スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
エデッサからアテネへ
2014 / 11 / 30 ( Sun )
※2014年6月30日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/13 日 
ふと目が覚めたら4:00!さすがにここで起きるのはない。
次に起きたら6時過ぎ。
早起きする自信がなくて、8時発のアテネ直行バス利用をやめたのに。
何だかな~

ダラダラして、6:45にのろのろベッドから起き上がり、仕度をしたら7:40。
マジで8時発のバスに乗れたな・・・

8時少し前に部屋を出ると女性スタッフがやって来て、私のキャリーを下ろしてくれました。
レセプションには昨夜のおばあちゃん。
宿泊費の支払いを済ませて、用意してもらったコーヒーを頂きました。
エデッサ_最後の朝
静かな朝です。

8:15 レセプションにいる先程の女性とおばあちゃんに礼を言い、宿を出ます。
KTELへの行き方を尋ねると、二人して宿の外まで一緒に出て来て、
「ここを真っすぐ行って、突き当ったら右よ」

到着した時は昼寝時間で静かだった通り。帰りは日曜の朝の静けさ。
エデッサ_名残惜しい
居心地の良い宿だったので名残惜しいです。

写真を撮りながらのんびり歩いていたら、後ろから指笛みたいな音がしました。
振り向くと、宿のおじいちゃんがこちらに歩いて来ます。
滞在中、何度か顔を合わせましたが、レセプション担当ではないようで、
交わしたのは挨拶くらい。
私、忘れ物でもしたかな?

おじいちゃんは私のキャリーに手をかけると、そのまま引いて歩いて行きます。
私がギリシャ語で「あ、一緒に?」と言うと、「そうだよ」みたいな表情。
背広姿なのは教会に行くからかしら。

これが到着時ならエデッサのあれこれを聞きたいところですが、
帰り道となると話題もないし、そもそもおじいちゃんは英語を話しません。
私も気楽な世間話が出来るようなギリシャ語能力を持っていません^^;
おじいちゃんの知り合いと出会い挨拶をしたり、キャリーを引くおじいちゃんが
「カロ・タクシーディ」と声を掛けられたりした以外は、二人並んで静かにKTELに向かいました。

10分程でKTELに到着。
エデッサのKTEL

ギリシャ語でお礼を言って、おじいちゃんとお別れ。
8時発に乗っていたら、おじいちゃんと歩くこともなかったのかな。
ちゃんとKTELに送り届けようというおじいちゃんの気持ち、嬉しかった。
旅をしていると、こういうちょっとした優しさがずっと記憶に残ります。

テサロニキまでのチケットを購入。8.6ユーロ。ちなみに窓口のおじさんはギリシャ語対応。
座席番号は1番ですが、例によって年配のおばさんが座っていました^^;
エデッサからテサロニキへ

車内ではずっと寝ていようと思ったのに、途中で後ろの席のおばさんに
「コリッツィ!(お嬢さん!)」と起こされ(泣)、
「テサロニキからのエデッサ行きは何時発?」とギリシャ語で聞かれ・・・
通路を挟み、おばさんの隣の席のお兄さんが「カセ・オラ(毎時)だよ」と、かわりに答えてくれました。
何故、私を起こすのさ?

10:40 テサロニキ到着。
アテネまでは39ユーロ。値段が下がったんですよね。
でもちょっと時間があいて、12:15発。すでに座席番号は42です。
テサロニキからアテネへ

窓口表示を見ると、「キフィソス・オモニア」と書かてれています。
いつも意識せずにアテネ行きを購入していたけど、オモニアに行けるんだっけ?
時間帯によってはピレウスまで行くことは知っていたけど。
チケットと一緒に渡された時刻表には「Πεδίο Άρεως」と書いてあり、
バスに荷物を積み込む時も先にこの地名を言って、次にキフィソス(キフィスゥ)行きの人の荷物を
集めていたから、キフィソスが終点じゃないのか。

バスは定刻発。隣はギリシャ人女性。
ここでも仮眠と決め込みます。

15:20 休憩。大きなサービスエリアです。以前乗った時とは違うSAのような?
途中のSA
軽食もお土産も、けっこう充実していました。

18:15 キフィソス(キフィスゥ)到着。51番バスでオモニアへ。
チケットを買おうとしたら「オモニアかい?どっちにする?」と、シングルか、90分有効券にするか
尋ねられました。今日はこの移動だけなので、シングルで。1.2ユーロ。

私はこの路線を何度も利用しましたが、観光客は多くないバスです。
オモニアが見えて来て角を右に曲がり、
「降りる場所って曲がってすぐだったかな?二つ目だったかな?」と迷っていたら、
最初の停留所でバスはすぐに走り始めました。
以前はオモニアに着いたバスがキフィソスに引き返す際に、終点でしばらく停まっていたので、
「終点は次だったか」と思ったのですが、バスは加速してオモニアを回り、さらに先へと行きます。

え?いつもと違うじゃん!
待て!どこへ行くんだ?

バスが信号待ちで停まったので、運転手に「オモニアで降りたいんです!」と訴え。
ちょうどバスに乗りたかった人もいて、お互い助かった~

ところで、いつからかわかりませんが、バスの運転手に気軽に話しかけられなくなっています。
運転席がガードされていて、真横に行かないと話せません。
運転席のすぐ後ろに座ってしまうと、前方が全く見えません。

変なところで降りちゃいましたが、通りの名前を確認にして目指すホテルへ。
夕方のアシナス通りは人が少なく静かです。

18:40 今夜の宿、セシルホテル(Cecil Hotel)に到着。
アテネ_セシルホテル入り口
※この写真は翌日撮りました。

いかついけど実はイイ人(と思う)のお兄さんが対応。
見た目がStaventoのミハリス(Meth)です。(記事の後のおまけ参照)

アテネではアリオンが定宿なのですが、この日は満室。
明日以降はアリオンで、今夜はアリオンに近く、クラシックなエレベーターがある
セシルホテルにしました。安かったし。

エレベーター。
アテネ_セシルホテル (2)

シンプルなお部屋。冷蔵庫が共有でドライヤーがない(貸出しは可)ことが不便かな?
部屋はアシナス通りに面していましたが、静かです。
アテネ_セシルホテル (1)
アテネ_セシルホテル (3)

しばらくしたら、小規模なデモ行進がありました。
若い人ばかりなので、学生の集まりかな?ちゃんと警察がついていました。
アテネ_アシナス通りでデモ

20:00 外出。
お馴染みの猫さんに会いに、まずは風の塔へ。
でも大好きなトビ―さんには会えず。
アテネ_風の塔付近

アクロポリスの北側も、フェンスの中でのんびりする猫さんばかりで、写真には不向き。
アテネ_アクロポロスの北 (4)

ニューフェイスの子猫がかわいい。
アテネ_アクロポロスの北 (2)

このコはうとうとしていて、鼻先が下にコツンとついてしまいました。
アテネ_アクロポロスの北 (1)

見上げるアクロポリス。
アテネ_アクロポロスの北 (3)

夕食にタナシスのケバブピタを購入。
レシートと引き換えになるので、先に写真に収めました。1.9ユーロ。安いですよね。
アテネ_夕食はタナシスのケバブピタ (2)
暗めの部屋で撮ったので、変な写真ですね(^^ゞ
アテネ_夕食はタナシスのケバブピタ (1)

賑わうモナスティラキ広場前。
アテネ_賑わうモナスティラキ
今年のシーズン、ギリシャでは過去最高の観光客を迎えたそうです。納得。

21:15 部屋に戻ります。
W杯の決勝を部屋のTVで見たいので、スタンバイ。
途中、シャワーを浴びるため抜けましたが、ウトウトしながらも観戦。
後半、ドイツ選手がテンポ良い攻撃で美しくゴール!!
喜び方がカワイイなあ。若いのかな。

ドイツ優勝の結果を確認し、セレモニーの様子も見届けて就寝。1:00。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(エデッサ→テサロニキ) 8.6
      〃 (テサロニキ→アテネ) 39.0
      〃 (キフィソス→オモニア) 1.2 アテネ市内シングルチケット 
食費 ケバブピタを持ち帰り 1.9
宿泊費 45.0(日本で予約サイトを利用。事前にカード決済)

おまけ: セシル・ホテルは時々ロケに使われています。
パノス・“熊さん”・キアモスのPVでも。
健全な宿ですよ、念のため。


おまけ2: Stavento って私、パトラでLIVEを見てるんですわ。
その時の記事でイヴィ・アダムとのコラボを紹介しましたが、これもそう。
相性がいいのかな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 30 : 39 | 5.アテネ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<アテネ二日目 | ホーム | エデッサ三日目・その2>>
コメント
★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by: * 2014/12/01 02:35 * [ 編集] | page top↑
★Re: エデッサ、アテネ

(未公開コメントさん)
もう、ギリシャのおじいちゃんには何度ホロリとさせられたことかv-409
アテネで猫給食に参加ですね!
最近の私は「アテネに行く=猫給食」になっていて、
他にすることはないのかって状態です。困ったものです。

by: フムフム * 2014/12/01 18:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/234-5e2230ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。