スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
キトノス島二日目・その2
2016 / 02 / 16 ( Tue )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

(その1からの続きです)

ホラへ気持ちは急ぐものの、ついつい横道に興味が湧いてしまいます。

この島でもハイカー向けの標識があちこちにありました。
キトノス_ホラへの途中で (3)
でも本格的なハイカーって、アモルゴス島でしか見てないなあ。

「アギオス・ディミトリオス(Άγιος Δημήτριος)」という小さな教会があったので、
道を下りてみました。
キトノス_ホラへの途中で (4)
キトノス_ホラへの途中で (5)

この大きさは、個人で管理している教会でしょうね。
キトノス_ホラへの途中で (6)
キトノス_ホラへの途中で (1)
扉は閉じたままなので、周囲をぐるりと回って道に戻ったら、
車でおじさんがやって来て、教会に向かいました。
この方が管理しているのかしら?
「ホラまで乗せて!」とお願いしようかと一瞬思いましたが、反対方向に去って行きました。

ホラまでもう少しの、村の外れにあった薬局で。気温31℃。
キトノス_ホラ (1)

そんなこんなでようやくホラ(Χώρα)に到着です。
キトノス_ホラに到着
キトノス_ホラ (2)
ルートラまで歩けるのか・・・

時刻は15時を回っています。
寄り道をしたとはいえ、ずい分歩いたなあ・・・

キトノス_ドリオピダから12km

げっ!!!ドリオピダまで12km!!!
少しはショートカットしているはずですが、引き返したりもしてるしなあ。
私、どれだけ歩いているんですか?

例によって昼寝時間の訪問となってしまったので、ホラは静まり返っていました。
まあ、写真を撮るにはその方が都合が良いのですが。

迷路みたいな路地をグルグル。
お洒落な看板や居心地良さそうなカフェニオなど、なかなか魅力的な村です。
キトノス_ホラ (3)
キトノス_ホラ (6)
キトノス_ホラ (11)
キトノス_ホラ (4)
キトノス_ホラ (7)

ペインティングがかわいい一角がありました。
どうもこれを職業にしているアーティストがいるみたいです。
キトノス_ホラ (10)
キトノス_ホラ (8)

教会までも乙女チックにペイント。
キトノス_ホラ (9)

後ろ姿は、散策中に出会った数少ない現地の人。
挨拶とともに、軽く手を振ってくれたおじいちゃん。
キトノス_ホラ (5)

「Wind Park」の標識を見つけ、行ってみることにしました。
キトノス_ホラのウィンド・パーク (2)

私の前をおじさんが歩いていたのですが、いきなり歌いだしてびっくりしました。
おじさんは途中にあったお家に入って行きました。

中心から少し外れたところにあったのは風力発電機
キトノス_ホラのウィンド・パーク (3)

5機ある中で、稼働しているのは2機。
1台は地面に横たわっておりました。直すお金は・・・無いんだろうなあ(泣)
キトノス_ホラのウィンド・パーク (1)

動画を撮ってみましたよ。[広告] VPS


中心に戻って来て、パナギア・ニクス(Η Παναγιάς του Νίκους)に行くことにしました。
パンフレットにも出ている修道院です。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (1)
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (2)

原っぱを突っ切る道を進みます。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (3)

教会自体は意外と小さくて、周囲を広く取ってありました。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (7)
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (6)
教会は施錠されていました。

公共のトイレがあることにビックリ。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (5)
パニギリなどで人がたくさん集まるのかな?
敷地全体がライトアップされるようにもなっていました。

何度も白を塗り重ねて、厚みが出たみたいに見えます。
キトノス_ホラのパナギア・トゥ・ニクス (4)

ホラの中心に戻って再び散策。(というか、ちょっと迷っている^^;)
キトノス_ホラのカフェ (1)
キトノス_ホラのカフェ (2)

猫さんにはあまり会えませんでした。
貴重なホラの猫さん。でも、猛ダッシュで逃げていくところです。
キトノス_ホラの子猫
や~ん、逃げないでぇ~

広場がバス乗り場のようですが、スケジュールは貼り出されておらず、
人の気配もありません。
覚悟を決めて、メリハスまで歩くことにしました。約7km。。。
日が沈む前には帰れるはず!
水が切れそうなので、開店した小さなお店でファンタレモンを購入。

18:00 ホラを後にします。
下り坂なのでけっこう楽かもしれません。
キトノス_ホラからの帰り道 (2)

途中で見たお宅。他に家がない場所に、このお宅だけです。
近くには鶏小屋があります。
キトノス_ホラからの帰り道 (1)

そばを小川が流れていて、おじさんが水を汲んでいました。
おじさんの周りを2匹の犬がはしゃぐようにクルクル回って、少し離れたところでは、
猫が数匹のんびりしています。
何だか、すごく羨ましい光景でした。

18:30 若いギリシャ人と思われるカップルが乗った車が停まってくれました。
「港まで行くけど、乗る?」
乗りますとも!!!

あれこれ質問攻めに合うのかと思いきや、静かな二人でした。
港で船の前まで行くと思っていたら銀行の前で停まったので、礼を言って降りました。
二人はこのまま船に乗るそうですが、彼女の方は銀行に走りました。
※7日間の銀行業務停止が発表された日なのです。

港のカフェの猫さん。
「お帰り。お疲れニャン!」
キトノス_ホラから港へ戻って
白い道に白猫ってわかりませんね^^;

インフォメーションでホラ行きのバスのことを尋ねたら、
「7月1日にスケジュール変更があるので、正確なところはわからないの。
いつもは11:00にでているんだけど。
船の到着に合わせてドライバーがこの辺りにいるから、
戻りのスケジュールも合わせて聞いてみるといいと思うわ」とのこと。

18:50 宿に戻ると、レセプションにお喋り好きなおじさんがいました。
ホラ行きのバスのスケジュールを尋ねると、壁に貼ってあった表を差し、
「10:45だな」
「でも、これ昨日のスケジュールだよ」(28.6と書いてある)
自信たっぷりにテキトーなことを言うおじさんである。

と、いつも間にか現れたお兄さん(おじさんの甥らしい)が電話をしてくれて
「ホラ行きは水曜の朝だって」
「?明日は?」
「明日は火曜だからバスは無いよ」
「え?どうしてっ???
「知らないよ~。バスのドライバーの問題だもの」(←その通りです)

ショック・・・ホラまでバスで行って、そこからコロナまで歩こうと思ったのに。
(ホラからコロナまでなら4km程)

シャワー&洗濯を済ませたら、あるもので夕食。
今夜はイワシ缶とタコ缶を使った、トマトソースのパスタです。

夕食を食べ終わったら旅のノート書き。
たまっていたので、休み休み書いていたら3時間も費やしてしまいました。
片付けたら1:00前には寝よう。
たくさん歩いたからぐっすり眠れるはず。

€€ 会計メモ €€
宿泊費 35.0(現地調達。最終日にカード払い)
食費 食料品店でファンタレモン 1.7

おまけ:
私が愛読しているブログ「日刊ギリシャ檸檬の森」のブログ主さんも、
偶然同じ時期にキトノスを訪問されています。
眩しいホラの写真も堪能出来ますよ。こちらでどうぞ →「日刊ギリシャ檸檬の森
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 28 : 38 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キトノス島三日目 | ホーム | キトノス島二日目・その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/253-401b6586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。