エヴィア島キミ二日目
2011 / 05 / 03 ( Tue )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

5/29 土
あ~、今日は良い天気です。
8:40頃に朝食を取りに階下へ。すごく爽やかで快適です。
コーヒーを飲むとシャキッとしていい気分。

10時過ぎに外出。まずは水を買おうと思ったのですが、メインの通りではスーパーが見当たらず、
雑貨店のような小さな店で購入。Βίκος (Vikos)の1.5Lが0.7ユーロ。

今日はキミのタウンへ向かいます。4km位だから、多分、徒歩で1時間ちょっと。
キミ・タウンへ向かう道はこちら

標識を頼りに山道をずんずん進みます。緑が濃い!島じゃないみたい。
ボリューム感もすごくて、ブロッコリーの山みたいと言うか。
青空とのコントラストも素晴らしくて、足を止めて見上げては「はあ~」とか「うわ~」とか。
キミタウンへの道で海を眺める
キミ・タウンへの道

「キミ・タウンまで1.5km」の標識の所で分かれ道。300m入った所に教会があるようです。
キミ・タウンへの道で (2)
標識があるくらいだから大きい教会なんだろうと思い、その道を行ってみることにしました。
パナギア・リアウツィアニッサは予想通り大きな教会で、併設の墓地もきれいに整備されています。
レモンとオレンジの木が、建物の前後に一本ずつ植えられていたのが印象的。
扉が閉まっていて中に入れなかったのが残念でした。
キミ_タウンへの途中で
キミ・タウンへの途中で

分かれ道の場所まで戻り、本来の道を再び歩き続けます。タウンなのに山の中なんだよね。
山の中にあるキミ・タウン

12:30頃にキミ・タウンに到着。
でもやけに静まり返っています。昼寝にはまだ早いと思うんだけどな。
13:00まで開館しているはずの博物館も、扉に鍵がかかっています。
ここはタウンじゃないのかなあと思いふらふら歩いていたら、「Κέντρο(中心)」の標識。
あ、中心は別にあるんだ。

標識の差す方向へ坂道を上って行くと、賑やかな通りに出ました。
キミ・タウン (2)
キミ・タウン (3)

下の通りの静けさとの落差といったら!
大きな教会の前は広場で、カフェになっています。びっくりするくらい、人でいっぱい。
キミ・タウン
教会の扉が開いていたので、中へ入ってみます。イコンに傷みがないので、古くはないのかな?
ボーっと天井画を眺めていたら、一人のパパス(司祭)が入って来て、私が入ってきた扉を
閉めてしまいましたよ!え~?私、閉じ込められた?
焦ってパパスに声をかけます。「Συγγνώμη、συγγνώμη(すみません)!Μπορώ να ...」
パパスは別の扉を差して「Μπορείτε」。あ、こっちも出入り口なのか 汗
もう少し教会内を眺めていたかったけど、Closedの雰囲気なのでパパスに言われた扉から退出。

しばらく街中を歩き回ります。Up-downがキツイ街です。
お店もいっぱいです。観光地というより、普通に人が暮らしている街。
KTELは広場から下った場所に地味にありました。
ロンプラが薦めるタベルナもあったけどお腹は空いていないし、人の多さにちょっとうんざりして
きたので、長居をせずに去ることにします。
脇道を入ったところにあったカフェから、大音響のクラブ系Music。
私が思い描いていたキミのタウンと、ちょっとイメージが違ったかな。
あ、名物のフィグ(いちじく)をチェクするのを忘れた~。

帰りは下り坂なので楽チン。行きよりも短時間でキミの海岸に戻って来ました。
キミ・タウンから海岸への道

海岸の通りに出る所(というか、タウンへ向かう道のスタート地点)で小さなスーパーを発見。
果物が不足している気がしたので、いちご一パック、キウイとモモを各一個、ファンタ・ブレ購入。
どうみても東洋人の私に「Τρία και ενενήντα(3.90)」と告げる店の兄ちゃん。

宿に戻ってシャワー&洗濯。
いちごを早速食べます、が。すっぱ~い!見た目は熟しているのに、全体にすっぱいです。
それとも、日本のいちごが甘すぎるのかな?
キミ_ホテルのバルコニー

バルコニーで海を眺めつつ、旅のノートを書きます。気持ち良いなあ。
途中、スパルタの亜希さんから「ミロンのLiveに付き合いますよ」とメールが入りました。
(スパルタでのLiveスケジュールを知った後、お誘いしてみたのです。)
場所等、情報も集めてくれるそうです。嬉しい~!

