スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ラヴリオ経由キトノス島へ
2016 / 01 / 03 ( Sun )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

6/28 日
昨夜は本当にさっさと寝ていました。
途中で一度トイレに起きた以外は、ソファに寝そべって過ごしておりました。
(いつでもどこでも眠れる。ギリシャの船旅だと、これが重要)

夜が明けたようです。
ラヴリオへ

6:00過ぎにラヴリオ(Λαύριο)到着。
ラヴリオ到着

船を降りた人は、ここからバスか自家用車で移動する人ばかりで、
再び船に乗って島へ渡ろうという人は私以外にいないようです。

バス乗り場の手前でぷらぷらしていたら1台の車が停まり、助手席の婦人が手を振っています。
こんな所で知り合いにあう筈もないので、誰か他の人に対してだろうと思って周囲を見るも、
私のすぐ近くには誰もいません。
バス待ちの人が「君に対してじゃない?」といった仕草をするので、車に近づいて見たら、
アギオス・エフストラティオスのパン屋のおばさんでした!
同じ船に乗っていたとは!しかも私のことを覚えているなんて!
(その前に、お世話になった自分が気付くべきだな・・・)

ギリシャ語と英語とでややかみあわない(笑)会話をするも、
「この後もIsland Hoppingする」という私に、「カロ・タクシーディ!」と笑顔で言ってくれました。
おばさんたちは、最初、私に「アテネに行くの?」と聞いたので、
アテネに向かうと思われます。
私がアテネに行くのなら、車に乗せてくれそうな雰囲気だったなあ。

アテネ行きのバスが来ました。
ラヴリオ港 (3)

バスが去ってから、付近をぷらぷら。
チケット売り場を見つけましたが、朝早いせいか、まだ開いていません。
ラヴリオ港 (4)
仕方ないので、バス乗り場付近まで戻って、ベンチで旅のノート書き。

ラヴリオの港はめちゃくちゃ広いのですが、何だが殺風景。
街の中心は港の近くというわけではないのかな?
(ラヴリオについてはここの記述で → athensguide
ラヴリオ港 (2)

チケット売り場で人の動きがあるようなので行ってみます。
売り場窓口で、「Θα πάω στο(I will go)~」と言いかけたら、
相手が「Κύθνο?」。
片道15.5ユーロはロンプラに掲載の価格より高いので「?」と思い、
隣の窓口で購入した人にチケットを見せてもらったら同じでした。
船の種別による違いか、安いカテゴリーの席がなかったのかは不明です。
船には、デッキと奥内のカフェと一体になったエリアしかなかったのですが。
船はGoutos LinesのMacedon。
この船会社のチケットはオンラインでは購入出来ません。

7:45 皆が乗り込み始めたので、私も後に続きます。
バスで乗り付けた団体(主に年配のご婦人)は日帰りツアーかしら?
入ってすぐのカフェ・エリアに乗客は集中しています。

8:30 定刻通りに出航。
ラヴリオ港 (1)
朝が早かった私は、テーブルに突っ伏してひたすら仮眠。

10:20 キトノス島(Κύθνος)に到着。
キトノス到着

※表記を「キトノス」か「キスノス」か迷ったのですが、とりあえず今回は「キトノス」で。
ギリシャ語の発音としては「キスノス」が近いです。
(自治体サイト → http://www.kythnos.gr/  Wiki → 英語版のみ )

ロンプラには「船の到着に合わせて客引きがいる」とありましたが、それらしい姿はありません。
リムノス島でもそうでしたが、もう、客引きがいる島が稀だと思った方がいいみたいですね。

少し歩くとインフォメーションがあったので、どこで部屋を見つけられるか尋ねることにしました。
キトノス_インフォメーション
応対してくれたのは若くてテキパキしたお姉さん。かわいいです。

・予算(40ユーロ以下。カード払い可能が良い)
・車やバイクを使わないので、港付近。※街の名はメリハス(Μέριχας)です。
・予定は3泊

を伝え、「今週は混んでいるの?」と聞くと「見つかると思う」と頼もしいお答え。
実際、最初の電話で、条件に合った宿を見事確保してくれました。
1泊35ユーロ、カード払いOKです。
お姉さんに宿までの行き方を教えてもらい、「フリーだから」と地図やパンフも頂きました。
(地図は広告がメインで、あまり使い勝手が良いとは言えないものですが^^;)

教えてもらった通りに海沿いを進み、目印のエスティアトリオ「ヴィザンティノ」の
向かいの道を入ると、右手にあるのが「Studios Foinikas」
ホームページあります。→ http://www.foinikas-studios.gr/

入り口でおじさんが待ち構えていました。
「インフォメーションで予約した」と言うと、建物の裏手に連れて行かれ、
「まだ片付け中だけど、中を見ていいよ」と3号室に通されました。

ギリシャでいう0階(日本の1階)のツインの部屋。
テーブルも置かれたキッチンスペースは独立しています。
シャワーブースがちょっと狭いけど、全体的に新しくて清潔です。
キトノス島での宿 (3)
キトノス島での宿 (1)
キトノス島での宿 (4) キトノス島での宿 (5)
たまにはキッチン付きもいいかな?宿泊決定。
(テラスも専用と言われたのですが、実際は隣室のゲストが座っていてびっくりしました・・)
※写真は部屋が使えるようになってから撮影

部屋の準備が出来るのは11時以降だというので、それまでレセプションで待つことに。
キトノス島での宿 (2)
凝った壁のレセプション。

パンフレットと地図、壁に貼られた写真を使っておじさんが見所を教えてくれます。
ただしギリシャ語。しかも、このおじさん、相当なお喋りなことがやがて判明。

例によって下調べ不十分でやって来ましたが、キレイな場所がたくさんで嬉しくなります。
以前から気になっていた、両側が海という細い砂浜はコロナ・ビーチ。
おじさんによれば「ホラまでバスで行って、そこから歩けばいい」とのこと。
滞在中に行けるかな?
宿があるメリハスから徒歩で行ける場所にも、泳ぎやすいビーチがあるそう。

11:00になりましたが、部屋の準備がまだのようなので、おじさんに断って、
宿の前にある小さなスーパーに買い出しに行きました。
購入したのは以下の通り。合計で6.7ユーロ。
プソミ 1.0
トノサラタ(ツナサラダ)の缶詰2個パック 4.3
モモ 2個 0.7
さくらんぼ 0.7 

プソミ(パン)は袋に入ったのをレジに持って行ったら「それはリザーブ」。
よく見たら袋に名前が。あら、失礼しました。
会計時に「エフハリスト・パ~ラ・パ~ラ・ポリ~♪」と明るいお兄さん。

買い出しから戻ってようやく部屋に入れたので、荷解きをしたら昼食。
トノサラタのオープンサンドと果物。簡単ですけど満足度高し。
キトノス_宿で昼食

14:30 外出。ビーチを目指します。
港への道はこんな通りです。
キトノス_港からの通り
キトノス_港周辺 (2)

宿のおじさんに「近い」と言われていたマルティナキア(Μαρτινάκια)。
キトノス_マルティナキア (2)
本当に近かった。港から10分で到着です。
せっかくだからもうちょっと先まで歩こうかな。

ビーチの上から振り返って。港の船が見える近さ。
キトノス_マルティナキア (1)

さらに20分でエピスコピ( Επισκοπή )に到着。
キトノス_エピスコピ・ビーチ (2)
キトノス_エピスコピ・ビーチ (3)

ここまでだと車でやって来る人が多いようで、駐車スペースに何台も停まっています。
手前は何かの集団でいっぱいなので(カフェもあります)、少し奥へ。

水は冷たいけれど波は穏やかで、透明度も高いビーチです。
ここで1時間ほどのんびりすることにします。
キトノス_エピスコピ・ビーチ (4)

所々に木とベンチがあって、泳ぐ目的じゃなくふらっと来ても居場所に困らないような。
キトノス_エピスコピ・ビーチ (5)

泳いだ後は上り坂。のんびりビーチも、これだけはツライ。
キトノス_エピスコピ・ビーチ (1)

帰りは、船から見た灯台を目指したものの行き止まりで辿り着けず。

写真を撮りながら戻ると、ZANTEの船が入港していました。
キトノス_港周辺 (1)
けっこう船が行き来しますね。

18:10 部屋に戻って休憩、シャワー&洗濯。

20:40 食材補充のため外出。
やや大きめのスーパーを見つけました。(使わなかったけど、カード使用可のようです)
パスタや缶詰を購入。
レジでの表示は10.65ですが何故か「10」というおじさん。
20ユーロ札を出し、さらに0.65を探していたら10ユーロ札が返ってきました。
いいのかなあ。

一度部屋に戻り、重たい水は近くの店で調達。ついでに野菜もちょっとだけ。
買ったもの。
キトノス_食材あれこれ

夕食はイワシ缶を使ったパスタ。
湯切りする道具が無くて一苦労です(^^ゞ

食べ切れ無くて、ちょっと休憩のつもりが寝てしまい、起きたら2:30。
残りを食べたら後片付けは明日にして(キッチンが独立でよかった)、就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(ラヴリオ→キトノス) 15.5 
食費 食材 スーパー2軒で合計20.25
宿泊費 35.0(現地調達。最終日にカード払い)

※おまけ
キトノス情報
http://www.kythnosinfo.gr/
http://www.greeka.com/cyclades/kythnos/
http://www.kithnosisland.gr/
http://www.touristorama.com/Κύθνος
ホテルのサイトです。写真がキレイ。
http://www.porto-klaras.gr/index.htm
西キクラデス諸島のサイトもあります。この5島でひとくくりとは知りませんでした。
http://www.westcyclades.com/en/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 56 : 31 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<キトノス島二日目・その1 | ホーム | アギオス・エフストラティオス島二日目>>
コメント
★西キクラデス

西キクラデスのサイト見ました。
キトノスは私の脳内地図とは全然違うところにありました。。。
コロナビーチすごく気になります。
続きプリーズ!

今年は5月に行く事にしました。
サントリーニ空港in、ミコノス空港outです。
間にどこに行くか考え中。

by: MM * 2016/01/29 08:38 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 西キクラデス

キトノスがセリフォスの北っていうのが意外ですよね。
私も、もっと東寄りだと思っていました。

年始からけっこう忙しくて、先週末は土日も仕事だったんですよ~
もうヘトヘト。。。
明日は大雪だったらどこへも行けないので、もしかしたら更新するかもです。

by: フムフム * 2016/01/30 00:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/251-91eb930c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。