アテネ三日目
2011 / 04 / 05 ( Tue )
※2010年12月22日~2011年1月11日までのギリシャの旅の記録です。

1/9 日
ギリシャの旅も、フルに使えるのは残り一日。飛ばしていきますよ~。

たっぷり朝食を取って9:20、外出。
ミトロポレオス大聖堂で日曜のミサを見学しようと思って行ったら、内部を修復中!
私がギリシャを初めて訪れた2001年から、ず~っと外側を修復していて、一体、いつになったら
終わるのかしらん?と思っていたんですが、外側だけじゃなく、中もですか。。。はぁ。
お祈りに来た人たちも、横にある別の教会を案内されていました。

昨日買った、市内交通1日(24h)チケットはまだ有効。ならば昼間のガジを写真に収めよう。
夜の華やかさから一転、ワンちゃんが寝そべる穏やかな風景です。
昼間のガジ

ガジの名の由来はこれ。かつてガス供給公社(かな?)がありました。ガスタンク(ガス=γκάζι)
ガジ=ガスのこと
昼間のGAZOO 昼間のGAZOO

エルムー通りからモナスティラキへ向かおうと思ったら、手前のテサロニキス通りがすごい人出。
フリーマーケットです。歩くにも一苦労な混雑。しかも歩きタバコが多くて冷や冷やです 汗。
アテネのフリーマーケット
↑エルムー通りも同様の人出。売られている物を見てみると、正直、ガラクタばっかり。
アテネのフリーマーケット (2)
売り手は、ギリシャ人よりも違う国の方が多いように思います。
衣類が1ユーロ均一なんてブースもあるので、そういったところは繁盛しているのかな?
じっくり探せば掘り出し物が見つかったかもしれないけど、この人の数にギブ・アップ。
アテネのフリーマーケット (3)

人の波が小休止と思ったら、ケラミコス遺跡の入り口でした。今日は無料で入れます。
緑が広がって気持ちいい。地元の人がベンチでお喋りしています。いいな、こういう場所。
ケラミコスの遺跡

アドリアヌ通りに入り古代アゴラへ。アドリアヌ通りにも露店が出ていましたが、こちらはテーブルを
置き、アンティークなども扱っていました。売り手もギリシャ人みたい。

古代アゴラに入るのは初めて。7度目のギリシャ、アテネでさえ、まだまだ未訪はあります。
広~い、広~い!花の季節や、初夏に来たら気持ち良いだろうなあ。
この日は汗をかく程に暑かったのですが、アタロスの柱廊博物館はひんやり。
完全に復元されたイオニア式列柱は、ため息が出るくらいの美しさ。古代ギリシャ人、凄すぎ。
アタロス柱廊博物館

へファイストス神殿では、ガイドか係員かわからないお兄さんが、アメリカ人グループ相手に
簡単なギリシャ語講座。
「(値段が)高いって何て言うの?」「Πολύ ακριβό(ポリ・アクリヴォ)」
カフェのコーヒーの値段が高かった、という話をしています。
実はアテネで飲むコーヒー(フィルター・コーヒー)、他の国に比べ高いんですよね。
客の回転率が異様に悪いからという説がありますが。
ヘファイストス神殿
↑へファイストス神殿

とにかく広い古代アゴラ、遺跡がない南側の一部はあきらめ、アクロポリスへ向かいます。
古代アゴラ

13:00、アクロポリス到着。ちゃんと入るのは実に9年振り。
やっぱり一番の見所、人の多さも他の遺跡を圧倒しています。
でも、耳をすますとギリシャ語ばかり。無料の日だもの、私がアテネ市民だったら絶対来る 笑。
知的な感じの女性が「英語を話します?必要ならガイドを雇えますよ(=自分がガイドする)」。
断りました。ギリシャの遺跡でガイドをして良いのは、ちゃんとした資格を持った人だけ。

