スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
レスヴォス島からリムノス島へ・その2
2015 / 09 / 18 ( Fri )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

海沿いを港方向(南)へ進んだ辺りはタベルナが並びます。
トゥルキコス・ヤロス(Τούρκικος γιαλός)という地名の一帯。
テーブルの準備をしていた中学生くらいの男の子が「Welcome to Limnos!」と
声をかけて来ました。
お家のお手伝いなのかな?

海沿いから引き返して奥に入ってみると、カストロを示す標識がありました。
リムノス _カストロへ(1)

進んで行くと、向かいから観光客らしい家族連れがやって来ます。
カストロから戻って来たのかな?この道で合っているみたい。

途中、道路工事中の箇所がありましたが(工事自体は休憩か、本日は終了)、
難なく通り抜けが出来て、カストロへと続く石段までやって来ました。
リムノス _カストロへ(2)

写真を取りつつ、休憩しつつ(ベンチがありました)、ゲートに到達。
リムノス_カストロ (2)
入場無料なのに、ちゃんと説明板が設置されています。

石畳をずんずん上っていくと。
リムノス_カストロ (3)
リムノス_カストロ (4)

開けた場所に出ました。
リムノス_カストロ (8)
カストロ(Κάστρο Μύρινας)に到着です。
眺めがいいですね。

こちらはロメイコス・ヤロスのビーチ。
カストロからの眺め (1)

ガイドに「カストロ内には鹿が生息している」という記述がありましたが、
本当に出会ってしまいました。かわいいわぁ
カストロの鹿さん

到着時には私以外は誰もいなかったのですが、途中で若者二人がやって来ました。
ですが、さらっと見ただけで、すぐに去ってしまいました。
私はじっくりと見学。

路面のほとんどは草むらで、間を細い道が走っています。
リムノス_カストロ (5)
リムノス_カストロ (6)
リムノス_カストロ (13)

ぎりぎりのところまで歩いて行けるので、うっかりしたら滑り落ちそう。
リムノス_カストロ (7)
カストロからの眺め (3)

城壁の一部の岩場に細い石段道があって、どうやら上までi行けそう。
高い所は大好きなので、迷わず行ってみましょう。
リムノス_カストロ (9)

一番高い所のようなので、小さな広場でもあるのかなと思ったら。

リムノス_カストロ (12)
城壁そのもののトップでした。

ひゃ~、怖いよ~
リムノス_カストロ (11)

写真ではわかりにくいのですが、通路は幅が60cmくらい。
一か所だけ半円状に広くなったところがありますが、それでも半径で2mくらいかな?
リムノス_カストロ (10)
暑くてクラクラしているので、真剣に怖いですよ。

来た道を下り、再びカストロ内をグルグル周りながら、「こんなに歩き回る人間もいないだろう」と
思っていたら、若者女子グループがやって来て、私と同じように城壁トップへ。
リムノス_カストロ (1)
女子は高い所が好きなのかしら?

たっぷり1時間楽しんで、カストロから下ります。

港の上に真っ白な教会が見えるので、目指してみます。
港を見下ろす

海沿いの道を進み、港を過ぎて教会へ。
リムノス_港を見下ろす教会 (1)

本当に真っ白。
リムノス_港を見下ろす教会 (2)

中には入れませんでしたが、窓越しに覗いてみたら、中も白基調でした。
まだ新しい教会のようです。

ちょうどHellenic Seawaysの船が入って来ました。
港に船が到着
私が到着した時よりも、多くの人が下船して来ます。
でもやっぱり客引きの姿は無いみたい。

港とは反対側。海の色が濃いです。
リムノス_高台から見下ろす

来た道を街まで戻ります。
ミリナの街を振り返る

途中にあったワイナリー。
リムノス_港近くのワイナリー

ミリナのメインストリートの入り口付近にあるお店で、地図とマグネットを購入。

20:00 宿に戻って洗濯&休憩。

20:40 夕食を取りに外出。
散策している時に「Welcome!」と声をかけてくれた少年がいるお店に行ってみました。
メニューの表紙は、切手や教科書に使われているレトロなイラストです。
ミリナ_「ウゼリ・ヴェネチア」 (1)

お店の名は「ヴェネチア(Βενετία チプラディコ・ティス・ヴェネチアス)」。
シーフードが売りのようです。

唇ピアスのお姉さんがオーダーを取ります。
ピキリア(メゼの盛り合わせ)があるというので、サラシナ(シーフード)のピキリアをオーダー。
これにトマトとキュウリのサラダ、ビールはミソスを追加。

ピキリアはカラマリ、小魚のフライ、ムール貝、ガヴドスのマリネの4種盛り。
これぞギリシャな一皿ですよ。嬉しいわぁ
ミリナ_「ウゼリ・ヴェネチア」 (3)
ミリナ_「ウゼリ・ヴェネチア」 (2)

ピアスのお姉さん、見た目とは裏腹にお客さんにマメに声をかけて、
気配りが出来る人です。
少年(主にサーブと片付け担当)もてきぱきと働いています。

暗くなったら各テーブルにろうそくが置かれます。いい雰囲気。
ミリナ_「ウゼリ・ヴェネチア」 (4)

22:00 お会計。合計14.0で支払いは15.0にしました。内訳は以下の通り。

ピキリア 8.0
トマトとキュウリのサラタ 3.0
ビール(ミソスを小ジョッキで) 2.5
プソミ 0.5

スーパーで水を買って宿に戻ります。

部屋にドライヤーがないのでレセプションで尋ねたら、貸し出してくれました。
見たことないようなデカさです(笑)

旅のノートを書かなきゃなあとか、購入した地図で見所を確認しようとか
色々やることがあるのですが、移動日は疲れます。
ウトウトから起きてシャワーを浴びたことは覚えていますが、
その後は記憶が飛んで、結局2:30にベッドに入ったのかな?
レスヴォスでは毎日早起きしていましたが、久しぶりにアラームをかけずに眠ります。

€€ 会計メモ €€
食費 チプラディコで夕食 15.0
    スーパーで水(1.5ℓ) 0.5
宿泊費 30.0(+朝食 5.0)
その他 マグネット 2個で4.15
      地図 3.0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 16 : 12 | 1.北東エーゲ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リムノス島二日目 | ホーム | レスヴォス島からリムノス島へ・その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/246-127086b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。