スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
エヴィア島キミ三日目
2011 / 05 / 04 ( Wed )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

5/30 日
7時に起きたものの、何だかまだ眠くて、ベッドの中でぐずぐず。
9時を回ってから、コーヒーだけもらいに階下へ。
昨日は床掃除をしていた若い女性スタッフが、コーヒーをサーブしてくれました。
お日様の光がたっぷり差しこみ、今日も気持ちの良い朝食スペース。

延泊の件は問題なかったので行動開始。今日は海岸沿いを歩いてみよう。方角としては北かな?
家並みはすぐに途切れ、海岸に不思議な岩が現れました。
キミ海岸 (4)

岩に登って写真を撮っていたら、私と同じ方向から来た男性に声をかけられました。
「若い女性が10分位前に通らなかった?一人で、Yellow Hairでカナダから来た人なんだけど」
「若い女性なら見たけど、髪の色はちゃんと見なかったな。私みたいにデイパックを背負ってました」
男性が言うには、彼女にちょっとした問題が起きているらしい。
そのまま立ち去るのかと思ったら、私のことを尋ねてきたのでしばし立ち話。
地元の人かと思っていたら、彼も一人旅の旅行者でした。
名前はアーミット。デンマーク国籍でデンマークとエジプトのmixだそうです。
「同じホテルかな?」と出した部屋の鍵は、私のそれと全く違うものだったので「あ~、違う」

アーミットと別れ先を進むと、こぢんまりとしたビーチに着きました。
子供もいるので危ない場所ではないみたい。車で来ている地元の人が多いようです。
午後はここで泳ごうかな。
キミ海岸 (2)

来た道をのんびりとホテルへ戻ります。
キミ海岸
キミ海岸を海側からみるとこんな感じ。
キミ海岸 (3)

キウイとモモを昼食代わりに食べて、14:15、ビーチまで泳ぎに行くことにしました。
レセプションを通り過ぎようとしたら、カウンターに見覚えのある鍵が。
あれ?アーミットがロビーのソファに座っている!同じホテルだったの?(何故、鍵が違う?)
つかまってしまい(笑)ロビーで歓談。彼がアラビア語版「二都物語」(ディケンズ)を持っていたので、
言語の話になりました。彼も、旅で使うギリシャ語を、小さなノートに書き記していました。
メアドを交換して別れましたが、「君はポジティブでオプティミストだね」って。
オリンピアでも同じような事を言われたんですけど、どうして?

20分程でビーチに到着。この旅で初めての泳ぎ。
最初は冷たいと思った水は、入っているうちに暖かく感じてきました。
海の底は丸石なので、歩いていても痛くありません。
適当なところで海から出て日光浴。少し雲が出てきてしまったけど、気持ち良い~。
キミのビーチ
初海水浴を堪能し、水着の上にキャミソールを重ねた姿でホテルに戻ります。

今日の夕食は少し離れた村にあるタベルナで取りたいので、17:20に外出。
海沿いをビーチとは反対方向に歩きます。
途中、20分程は通りに家がまったくないので、早めに出てきて正解でした。
プラタナへの道で
平坦な道を30分歩いて、目的の村、プラタナ(Πλατάνα)に到着。
通り沿いの看板を眺めながら目当ての「Η ΑΝΑΤΟΛΗ(ΚΟΥΤΕΛΟΣ)」を探しますが、
見つかりません。
※店名「 Η ΑΝΑΤΟΛΗ(=sunrise)」だけどΚΟΥΤΕΛΟΣ(店主名字)の方が通りがいいみたい。
端まで来たところで「Platana 3」(プラタナまで3km)の標識。
あれ?ここはプラタナじゃないのかな?
引き返そうとした時に、端の端にお店を発見。かなり広いお店です。
キミ_プラタナのクテロス

誰がお店のスタッフかわからないけど、とりあえずテーブルへ。
プサロタベルナなので、ここでもkgあたりの値段設定の魚が豊富です。
アンチョビの酢漬けとカラマリ、ビール(アムステル)をオーダー。
「アンチョビは小皿ですよ。他にサラダとかは?」「私一人に大きくないですか?」
「一人分ですよ」「オススメは?」
「(いくつか挙げて)Beetrootはガーリック・ソースで良いですよ」
「ガーリック?じゃ、それを」(←ガーリック好き)
パンとビール登場。あ!地図入りの紙製テーブルクロスだ!
「すみません、このχαρτί(=paper)欲しいんですけど」
「ハルティ?欲しいの?」
で、お兄さんが持って来てくれたのが本当のχάρτης(=map)でして 笑
「違う、違う。これ(テーブルクロス)なの~」
笑いながらも、テーブルクロスを持ってきてくれました。すみません、手のかかる客で。

アンチョビとビート登場。ビートってこういうものなのか。
これまでもメニューでは何度も見たし、勧められることもあったけど、「根」という日本語訳から
薬膳を連想して避けていたんですよね。だから食べるのは初めて。
それにしても大量。ビート自体に味らしい味は無くて、ガーリック・ソースがそのまま味になります。
かなり辛口のソースですが、悪くないかも。
キミ_プラタナのクテロスにて (2) キミ_プラタナのクテロスにて

旅ノートを書きながらパクパク食べますが、カラマリがやって来ません。
オーダーから40分以上は経ったのでさすがに不安になり、スタッフに尋ねました。
(オーダーを取ったスタッフは見当たりません)
すると、声をかけたのとは違う、もう少し年配の男性がやって来ました。(オーナーでした)
「何か問題がありましたか?」
「カラマリをオーダーしたつもりなんですが、ひょっとして今日は無いんですか?」
「無いんですよ」
あ~。だからオーダー時に「もう一品を」と言ったんだ。。。
「ちゃんと聞いてなかったんですね、私」
「他の魚では?見ますか?」と厨房を指差すので、一緒に中へ行きました。
氷に埋まった魚を見せてもらい、品定め。小さいものを3匹、フライにしてもらうことにしました。
クテロスの厨房で (2) クテロスの厨房で

出来たフライは、オーナー自らがサーブしてくれました。
魚の名前をノートにかいてもらったら「μπαρμπούνι(バルブーニ)」。おお、定番!
食べたかったので、怪我の功名ってヤツですかね。
手づかみで頭からパクパクいただきます。カラッと揚がっていて美味しい!
カラマリを食べられなくても大満足です。
クテロスにてバルブーニ
クテロスにてバルブーニ (2) オーナー直筆「バルブーニ」

ホールにスタッフがいないので、会計をしようと厨房に行ったら、オーナーが「γλυκόはどうだ?」
スイーツのことです。そばにいた婦人(家族かな)から「オレア!」の声が上がります。
厨房の一部、別の小部屋に招かれ、タッパーに入っているものを見せてもらいました。
緑色のいちじく・フィグをシロップ漬けにしたものです。キミと言ったらフィグなんですよ~。
「テーブルに戻っていて」と言われ、ワクワクして待ちます。

ガラスの小皿に載せられ、いちじく登場!かわいいなあ。
一口食べると。うわあ~、めちゃくちゃ甘い!お水が必要です。
でも、この気遣いがめちゃくちゃ嬉しいのです。
クテロスにてサービスのいちじく

お会計は以下の通り。19.15。ビートは無くても良かったかな。

バルブーニ 7.45
アンチョビ 4.0
ビート 4.0
ビール(アムステル) 3.0
プソミ 0.7

テーブルに20ユーロを置き、厨房に行って、いちじくのお礼と帰る旨を伝えました。
お釣りを渡そうとするオーナーを止めて、店を出ました。

お店の写真を撮っていたら、オーナーが携帯電話で話をしながらやって来ました。
電話が終わると呼ばれました。手招きして「Come here!」完全に子供扱い? 笑
何だろうと思ったら「この店は100年以上やっていて、祖父さんと…」
「お祖父さん?3世代?」「違うよ。5世代だ」「5?ひえ~、長い!歴史のある店なんですね」
というわけで、店自慢でした 笑

キミ_プラタナのクテロス(アナトリ)
※お店の紹介ページ → ここ

帰り道でプラタナを振り返りつつ。
プラタナ

幸せな気持ちで村を後にし、21時にはホテルのある街に戻りました。
港の周りをぷらぷらしてからホテルへ。
明日のスキロス島行きの船について尋ねたかったのに、またもレセプションは不在。
え~っと、不在のことが多くないですか。

パッキングのめども付きそうだし、多分、明日は午前中も使えるだろう。
眠るまでのんびりと過ごします。
有名な見所があるわけじゃないけど、のんびりしたキミ海岸は好きな場所です。

€€ 会計メモ €€
食費  タベルナで夕食 20.0
宿泊費 30.0

おまけ:キミ在住の方かなあ?個人のブログがありました。(ギリシャ語)
http://koumiotis.blogspot.com/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

14 : 47 : 49 | 2.エヴィア島&スキロス島 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<エヴィア島キミからスキロス島へ | ホーム | エヴィア島キミ二日目>>
コメント
★すこるだりゃ

っていうんだよ。ビートの上のソース。
マッシュポテトにおろしにんにくとオリーブオイルと酢で味付けしてあるの。
たぶん余計だったのはアンチョビだ!
だって魚のフライ+ゆでた野菜はギリシャ人の定番ゴールデンコンビだもん。
バルブーニは私の大好きな魚だ!
身は締まってるし、うま味は濃いし。


by: TOMOKO * 2011/05/04 16:03 * URL [ 編集] | page top↑
★>すこるだりゃ

って、平仮名で書くと日本の方言みたいだw
ビート、(というかガーリック)意外と美味しくてびっくりした。

しかし、よく食べてるよね、私。。。

by: フムフム * 2011/05/05 00:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/44-6f9182f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。