21時に外出。今夜は近い所で夕食にしようと、ホテルの2軒隣にある「Η ΣΚΥΡΟΣ」へ。
プサロタベルナ兼ウゼリです。↓この写真は昼間、撮ったもの。
キミ_スキロス
メニューはなく、ウェイトレスのお姉さんがギリシャ語でメモを読み上げます。ひえっ、速い。
メモを見せてもらいながら、再度言ってもらいます。半分くらいは聞きとれたかな。
オーダーをしたのは以下の通り。合計17.0ユーロ。(伝票が来るまで値段はわからず)

タコのグリル 10.0
チーズのサガナキ 4.0
白ワイン(185ml) 2.5
プソミ 0.5

キミ_スキロスにて (2)
キミ_スキロスにて キミ_スキロスにて (3)

食べ始めて、タコもサガナキも塩味が強い事を思い出す!お酒には合うけど。

地元(ギリシャ人)で賑わうこのお店、私のオーダーを取ってくれたマリアはあちこちのテーブルで
呼ばれまくって大忙し。小走りする姿が、ゴールディ・ホーンみたいな可愛らしさです。

旅ノートを書きながらパクパク食べていたら、そばに幼い姉弟が立っています。
「ん?」と顔を向けると、かわいく笑ってパタパタと走り去りました。
その後も時々やって来ては私の事を見つめるので、ギリシャ語で
「はじめまして。お名前は?」と聞くと、お姉ちゃんが「マリア」とだけ言ってまた走り去ります 笑
弟の名前も聞いたのですが、聞き取れませんでした。最初が「ミ」だったからミハリスかな?

サガナキをちょっと残したけど、ほぼ完食。1ユーロ加えて18ユーロを支払い。

23時にホテルへ。明日も滞在したいことを告げたいのですが、レセプションは不在。
宿泊客で一杯というわけでもなさそうなので、大丈夫かな。
TVを点けたらユーロビジョンのファイナルをやっています。各国の投票結果を集計中。
残念なことに受信状態が悪く、このチャンネルの音声がよく入りません。
優勝は断トツの票を集め、ドイツ代表の若い女性でした。へえ。
(後でチェックしたけどごく普通のポップスで、正直、これが優勝かぁって。。。)
1時前には就寝。今夜は蚊に悩まされずにすみそうです。

€€ 会計メモ €€
食費  雑貨屋(?)で水(1.5ℓ) 0.7
     スーパーで果物など 3.9
     タベルナで夕食 18.0
宿泊費 30.0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

20 : 03 : 47 | 2.エヴィア島&スキロス島 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<エヴィア島キミ三日目 | ホーム | アテネからエヴィア島キミへ>>
コメント


蛸の写真たまらん。
サガナキ用のチーズも冷蔵庫にあるけど…
いえいえ誘惑には負けん。
パスカのお肉がいまごろ私のお肉に
なってきてるんだよ~!
しかし  イ・スキロス?ふつうは オ・スキロスだけど
どうなってるんでしょう?

食べ物のこと以外のコメントもたまには書けよ!ていわれそう。

by: TOMOKO * 2011/05/04 04:34 * URL [ 編集] | page top↑
★>Tomoちゃん

いつもコメントありがと~!e-68
私も記事書きながら、スキロスの冠詞に「あれ?」って思ったんだよね。でも写真あるし。
「オ・スキロス」がすでにあるとか、雌犬であることを強調したいとか?

>食べ物のこと以外のコメントもたまには書けよ

いやいや、毎日これだけしっかり記録している私もちょっとどうなの?ですからw

by: フムフム * 2011/05/04 12:11 * URL [ 編集] | page top↑


♀の場合は イ・スキリ になるんだけどな。
きっと何かの洒落なんだよ!ってちょっと強引か。
もう最近自分のギリシャ語スキルのなさに頭が痛いのことよ。
読みはまぁいいとして(ほんとはよくないけど)書きはoutlookにだーっと適当に書いて、あとはスペルチェックして置き換えてコピペしているという。
それよりなによりひとのブログのコメで自分の語学力のなさを愚痴るのはやめよう!だよ。

by: TOMOKO * 2011/05/04 14:53 * URL [ 編集] | page top↑
★>Tomoちゃん

冠詞は変えても語尾は変えない単語もあったよね。(うろ覚え)

在住者にそんなこと言われたら、異国の私はどうすりゃいいのさ。
意味わからなくても、ギリシャ語を聴いているの楽しいんだよね。えふころ・こまてぃ♪
って楽しむんじゃなくて、ちゃんと覚えろ、私。

by: フムフム * 2011/05/04 15:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/43-3bce0356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |