スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
コローニ三日目
2017 / 09 / 11 ( Mon )
※2017年6月26日~7月17日までのギリシャの旅の記録です。

7/3 月
7時前には起床。風が気持ち良い朝です。
コローニ_部屋から見下ろす海

ニュースをチェックしたら、明日から向かう地域に近い場所で山火事が起きたらしく、
ちょっと心配です。

9:00 スーパーで水等を調達。

9:40 外出。街の西側にあるビーチに行ってみます。

バス乗り場から近い通りのパン屋さん。
コローニ_パン屋さんで

階段道を上って西方向へ向かいます。
コローニ_住宅の間の階段道

途中で猫トラップにはまってしまいました。
コローニ_階段道の猫さん
昨日私がフラフラになって歩いていた時に、木の下にいた子猫です。
この辺りがテリトリーなのね。
小さいのに猫給食をパクパク食べて催促します。

道端に座って子猫をナデナデしていたら、上からやって来た兄ちゃんに声をかけられました。
「果物を買わない?」(英語)
は?いきなり何を言う???
兄ちゃんの両手には、それぞれがメロンで一杯の透明なレジ袋。
「新鮮だよ。値段は・・・」と説明を始めるので
「私、明日にはコローニを離れるので、買えません」(ギリシャ語)
兄ちゃんはひるむことなく、片方の袋を私に近付け
「新鮮だよ」
「欲しく無いです!」
がっかりするでもなく、兄ちゃんは去って行きました。
何だったんだ・・・
ちなみに兄ちゃんはマスターシェフのアキスに激似でした。服装もそれっぽくて。

階段道から車道に入り、ビーチの近くまで来ました。
ここから下りられるようです。適当な感じがたまらない案内板。
コローニ_アルタキ・ビーチ (2)

下りた所にはタベルナがあり、その正面がアルタキ(Αρτάκη)ビーチ。
コローニ_アルタキ・ビーチ (3)
小さなビーチです。

今日は風が強いのでめちゃくちゃ波が高いのですが、子供たちが平気で泳いでいました。
車が通れる別の道があったので、帰りはこっちから。
コローニ_アルタキ・ビーチ (1)


街に戻ったら、遠くからも見えた大きな教会を目指します。

期待して行ったのですが、門が施錠されていて、敷地内に入れませんでした。
コローニ_アギオス・ニコラオス
教会の名はアギオス・ニコラオス(Άγιος Νικολάος)。
眩しいような新し目の教会で、中も綺麗そうなので残念。

コローニ_アギオス・ニコラオスのそばで

ここからカストロまでは遠くないので、再訪します。
修道院で昨日の赤白子猫に会おうかなとも思ったのですが、
情が移って離れ難くなるのも悲しいので、我慢です。

修道院の先、墓地に隣接している教会です。
コローニ_カストロ内の廃墟の教会
正確には廃墟となった教会。
外回りだけで、中は完全に崩れているのです。
渋い、雰囲気のある教会なのに、何があったのかな。

街の中心に戻って来ました。
通りの酒屋さん。
コローニ_酒屋さん
到着日だったか、試飲会をしていたのか、人がいっぱいでした。

広場には、地中海料理が世界無形文化遺産になったことを示す記念碑。
コローニ_広場の記念碑

12:40 海沿いの通りに入り、昼食にします。
カフェとタベルナが並ぶ通りです。
コローニ_海岸沿い

「パリオス・カゲラリオス(Ο παλιός Καγκλάριος)」というタベルナの前で
メニューを見ていたら、スタッフの若い兄ちゃんに声をかけられました。サルベルっぽいw
コローニ_「カゲラリオス」 (1)

フタポドケフテデスがあるか尋ねたら、「無い」と言う。
でもシーフードの気分なので、「フィッシュ・タベルナ」と謳う、このお店に入ります。

ハーフ・ポーションに出来るか尋ねたら、こちらは問題なく「出来る」との答え。
オーダーは以下の通り。価格はフルサイズでのものです。

ミディアサガナキ 12.0
カラマリ(フライで) 8.0
キュウリとトマトのサラダ 4.5
ビール(Fix) 2.8
プソミ 0.5
水(1.0ℓ) ※勝手に出て来た 1.5

コローニ_「カゲラリオス」 (2)
コローニ_「カゲラリオス」 (3)
ミディア(ムール貝)の量に、「これ、ハーフなの?」と兄ちゃんに尋ねたら、
少々キレ気味に「ハーフだよ!」 
※実際の会話はギリシャ語です。ハーフ・ポーションは「ミシ・メリ―ダ」

ミディアは11枚。1枚は口を閉ざして頑として開かなかった。
殻付きなので大量に見えるけど、身だけならそんなこともないのかな?
チーズがたっぷりで美味しいです。
カラマリもいい感じ。パンはちょっと固いかな?

風が強くてテーブルクロスが頻繁に捲れ上がるのには困りましたが、
旅のノートを書きながら、完食しました。

お皿を下げる時に、アプリコットをサービスしてくれました。
ただし皮つきで、ちょっと酸っぱい。
コローニ_「カゲラリオス」 (4)

他のテーブルに運ばれた、ラムのレモンソース(多分)の大きさにびっくり。

お会計をお願いしたら、サラダは2.5ユーロですが、ミディアとカラマリはきっちり半額。
良心的だなあ。
しかも17.3ユーロのところを「端数はいいよ」と、17を提示されました。
提示っていうか、兄ちゃんがテーブルクロスに書いたんですけどw
コローニ_「カゲラリオス」 (5)

20ユーロで払ったお釣りの3ユーロから、2ユーロを置きました。
ミディアとカラマリの両方を頼み、さらにビールも飲んだので、20超えたと思っていたもん。
写真を撮りながら散策をしたら、部屋に戻ります。
コローニ_スーパーで
コローニ_バス乗り場から海側へ

午後になって太陽が進み、日陰になったバルコニー。
風を受けながら旅のノートを書いて過ごします。
コローニ_部屋のバルコニーで

18:40 ノート書きに区切りがついたので、最後の外出です。
バス乗り場横のカテドラル、アギオス・ディミトリオス(Άγιος Δημήτριος )
コローニ_バス乗り場横のカテドラル

この時期、子猫にたくさん会えたことが嬉しいですね。
コローニ_カストロへの道で猫さん (2)

遠くに犬の姿を見つけ、耳が前方に向けてピン。かわいかったわぁ。
コローニ_カストロへの道で猫さん (1)

建物に囲まれた中に、綺麗なビザンティン様式の教会がありました。
コローニ_アギオス・イョルギオス (2)
コローニ_アギオス・イョルギオス (3)
アギオス・イョルギオス(Άγιος Γεώργιος) ※多分

扉の前の模様も綺麗。
コローニ_アギオス・イョルギオス (1)

扉が開いていたので中に入ろうかと思ったのですが、初老のご婦人が二人、
熱心に話をしていました。
ただの世間話かなとも思ったのですが、邪魔をしたくないので中には入らず。

海側に下りて。
コローニ_海辺の猫さん
時刻は19時半ですが、まだまだ明るいギリシャの夏。

20:00 部屋に戻ってシャワー&洗濯。
明日の出発が早いので、パッキングも済ませます。
チェックアウトが早朝になる場合、いつもなら前の晩に支払いをするのですが、
ここはカフェも併設しているからか、チェックインが朝7時から可能。
同様にチェックアウトも可能だと私は思ってしまったのですが、
これが困った事態になるとは、この時点では知るよしもないのであった・・・

アラームを6時にセットして、0時前に就寝。

€€ 会計メモ €€
食費 タベルナで昼食 19.0
   スーパーで水等 1.51
宿泊費 35.0(朝食なし) ※予約サイトで手配
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

18 : 45 : 00 | 2.コローニ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コローニからカラマタ経由カルダミリへ | ホーム | コローニ二日目・その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/284-8eb471a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。