スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
キモロス島四日目・その1
2016 / 08 / 08 ( Mon )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

7/6 月
6:40 起床。朝日を写真に収めることが出来ました。
キモロス_夜明け

8:30 階下のエスティアトリオで朝食。
入ってすぐのテーブルで、男性二人組が食事をしていました。
宿泊客ではなさそうですが、誰なのかな?

オーナーは畑仕事に精を出しています。
戻って来たので収穫を見せてもらうと、ズッキーニとかぼちゃでした。

今日は日陰のテーブルを選びました。
キモロス_メルテミで二度目の朝食
朝食のメニューは昨日と同じです。
ヨーグルトが昨日より増量している^^;
手作りなのかは不明ですが、ここで食べたヨーグルトは、どこよりも水分を切った、
スプーンから落ちないヨーグルトでした。

食べ終わる頃にオーナー夫人がやって来たので、少しお喋り。
私が「今日の午後はポロニアに行ってみる」と言うと、
「土・日は船がなかったのよね」みたいなことを。
土・日の便数が少ないことを言っているのか、メルテミが強くて欠航になったのかは、
私のギリシャ語ではわかりません。
今日は運行しているのか尋ねたらその場で電話をしてくれて、
予定通りだと教えてもらえました。ほっ。

9:30 外出。午前中はホリオ散策。
中心部はそんなに広くないはずですが迷路みたいな場所も多く、確認しながら歩きます。

キモロス_ホリオ散策 (2)
キモロス_ホリオにて
キモロス_ホリオ散策 (1)

バス停にバスが停まっていました。
キモロス_バス停で
昨日の記事で「見なかった」って書いちゃった。(訂正済み)。
ただし、実際に走っているところは見ていません。

教会は、この時間も閉まっていました。
キモロス_ホリオ散策 (7)

小さい島なのにお洒落な店がこっそりあったりして、発見が多くて楽しい♪
キモロス_ホリオ散策 (4)
キモロス_ホリオ散策 (3)
キモロス_ホリオ散策 (6)
キモロス_ホリオ散策 (5)

カストロもあります。
キモロス_ホリオのカストロ

キモロス_ホリオの黒猫さん

一度部屋に戻って仕度を整え、12時前に再度外出。
宿のメルテミからホリオの入り口までは15分くらいで、
そこから港があるプサシまでは下り坂を10分ちょっとかな?

地名だらけの標識。
キモロス_標識 (2)
キモロス_標識 (1)
昨日のプラサって、ホリオから6㎞あったのね・・・

ポロニア行きの船は13:15発なので、それまで海岸周りをぷらぷら。
キモロス_港周辺 (1)

この海岸で泳いでいる人もいますが、地元の人みたい。

この先に行ってみたかったのだけど。。。
キモロス_港周辺 (2)

金属棒にひるんでしまいました。海に落ちることより、落ちて金属棒に刺さったら・・・

小さなお土産屋さんに地図が置いてあったので、今さらですが購入。(3ユーロ)
私の前にスペイン人(と思われる)カップルがいて、
切手を買って絵葉書を何枚も仕上げています。
それが終わると、インテリア・マットを見つけて品定め。
私は船の時間が迫っているので、平静を装いつつ、ちょっとイライラ。

イライラを紛らすために撮ってみた1枚。よく見ればかわいいな、これ。
キモロス_プサティのお土産屋さん

カップルは閉店時間を確認して、マットは買わずに出て行きました。

こちらが「ヤーサス」と声をかけても反応が鈍い女性店主。
カウンターに地図を置いて5ユーロを出すと、面倒そうにレジから釣りの2ユーロを出しましたが、
レジを打つ素振りもありません。
何だか感じ悪いなあ。
そういえば、さっきのスペイン人カップルに対しても、質問には答えても、
愛想がいいとは言えない態度だったし、レジも打っていなかったな。

ポロニア行きの船の案内所。(チケットは船で購入)
キモロス_ポロニア行きの船の案内

運行しているのはΜΑΝΤΑΛΕΝΑ(マダレナ)という会社。
このルートだけの船会社のようです。船も「Παναγία Φανερωμένη」のみ。

Sky Mapが貼り出されていました。
ミロス_ポロニアのSkyMap

13:00 ポロニア行きの船に乗り込もうとしたら、船の前に宿のオーナーがいてびっくり。
「ポロニアへ行く」と言うと、「荷物(鞄)はどうした?」
あ、私がチェックアウトしたと思っている?
「今日、戻って来ますよ」「何時?」「ポロニアを5時発の船で」

オーナーも船に乗り込むので何故と思ったら、船に乗り込む車を誘導していました。
宿に船の予定が貼り出されていたのは、自身も船の仕事をしているからだったのね。
キモロスからポロニアへ (4)



船内の様子。
キモロスからポロニアへ (3)
入り口に机が置かれ、そこでチケットを購入します。2ユーロ。
背中を向けているのが係のお姉さん。若くてかわいい人でした。
キモロスからポロニアへ (2)

ミロス島のSky Mapがあったので入手。その他にキモロスの資料少々。
実は、船内で入手した無料の地図の方が、さっき買ったものよりわかりやすかった^^;

デッキ部分。船室に残った乗客の数はわかりませんが、デッキにいたのは10人程。
キモロスからポロニアへ (1)

ポロニア直前で揺れましたが、快適な30分の船旅。

ポロニア(Πολλώνια)到着。港というか、船着き場なので広くはありません。
ポロニア到着

静かなキモロスから来たからか、ポロニアが賑やかな観光地に思えます。

道の両側に飲食店が並び、宿の案内もあちこちにあります。
ミロス_ポロニア
ミロス_ポロニア (1)
ミロス_ポロニア (3)

船着き場の近くは砂浜で、たくさんの小舟が浮かんでいます。
ミロス_ポロニア (2)

とりあえずSky Mapでの海沿いを上まで行ってみようかな?
(写真が多くなるので、その2に続きます)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

01 : 23 : 26 | 2.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キモロス島四日目・その2 | ホーム | キモロス島三日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/261-ac68229b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。