなあ。 
タソス_テオロゴスの村 (4)

ここが村の入り口付近。
タソス_テオロゴスの入り口付近

「モノパティ」という興味をそそられる標識。修行僧もどきの血が騒ぐ(笑)
タソス_テオロゴスのモノ・パティへ (2)
どうやら、この道を進むと石造りの橋があるようです。

モノパティへの道で猫さん。
タソス_テオロゴスの猫さん (1)

モノパティへの道で山羊さん。警戒心ゼロ。
タソス_テオロゴスのモノ・パティへ (1)

好きです、こういう道。ちなみに周囲には誰もいません。
タソス_テオロゴスで橋を目指す (2)
タソス_テオロゴスで橋を目指す (3)

小川が流れます。近寄れないけれど、水は透明みたい。
タソス_テオロゴスの小川

着きました、石造りの橋。ギリシャ語でγέφυρι(イェフィリ、ゲフィリ γέφυρα とも)。
タソス_テオロゴスで橋を目指す (4)
タソス_テオロゴスで橋を目指す (1)

橋の先まで道は続いていますが、あまり遠くまで行って、バスの時間に間に合わないのも困るので
引き返し。

1本早いバスに乗れたら(バスがあったら、の話ですが)、もっと見て回れたのになあ。
こういう場所は夕暮れ時も良さそうだし、ちょっと名残惜しい。

ここがバス乗り場です。
タソス_テオロゴスの村 (1)

16:30 予定通りにバスが来て、スカラ・プリヌへ戻ります。

17:30 スカラ・プリヌに戻りました。
右足のスニーカーの底がペラペラしている^^; 今回も歩いてるからな~
散策は一休みして、部屋で過ごします。

21:30 宿代を支払い。
領収書を発行してもらう時、「発音しやすい名前だわ」と言われました。
へえ~、初めて言われた。

ついでに港付近で猫給食。
食べてはくれるけれど、近付くと逃げちゃう。人慣れしていないのかな?

部屋に戻ってシャワー。
お腹は空いていないので、夕食はサモトラキでもらった果物で済ませます。

TVをつけてW杯をチェック。オランダVSアルゼンチン。
PK戦の結果、アルゼンチンの勝利。個人的にはオランダの方が好きなんだけどな。
はかどらないパッキングを諦めて就寝。(1時頃かな?)

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(スカラ・プリヌ⇔テオロゴス) 4.1×2
食費 タベルナで昼食 14.0
宿泊費 25.0(朝食なし)
その他 民俗博物館入場料 2.0

おまけ:
私の行動からは全くわかりませんが、実はタソスはアクティビティも充実している島です。
ビーチもたくさんあって、島一周ルートのバスでビーチ巡りをする人もいるみたい。
参考サイトは以下で。
http://www.realholidaysgreece.com/
http://www.gothassos.com/
http://www.greeka.com/eastern_aegean/thassos/
http://www.thassos-island.gr/en/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 25 : 54 | 3.タソス島 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<タソス島からエデッサへ | ホーム | タソス島二日目>>
コメント
★タソス

田舎っぽくて自力では動きにくそうな場所ですが、意外とそんな事なさそうですね。
私達も島では公共バスもしくは徒歩なのでとても参考になります。
Theologos、猫、山羊がいて郵便局の限定ぶりも強烈。。。 
是非行ってみたいです。


by: MM * 2014/10/15 05:07 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: タソス

>MMさん

予想以上に賑やかな島でした。
私の行動からは賑やかさも伝わりにくいですけど。
でも、キクラデスあたりの観光客の層とちょっと違うかな。
アジア系はまったく見ませんでしたし。
テオロゴス以外にも面白そうな村がありそうですよ。

by: フムフム * 2014/10/15 19:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/228-048d28e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |