エデッサ三日目・その2
2014 / 11 / 26 ( Wed )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

車内から見て左側に湖があったので、線路を渡り、その方角へ行ってみました。

すぐに、街のメインと思われる、商店や飲食店が並ぶ通りに。
アルニサの街 (2)
といっても、土曜日の午後とあって完全閉店状態。人の姿もほとんどありません。

通りを抜けた所に大きな教会。古くはないようですね。
アルニサの街 (3)

テキトーに歩いていたら湖が見えて来ました。近くに行くにはどうすればいいのかな?
アルニサの湖 (2)
アルニサの湖 (3)

ここはアルニサだという証。「Ε.Σ.Υ.」って何だっけ?
ここはエデッサ

ギリシャに行くとワンちゃんの歓迎を受けてしまう私。
ここでも2匹が駆け寄って来ました。
アルニサのワンコ

カストリアのように遊歩道が整備されているわけではないので、勘を頼りに進んで行ったら
何とか湖畔まで来ました。Λίμνη Βεγορίτιδα(ヴェゴリティダ湖)。 
アルニサの湖 (4)

湖というより湿地帯というか、沼っぽい?水草が茂っている場所があります。
小さい魚がいっぱい。
お天気が良かったら、また違った印象を持てたかな?
アルニサの湖 (1)

湖に沿ってぐるりと回れたらいいなと思っていたのですが、どうもそういうわけにはいかないので、
遠くには行かず周囲を散策することにしました。

標識だらけの交差点。これですんなりわかるのでしょうか?
アルニサ_標識だらけの道

踏切を渡って反対側へ。
アルニサ_踏切付近

このあたりは単線です。
アルニサ_単線路線 アルニサの街 (5)

年期の入った標識に何とも哀愁を感じます。
アルニサ_哀愁漂う
今までにアルニサを歩いた日本人、いるのだろうか?

こちらは住宅も多いようです。日本の重機メーカー「クボタ」の名が。
アルニサの街 (4)

再びメインの通りに戻って来てしまいました。
アルニサの街 (6)
アルニサの街 (7)

小さな街でもギリシャ。夏はイベントが開かれるようです。
エデッサ_イベント案内

お洒落なカフェニオもあるんですよ。営業していませんけど。
アルニサの街 (1)

アルニサの猫さん。お母さんは傷だらけでも、子供たちは器量よし。
アルニサの猫さん (1)
猫給食にしたかったのですが、距離があって近付けず。
フラットな場所にいないので給食を置くことも出来ず。
しばらくお母さんと見つめ合っていたのですが、結局、親子は移動してしまいました。

別の場所で姿勢の良すぎる猫さん。大きな家の飼い猫のようです。
アルニサの猫さん (2)

16:00過ぎには駅に戻りました。
アルニサの駅で (2)

チケットを購入しようとしたところ、売り場と思われる入り口の扉が閉まっています。
横の貼り紙(ギリシャ語)を読んでみれば
アルニサの駅で (1)
「駅 閉鎖」

はぁ?チケット、どうするの?
無賃乗車は罰金じゃないの?(例:アテネのメトロは正規の60倍が罰金)
電車待ちしているお姉さんにギリシャ語で尋ねると、「車内で買うのよ」
あ、そうか。それなら安心。
※こういう時、万年初級者ながらもギリシャ語を勉強しておいて良かったなとつくづく思う・・・

駅裏にいた猫さん。カップルのようです。
アルニサの猫さん (3)

17:00 驚いたことに、時刻表通りに電車が到着しました。
来る時の電車でアナウンス担当のジミーが
「エデッサに戻る電車も私が担当だから、電車がアルニサに着いたら合図してくれよ」
と言っていたので先頭の運転士席を見てみたら、ジミーが手を振っています。
「おいで」という仕草をするので、「まだチケットを持っていないから買わないと」と言うと、
「乗って」と、またもや引っ張り上げられました。
(来た時同様、車内の様子は割愛します。運転士はエヴァンゲリオスさんではなく、別の人でした)

17:20 無事にエデッサに戻って来ました。

アナウンス担当のジミー。楽しいおじさんでした。
再びエデッサ駅で (3)

「Facebookやっているか?」と聞くので、お互いFacebook上の名前を交換したのですが、
帰国して彼の名前で検索したら、何故か複数ヒットしてしまい。
「こっちかな?」とあたりをつけてメッセージを入れたものの、返信が無いので本人かわからないまま。
ジミーが私の検索をした時は、何度やってもエラーになってしまったんですよね。
「ギリシャからだと、日本は遠いからなあ」なんて、二人で言っていたんですけど。

テサロニキに向けて出発する電車。
再びエデッサ駅で (1)
落書きだらけ。
運転士のエヴァンゲリオスさんもジミーも、「日本の電車はきれいだよなあ」とうらやましそうでした。
余談ですが、ジミーに言わせるとエヴァンゲリオスさんは「このあたりで一番のイイ男」だそうです。
このあたりがどこまでなのか知りませんが、確かにイイ男の部類に入ります。

島派の私は2往復・4回しか利用していませんし、毎回、ヘマをやらかしていますが^^;、
機会があったら、また電車に乗ってみたいな。
今回の利用でΟΣΕ に対する印象が良くなりました。

テサロニキ行きの電車が去ると同時に、テサロニキからのエデッサ終点の電車が到着。
再びエデッサ駅で (2)
こちらはラッピング広告の車両です。

駅から戻る途中にある大きいスーパーマーケット。
エデッサ_スーパー
店名の「αρβανιτίδη」って「アルバニアの」って言う意味かなと思うのですが、
国レベルではなかなか周辺国と微妙な関係にあるギリシャでも、
国境近くではそんなややこしい思惑なんてもうないのかな。
カステロリゾの人も対岸のトルコに気軽に行くみたいだったし。

18:30 先程の写真とは違うスーパーで水を買って、部屋に戻りました。
マリアに「フロリナに行ったの?」と聞かれ、「アルニサに行って来た」と答えたら、
「え?」みたいな表情でした。まあ、「何故?」と思いますよね、フツー。

20:00 外出。
夕食は、初日と同じ「イルサ&エデッサ(Ήρθα Έδεσσα)」へ。
今日の先客はグループが一組かと、スタッフを探しに奥に行こうとしたら、
そのグループ客の中の一人に声を掛けられました。
あ、スタッフ?そこに座っていたら、わからないって。(←ギリシャあるある、ですね。これ)

オーダーは以下。合計で8.3って。やっぱり激安。支払いは1をプラス。

ドルマダキア 2.4
チキンロール(伝票のギリシャ語ではρολαなんとか) 3.6
ビール(ハイネケン・ドラフト) 1.8
カバー(プソミ&水) 0.5

ちなみにビールはFIX(2.5ユーロ)にしようとしたら、何故か安いハイネケンを勧められました。

チキンはギリシャ基準からだと小振りかな?
エデッサ_二度目の「イルサエデッサ」 (2)

マッシュルームたっぷりのクリームソースがかかっています。
チキンの中に赤ピーマンと人参、ベーコンが入っているのかな?
エデッサ_二度目の「イルサエデッサ」 (3)

ドルマダキアは温めてありました。酸っぱくなくて食べやすい♪
今日もデザートをサービスされてお会計。
余りの安さに「フティノ(φτηνό 安い)」とつぶやいたら、スタッフのお兄さんも
「フティノ?」

壁にはエデッサが描かれています。
エデッサ_二度目の「イルサエデッサ」 (4) エデッサ_二度目の「イルサエデッサ」 (1)

満足して部屋に戻ったら、明日の移動の準備。
宿泊費の支払いと明日の出発について話しておこうと、レセプションに行ったら、
担当はおばあちゃんと言っていい年配の女性。
予想通り、英語をほとんど話しません。
万年初心者のギリシャ語で、「明日発つのでエデッサからアテネ行き、エデッサからテッサロニキ行きのバスの時刻を知りたい」と伝えると、
「ヨルゴに聞いてみるわ」と、その場で電話。
しかしヨルゴスは電話に出ないようで、今度はマリアに電話。
マリアは「インターネットで調べてみるわ」

あっさりわかると思ったらネット状況が良くないようで、かなり苦労して調べた様子。
(ありがとう、マリア)
アテネ行きは8時と14時、テサロニキ行きは8時以降、毎時00分発。
アテネ直行が楽ですが、8時発に乗るには7:30には宿を出なければなりません。
6:30には起きる必要があり、ここ数日、早起きモードじゃない身にはツライ。
マリアも「アテネ行きの方が快適だと思う」と言うのですが、
バタバタするのも嫌なので、テサロニキを経由してアテネに行くことにしました。

本来、宿の朝食は8:30からですが、マリアは「責任があるから作るわ。何が必要かしら?」
せっかくですが、ギリギリに起きたらゆっくり食べる時間も無いだろうし、
バスに乗る前にたくさん食べるわけにもいかないので、コーヒーだけお願いしました。

フロントデスクに置かれた伝統の飲みもの。(材料になるものも見せてもらったのですが、
その手のことに疎い私^^; クロなんとか、と言っていたんだけど^^;)
エデッサ_宿でいただいたドリンク
他の宿泊客はわざわざ「欲しい」ともらいに来ていました。
おばあちゃんのお手製らしいです。チェックイン時同様、私もいただきました。

部屋に戻ってせっせと荷造り。
TVをつけたらW杯のハイライトを放送しています。明日の決勝はドイツVSアルゼンチンかあ。
アラームを7時にセットして、1:40就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 電車(エデッサ⇔アルニサ) 2.0×2
※私、帰路の分を払っていないんですよ・・・「払う」と言ったのですが^^;
食費 タベルナ(ウゾメゼドポリオ)で夕食 9.3
    スーパーで水など 1.69
宿泊費 50.0(日本で予約サイトを利用)

おまけ: アルニサを車でグルグル回る動画がありました。
私が歩いた通りって、まさにここです。冬なので殺風景ですけど(^^ゞ


おまけ その2: 私が電車を間違って降りた場所は、どうやらアグラス(Άγρας )という場所みたいです。
写真 → ここで
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 01 : 00 | 4.エデッサ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エデッサからアテネへ | ホーム | エデッサ三日目・その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/233-dfcdbeba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |