スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
リムノス島二日目
2015 / 09 / 29 ( Tue )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

6/24 水
7:30 起床。

8:30 朝食を取りに、ホテル入り口のホールへ。
ブッフェではなく、サーブしてくれるスタイルです。
宿泊客は多いはずなのに誰もいません。
リムノス_ホテルで朝食

時間がずれているのかな?と思いましたが、もしかしたら。

リムノス_ホテルで朝食 (2)
この、大量なのにシンプル過ぎるギリシャ・スタイルの朝食だから?
5ユーロとはいえ別料金ですしね。

本来、ギリシャ人は朝食をほとんど取らないらしいのですが、
他国からの観光客には物足りないのかもしれないですね。

食べ終わったら部屋で本日のプラン練り。
毎回綿密なプランで旅をしているわけではありませんが、今回はいつも以上にテキトー(笑)
ロンプラによればバスは地元民の移動のためだけのスケジュールらしいけれど、
とりあえずチェックしてみようかな。

10:30 外出。
ミリナのメインストリートはΠ.ΚΥΔΑ(P.キダ)という通り。
Pって何の略なのかな?通りを示すプレートがこの表記だったのでよくわからない^^;
(ケンドリキ・アゴラともと呼ぶようです)

旅行代理店の前にエクスカーションの案内。
リムノス_ミリナの街で
・・・こういうのがあるということは、自力では動きにくいということで。

それでもKTELを見つけて入ってみます。
スケジュールが貼り出されているかもしれないし。
リムノス_KTEL (2)

・・・って、これか?
リムノス_KTEL (1)

わからん

鼻歌を歌う、気の良さそうな窓口のおじさんに尋ねようかとも思いましたが、
そもそも「○○に行きたい」という目的があるわけでもなく。(←おいおい・・・)

OTEでテレカルタを購入。4ユーロ。
建物の表示がCOSMOTEだったので、ちょっと戸惑いました。
使用を止めていた携帯電話を復活させます。

バスが当てにならないので、いつものように歩きで周ることに。
地図を見たら徒歩圏内にアルテミス神殿があるらしいので、目指します。

途中で「Νάος Αγίας Τριάδος(アギア・トリアダ教会)」の標識を見つけたので、
寄り道してみました。

リムノス_アギア・トリアダ (1)
整備されたアプローチを進み、アギア・トリアダ教会に到着。

訪れる人が絶えない、生活に密着した教会のようです。
リムノス_アギア・トリアダ (2)
光をふんだんに取り入れて、とても開かれた印象を持ちます。

周囲の花壇もきちんと整備されていました。
リムノス_アギア・トリアダ (3)

教会を出たら海沿いへ。
ここからはビーチが続きます。
リムノス_ロメイコス・ヤロスのビーチ (1)
リムノス_ロメイコス・ヤロスのビーチ (2)

街に近い方にはお子さんも多く来ていたので、家族連れ向きかしら?
透明度も申し分ないので、午後はここで泳ごうかな。
リムノス_ロメイコス・ヤロスのビーチ (3)

海に向かって左には、昨日登ったカストロが見えます。
リムノス_ロメイコス・ヤロスのビーチ (4)

二つ目のビーチ。パラソルが並び、オーガナイズドされた、観光客向けビーチみたい。
リムノス_ロメイコス・ヤロスのビーチ (5)

私はひたすら歩きます。
リムノス散策 (1)

暑すぎず、それほどの坂道でもないのでいい気になって歩き続けたら、
三つ目のビーチに到着してしまいました。
リムノス散策 (2)

いやいや、いくらなんでも、歩き過ぎでしょ?
アルテミス神殿はそんなに遠くなかったハズ。

来た道を戻って、不思議な形の岩を見るために寄り道。
リムノス散策 (3)

この近くにたどり着くために、どうもよそのホテルの敷地内に侵入してしまったみたいで、
戻って別の方向から周りました。

神殿を示す標識が道のどこにも見当たらないので、勘を頼りに歩き回って。
リムノス散策 (4)

錆びてまったく解読できない標識。
リムノス散策 (5)

何だか味のある船着き場に出てしまいました。
リムノス散策 (6)

これはこれで好きな風景なのですが、探しているのはアルテミス神殿だし。

真正面にカストロ。
リムノス散策 (7)

ベンチがあるので一休みしながら、地図をよく読んでみれば
「神殿はホテルのCourt yardにある」との記述。
よく読めよ、私。

ホテルなら、さっき間違って侵入してしまったところじゃないだろうか?
バンガロータイプの建物がたくさんあって、そうとう敷地が広そうだし。

再び進んで、5つ星ホテル「Porto Myrina Palace」へ。
リムノス_ポルト・ミリナ・パレス (3)

大きく開いた通常の門の横に、アルテミス神殿の案内と小さな木戸がありました。
8:30~15:30までは一般に公開していると書かれています。
リムノス_アルテミス神殿 (1)

今の時刻は13:30で問題無さそうですが、何故か木戸には鍵がかかっています。
通常門から木戸の後ろに回ると、建物内に下りられる階段がありましたが、
そこも扉がしまっていて行き止まり。

尋ねたくても門の守衛室に人はおらず、仕方なしに門から敷地内に入ってみました。

地図の案内文「Court yard」の表現から、広めの庭があるのかなと、
整備されていないような場所を探してみますが、それらしい所はありません。
(※「中庭」なので周囲から見えるはずはないのですが、勘違いしています)

とにかく敷地が広すぎて、どこに何があるのかわかりません。
これは誰か関係者を見つけて尋ねるしかないと、
場違いなことは承知の上で、ホテルのメイン・エントランスからレセプションへ。
リムノス_ポルト・ミリナ・パレス (2)

リムノス_ポルト・ミリナ・パレス (1)

・・・誰もいない・・・

いくらなんでも、呼び鈴かブザーを鳴らす勇気は私にはありません^^;
まいったな~

建物を出て門に戻る途中で、若い女性がやって来たので尋ねてみましたが、
「わからないわ。レセプションで聞いてみたら?」
「行ったんですけど、誰もいなくて」

この神殿については、ロンプラでは地図に場所は示してあるものの、
ガイド文ではまったく触れていません。
特別な見所というわけでもないのだろうか?
諦めてもいいかなとちょっと思いましたが、近くにいながらそれも悔しい。
やっぱりもう一度レセプションに行ってみようかな。

建物の近くで、チェックのシャツに膝丈パンツというラフな姿のイケメンお兄さんに
「Hello!」と爽やかに挨拶されました。
胸に何かつけていたようにも見えたけど、宿泊客?スタッフ?

向こうから挨拶してくれたし、何か知っているかも、と
レセプションに入って行くお兄さんを追うと、
お兄さんはレセプションカウンターの向かいにある部屋へ入ってしまいました。
???

部屋の扉を見てみたら
「飲食部門 マネジャー」のプレートが!!!
お兄さん、責任者なのっ??30ちょいくらいにしか見えなかったけど。
※ちなみにお名前から判断すると、英語圏の方のようです。

これが小説ならバカンス先でのロマンスが生まれるんだろうなと、妄想に走るところですが、
さすがにこの扉を叩く程の図々しさは、私にはありませんよ。
お兄さん出てこないかなあ(名前を知ったので、心の中では名前を呼びましたが)

う~んと悩んでいたら、レセプションカウンターの横の扉が開いて、
鍵束を持ったお姉さんが出て来ました。
振り向いた私と目がばっちり合って、「あなたは?」って顔しています。
急いで駆け寄って神殿の場所をギリシャ語と英語ミックスで尋ねたら、
「あのリフト(エレベーター)で0階に下りて、建物の外に出て」(ギリシャ語)
リフト?使っていいの?

お礼を言って、リフトに乗って0階へ。
外への出口もすぐに見つかり、「アルテミス・レストラン」の脇を出たら

神殿あったぁ!!!
リムノス_アルテミス神殿 (3)
リムノス_アルテミス神殿 (5)
リムノス_アルテミス神殿 (2)

・・・って、ずい分賑やかな場所に神殿が。
すぐ横はホテルの建物。
リムノス_アルテミス神殿 (4)

レストランで食事を取る皆さんが大勢いらっしゃいますw
すごい場所に神殿があるのね。

ホテルのために開発したら神殿出ちゃったよ、みたいです。→ この記述
ギリシャ、そんなのばっかなんだろうなあ。

神殿を眺めるビジターは(おそらく)私だけなので、長居はせずに去りました。
とりあえず、ミッション完了。

付近はこんな長閑な場所です。
このロバさん、かわいかった。
リムノスのロバさん

海沿いの道をミリナの街まで戻ります。

POPな立て看板。
リムノス_popな看板

15時近くになっていましたが、広場の近くに開いているミニ・スーパーがあったので、
レモネードとモモを購入。
レモネードはリムノス産(メーカーも在リムノス)と書いてあったので買いました。
これがびっくりするくらい美味しくて!!
リムノス産レモネード

静まり返ったメインストリートを写真に収めながら、ホテルに戻ります。
リムノス_ミリナの街で (3)
リムノス_ミリナの街で (2)
リムノス_ミリナの街で (4)

シャワーを浴びて、16:30に外出。
海を目指します。
メインストリートではない道から行こうとしたら迷ってしまい、結局途中からメインストリートへ。

昼寝休憩から目覚めていない通り。
リムノス_ミリナの街で (1)

ですが、脇道に鹿さん発見!!
リムノス_ミリナの街で (5)

ロメイコス・ヤロス(Ρωμέικος Γιαλός)の海底は小石混じりの砂。
足を踏み入れるとズブズブと沈むので、意外と深い海でした。

パラソルは荷物を置けるテーブル付き。
リムノス_ビーチでひと泳ぎ

リムノスでひと泳ぎ
1時間程のんびり過ごしました。

ホテルに戻って19:00に再び外出。
今夜の夕食は、メインストリートにある「プラタノス(Ο Πλάτανος)」へ。
時間が早いせいか、まだ空いています。

昨日はサラシナ(シーフード)だったので今日はお肉だな。
ティガニアがないのが残念です。

リムノス_「プラタノス」 (2)

オーダーは以下の通り。合計で9.5。安いな~。支払いは10.5にしました。

モスハリ(ポテ付き)・コキノ 6.0
ザジキ 2.5
水(500ml) 0.5
プソミ 0.5

メインのモスハリもすぐにサーブされました。
リムノス_「プラタノス」 (1)

お肉がやわらか~。ソースはトマトの形が残っています。
ザジキも好みの味です。

お店のお兄さんはパプツァキとイェミスタをオススメしていましたが、
他のテーブルに運ばれたのを見ると、確かに美味しそうでした。

まだ明るいので、プラタナスの木陰が気持ち良いです。
リムノス_「プラタノス」 (3)

会計時、地図入りテーブルクロスなので1枚欲しいとお願いしたところ、
テイクアウト用の袋に入れてくれました。心使いが細やかで嬉しいですね。
お気に入りのお店です。レビュー → tripadvisor

20:30 部屋に戻ります。
お腹いっぱいだし、けっこう歩き回ったし、ベッドでのび~。
気付いたら23:30になっていて、あわてて洗顔して就寝です。

€€ 会計メモ €€
食費 エスティアトリオで夕食 10.5
    スーパーでレモネード他 1.7
宿泊費 30.0
その他 テレカルタ 4.0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

22 : 10 : 19 | 1.北東エーゲ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リムノス島三日目 | ホーム | レスヴォス島からリムノス島へ・その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/247-c65160b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。