どこから見ても美しいパルテノン神殿。はあ~。我が家に欲しい。(←どこに置くのか)
ユネスコの世界遺産のアイコンに、パルテノン神殿のシルエットを採用した方、あなた方のセンスは
素晴らしいです!
パルテノン神殿

こちらはエクティオン。
エレクティオン
アクロポリス アクロポリスの犬 アクロポロスの猫

アクロポリスの次はゼウス神殿へ。ここも入るのは初めて。
石柱だけで、どうしてこんなにも美しいんでしょうか。これも我が家に。。。(←置けません)
どの方向から見るのが一番美しいかな、と周囲をグルグル。
ゼウス神殿
ゼウス神殿 (2)

ゼウス神殿を後にして、いったんホテルに戻ります。
途中、タベルナのおじさんの日本語の呼び込みに、「Έφαγα(食べた=お腹いっぱい)」って
答えたら、すごく驚かれました。食べてなかったんだけど、断る口実です。

この後のプランを考えます。風の塔で猫さんと遊ぶ。写真撮影。
ミロンの生まれ育ったΝ.ΣΜΥΡΝΗ(Ν.スミルニ)に行くのはどうかしら? あ、いいかも~。

16:00外出。結局購入しなかった地図専門店の、写真だけ撮りに。(日曜は閉店なので)
その後、1ユーロチケット(90分)を買って、シンタグマからトラムに乗車。
あわてて乗ったので、改札代わりの刻印を忘れ、次のザピオンで下車。でもメトロと違い、車内にも
刻印機があったみたい。罰金がいやで焦っちゃいました。※車内の検札もありませんでした。

乗りなおしで少し時間をロスしたものの、メガル・アレクサンドル駅に到着。
駅にある付近図にΝ.ΣΜΥΡΝΗの表示を発見。わ~い、ここだ!
N.スミルニ付近図
トラムの線路があるので道が広く、通り沿いの建物は高さが揃っています。
N.スミルニ
洒落たカフェもあり、全体に、新しいすっきりとした街という印象。
広場がある、一つシンタグマ寄りの駅まで歩きます。ミロンも歩いたのかなあ。。。
その辺にいる人に私の携帯電話を見せて(待ち受け画面がミロン)、「この人、知っています?」と
尋ねてまわりたい衝動にかられます、ものすごく。
広場の周りもカフェやお店が並び、あか抜けた感じです。キフィシアは国立(くにたち)っぽいなあと
思ったけど、Ν.スミルニは吉祥寺の東急裏っぽいか?
N.スミルニ (4)
N.スミルニ (2) N.スミルニ (3)

妄想に走りそう&90分チケットのタイムリミットが近いので、再びトラムに乗車。
ホテルに戻る前に風の塔に寄りましたが、さすがに真っ暗で、猫さんはいませんでした。

18:50、夕食を取りに中央市場内のエスティアトリオ「Παπανδρέου(パパンドレウ)」へ。
パパンドレウ
思いっきりローカル色。男性の一人客が多いようです。

「カリスペーラ(今晩は)」と挨拶して中に入ると、奥にフード・ケースが見えました。
そのままケースに近づいたら、スタッフのおじさんがギリシャ語で説明を始めました。
でも、何だかわかりますよ。食べたい気持ちのなせるわざ?
メインはユベチに決めて、あとはメニューを見せてもらって決めることに。
テーブルを決めて、じっくりメニューを読みます。品数豊富で思わず写真撮影。
ズッキーニを食べたかったですが、今日はないとのこと。あらら。じゃあ、サラダにしよう。
「ミソス(ギリシャのビール)の小さいビンを」「あ~、無いんだよ。大きいのだけだよ」
「え~、他も?」「大きいのだけなんだ。土曜に切れちゃったから。ハイネケン、アムステル、FIX、、、」
「FIXあるの?じゃ、FIXのメガロ(大)!」
ということでオーダーしたものとお会計は以下の通り。合計14.9。プソミ代の代わりにチャージ有り。

モスハリ(牛肉)のユベチ 8.6
トマトときゅうりのサラダ 2.7
FIX 500ml 2.5
チャージ(クリスマス休日加算?※メニュー写真参照 8%) 1.1

ユベチ、大量。パスタにもう少し芯があってもいいかなと思うけど(←ギリシャでは無理な願い)、
優しい味です。お肉も柔らかいし。
パパンドレウのユベチ
パパンドレウのメニュー パパンドレウにて
近くのテーブル(夫婦+幼女)には何かのスープ。このお店のスープ、有名だった気がします。
そのテーブルにサービスで人数分のデザートが運ばれたのですが、ご主人が自分の分を断ると
そのデザートが食事中の私の所に 笑。流していいんですか?
でも、おかげでお腹の準備が?出来ました。
パパンドレウにて (2) パパンドレウをのぞく猫さん
別の時にかわいい猫さんがのぞいてました。↑

この旅で絶対に体重増だなあと思いつつ完食。
支払いに際し、チップに回せる小銭がない。お釣りで小銭が出来るかなと思ったのに、
10ユーロ札×2を出すと、返ってきたのは5ユーロ札と0.1。これ、チップはいらんということ?
中央市場内という場所柄、地元の人が相手のお店ではありますが。チャージ加算あったし、いいか。
あとで考えたら、このお店ではギリシャ語しか使いませんでした。やっぱり食の力か。

20:40 ホテルに戻ります。
レセプションには陽気な兄ちゃん。明日の交通機関について調べてもらったら、24時間スト情報!
「これ、最新じゃないと思うよ」と電話をしてくれましたが、別の情報は入手出来ず。
う~ん、参ったなあ。
「こんなのダメだよ!誰かがやめさせなきゃ!スト・スト・スト!馬鹿げているよ!」
私以上に憤慨しているお兄ちゃん。
そして、日本語を習っている兄ちゃんの話(英語とギリシャ語)は終わらず、途中、別の宿泊客の
相手をしながらも、1時間以上!喋り続けたのでありました。
サムライとか、景気の話しならまだわかるんですが、兄ちゃんが「昨日から始めたダイエット方法」について、カウンターから出てきて説明を始めた時には、私はどうすればよかったのでしょうか。
途中、立ち寄った宿泊客は仕事で日本に何度も行ったそうで、「ゆりかもめに乗った」。
なんてマイナーな乗り物を。。。北海道でスキーがしたいとも言っていました。
この人、かなり仕事が出来そうで(アテネにも仕事で滞在)、仲良くなっておけば良かったかな?
レセプションの兄ちゃん、私が夕食を取ってなかったら、一緒に食事に行きたかったみたいです。
私が特別じゃなく、前述のビジネスマンとも翌日の約束をしていましたから、根っから
お喋り好きなんですねえ。

兄ちゃんに解放されてパッキング。バスタブにのんびりつかり、ギリシャ最後の夜が終わります。

€€ 会計メモ €€
交通費 トラム(90分チケット) 1.0
食費  エスティアトリオで外食 14.9  
宿泊費 40.0(予約サイトで手配・支払い済み)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

20 : 40 : 41 | 3.冬の本土編 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ギリシャを離れる日 | ホーム | アテネ二日目>>
コメント
★ガジ!

よく通るとこでびっくりしたわ。
って言っても車で通り過ぎるだけなんだけど。
へぇ~あそこにライブハウスとかあるんだー。
昼間しか通らないから知らなかった。

>一緒に食事に行きたかったみたいです。
私が特別じゃなく

フムフムさん時には思い込みも総動員しないとロマンスは生まれませんぜ。

by: TOMOKO * 2011/04/06 01:30 * URL [ 編集] | page top↑
★Re:ガジ

>Tomoちゃん
GAZOOはピレオス通り沿いだけど、通りの西側が賑やかなんだよね。

ダイエット中の兄ちゃんよりは、出来るビジネスマンが良かったわ。
でもビジネスマンよりΝ.ΣΜΥΡΝΗの王子が良いわe-266

by: フムフム * 2011/04/06 01:46 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/30-9a46ec31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |