レスヴォス島三日目・その2
2015 / 08 / 18 ( Tue )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

仕度をし直してKTELへ向かいます。
11:00発のモリヴォス行きは片道6.9ユーロ。
窓口では片道か往復か聞いてくれるので、往復で購入。
さらにチケットにバスのNo.(32)を書き込んでくれ、
「出発時刻はこれ」とちゃんとチェックを入れてくれます。
バスでモリヴォスへ (2)

モリヴォスはレスヴォス島の中でも1、2を争う人気観光地ですが、
バスの乗客は意外と少なく、10人程。
チケットは運転手自らが切ります。
バスでモリヴォスへ (1)

進行方向の左側がやや眺めが良いものの、ルートのほとんどは山の中です。
途中、カロニ(Καλλονή)とぺトラ(Πέτρα)で停車。

12:30 モリヴォス(Μόλυβος)到着。別名はミシムナ(Μήθυμνα)。
古代からの名前は後者です。
モリヴォス到着

ツーリストオフィスが運営する(と思われる)サイト → ここ

まずはカストロを目指そうと、標識を頼りに坂道を上ります。

美しいですね。14世紀ビザンティン時代の城です。
モリヴォス_カストロへ (2)

どうも歩く人がいないなあと思ったら、どうやらこの道は車用のようです。
モリヴォス_カストロへ (1)

途中で気付いたのですが、かなり上って来てしまったので、そのまま進みます。

上り始めて15分程でカストロ(Κάστρο)に到着。
モリヴォス_カストロ入り口 
私は写真の奥の方向から歩いて来ました。

入場料は2ユーロ。
モリヴォス_カストロ入り口

入り口付近から見下ろして。
モリヴォス_カストロから見下ろす
左に見える太い道をバスが走ります。奥がミティリニ方向。

反対側。左手にハーバーが見えます。
モリヴォス_カストロから見下ろす (2)

場所によって二重、三重で壁があります。
モリヴォス_カストロ (2)

下から見た時はかなり広いのかなと思ったのですが、そうでもありません。
周囲を巡る城壁はしっかり残っていますね。
モリヴォス_カストロ (4)
モリヴォス_カストロ (3)
モリヴォス_カストロ (5)
モリヴォス_カストロ (1)

写真では他の方が写り込まないようにしましたが、観光客は数人います。
一人で来ていた女性に「写真を撮って」と頼まれました。

ここでは長毛の猫さんに出会いました。人慣れしていてカワイイ。
モリヴォス_カストロの猫さん (2) モリヴォス_カストロの猫さん (3)
モリヴォス_カストロの猫さん (1)

猫さん移動。ここは劇場です。
モリヴォス_カストロ (6)

ギリシャの劇場は半円形の観客席からステージを見下ろすことが多いように思いますが、
こちらはステージを正面に見る形状。
モリヴォス_カストロ (7)

遺跡ではなく、新たに設けたようですね。
夏は様々なイベント、フェスが行われるそう。
高い場所にある屋外ステージ、気持ちよさそう。

カストロの歴史をパネルで伝える小さな建物がありました。
モリヴォス_カストロ内の展示室 (1)
モリヴォス_カストロ内の展示室 (2)
モリヴォス_カストロ内の展示室 (3)
ヒンヤリ涼しいので、外の暑さから逃れて一休みするのに最適。

一時間程カストロ内で過ごして、街へ降ります。
行きとは違い、石段道を下ってみます。
モリヴォス_カストロを後にする

※まだまだモリヴォス散策は続きますが、再び区切ってその3へ続きます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 22 : 16 | 1.北東エーゲ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<レスヴォス島三日目・その3 | ホーム | レスヴォス島三日目・その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/242-080d0dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |