アレオポリ二日目
2011 / 04 / 24 ( Sun )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

5/23 日
7時頃起床。今日は良い天気みたい。街はすご~く静かです。
ホテルのレセプションでKTELの事務所の場所を教えてもらい、行ってみたものの、
まだ扉は閉まっていました。扉に連絡先の紙が貼ってあります。
眺めていたら、隣のタベルナのおばさんが「Μετά(=after)」と教えてくれました。
Μετά μεσημέρι=午後からのようです。

それなら海沿いのリメニ(Λιμένι)へ行こう。アレオポリから3kmなら、私には楽勝の距離。
と言ってもちゃんとした道路標識が見当たらないし、尋ねたくても人がいないから、カンで歩きます。
海が見えてからの下り道が長いけど、風が気持ちいい~。
ハイキング用と記された近道がありますが、転がり落ちる可能性大。舗装された道を行きます。
リメニへの道
本格装備の自転車で登ってくる人に、何人か出会いました。

リメニが見えてきました。
リメニ

たどり着いたリメニは本当に小さな村で、狭い湾に沿って建物が並び、集落はそこだけのようです。
本格的なシーズン前なので、観光客はもちろん、住人の姿もありません。日曜だからかな?
リメニ (2)
リメニ (3)
リメニ (4)
リメニ (5) リメニ (6)
30分も歩くと、海沿いをほぼ周ってしまったみたい。
こんな小さな村で過ごす夏もいいだろうなあ。(車が必要ですけど)
丘の上にこんな素敵なホテルもあります。 → http://www.limenivillage.gr/

帰りは上り坂ですが、思ったより早くアレオポリに戻って来ました。
12:30、KTELの事務所が開いていたので、ヴァシア(Βαθειά。マニで建物を見るならオススメの街)行きのバスについて尋ねると、今日も明日もヴァシア行きはないとのこと。残念だなあ。
手前のイェロリメナス(Γερολιμένας)なら3便あります。ヴァシアまでは8km。
8kmならタクシーをつかまえれば行けるかも、と13:45発のチケットを購入。3ユーロ。
宿に戻って、昨日買ったポテトチップを昼食代わりにします。

13:30、バス乗り場へ。来たバスに乗ろうとしたら「Όχι!πίσω(違うよ、後のだよ)」
見ると後ろにもバスが。こんな小さな乗り場なのに、同じ時刻に続けてバスが来るなんて。
バスの正面には「ΓΕΡ/ΝΑΣ」の表示。また省略してるよ。。。
KTELのスタッフが事務所から出てきて「イェロリメナス行きよ!」と叫んでくれたのは、多分、私向け。
すでに9歳位の小さな女の子が乗っています。ドライバーの娘かな?
私を入れて乗客は6人。多くはピルゴス(ここも景勝地)で降りて、終点まで乗っていたのは私だけ。
14:20頃にイェロリメナスに到着。
イェロリメナス

小さい港町(村)と思っていたのですが、びっくり!観光客がいっぱいです。
ロンプラの記述では人口55人なんですが、海沿いのカフェ、タベルナの席はほとんど埋まっています。
私の目的地はヴァシアなのでタクシーを探しましたが、乗り場も無いし、走っている車もありません。
かわりに自家用車がたくさん停まっています。この村の規模に釣り合わないくらい。
どうも、このあたりはタクシーを利用して来るような場所じゃないみたい。
かといって今から8kmを歩くのもなあ。。。帰りのバスはここを17:30発だし。
これだけたくさんの人が訪れるんだから、イェロリメナスも良い所なのかも。
予定を変更して、この村を散策することにしました。

とりあえず、海沿いの通りを端から端まで歩いてみます。海が見えるのは、やっぱり気持ち良いな。
イェロリメナス (5)
↑背後に岩が迫ってます。
イェロリメナス (2)
イェロリメナス (3)
イェロリメナス (4)

おじいちゃんがウェイターをしているカフェに入って休憩。フラッペをオーダーしました。
すぐそばに海を見ながら、のんびりと旅のノートを書きます。風が心地よい。
イェロリメナス_アクロテナリティス
イェロリメナスのカフェ
近くのテーブルに外国からの女性二人組。車で周っているようです。
この村に泊まることにしたらしく、ウェイターのおじいちゃんに宿について尋ねていました。

※もしかしたら私が入ったカフェニオはここかも。次回は泊まってみたいなあ。 → ここ

帰りのバスの出発までまだ少し時間があるので、もうちょっと歩こうかな。
会計は2ユーロ。長居をしたので2.5置くことにしました。
おじいちゃんに英語で「日本人?」と聞かれ、そうだと答えたら、
「おはようございます。ありがとうございます。」と日本語が返ってきました。
こんなギリシャの端っこでも、日本語を知っている人はいるんだなあ。

店を去ろうとしたら、バスに乗っていた女の子(やはりドライバーの娘でした)が、箱を抱えてやって
来ました。
おじいちゃんに嬉しそうに見せた箱の中には、生まれたばかりの三匹の子猫!かわいい~。
私もちゃっかり、触らせてもらいました。うわぁ、ふわふわだ~。
この箱をどこへ持って行くのかなと思ったら、停まっているバスの所へ。
何と、車体横の荷物置き場に入れてしまいました。え~?
ギリシャ語で「(猫達)どこへ行くの?」と聞いたら「お家」。「あなたたちの猫?」「うん」
この村で猫をもらったのかな?30分くらいだから、この置き場で大丈夫なのか。。。ちょっと心配。
そばにいたドライバーにバスの時刻を確認し、しばらく周辺を散歩。

17:30、時刻通りバスは出発。乗客は私だけで、途中から乗ったのも一人だけでした。
料金の3ユーロをドライバーに支払ったのですが、レシートをもらえません。(検札なし)
もしや子猫のミルク代になるか、と思ったけど、それならまあいいか。

18:10、アレオポリに戻りました。
再びKTELに行き、「明日、(オリンピアの近くの)ピルゴスへ行きたい」と言うと、
「ピルゴスに行くには、イティロ→カラマタ→ピルゴスとバスを乗り継ぐルートになる。
でも明日は祝日なのでイティロ行きのバスはなく、明後日の9時に出る」のこと。う~ん。
カラマタからピルゴスまでは明日もバスはあるそうだけど、タクシーでイティロに行くのもねえ。
明日もアレオポリでのんびり過ごそうかな。

20時、夕食を取りに外出。店の名は「Το κατώι」。
アレオポリ_ト・カトイ

モスハリ(牛肉)にしようかなと思ったら、「大きいよ。ムサカやゲミスタ(イェミスタ)はどう?」
でも何となくお肉を食べたい気分なので、オーダー強行。合計9.5ユーロ。支払は10にしました。

モスハリ・コキニスト(Veal in red sauce) 9.0
プソミ 0.5
※「大きいよ」と言われたので、サラダ等は頼みませんでした。水はサーブされました。

アレオポリ_ト・カトイにて

お、そんなに大きくないよ。これなら大丈夫。すごくやわらかなお肉で美味しいです。
足元に猫さんたち。でも、そばでは追い払う声が聞こえるので、おすそ分けしない方がいいのかな。
心を鬼にして食べ続けるも、ずーっと見上げて離れようとしません。困ったな。
一匹の猫さんに根負けして、こっそり、お肉を一口だけ提供。
喜んでもらえたみたいだけど、他の猫さんたちも来てしまったのでこれ以上はなし。ゴメンネ。

21時を回ったので会計。ウェイターのおじさん、紙のテーブルクロスに会計を書いちゃったよ。

広場はまだまだ賑わっていて、子供達はサッカーをしています。
アレオポリに3泊するとは思わなかったけど、ホテルの居心地も良いし、まあいいかな。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(アレオポリ⇔イェロリメナス) 3.0×2
食費  カフェでフラッペ 2.5
     タベルナで夕食 10.0
宿泊費 30.0(確認しなかった気がしますが、朝食無し)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

23 : 46 : 57 | 1.ペロポニソス周遊 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アレオポリ三日目 | ホーム | スパルタからアレオポリへ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/37-f3c40ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |